ブログトップ

紅茶国C村の日々

<   2018年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

「バッタを倒しにアフリカへ」前野ウルド浩太郎著


表題の本をようやく読み終わりました。

e0010856_1114499.jpg


はてなブログも書いておられて、 タイトルは「砂漠のリアルムシキング」。ところが今は休筆中。それというのも海外のどこかで研究中だから、とか。

前野さんというので、 ブログのアドレスが (↓)のように、もじってあります。

http://d.hatena.ne.jp/otokomaeno/archive

どことなく私のブログ、ハンドル名「デコボコミチ」の由来に似ているかも。
もちろんこれは 「川の流れのように」の歌の、 「デコボコ道や、曲がりくねった 道。」から来ているのですが。

とっても面白い本です。ユーモアが本全体に漂っていて、声は出さなくても、読みながら影て笑いどおしという感じでした。

ヨシさん、ありがとうございました。この本をくださった同窓の友に感謝、感謝、感謝。

e0010856_11123632.jpg


これ(↑)は (おとこ)前野さんの ブログの一ページから拝借しました。

例によって、引用を一か所してみようとおもいます。読みながらウルルときてしまったところ。くすくす笑わせながら、ほろりとさせられたのは、なんと著者が京都大学の白眉プロジェクトに応募して京大総長との面接に臨んだところ。 本当は、バッタ研究のためにモーリタニアに住んで、現地の様子を描いているところの方がずっとこの本のメインなのですが、あえてそこではなくて、です。


松本総長との面接は英語だった。私が質問に答えるたびにメモをとっている。
今年で5期目となる白眉プロジェクト。一人で何百人もの面接をしてきた中で、松本総長にとって、初めてモーリタニアから来た面接者だったのだろう。
「前野さんは、モーリタニアは何年目ですか?」
という素朴な質問が来た。
「今年が3年目です。
それまではメモをとったら、すぐに次の質問に移っていた総長が、はっと顔を上げ、こちらを見つめてきた。
「過酷な環境で生活し、研究するのは本当に困難なことだと思います。私は一人の人間として、あなたに感謝します。」
あやうく泣きそうになった。まだ何も成果を上げていないから、人様に感謝される段階ではないが、自分なりにつらい思いをしてきており、それを京大の総長が見抜き、労をねぎらってくださるなんて。ずっとこらえていたものが決壊しそうになった。泣くのをこらえて、その後の質問に答えるのはきついものがあった。」(P.299-300)



おもしろおかしく書いてあるけれど、モーリタニアでの生活にはさぞかし辛いことがたくさんあったのでしょう。人は思いがけないところで自分の苦労を認められて、ねぎらわれたら、ーーー人はというより、私だって、人知れず(語るなく!)耐えたり、がまんしたり、努力したりしていることを、ふっと褒められたりしたら、どんなにか涙ぐんでしまうことか。総長の人格も立派だとおもうけれど、(おとこ)前野さんのほろっとさせられたという言葉の裏に、どれだけ砂漠で苦労をしたかということが込められているかがわかって、そこもまた心を動かされてしまったのでした。

ーーーーーーーーーーーーー

今日のお弁当(↓)

e0010856_113738.jpg


筑前煮風といっても材料に限りがある異国暮らしですから、とり肉、大根、人参、干し椎茸、それにちょっとじゃがいもとサツマイモがあったので、入れてしまいました。TPS という学校を12時半に終えて、A41の道路に入る途中のレイバイ(脇道)で、いい景色を見ながら美味しくいただきました。もう一月が終わりかけていて、日差しが明るくなっているのが感じられます。多分、日本もそうですよね。朝明るくなるのが早くなり、冬から春への季節の動きが感じられた一日でした。


