ブログトップ

紅茶国C村+E街の日々

カテゴリ:家族のこと( 100 )

E街の一週間

3月10日(日)から一週間、E街でグランマをしてきました。今日は土曜日(16日)、C村でゆっくり休んでいます。

と書いて、下の写真を編集して貼り付けていたら、時間がなくなり、今はもう3月17日(日曜日)、夜11時です。またE街に戻ってきました。いつもの、恒例のC村の週末を過ごしてきました。

明日からまた一週間、ううチャンの朝晩のお世話と、掃除、洗濯、買い物、料理など「普通の主婦」的生活をする予定です。もちろん、ブリッジ・ゲームもかなりできるようになってきました。

ううチャンは毎朝8時40分ごろ登校します。保護者が学校の門まで連れて行くのが恒例になっているので、校門に着いたら、カバンと水筒を本人が持ち運びます。それまでは、保護者が荷物を持ちます。幸い家と学校の距離がとても近い(歩いて2分)ので、助かります。この(↓)車の先がゲートになっているので、どの親子も毎朝ハグしたり、キスしたりして、バイバイをしますが、ううチャンはそういうのを嫌がります。この頃は写真も撮らせてくれない(ので、後ろから)。

e0010856_03561659.jpg


ここへ来るまでは甘えんぼさんや、わからずやさんをしていても、ここ(↑)へ来ると、さっさと、さっそうと、一人で元気よく歩いてゲートの中に消えていきます。

一日の時間割が終わるのは3時10分。だけど、ううチャンは毎日、そのまま学童保育に移動します。ううチャンの学校では、ニコレッタさんという方がこれをしているので、ニコレッタのクラブに行く、という言い方をします。

そこではおやつを食べて、それぞれが好きなことをして遊んで過ごします。ううチャンはお絵かきなどが好きみたいです。天気のいい日は校庭で遊具に乗ってあそんだりしています。英語はかなりわかるようになっているらしいのですが、まだまだ長い英文を自分から話せるまでには至っていないので、かなりダンマリで遊ぶ時間が長そうです。だけど、あまりそれを嫌がる様子はないので、結構リラックスして過ごせるのでしょう。「なるべく早く迎えに来てね。」とはいつも言うのですが、3時10分からクラブが終わる6時までの費用を学期毎に払っているので、あんまり早く迎えに行くのも考えてしまいます。クラブにいた方が英語を使うのでいいのではないかと・・・。

だいたい5時から遅くても5時半にも迎えに行くようにしています。

家に帰ればまずはユーチューブ。そうして飽きたら適当なおもちゃで遊んだりお絵かきをしたり、時々算数や国語のドリルを自分でやったりしています。(これはお母さん=ううママゆずりの、とってもいいクセです。)

ある日はこんな(↓)風におもちゃのアクセサリーで遊び、キッチンで料理中のグランマに
「ねえ、これ見て。」などと言って、話しかけてきたりします。

ニコレッタのところでパンや果物のおやつがあるので、あんまりおなかが空いたと言わないのですが、それでもしばらくすればおなかが空いてきて、おやつを食べたがります。これが晩ご飯とかち合わないようにするのに気を使います。たまには晩ご飯の一部をおやつにすることもあるほど。



e0010856_03523848.jpg


耳飾りは自分ではとめられなくて、グランマさんにやってもらいました。
女の子、ですよね。なので写真を撮らせてもらいました。


e0010856_03531629.jpg


その後、ウウパパが遅い時は先に食べ始めたりします、夕食。
これ(↓)はサーモンの照り焼き。塩こうじにつけておいて、焼きました。あまり塩気はつかってないです。
ううチャンはこれを小さくほぐして、白ご飯に混ぜ込んで食べるのが好きです。

e0010856_03551303.jpg


またある日は、これもほとんど恒例のメンチカツ。
生の玉ねぎのみじん切りが牛ひき肉とほとんど同量入っています。これ(↓)はううチャンがひき肉を混ぜて丸めてくれました。
この日は(ちょっと珍しく)二人で料理を楽しみました。パン粉をつけるとき、ううチャンが卵液に漬ける役をしてくれたので、とても助かりました。


e0010856_04151489.jpg


付け合わせに揚げたネギとシイタケのてんぷら。このあっさりした組み合わせがよかったようで、ウウパパから〇をもらいました。(こういうことは、めずらしいのです。)


e0010856_04160878.jpg



この日は、メンチカツのリクエストが出ていて、いざ揚げようと思ったら、やだ、パン粉がない!!ってことになり、歩いて10分の「アタリヤ」さん(日本食料品店。刺身がいつもおいてあるお店)に行ってパン粉を仕入れてきました。

