ブログトップ

紅茶国C村の日々

<   2017年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

グランマの日々(10)

今日も一日、動き回りました。「朋あり、遠方より来る、これまた楽しからずや。」の、とても楽しい一日でした。

お弁当を持たせて、いつも通り幼稚園の送り迎えをしましたが、セガはニューカッスルというところへ出張で、朝早くいなくなっていました。その代わりということもないのですが、オランダから来客、長崎(1974-1989)にいはじめた頃の同僚(友人)が遊びに来てくれたからです。

9時20分に登園バスにウウちゃんを送りこんで、それからすぐ車で家を出ました。

家の近所にウエスト・アクトンという地下鉄の駅(セントラル・ライン)があるのですが、そのそばに「あたりや」という日本食材店があり、そこでシチューの素と、卵と豆腐を買いました。日本語で買えますから、もうここはまるで日本にいるような気分で、イギリスにいることを忘れてしまいそうになります。

そのまま、一路ヒースロー、ターミナル5まで走りました。だいたい50分。10時半過ぎには着いたのですが、すでに飛行機は着陸していました。今年4月のタイでのメグの結婚式にも来てくださったティネカさんがオランダのアムステルダム、スキポール空港からBAの飛行機で空の上にいたのもだいたいおなじ時間、40分ぐらいだったそうです。

e0010856_7474163.jpg


マイトヨカロと、トムトム(サテナビ)のおかげで、でっかい飛行機が飛び交うヒースローに往復できて、昼前には戻ってこれました。とっても寒い一日で、二人してラーメンを食べながら、これから5日間の予定を話し合いました。あっというまに幼稚園バスの降園時間。二人でウウちゃんを迎えに行くと、ウウちゃんは幼稚園バスの先生に、タイからグランマのお友達がくると話していたのだそうです。タイでティネカさんと一緒にホテルのプールで泳いだことをまだしっかりと覚えているようでした。

やっぱり一人より、二人、二人より3人が話ははずんで楽しいです。ウウちゃんも笑いどおしで、遊びました。ティネカさんのお土産のオランダのクリスマスの塗り絵、切り絵、お絵かき、シールが全部セットになったものを作ったり、トランプもして遊びました。

e0010856_7493077.jpg


今日は全然ぐずるということもなく、物わかりのいいウウちゃんでした。ちょっとだけ、トランプの神経衰弱というゲームをしたとき、負けそうになって、おかしな態度をみせていましたが、チーム戦に切り替えて、ティネカさんとウウちゃんが共同で、グランマと戦ったので、結局グランマが負けて、通算成績は一対一でした。

それから、気温がずいぶん下がって、朝、外では5度ぐらいで、寒いのに、厚手の服や襟巻などをいやがって、困っていたのですが、これもすんなり、あたたかい服を着てくれるようになり、ほっと一安心です。

e0010856_7561661.jpg


とりあえず、土曜日のクリスマス発表会まで風邪などを引かせないように、気をつけなければとおもっています。「オズの魔法使い」のブリキ役が病欠したら、ほんの10数人の幼稚園では、きっと代役は無理でしょうから。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-30 08:00 | 家族のこと | Trackback | Comments(0)

グランマの日々(9)

だいぶ落ち着いてきた気がします。

当初はいろいろと皆さまにご心配をおかけしました。

最初、アコちゃんからEU180日ルール(観光ビザの人は、イギリスを含むEU圏内に一年間で180日以上滞在してはいけない、という)というものがあると聞いた時、本当に心配だったのはむしろアコちゃんのほうでした。大事に産んで育ててきた仲良し親子のウウちゃんをイギリスに残して一年の半分を日本でひとりで過ごさなければならないというアコちゃんのほうが、よほどショックが大きいように思われました。

その時私は、「大丈夫よ。こどもは弾力性があるから。」と言ったような気がします。一応、Resilience という言葉を使いたかったのですが、要するに、適応性というか、可塑性というか。