もう一枚、リンちゃんの作品です(↓)。大きなゴム版を彫刻刀で削り、ジブンでプリント。アートは言葉の壁を超えて表現できるので、なんとかリンちゃんもみんなに伍してやっていけそうなのですが、アートの先生に言わせると、まだまだ(りんちゃんは)遅れているのでやらないといけないことがたくさんあるって。


e0010856_11531447.jpg



今日の戦果(敗戦の記録)
パートナー: 師匠
勝ち率(負け率): 47.92% (9ペア中、6位)
師匠、親6回、46%。私 親 5回 36%。
何が悪かったかというと、ビッド(ビッディング)がかみ合わなかった。予想を高く見積もりすぎたり、低く見積もりすぎたり、オーバービッド、アンダービッドの不運=失敗が多かったのだ。残念無念。
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-31 11:59 | 本を読んで | Trackback | Comments(1)

C村を散歩したので。


今日も何事もなく過ぎていった一日でしたから、ブログを書くほどのことは何もありませんでした。
昨日から今日にかけて、筑前煮をたくさん作ったとか、小豆で餡を作ったので、アンマンか饅頭かあんパンか何かを作ればいいのですが、あんこだけつまみ食いをして、そろそろ餡がなくなりそう(笑)。どちらも写真なし。

今日の写真は、久しぶりにC村の散歩からです。

e0010856_11384656.jpg


ちょっと午後おそく4時ごろだったかな、本当に久しぶりに歩いてみました。
↑ は  ?? 泣いているよな、 昼の月、そう 越後獅子 の歌詞が思い出されます。

それからしばらく進むと、
e0010856_11442778.jpg


C村のクリケット・グラウンド。 イギリス芝というんでしょうか、一年中青いの。

e0010856_11463224.jpg


それから Reads Lane という小径に入ると、いつもの猫ちゃん。最近はご無沙汰でしたが、

e0010856_11485455.jpg


いつもマイペースの猫ちゃん。

e0010856_1150445.jpg


ものも言わず、寄り添ってきては離れていきます。

そして最後は、

e0010856_11512953.jpg


??夕焼け小焼けで日が暮れて、山のお寺の鐘がなるううう。??

(なりませんけど。)ね、こともなげな、平凡な一日の証拠でした。

今日の戦果(ブリッジ)
パートナー:レイシェク
順位:6位/13ペア中、 51.33%
私は7回親をして53%
レイシェクは6回親をして46%

こういう日もあるということで、忘れることに・・・・
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-30 11:58 | Trackback | Comments(0)

ウウちゃんのエピソード


平々凡々な一日でした。気温は高め(11度Cぐらい)だけど、陽はささず、風は強く、あんまり楽しめるお天気じゃなかったです。春嵐のような強風が吹き続けています。

でもって、今日は何度も思い出しては笑ってしまう、ウウちゃんのエピソードを二つ書いておこうとおもいます。ま、ババ・バカの続きです。

アコチャン(ウウ・ママ)が話してくれました。

エピソード1) 寒い天気の日、アイスくりームを食べたがったウウちゃん。それなら一人でキチンと最後まで手に持って食べなさいよ、という条件で、ウウちゃんはアイスクリームをゲット。だけど、やっぱり食べきれなくて、駄々をこね始めたとか。ママはそんなウウちゃんを一人にしてどんどん先へ歩き進んだそうです。そしたら、

ウウ(怒った声で): 「ママ、イギリスではね、子供を一人にしておいたらいけないのよ。

吹き出さずにはいられませんよね。この年ごろのコドモ。物事がわかっているようで、わかっていない。わかっていないようで、わかっている。ったくねえ。 実のママでもこういうことがあるんだから、ましてや、臨時雇いのグランマには、目を白黒させられることがひっきりなしなのも、あたりまえ。


エピソード2) ウウちゃんとウウママがお出かけをするとき、ウウちゃんがどうしても人形のベビーカーを持っていきたがった。それなら最後まで自分でちゃんと運びなさいよ、という条件でお出かけした二人。案の定、途中でこの手荷物がじゃまになり、自分で運びきれなくなったウウちゃん。ママに「持って」といい出したそうです。ママは約束だから、自分で最後まで持ちはこびなさい、と折れなかった。それをみかねたウウちゃん。ママにお説教をし始めたそうです。