その途中で、↓のようなきれいなモクレンの花の木を、よそ様の家の庭の木ですが、撮らせてもらいました。
結構、この界隈にこの木の花を、今とても多くみかけます。





e0010856_03573826.jpg


というわけで、一週間が過ぎて行ったのでした。
あと一週間したら、ううママが日本から帰ってきます。
ううチャンはもちろん、ウウパパも、グランマも待ち遠しいのはまちがいありません。(笑)




by agsmatters05 | 2019-03-18 08:37 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

とんだおみやげ

やっぱり祝祭のシーズンはおしまい。これからはどんどん気温も下がり、風邪や道路凍結その他、過ごしにくい毎日が待ち構えている気がします。7日(月)ヒースローで出会って、ウウパパとううチャンと3人でE街の家に戻り、時差ボケの二人を寝床に送り込み、無事次の朝を迎えました。
e0010856_08172406.jpg
そしていつも通り、ウウパパは7時半過ぎに出勤、ううチャンはナッテラパン2枚とミカン2個食べて、前と同じように普通に登校したのでした。登校風景を写真に撮るのは、ううチャン嫌い。そういう子供たちは多いみたいです。ほかの子の目を気にするんでしょうか。

ううチャンを学校に送って、たまたま火曜日は、バーナムのブリッジ・クラブでピーターMとペアが組めたので、のこのこと出かけていきました。これもすべて今まで通りのルーティーン、決まりきった動きでした。あんまり慣れ切った動きでかえって、「どうだった?」え?これでよかったのか?」と思ったほど。ぶじにブリッジを済ませて、今夜のメニュー「おでん」の材料を日本食材店アタリヤさんで買い、ついでにスーパー・モリソンズで足りないもの(リンゴ、ヨーグルト、野菜類)を買い、E街の家に帰りついたのが4時ちょっと過ぎでした。

台所で朝の片づけ物をしていたら、リーン、リーンと携帯が鳴り、ウウパパからでした。:「今すぐううチャンを迎えに行ける?」
私:「行けるよ」

ということで歩いて3分。やっぱり、不安的中でした。時差ボケで眠たくてしょうがない時間だったからでしょう。こちらの午後4時半は日本の午前1時半。放課後の学童保育クラブの先生たちは、「ううチャンお熱があるようですよ」って。 広いホール(講堂)の真ん中へんのテーブルにうつぶせになって深く寝込んでいたのでした。 ううチャンを起こして、「さ、お家へ行こう」と言っても寝ぼけ眼(まなこ)でぐったり。どうやら家まで歩いて帰るのは無理っぽい。かといって、家までおんぶも抱っこもできる距離じゃなし。
私「車持ってこようか?」
ううチャン「うん」

e0010856_08173830.jpg
でもって、家に戻って車でまた学校の門にもどり(これはほんの3分ぐらい、ここ(上の場所)から車までううチャンをおんぶして連れだしました。体重20キロ。グランマとしてはおんぶで運べる最大限度の体重でした。車の後ろ座席に寝かせて家まで車で2分。ほんの800~900メートルの距離なんですが。

それがつまり1月8日(火)の午後5時ごろ。それから延々、ううチャンはずっとずっと眠り続けました。眠るだけならいいんだけど、実は発熱も、なのでした。

9日(水)学校は休んでウウパパは近くの日系の診療所に予約を取り、10時45分の予約で3人でお医者さまに行きました。やっぱりインフルエンザみたいでした。検査の結果はあまり強く表れなかったけど、その疑いがあるということで、なんとううチャン、「タミフル」初体験となりました。

10日(木)夜中の12時、日本時間の11日(金)朝9時。ううチャンもウウパパも今はぐっすり二階で寝ています。明日の朝、果たしてどんなでしょうか?朝は元気でも昼からまた熱がぶり返さないとも限らない。まだまだ油断できません。