大泣きをするけれど、それを吸収して、どんどん成長していくみたいですね。
あんなに反発していたグランマにも、次第に慣れてきてくれています。朝晩の幼稚園バスの乗り場までの送り迎えと、あとは着がえや食事が私の役割ですが、そのほかにも遊び相手として認めてくれているみたいで、うれしいです。

今日は、神経衰弱(トランプのゲーム)をやって、1対1でおあいこでした。宅急便やさんもまたやらされました。ときどきえらそうにグランマを叱り飛ばしたりするのですが、まえのような拒絶反応はあまりしめさなくなり、だいぶやりやすくなりました。

それにパパもお風呂に、寝かせつけに、レゴ作りに、お弁当作りまで、よくやってくれるので、夜などだいぶ私は息抜きができるようになりました。

幼稚園って、いろいろな行事があるので、ウウちゃんは今はそのことであたまがいっぱいみたいです。明日も2回目のリハーサルで、本番は12月2日のクリスマス発表会だそうです。『オズの魔法使い』をするそうで、毎日同じ歌をよく歌ってくれます。ウウちゃんはブリキになるらしいですが、セリフはないと言っていました。

e0010856_9115831.jpg


自分の作品を眺めるううちゃん。下絵をなぞるだけで自然に色の変わる一本の鉛筆書きをしたもの。最初わたしは作品だけの写真を撮ったのですが、自分も(写真に)入れて撮ってくれとのことでしたのでそうしました(笑)。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-29 09:12 | 家族のこと | Trackback | Comments(4)

グランマの日々(8)

アコちゃん(孫のウウちゃんのお母さん)がお仕事のために日本に帰ってから、2週間目が始まりました。

朝早くお父さんが会社に出かけてしまうので、7時45分ごろ、パパのいないパパのベッドで目を覚ましたウウちゃん。「パパ―」と一声あげて起きたのですが、パパはもうでかけたよ、と一階の台所で私が返事をしたら、ううちゃん寝床でワッと泣き出しました。かわいそうだけど、私がなぐさめてもあまり効果がないと思い、そのままにしておいたら、しばらくして泣き止み、気をとりなおしたように、お人形さんを相手に一人おしゃべりを始めていました。あの泣き声は、「ちょっと泣いてみた」という感じの泣き声だったのでは、と思いました。5歳児。やっぱり自分でナットクできることはできるだけ自分でナットクさせたほうがいい。

ナッテラ(ヘイゼルナッツスプレッド、チョコレートみたいな味)を塗った食パンとヨーグルトの朝ごはんでした。それにほうじ茶。果物はブドウだけ。金曜日の遅刻に懲りて、すこし早めに家をでました。9時5分。登園バスの予定時刻は9時20分。家から歩いてほんの5,6分の距離のところです。

e0010856_8262437.jpg


ポーズを決めて、パパとママにメッセンジャーで写真を送りました。「行ってきます」という言葉を添えて。車で1時間ほど離れた会社にいるパパと、もうすぐ夕方の6時ごろになる日本のママからすぐ「行ってらっしゃい」と返事がきました。もっとも上の写真の前に「蛸踊りぃー!」と言って変な顔をして、変なポーズをして私のカメラに収まったウウちゃんもいました。ひょうきんなところはだれゆずりなんでしょう!???とっても寒い朝なのに、手袋やマフラーもしてくれなくて、私が持ち歩くだけでした。

今日は月曜日。ウウちゃんを見送ってから、とりあえず、家に帰って掃除をしました。その間に洗濯も。そして夜ご飯の下ごしらえのつもりが、昼食をはさんで、最後まで作ってしまいました。チキンカツ、野菜カレー、そして炒め人参のゴマかけ。白ごはん。

e0010856_8351822.jpg
e0010856_8355454.jpg


ところが今夜は私が7時から8時半までトリングへ日本語の授業に出かける必要があり、3時に帰ってきたウウちゃんを4時ごろ車に乗せてパパの会社まで1時間のドライブで運ぶことになっていたのでした。ほかの方法もいろいろ考えて、ウウちゃんにも相談して、ナットクの上、決まったことでした。だから、パパは外食するつもりだったのだとか。だから、上の食事は明日の朝ごはん、またはお弁当にまわしてもらうことになったのでした。