ウウ:「あのね、困っている人を見て助けないのはいけないことでしょ。」 

理屈は通っているけど、どこかおかしいウウちゃん。どっちもふきださずにいられませんね。

e0010856_916020.jpg


生後14か月ぐらいのウウちゃん。この笑顔、なかなかでしょ。(ばば・ばか)。
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-29 09:25 | 家族のこと | Trackback | Comments(4)

胸の痛む写真


今日も別に何にもとりたてて書くべきネタがないように思われました。
よっぽど、今日は書きませんとおことわりしようか、だまって何もアップせずにやり過ごそうかと、ずっと考え続けていました。

それが、ふとしたことで押入れ(と言っても紅茶国にはふすまはありませんから、クローゼット)の中にこんな(↓)ものを見つけてしまいました。

e0010856_113053.jpg


この重たい黒いものの中には、132GB(ギガバイト)ぐらいのふるいデータが入っていて、798GBがフリースペースなんですって。今より約6倍のデータが入るということ。

それで、昔の写真をのぞいてみました。いろいろ面白いものや、忘れていたステキな風景や、ルイちゃんの赤ちゃん時代の写真なども見つかりましたが、いざ今日のブログとして何を載せようかとなると、なかなか決まらず、またまた考え込んでしまいました。

それで、結局この(↓)一枚を選びました。
題して 「今日の写真」 または 「胸が痛む写真」というわけです。

e0010856_11241193.jpg


これは2009年ごろにG学校の地理の教室の壁に貼ってあった写真です。
「もし世界中の人々が現在のアメリカ合衆国の平均的な人と同じような暮らし方をするとしたら、地球が4つぐらいないと、やっていけない。」のだそうです。
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-28 11:52 | Trackback | Comments(0)

スタティン、ブリッジ、TPS

今日は昨日とちがい全然喜ばしいことがなかった日。何にも書くことがなかった日。つまらなかった日。だから、よっぽど、ここに記事を書かないほうがまし、とおもうのですが、なぜ今日は記事を更新しないのか?と思う方がいるかもしれないと思うと、

谷川俊太郎みたいに、「何も書くことはない、と書かねばならない」・・・・と書こうかしらなどと思って、ここにきました。

1)午前中、先週の金曜日に受けた血液検査の結果を聞きにウイットチャーチ診療所に行ってきた。本当は電話で問い合わせてもいいのだけれど、スタティンという薬をもらう必要もあったので、のこのこと7,8分運転していった隣村。

コレストロールは6に下がっているとのこと。5以下が正常値。ただし善玉コレステロール(HDL?)がプラス2と上がっているという医師のコメント。(を、受付の人がコンピューター画面を見て読み上げてくれた。)ちょっと安心。でも相変わらずスタティンは毎日一錠ずつ飲み続けるよてい。2月19日にわがGP(登録医)が私の携帯に電話をしてくださるとのこと。ふう、気の長い話だこと。

e0010856_10204833.jpg


紅茶国の NHS(ナショナルヘルスサービス)のおかげで、無料で薬をいただける。もっともこのために高い税金もずっと払わされてきてのだけれど。

2) 午後、ドレイトン・パーズロー村でブリッジ。今日はポールとペアで。最初にデーンとミスをやらかして、マイナス200点の痛手からずうっと回復できないまま、終わってしまった。結果は12組中の6位、50.89%だった。50%以上ならよしとするかどうか。ポールはいつもしゃべり続けているので、ゲームに余り集中できない。

e0010856_10325247.jpg


今日の戦果というより、失敗の記録。私は8回親をして、45%。ポールは2回だけプレイして(親をして)66%。ビッディングも含めていろいろ間違い(エラー)だらけ。後悔先に立たず。