それに、ここについでに書いてしまうと、日本で楽しい親子のクリスマスと正月を過ごしてきたううチャン、ウウパパ。楽しいお土産話でも聞かせてもらえるかと思いきや、とんでもないニュースがお土産でした。ウウパパ、ううママはこのブログを読んでいるのかどうか私にはさっぱりわからないのですが、今までこのブログのことは話したことがないし、ううチャンのことを書いても怒られなかったので、私的なこととはいえ、大事な家族の記録としてあえて書いておこうと思うのですが、空港から出てきたウウパパ、開口一番。人間ドックに入って血圧が高すぎて胃カメラが飲めなかったと。200以上あったらしいです。おお怖いこと。一発ドカーンと来る前に、健康診断を受けてくれてよかったとも言えるのですが、これまでの食生活と年齢を考えて、さもありなんの一語に尽きます。

ウウパパ、朝晩血圧を測り、お薬を飲んでるみたいです。でも、いちいち計った後、私から「どうだった?」と聞かれるのはすごくいやらしいです。なんだか「平均を出そうとしているので、毎回どうのこうのと言いたくない」とか。それでも180とか200とか言われると、やっぱり爆弾を抱えている感じになります。

「人生には予期せぬ出来事がいっぱい詰まっている。=Life is full of unexpected events.」なのですね。

by agsmatters05 | 2019-01-11 09:04 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

似たもの親子(コピー版)

かかれこれ15,16年のお付き合いのブログ仲間、小夏さんのある日の記事(親子だねえ~)
https://buhimitiko.exblog.jp/27302233/

に刺激されました。

ご本人たちの許可をもらってないのです。
だから、ちいさく、ちいさく載せさせていただきます。

e0010856_10240764.jpg

もう一枚、あるんですよ。



e0010856_10242354.jpg

メグさんに叱られたら、消します。(笑)

2018年はこんな写真も楽しませてもらったのでした。




by agsmatters05 | 2018-12-27 10:32 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

ううちゃん近況(ディスコドレス写真追加)

11月のはじめからううちゃんのママは海外出張で、ううちゃんも、グランマも、ううパパも2週間以上、頑張ってきました。
ここ2、3日、ううちゃんは咳が出たりして、咳止めのお薬をパパからもらって飲んでるのですが、それでも学校は皆勤です。

11月の初め頃、ううパパとううちゃんは二人で仲良くしてレゴ作りをしてました。
これは二人に共通の趣味と言えるかもしれません。(笑)

e0010856_21192157.jpg

それ以外には、ううちゃんはユーチューブを見たり、お絵描きをしたり、お人形さんと遊んだり、けっこう次々に遊びを考えて、忙しくしてます。時々宿題やドリルもやってました。

こういう(↓)絵は学校で描いたり家で描いたり何枚でも止まる所を知らないぐらい描き続けています。
そういえば、私も子供の頃は、こういうマンガ風の人の顔の絵を何枚も描いたっけ、と思い出さされました。


e0010856_21224654.jpg

たまにはこんな(↓)ヒマつぶしも二人でやりました。ううちゃんが学校から帰ってくる(放課後の学童保育、ニコレッタのクラブへ迎えに行く)のが午後5時で、それからパパが帰って来るまで3時間ぐらい、遊ぶ時間です。おやつも食べたりしますが。


e0010856_21194661.jpg

写真の順番は不同なのですが、ある朝の登校風景です。後ろ姿で、ごめんなさい。



e0010856_21254548.jpg

そうそう、これ(↓)は、京都の保育園のお友達から届いたお手紙。うれしくて、すぐお返事書いてました。
最後のところに 「from うう 」 って書いていいかなあ、と迷ってました。「ううより」とつけておけばどう?と私。



e0010856_21232700.jpg
7日の水曜日には、保護者面談があり、パパとママが両方とも海外出張中だったので、グランマが出かけて行きました。

担任の先生から成績表をもらってきました。
ううちゃん、もちろんまだ英語はうまくしゃべれませんが、言われたことは何やらだいぶわかるらしくて、友達や先生たちとも交わって楽しく過ごしているみたいです。

英語も算数も、英語のネイティブの子に比べればまだまだですが、ううちゃん、ものすごいスピードで英語も算数も向上しているとのことでした。

2語文から3語文、そして、自由にペラペラ喋り出すひはいつ頃なのか、きになるところです。





e0010856_21292083.jpg




クリスマスカードを学校でかいたそうで、こういうカードが必要な方は注文して下さいという手紙も学校からきてました。


e0010856_21322039.jpg
それから今夜(16日、金曜日)には学校で、ディスコがあり、1年生は6時から7時まで、音楽タップリ聞いて踊ってきたようでした。