3時25分、ウウちゃんの帰宅。おやつ。お絵かき。そして4時25分ごろ、チャイルドシートを後ろの座席において、ウウちゃんにはオーバーを着てもらって、出発しました。ものの2分か3分の距離のガソリンスタンドに入ったら、ウウちゃんはもう寝こんでいました。これにはびっくり。A4,M4という高速道路をひたすら西へ。レゴランドの近く、ウインザーの近く、メイドンヘッドという街にパパの会社はありました。 到着10分前ぐらいになって、後ろの座席から「グランマ、まだ着かないの?」という声がきこえてきました。

5時半。無事にパパにウウちゃんを送り届けて、私はまたM4,M25,A41という高速道路を走りました。もう真っ暗な時間でした。ところがトムトム(サテナビ)が最初50分足らずの距離だと表示していたトリングの街がM25という高速道路の渋滞のために、到着時間がどんどん遅れて、困りました。結果は、遅れずにすみました。渋滞はひどかったけど、最後のA41に入って、少し所要時間を短くすることができたからでした。80マイルといえば時速128キロ。高速道路ではこのスピードは、渋滞さえしていなければ、大丈夫です。

無事仕事を終えて、ウウちゃんのうちに戻ってきたのは、夜の9時半ごろでした。
今日もなかなかエキサイティングな一日でした。

そうそう、夜、ウウちゃんとパパは寝床に入って、ママとチャットしてたみたいです。夕べもだったかな。これは私はノータッチ。この時間があるからウウちゃんはまた明日への活力をもらうのかもしれません。

あしたもまた予定びっしりです。でもお弁当はいらなくて、帰りの迎えの時間は4時5分です。だんだんとお互いの行動がわかってきて、軌道にのっている感じです。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-28 09:03 | 家族のこと | Trackback | Comments(6)

グランマ E街に戻る。


C村と E街と、二つの家で二つのベッドを与えられている私。どっちで寝ても、寝心地は同じで、眠りに問題はないのですが、どっちに行っても台所仕事が私の役目。へたをすると一日中流しの前で茶碗洗いをしているようなこの頃だこと。

C村のゲストは早いお昼ご飯を食べてお帰りになりました。彼女(ゲスト)のおかげで、昨夜はニューカッスルという北の街の観光見物をさせてもらったようなぐあいでした。グーグルを使いながら、街の見どころを長いこと教えてくれたのでした。

帰り際、ハグして彼女、「あなたのお孫さんとの関係が改善されていくことを心から祈ってるわ。」ですって。
私、全然、彼女(ゲスト)に対して(孫のことで)ぼやいたり、愚痴ったり、嘆いたりした覚えはないんですけど、なにかふとした言葉の端から孫姫のことで私が窮地に陥っていると思わせてしまったのかも。

客を送り出してからゆっくりと入浴、洗髪。C村を出たのは16時16分でした。
「今から出かけます。5時半ごろ着くと思う。」

e0010856_814016.png


途中の道路は、もう夜の道路でした。

e0010856_8163138.jpg


ロンドンに近づくにつれて街灯の明かりも明るくなり、車の量も多くなっていきますが、日曜日の5時6時といえばあまりロンドン方面への道路は混みあってはいませんでした。

e0010856_818687.jpg


パパと二人で過ごした土日を終えたウウちゃん。機嫌よくパスタのお食事中でした。前ほどの極端な拒否反応はなくて、けっこう私に話しかけたり、返事したりしてくれましたが、やっぱりどこか は、ん、こ、う、て、き。そう言ったらいかん、こうせんとあかん、あのな、それはちがう、ううがするから見ててな・・・という具合なのでした。

それと、これは本人も親も気づいていることなんですが、ウウちゃんの発音、ちょっと心配なんです。「き」がぜんぶ「ち」になってしまう。「まきせんせい」は「まちせんせい」。「きのこ」は「ちのこ」。 幼稚園でも友達や先生から直されているみたいです。