3)
夜はトリング村の TPS という学校へ行った。7時~8時半まで。だけど、今夜はリンちゃんが先輩のダンスの振り付けを手伝わないと行けないからと言って、とうとう最後まで来なかった。まあ、りんちゃんの日本語は問題ないからいいのだけれど。 クレちゃんには漢字をもっと覚えてもらわなければならない。 この学校でことしGCSEを受けるのは二人だけ。 口頭試験は5月1日となった。(ちなみに、今年のGCSE、読解と聞き取りは5月21日(火)、筆記は25日(金)。

e0010856_10431031.jpg


この(↑)写真は、グーグル画像から アニマル アイ (動物の目)という検索語で出てきた画像。リンちゃんやクレちゃんたちの学年がアート(美術)の科目でやっている課題の一つ(動物の目を描くこと)に取り組んでいるなかで、りんちゃんはこの鳥だか、魚だかわからない生き物の目の写真が気に入り、これの模写をしたいのだそうだ。リンちゃんは去年9月に日本からやってきた女の子。日本の中学校は卒業したけれど、こちらの中学(Year 10,GCSEを受ける学年)に編入しているので、この美術も避けられない。やらんならんことがいっぱいあるけど、先に進めなくてもどかしい。とにかく英語の力をつけてもらわなければならないのだけれど、これが本当に大変。難儀している。とにかく「頑張って」としか言えない状況。

語学は大変だ。わがウウちゃんももうすぐプライマリー(小学校)へ行く予定。そのときこの言葉のギャップにどんな対応をして見せてくれるのか、とても気になるところ。
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-27 11:07 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(0)

BABA-BAKA の日。

今現在の時間は、紅茶国タイムで1月25日(木)夜、零時32分。
もう眠くて眠くてたまらないので、 とりあえず ポイントだけ書いておきます。

1) ウウちゃん、かるた会(百人一首)で優勝
2) グランマ、 ブリッジで トップ。

二つのびっくり、ドッキリ事件が今日という日は起こったのでした。
ちょっとうれしいBABA-BAKAの日でした。

e0010856_953470.jpg


e0010856_9543284.jpg


ブリッジは、ウォルター と組んで、 61.01% で 10ペア中のトップ、 マスターポイントを40点獲得したのでした。ウォルターは9回親をして57%の勝率、 私は8回親をして61%の勝率でした。


百人一首をウウちゃんに特訓した件については、もうちょっと詳しく(面白く)書き足したいことがあります。

でも、もう眠くて、眠くて。

ーーーーーーーーーーー

「むすめふさほせ」 って、ご存知でしょうか?
ウウちゃんにこれを教えました。
上の句の出だしが一音しかないもの。

むらさめの  と言ったら、 きりたちのぼる をひろうのよ、って。
すみのえの と言ったら、 ゆくえもしらぬ 
めぐりあひて と言ったら  くもかくれにし
ふくからに  と言ったら  むべやまかぜを
さびしさに  と言ったら   いつこもおなじ
ほととぎす  と言ったら  ただありあけの
せをはやみ  と言ったら  われてもすえに

=======


小さいときによくやったんです。わが家(早川家)の<4人姉妹+両親>=合計6人家族で。正月は毎晩かるたとりか、トランプでした。あれは子煩悩だった父が正月中は家族団らん、こたつを囲んでこのゲームをしようと。今を去ること60年ほど昔。私は4人姉妹の3番目でしたが、おもしろくて、意味もわからないのに、百人一首の上の句と下の句を一生懸命覚えたんです。 

「むすめふさほせ」は 一音一首の歌。これで7首
「うつしもゆ」は 二首ずつ。これで5X2=10首
「いちひき」は 三首ずつ。 だから 3X4=12首
以上合計29首。

ここから 補足。
4首ずつあるのが 「や、は、か、よ」 4X4=16
5首あるのが 「お、み」 2X5=10
6首あるのが 「た、こ」 2X6=12
7首あるのが「わ」 1X7=7 
8首あるのが「な」 1X8=8

「あ」ではじまる歌が全部で17首。
以上の合計は 29+16+10+12+7+8 + 17 =99
あと残りの一首は 「を」 (をぐら山 みねのもみじば こころあらば)