ディスコのドレス写真を追加しとこうね。
e0010856_10120965.jpg
ウウパパの会社の先輩のお嬢さん(お姉さん)Nちゃんからいただいたドレス。どんどんドレスが小さくなって、(もとい、ううちゃんの身体がおおきくなって、)背中でとめるところの、ボタンがギリギリ。よって、これを着てから針と糸でボタンが外れないように縫い付けました。これもグランマさんの心配りでした。おかげで、ディスコで踊る間中、背中のボタンが外れなくてすみました。ディスコが終わって家に戻ったら、もちろんはさみで縫い付けたところを切ったのでした。この時期の子供って、身長も体重も3か月から半年たてばもう服が合わなくなるほど、なんですよね。


時々おこリンボさんになるけど、だいぶ物分かりも良くなってきて、話もしやすくなってきています。
明後日18日(日曜日)の朝、ううママがお帰りになるそうです。
私は明日)17日、土曜日からまたいつものC村暮らしに戻ります。







by agsmatters05 | 2018-11-18 05:01 | 家族のこと | Trackback | Comments(0)

ウウちゃんの絵



今日は説明なしでいきます。
e0010856_07001760.jpg


さっさと書いてくれます。

e0010856_08490822.jpg

e0010856_06570655.jpg


これはたのんだわけじゃないけど、

e0010856_08480732.jpg


e0010856_06474985.jpg


これ(↓)は花火の絵を描いて、とたのみました。なぜ上の線の上に花火があるのか?とにかく隣の高い屋根のうえで見えた花火でしたから。

e0010856_06501787.jpg
これ(↓)は想像したお城だそうです。

e0010856_06532129.jpg
ちょこちょこっと書いてくれます。

「ねえ、何の絵、かいてほしい?」とウウちゃん。
「そうねえ、学校の絵、描いて。」と頼んでみたりしました。




by agsmatters05 | 2018-10-21 07:08 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

ウウちゃん便り

金曜日が終わりました。ということは、一週間が終わったこと。明日から10月28日の日曜日までホリデー、ホリデー、ホリデー!です。

紅茶国の小、中学校には、一年で3学期ある中で、学期の中間休み(ハーフタームホリデー)というのがあります。
誰もかれもうれしいのではないでしょうか。ウウちゃんだけでなく、学校の先生たちも、そしてグランマも(笑)。

どうやらウウちゃん一家はウウちゃんの誕生祝いを兼ねて、ドデカホリデーを計画中らしいです。
よって、私はC村に帰らせていただきます。あしたから・・・。
e0010856_00573771.jpg
ウウちゃん、少しずつ英語にも、学校にも慣れてきて、楽しそうな毎日です。
同じクラスに日本人のお友達が入ってきたそうで、そのお話をいろいろしてくれるようになりました。

♬ あの子のこのこ可愛くないね、
アッチ向いて、ホイ とかなんとか遊んでいるらしいです。
e0010856_00575742.jpg
これは6歳の誕生日にあげた人形を作るセット。フェルト布に穴が開いていて、針を通しやすくなっています。でもまだちょっとウウちゃんには難しそう。
これ(↓)も縫って作るお人形セット。
e0010856_01000525.jpg
出来上がり(↓)。

e0010856_01005525.jpg
今日は、夜花火が上がり、ウウちゃんはとっても興奮して、楽しそうでした。

鶏の水炊きを作ったのですが、昨夜は見向きもしなかった白菜を、今夜はポン酢で「おいしい」と言って食べてくれました。
学校の給食も、残さず全部食べるそうで、クラスの親の代表で昼ご飯のおてつだいをしているクリスティナさんが
「ウウはお行儀良くて、なんでも残さず食べてますよ」とほめてくれました。
家であれはヤダ、これはヤダ、これはダメ、あれは無理、と言って、好き嫌いの多い子が、
なんで学校では完食できるいい子になれるんでしょう?びっくり。謎です。

ウウに言わせれば、嫌なものは先に食べてしまうんだそうです。
家でもそうやってほしいなあ。
e0010856_01015888.jpg
宿題もありますが、自分でお絵かきや文字の勉強を(気が向いたら)したがるので、もちろん、そういう時はていねいに、やさしくサポートしてあげることにしています。

さて、今日はナイジェルさんと組んで、ブレンサムBC(=BCとは、ブリッジ・クラブのこと)で東西組の2位でした。二人とも、これにはびっくり。ハイファイブをして別れました。こんな日はとっても気分がいいです。