結論。寒い週末、風邪もひかず楽しくパパと過ごしてくれたみたいで、ホッと一安心でした。買い物の途中で本物の、しかもあわてん坊のサンタさんに出会ったそうです。

e0010856_8325548.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-27 08:34 | 家族のこと | Trackback | Comments(4)

グランマの日々(7) ワッデスドン・マナー・ハウス

グランマの週末ですが、明日の日曜日に戻ってくるので、孫に「See you tomorrow. スィ―ユートゥモロー」と言ってE街の家を出ようとしたら、英語に拒否反応を示されてしまいました。英語にというより、グランマに対して、だったかもしれません。幼稚園でも英語を少しずつ教えてもらっているようですけど、グランマからは英語は習いたくないのでしょう。ま、それはいそがなくてもいいと思ってますが。

e0010856_9564598.jpg


土曜日のM25とA41の道路は、空いていて、天気もよくちょっと飛ばして走ってみました。今日はC村に来客があり、運転その他のお世話をすることになってしまいました。ニューカッスルから来られた86歳のお元気な女性でした。毎年湖水地方へ行くたびに行き会ってきたカップルのご主人が他界されて、もう5年になるとのことでした。

e0010856_1013020.jpg


2週間ほど前にひささんさんと行ったけど、閉じられていたばしょに、今日はなんと人がいっぱい。駐車場も満杯でした。ワッデスドンマナーハウスでクリスマスのフェアー(売り出し)をやっていました。とてもいいお天気だけど、ものすごく寒くてぶるぶる震えながら歩きました。手袋を持って行くのを忘れて、いくつかのお店で買おうとしたら、12ポンド、15ポンド、20ポンドと値段がいろいろ。家にもいっぱいあるので、ポケットに手を入れて買うのはやめました。

e0010856_1052684.jpg


クリスマス用品を売る店が多かったですが、食べ物やさんでは、チーズに、ワインに、ビール(エール)。それからアクセサリーのお店とか、お菓子、ジャム、そしてマフラーや布類など。とにかくお店(出店)がいっぱい。あ、孫に7ポンドの英語のお絵かき帳みたいなのをつい、つい、買ってしまいました。嫌われてるのに、ねえ。これがバババカというものでしょう。やっぱりグランマはバカだ(笑)。

e0010856_10122362.jpg


「大人が(クリスマスの浮かれ騒ぎで)つまらないときに、あなたを楽しませてあげるための本。」
というようなタイトルの本でした。果たしてこれにどんな反応を見せてくれるか、興味シンシンです。期待はしていないけど、無駄にもしたくない。

そのほか、クリスマス・ツリーの飾り物を売っている出店が多くて、
e0010856_1016448.jpg


とても買う気にはなれないけれど、真似して手作りできるかも、と思って写真をとってみました。
e0010856_10165932.jpg


さて、今年のクリスマス。私はどこで何をしているのか、これが実はちょっと気がかりなこと。
e0010856_10171324.jpg


C村のの家で14,5年クリスマスを祝ってきて、今年はロンドン郊外、E街でママがいないセガ+ううちゃんの父子家庭で、はたしてクリスマスをどうしたらいいか、祝うべきかなにもしないでふだんのままで過ごすべきか。世の中が猫も杓子もクリスマス一色になっていて、ウウちゃんだって幼稚園からたくさんクリスマスの歌を覚えてきて、毎日うたっているのに、ツリーやプレゼントを、いったいしたほうがいいのか、しないほうがいいのか???

子供にはやはり形だけでも、ツリーを飾ってあげるのが、よさそうですよね。イエス・キリストの誕生日で、馬小屋で生まれて、、云々ということはさておいて、とりあえずツリーだけでもかざってみるべきではないか???