わーい、これで100首になりました。




そうして上の句が「あ」で始まる歌17首について、ちょっと一人チャレンジ。
果たして今、私はいくつ言えるかな。ちょっと数えだしてみませう。(笑)

1)あさぼらけ、有明の月と
2)あさぼらけ、宇治の川霧
3)あわじしま かよう千鳥の
4)あひみての のちのこころに 
5)あふことの たえてしなくば
6)あわれとも いうべきひとは 
7)あさじふの おののしのばら 
8)あけぬれば くるるものとは
9)あらしふく みむろのやまの
10)あまつかぜ くものかよいじ
11)あきのたの かりほのいほの
12)あきかぜに たなびくくもの
13)あまのはら ふりさけみれば
14)あらざらん このよのほかの
15)ありまやま いなのささはら
16)あしびきの やまどりのおの
17)ありあけの つれなくみえし 

ああもうすっかり眠気が覚めてしまいました。
お休みなさい(笑) 01:29分でした。

(うえの補足の部分(青字)を書いていたら 02:06分になりました。
こんどこそ、おやすみなさい。
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-26 11:07 | 家族のこと | Trackback | Comments(0)

ウイッタード、リバティー、アタリヤ 雨の中を。

グランマ短期決戦三日目。ウウちゃんもはっきりと日時を認証できてます。朝いちばんに
「今日、ママ帰ってくる。」と。ママとパパと両方とも、今夜9時~9時半の間に帰ってくるって。ただし、別々のルートでそれぞれ別々に帰ってくると聞いていました。

幼稚園から帰ると、おやつを食べて、ソファーの上に腹ばいになり、ユーチューブをー。
1時間や2時間は、平気で一人でユーチューブです。
ときどきクックッと笑い声をあげますが、なにがおかしいのやら、話してはくれません。

そのまま夜の7時ごろから、パパとママが帰るまで、寝こんでしまいました。ほったらかしてるつもりはないのですが、とりあえず、様子見。

今日は一日雨でした。

ウウちゃんが幼稚園にいっている間、予定どうり動き回まわって来ました。まずは11時の約束で、ふたたびコヴェント・ガーデンのウイッタード(紅茶専門店)へ行きました。

e0010856_1020735.jpg


相当、大量に買いこんでしまいました。大きな紙袋に二つ。雨の中を、そこからチヤリングクロスまで歩き、セントラルでオックスフォードサーカスへ。

e0010856_1022843.jpg


リバティーの3階のマイバスで、ジャパンレースパスを買いました。それからまた大雨の中、オックスフォードサーカスの駅まで戻って、地下鉄でウエスト・アクトンまで。ここでも駅の外は大雨。

大きな紙袋二つ、どちらもひもが切れかかっているほど、中味がいっぱい。とてもウエストアクトンの駅からウウちゃんの家まで歩くのはオオゴトに思われました。

それで、ウエストアクトンの駅のそばのあたりやさんに行って、お魚を買って、荷物をしばらく預かってもらうことにしました。全部日本語で通じるから安心です。それにあたり屋さんは、昔から名前の通っているお店で、とても商売熱心で、親切で・・・

気持ちよく、荷物を預かってくれました。

e0010856_1029848.jpg


そこから雨の中を(傘もささずに)歩いていったんウウちゃんの家にもどり、すぐに車であたりやさんまで行きました。ひもの取れかかった大きな紙袋を入れる大きな黒いごみ袋を一つ提供してくださいました。なんというご親切な。紅茶国のお店でこんなに親切なことをしてくれるお店はまずありません。

e0010856_1033573.jpg


鰯とエビのフライをたくさん作りました。セガの明日のお弁当の分まで。

e0010856_10341735.jpg


さらに、そのうえ、揚げ物をするなら一斉にという(私の悪い癖)わけで、これ(↑)。なんでしょう?クイズにしたい気がしますけど、余裕がないから、書いてしまいます。ひき肉といえば、ハンバーグかミートローフか、コロッケか、またはファーマーズパイか、肉団子か、ですが、変わったところでメンチカツ。2,3のユーチューブ(クックパッド)などのレシピーによればメンチカツの場合は玉ねぎを炒めないで肉と混ぜ込むらしいのでそうやって作ってみました。一応成功したみたい。