思案中です。

でも今日は別の意味で疲れました。ニューキャッスルからのお客さまが話し好きで、話し好きで・・・86歳のおばあちゃん、3人の息子がいて、孫が6人だか7人だか。その話をひっきりなしに(誰も聞いてないのに、笑)、やれジョナサンが、ロバートが、やれベンが、リズが、やれユアンが、マリアンが、やれサイモンがアンガスが、どうした、こうした、としゃべり続けるので、ついていくのに苦労しました。全員の孫の年齢をしっかりと把握していましたし、どの子にどのプレゼントということもしっかりと考えているみたいでした。遠く離れて住んでいても、孫とテキストや写真メールを交換してる頼もしいおばあちゃんでした。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-26 10:41 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)

グランマの日々(6)

月曜から金曜までの幼稚園。明日と明後日は土日の休み。ウイークエンド。
アコママが日本へ帰って、最初の一週間が終わりました。
火曜日の朝が一番つらかったけど、なんとか落ち着いてきました。
ウウもわたしも・・・。

今朝は家を出るのがちょっと遅くて、近所の角を曲がったところで幼稚園バスが向こうの角っこに来ているのがわかり、あわてました。ううちゃんの方がもちろん先に走っていきました。あとから追っかけて走った私はフラフラでした。家を出るのは早めにしないといけません(自戒)。

幼稚園バスを見送って、家に戻り、やったー!今日は何にも予定のない日。何でも好きなことができる日でした。掃除はしたばっかりだし、買い物も必要ないし、昼ご飯も夜ご飯もちゃんと用意できてる。3時5分過ぎの降園バスを迎えに行けばいいだけ。

e0010856_852975.jpg


コーヒーを淹れて、ラップトップに向かってそのままほぼ2時50分ぐらいまで、ヒマつぶし。時のたつのも忘れてヒマつぶしでした(笑)。ラップトップに遊んでもらってました。だから、今日の日中は、グランマじゃなくて、ただのヒト・ミチでした。朝登園バスに送り出すまでと、3時に降園バスを迎えに行って帰ってきてから、7時ごろセガパパが戻るまでの間だけのグランマでした。

何を食べさせるか、どこでどうやって食べさせるか。
こちらの思う通りに食べてくれる時もあれば、全然受け付けない時もあります。
なにしろ、向こうは生れて5年と2ヶ月たらず。こちらは生れて69年と11カ月!

みそ汁に入れたお豆腐を取り出して、汁なしで豆腐だけスポンジ(!?) をかけたのがおいしかったみたいです。苺にヨーグルトをかけたのは、ヨーグルトにかけた砂糖の助けで、ヨーグルトのみ。苺は残飯整理係のグランマのおなかに。 人参のきんぴら、すりごまかけは、よく食べてくれました。砂糖はいれなかったけど、千切り人参をごま油で炒めてから 酒、みりん、醤油で味付けし、出来上がりに炒りごまを擦ったのをたっぷりかける。これは幼稚園で自分たち園児が作って試食した料理でした。果物はわりとよく食べてくれます。

それから、数日間、連日園に着ていった赤いカーディガンを洗いたいけど、脱いでくれなくて困りました。着替えたらママに電話(メッセンジャー)しようかな、というのが決め手でした。ちゃんと着替えて、早くママにつないでくれと、しっかり要求してました。

夜はレゴ遊び。パパが帰れば、もう私の言葉など耳に入りません。
寝るのもパパと一緒。(助かる!)

だからこうやって、ブログなどを書いていられる、というわけです。

この週末はグランマもお休みでーす。
パパとウウちゃん、父子家庭となります。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-25 09:37 | 家族のこと | Trackback | Comments(6)

グランマの日々(5)

これまで朝寝坊の生活をしていた私が、目覚まし時計(アイパッドとアイフォンの両方)を二つ、三つとセットして6時ごろに起きなければなりません。それだけ夜早く寝るようにしてるので、寝不足にはなってないから大丈夫。

朝起きてから幼稚園の登園バスを見送るまでが、まだ緊張する時間です。

e0010856_7422538.jpg


登園バスを見送って帰り道(といってもものの5分足らずの距離ですが)、ふっと青空が目に止まり、朝の一枚(↑)。

これは今朝の会話じゃないのですが、こんなことがありました。

私「ウウちゃん、お豆腐好き?どんなふうにして食べる?」
孫「スポンジといっしょにたべる。」
私「はあ?」
孫「あのな、はあって言わんといて。はあって言うたらあかんのやで。」