e0010856_103443100.jpg


ウウパパとウウママの帰りを待つ間、このフェルト人形もなんとか完成させました。ウウちゃんのネーミングでは、ラプンツェル(前に作った人形の名前、髪が長かったから)のお母さんだから ラプママと呼びたいとのことでしたが、2語合わせでは名前が長すぎるからということで、遊びまくっていたビーズにちなんでビーズちゃんにしてもらいました。

久しぶりに4人そろって、ウウちゃんも目を覚まし、夜の10時を過ぎていましたが、食事の後は一回だけ4人でやりました。なにを? 百人一首です。もう、かなりはまってきてます。明日は本選らしいので。結構ウウママが本気を出して、ウウちゃんとウウママがトントンの結果になりました。とても楽しいひとときでした。

あしたからまたC村に戻ります。次にグランマのお呼びがかかるのは、たしか2月の中頃だったような?

だんだん(ウウちゃんも)慣れてきて、だんだん季節も明るいほうに向かうので、次回はあまりみんなに心配をかけないように、したいです。
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-25 10:50 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

グランマの日々(短期復活戦、2)

昨日とは打って変わった結末の、二日目でした。

e0010856_838971.jpg

幼稚園バスは9時半の予定。今日は 角っこを曲がったらバスが来ていて、二人で走ったけど、3分遅れてしまいました。夕べずいぶん長く寝たけど、寝方が足りなかったのか、二人とも疲れていたのか。

e0010856_8383487.jpg

バスを見送るとすぐに車でTPSという学校へ行った。約1時間15分の運転。実はここでも一人の少女(リンちゃん)とのコミュニケーションがすごく難しくて、四苦八苦しているんですが、それはさておき。

午後4時17分のお迎え。スクーターを持っていったけど、うまく乗れなくて、結局私がかついで帰ろうとしたら、「女はそういうことはしない」とウウちゃんに言われてしまいました。無視。だってそのほうが持ち運びしやすかったから。

e0010856_839299.jpg

お弁当は完食。まずは〇。
 
おやつを食べて、ウウちゃんはアイパッドでユーチューブの世界へ入りこみます。これがひと昔前ならきっとテレビだったことでしょう。このユーチューブで見ている番組自体、ひどく有害なものとは思えないのですが、とにかくだらだら、えんえんと見続けることのできる仕組みになっているみたいです。実況放送みたいな。子供のいる家庭の様子を半ばリアルタイム風に、半ばフィクション風に映しているものです。ウウはこれを見ながら時々笑ったりはするんですが、私の声はあまり耳に入らない。

でもってどうしたものか、考えてしまいます。ある程度は本人がくつろいでいる時間なので、むげにやめなさいなどというのは意味もないし、効き目もなさそうです。時間を決めてテレビやユーチューブを見るというのは、どこの家庭でもやっていることなのでしょうか?成功しているのでしょうか?ゲームなどを考えると、どこでも困っているか、あるいは、まったく禁止しているか、なんでしょうね。

食事が用意できても、時間はたっぷりあまってました。フェルト布の人形作りでしばらく私も一人の時間を過ごしましたが、あまりにもこれでは芸がなさすぎると思って、声かけしてみました。

私:「ウウちゃん、ねえ、来て。ほら見て。この人形、あと一本足を作ったら、仕上がりだよ。あとはお洋服だけ。」とかなんとか言ってみました。たまたま虫の居所がよかったのかどうか、ふっとユーチューブをやめて私のそばに来てくれました。