勘のいい方はおわかりでしょう。「スポンジ」とは「ポン酢」のことなのでした。(爆)

今日で三日目。今日のお弁当はパパ(セガ)に作ってもらいました。それというのも、
孫「グランマの卵焼きおいしくない。」そうなので。
さすがパパはだしの素、鰹節、醤油などをいれて、ていねいに丸く焼いて作っていました。だけど味見させてくれなくて、一部をウウちゃんの弁当箱にいれて、残り全部を自分の弁当箱に入れて持って行ってしまいました。トンカツは前の夜のグランマ作。これケチャップを付けて、文句なしに食べてくれるものの一つでした。

何しろ、どういうものをどう食べるのが好きなのか、全然わかってないので、毎日が試行錯誤です。

帰り道には、こんな難問まで。

孫「今日、幼稚園でシールくれたお友達の名前、なあんだ?」
私「そんなことわかるわけないでしょ。グランマ、幼稚園、行ったことないし、てっちゃん以外はだれも知らないもん。」
孫「グランマ、ばかやねえ。」(とは言ってなかったけど、そういう感じの返事。)
とにかく名前を言え、というのででたらめに、あかりちゃん、あかねちゃん、あずさちゃん、ありすちゃん、あいちゃん・・・ぜんぶ違う違う・・・というのが幼稚園からの帰り道の会話でした。

今日は、帰宅して、宅急便やさんごっこをやらされました。封筒に宛名を書いて、配達してくれと。大きな段ボール箱をお人形さんと自分のお家にみたてて、ドアはここだからねと。ちゃんと配達したら、ちゃんと印鑑もおしてくれました。

トランプの神経衰弱もやりました。負けそうになると、泣きそうになったり、パニックになりそうになるので、泣いたらもうしないよ、と言いました。自分が勝ったり、負けたりした時のセルフ・コントロールを覚えていく途中みたいでした。

火曜と木曜は、実は、幼稚園バスを見送るとすぐ車で60キロほど離れたトリングという街の芸術総合学校へ10時半までに行かなければなりません。そのあと前の職場のG男子校へ行って、昼休みに1時間ボランティアでジャパン・クラブをして、2時半にA市を出て、スイスイ走って3時45分ごろ戻り、4時5分の降園バスを迎えにいく。月、水、金は降園バスは3時10分。道路が混んだり、事故で渋滞のときは、園またはご近所のお友達のお母様にお願いさせてもらえることになっていますが、なるべくそれは最後の手段にするために、自力でがんばっています。

e0010856_8125123.jpg


A41という道路でトリングへ向かう途中の景色(↑)。

まだまだ緊張の日々です。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-24 08:19 | 家族のこと | Trackback | Comments(4)

グランマの日々(4)

10月に10日間の予行演習をしたのですが、今回は40日間の本番となりました。グランマ業。今日で二日目。

あんなに嫌われていた昨日の今日。やっぱりまだ、二言目には「グランマ、そう言ったらあかんのやで。」とか、「グランマ、あっちへ行っといて。」とか、「グランマ、さわらんとって。」とか言うんですが、

子供はこども。それに10月の予行演習期間のこともあるし、パパママからある程度すりこみされてるせいかどうか、今日はいくつかいいこともありました。(ヤなこともあったけど、それはのけときます。)

まず、朝登園バスの乗り場まで歩いていくとき、手をつないでくれました。というか、私の指を固く握って痛い思いをさせようと、つまり遊び相手にしてくれた、というわけです。

e0010856_7454889.jpg


それから、幼稚園から帰ってきて、一緒にクレープ作ろうということになり、おやつを食べていた間。
なんと、なんと、このウウちゃん、(なぜか、この名前=仮名で決まってしまいました。)
「あのな、〇〇(自分の名前)な、本当はグランマのこと好きなんやで。」ですって。
「グランマもウウちゃん、大好きよ。」
「〇〇はな、グランマのこと100好きやねん。」
「グランマはウウちゃんのこと、105 好きなんよ。」
「〇〇も同じや。」

なんていう会話もできました。昨日の記事、ご心配かけました。今日は昨日よりましでした。

夜には、日本真夜中というより、夜明け前のママとスカイプ(メッセンジャー)でお話もできました。

100%主婦業の一日でした。食事、掃除、買い物、幼稚園児の見送り、出迎え等々、朝から晩まで働きました。こういう時間も大事な時間だと思うことにして、読みたい本も、開きたいネットも、遊びたいゲームも、今日はシャットアウトでした。(何日続くでしょうか。そのうちに家じゅうのごたごたもほったらかしにして、PCの前を動かなくなる日もくるのでしょうね。オホホ)

e0010856_7435423.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-23 07:53 | 家族のこと | Trackback | Comments(4)

グランマの日々(3)

今朝は孫ちゃんとお母さんのせつないお別れで、たいへんでした。

このブログに孫ちゃんのことを書いていいのか、どのくらい書いていいのか、許可をもらってないのですが、バレルまで書かせてもらおうとおもいます。

もっと小さい年齢なら、知らんまにそっと出かけてしまうこともできるかもですし、もう少し大きくなったら状況をある程度理解できるかもですが、5歳と1カ月の孫。ママとの長いお別れでどうなることかとハラハラしどおしの朝でした。ママ(アコちゃん)だって初めてのこと。

玄関で大泣きしてたううちゃん。とてもかわいそうでした。5分、10分、15分。泣いて、泣いて、泣いて、ようやくママの置き手紙を読んで、ぐっとこらえて泣き止んだのでした。泣きやんで、おきがえして、幼稚園に行く用意ができたら、写真撮ってママに写真を送ろうね、というと、そこで何とか落ち着いたみたいでした。

ママが大好き。ママもううちゃんが大好き。いっぱいいっぱい好きで好きでたまらない母娘。私の出る幕なんかないのに、ここから立ち去るわけにもいかず、、、

e0010856_66090.jpg


上の写真に「無事登園」という言葉を付けて、メッセンジャーでまだ空港にいるはずのパパとママに送ったグランマでした。

働く母親って本当に大変ですよね。
私自身のことを振り返ってみても、あの頃(子育てと仕事の掛け持ち時代)が修羅場だったという記憶があります。だから私は一生懸命孫ちゃんのお世話をして、アコちゃんに安心して日本で40日間仕事をしてもらうつもりになっているのですが・・・・

この年ごろの、この孫ちゃん。
とにかく口を開くと、

「グランマ嫌い、グランマ馬鹿、グランマ臭い」って、いいどうしなんです。

めげないで、がんばります。

パパとお風呂に入っているまにこれを書いてしまいました。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-22 06:18 | 家族のこと | Trackback | Comments(5)

C村からE街へ。

これからおよそ40日間、と聞いています。
E街で孫の世話をさせていただきます。
はりきって、といいたいところ、どうもいろいろ行き違いがおおくて、トホホの日々になりそう。
でも、やるっきゃないですよね。がんばります。

今日の写真は これ(↓)にします。

e0010856_90722.jpg


もちろんこれは「あんころネット」のmarri さんへどうぞ。

TPスクールというところで撮りました。
ひょんなことから仕事が舞い込んできて、前の学校から8割撤退したのに、
こちらの学校で週に2,3回、お世話になることになりました。

うそかまことかわからないけど、そのむかしジュリーアンドリュースが学んだという
芸術総合学校みたいなところです。歌に、ダンスに、劇に、絵画にというような科目を専門に学ぶ、中学、高校一環校で、私立で、寄宿舎が付いていて、、、という。

まだまだいろいろ話せばながくなるけど、今夜はこれでストップ。明日の朝、6時ごろ起きなければならないので。私にとっては、とても特別な早起きの時間になるからです。

ではまたあしたまで、おやすみなさい。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-21 09:15 | Trackback | Comments(0)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。