そこからは会話もはずみ、遊びもはずみ、夜寝るまで物わかりのいい二人(笑!?)になれたのでした。

百人一首

e0010856_8393092.jpg

幼稚園で毎日これ(↑)をやっているそうなんです。ウウママが帰ってきた翌日は、父母参観日でこれ(↑)の試合があるんだそうです。ウウママの置き手紙にもこれ(↑)をがんばってね、おうえんしてるよとのこと。夕べは避けていたみたいでしたが、今夜は少しは気が向いたううちゃんでした。

なにしろ意味も何も分からないのに、毎日園でこれをやっているのだそうで、「これやこの」「知るも知らぬも」などは大得意。今日はリサちゃんが「ほととぎす」といっただけで、「たたありあけの」という札を拾った、というではありませんか。

グランマもこれはこどもの頃せっせと上の句のはじまり5音と、下の句をむすびつける練習をひところせっせとしたものでした。こんやは「むすめふさほせ」を仕込もうとしたけど、意味も分からないのに、一晩で7種はちときつい。それでも子供心に、「むらさめの」は「きりたちのぼる」、 「すみのえの」は「ゆめのかよいじ」と、きおくにひっかかってくれるのではないかと、淡い期待でやり続けました。毎日園でやっているだけあって、「ひと」で始まる札は何枚もあるなどと、ちゃんとわかっていました。「ひとにはつげよ」「ひとをもみをも」「ひとのいのちの」「ひとづてならで」「ひとしれずこそ」・・・・・

e0010856_8395852.jpg


それから 食事をしてから私の奥の手。ずっと前に買ってあったけど、タイミングを見つけそこなっていました。
今日C村へ立ち寄って毛糸をたくさん持ってきたので、これを開けてみることにしました。GOKI という名前がついている織物道具で、去年の8月錦織の龍村周(あまね)さんのショーファーをしたとき、ノーリッチという街のおもちゃ屋さんで見つけた道具でした。周さんもおすすめの織物セットでした。

e0010856_8402497.jpg


一筋一筋横糸を通していくと、だんだん面積ができてきて、はまり気味。 ちょっとヒット。

このあとは、なんと9時半。着替え、歯磨き、自分で一人で寝床に入る、自分一人で寝る(私は2段ベッドの下に寝るので、同じ部屋にいますが)がなんとすっかりできてしまったのでした。物わかりのいいウウちゃん。これが普段の普通のウウちゃんだったら、(そうだとおもうのですが)、毎日毎晩こんな風であってくれますようにとねがわずにはいられないです。明日は夜遅くですが、パパもママも別々の時間に別々のルートで帰ってくることになっているので、とても早く寝てくれとはいえないでしょう。でも次の日の行事(木曜のかるたとり大会)があるので、どうか、疲れを残さないようにしてもらいたいと、老婆は老婆心を抑えきれませんのよ。
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-24 09:50 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

グランマの日々(短期復活戦、1)

月曜日(22日)の朝、ウウママは予定通り7時半ごろに出発しました。ウウちゃんは悲しそうだったけど、去年の11月ほどのことはなく、しばらくソファーで眠ってました。

いろいろ細かいことを書いていられない状況ですが、やはりウウちゃんはグランマにとっても怒りを覚えているみたいなんです。なぜ?なぜ?なぜ?わかりません。

生まれつきなのか、それとも?

ウウパパは私の話し方に問題があるのではないか、「決めつけるようなものの言い方をする」と云うのですが、そう言われても私、自分のふだんの、ふつうの話し方を変えられません。それに、猫なで声でやさしくウウちゃんに話しかけたりすると、これもまたウウちゃんのゴ不快を買い、「笑い事じゃない」といって叱られたりします。

ウウちゃんは朝ごはんの食パンに、ナッテラというチョコレートスプレッドをつけて食べるのですが、パンの耳を取ってないと言っては怒り、切り方が大きいと言っては泣き。そんなことで泣かなくていいでしょ、と私はごく自然に、普通に(平静に)対応しているつもりなんですが、やっぱり心の中では「むずかしかねえ」と思わざるを得ません。

あ、でも悪いことばかり書いては誤解されそうなので、いいことも書きますね。とにかく無事幼稚園バスに間に合って、登園できました。(帽子を忘れたけど。)登園時にはううちゃんから、幼稚園の先生の名前を言いなさいといわれてしまいました。2,3人の先生の名前は言えたけど、あとの先生なんてわかりません。のり子先生といったら、まちがいでそれはのりえ先生だといいなおされました。(ちょうどこの先生がバスの当番で、帽子のことをおわびした時、名前まちがえなくてよかった、と思いました。)

それから話は飛びますが、幼稚園から帰ってきて、家で二人でおやつを食べたり、遊んだりしていた時、こんなことも言われました。「そんなことをしていたら、プリンセスになれないよ。」だって。プッと吹き出しそうになりましたが、こらえました。

そのほかいろいろあるけど、今は2段ベッドの上の段で物音一つさせずに眠っています。私も寝ようと思いますが、今日はビッグな日だったので、もうちょっとここに写真を載せておきます。

まず、ウウちゃんを送り出して、前々から予定していた コヴェントガーデン行き。
e0010856_7492033.jpg

紅茶のお店 ウイッタード で大量買い付け、というのは正確じゃないけど、めぼしいものを品定め。紅茶の種類って本当にいろいろあるんですね。しかも名前がふるってて、選ぶのに迷います。
e0010856_7504314.jpg

また水曜日に来ることにして、次はここ(↓)
e0010856_7515217.jpg

ね、グリーンパークといえば、在英日本大使館。大使館といえば、グリーンパーク。(笑)

心は3月4月の日本行き。ジャパンレールパスを買うための、在留証明書をもらいにきました。一度もらうと半年間はこの証明書は有効だそうです。でも残念ながら、半年以内にまた帰国の可能性は少ないのですが。

e0010856_7531523.jpg


この場所に来ると、この頃必ず立ち読みすることにしているのは、週刊文春のこの(↑)記事。同郷の、同じ高校の同窓生ですが、とてもよく書いていて面白いので。

在留証明書をもらったら、ピカデリーラインでノースイーリングまで戻り、今度は車でまずは給油。そのあとはここ(↓)
e0010856_7543973.jpg

モリソンズは駐車場があるので、行きやすく、買い物もしやすいです。ウウちゃんお明日のお弁当とかを考えて、時計を見ながら、野菜やお肉や果物を少しずつ買いそろえました。
e0010856_7553881.jpg

それから帰り道、あたりや(↑)というお店に寄って、豆腐とパン粉を買いました。そろそろ顔を覚えられてもいい頃じゃないかとおもうくらい、この頃よく来るようになりました。このお店にはお刺身や生魚がたくさんおいてあるのですが、やっぱりそれには手がでないです。
e0010856_756437.jpg

あたりやさんの向かい側にあるこの(↑)お店で柿を2個、きれいな大根を一本買いました。約2.5ポンド。

ふう、3時17分の降園バスの迎えに、ちゃんと間に合いました。

長い夜。ウウちゃんの夜ご飯は、前の日にウウママが作ってくれたもの。野菜を全部ブレンダ―で砕いてある特別カレーです。白い鳥の目玉はウウちゃんが自分でつけたカレー汁です。

e0010856_758544.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-23 08:25 | Trackback | Comments(6)

CからEへ。

朝起きたら、びっくり。

e0010856_8305149.jpg


でも、午後から雨になり、気温も上がるという予報で、ちょっと安心。

あれこれ用事をすませてC村出発は午後5時ごろ。

もう真っ暗で、おまけにかなりの雨でした。

e0010856_837835.jpg


給油をしようかと思いつつ、とにかく目的地に到着。

ウウちゃんは、一回り大きくなっているようでした。これから三日間、よろしくお願いします。(って、どっちのセリフでしょう⁉)   おてやわらかに頼みます。(笑) 覚悟はできてるつもりなんですがぁ。


早速一撃。「グランマはお弁当に卵焼きをつくらんとってね。」だって。 
[PR]
by agsmatters05 | 2018-01-22 08:46 | Trackback | Comments(4)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。