信じていることが報われたと思う感覚です。
いくつものルールを覚えて、その通りにやって勝てた(57%で、2位ということ)というだけで、
なんだかうれしい。こういうときは、クラブのレベルなんか問題にしない。単純に喜ぶことにします。

さて、明日は、ウウちゃんの画集を載せさせてもらう予定です。うまい、へたは別にして、
この時期にこういう絵を描いたという話として、本人の許可も得てないけど、写真に撮ると言ったら、喜んでいましたので、記事にしてもいいと言われたつもりになります。(笑)





by agsmatters05 | 2018-10-20 08:46 | 家族のこと | Trackback | Comments(0)

アラレちゃんとさよならの巻

10月2日(火)のことでした。アラレちゃんの飛行機は夜7時。
E街のウウちゃんちからヒースローまでは順調に走って約30分。どんなに多く見積もっても1時間はかからない距離です。

国際線は3時間前にチェックインするようにという「いわれ(!?)」に従って、4時までに空港に行けばいいので、「3時にウウちゃんちを出発すればいい」と私。ウウちゃんの迎えをおそくても6時までに行けばよかったのですが、日頃は5時ごろピックアップするようにしていました。アラレちゃんは、大事を取って、念のため、2時に出発しようというので、「早く行ってもヒースローのチェックインカウンターは開いてないよ」と私。E街を出発して、トヨカロ3号で空港まで送って行くつもりでやる気満々、疑う余地のない私でした。

ちょっとこんがらがったのは、セガが、この借りている家のガス点検にBG(ブリティッシュ・ガス)の人が来るので、今日の午後だれか家に人がいないといけないことになった、というのです。もう前に一度、都合が悪くて点検の日取りを変えてもらっていたので、今度はそういうわけにはいかない、「それなら、会社を早退して午後はE街にもどってくる」とセガ。そんならセガが帰宅したところで、アラレちゃんと一緒にトヨカロでヒースローに行くことにしよう、というのが朝までに合意したことでした。

さて、約1か月紅茶国に滞在したアラレちゃん。今日は最後の日。お昼、何食べよう?何食べたい?という話になり、今回まだフィッシュアンドチップスか、コーニッシュパイを食べてないから、それがいいと。E街の家の近場でおいしそうなFish&Chipsまたはコーニッシュパイのお店をググってみました。さいわいそんな遠くないところに、パブで Fish&Chips やってるところが見つかりました。

時間は11時半ごろでした。二人して、車に乗りこみ、ほんの5分か7分で到着できるそのパブに向かいました。パブは12時からしか開かないというので、いったん帰宅しました。だけど、この時がトラブル(ハプニング)のはじまりでした。

アラレちゃんが、学生時代に自動車部に入っていたなんて、ちっとも知りませんでした。トヨカロを運転し始めてすぐ、う?え?なんだか音がおかしい!と二人してほぼ同時に気が付きました。そういえば、前の前の日、C村から一人でE街へ帰ってきたときも、なんだかエンジンの音が大きくて、ギアが高速に入ってないかと気になったりしたことを思い出しました。

アラレちゃん、自動車部だったから、車のこと、詳しい! 最初は「自動車部ってどんなことするの?」程度の知識の私でしたが、だんだん話していくうちに、やっぱりマフラーだよね、ということになりました。

アラレちゃん、去年ひささんさんと3人でウインチェスターに行ったときも、C村のちょっと先でマイ・トヨカロがパンク!(きっと2度あることは、3度あるよね。笑)

そして車の下をのぞきこんだら、どうやらやっぱりマフラーががくがくして、はずれそうになっていたのでした。

というわけで、とにかく12時過ぎに、いやな爆音を聞きながら、もう一度ゆっくり運転してテイクアウト(テイクアウエイ)の fISH&cHIPS を二人分、買ってきました。お店には持ち帰り用のケースがないというので、大きなタッパーを持参したりして・・・(笑)。

e0010856_06321961.jpg

これ(↑)は、タッパーから出してお皿に並べたもの。まだ温かくておいしかったです。

二人で、ああでもないこうでもない、ああしよう、こうしようと話し合った結果、やっぱり今日は、空港見送りは無理かもということになりました。アラレちゃんは前の日から、タクシーで行く案を出していたので、ガス点検の人が来るかもしれず、セガが会社から帰ってくる時間もわからないので、こうなったら、あられちゃんを見送りするのを、申し訳ないけどあきらめて、今日はおとなしく、家にいることにしよう。いつも車検を頼むA市のトヨタに電話してみたのですが、そこまで行くのも1時間かかるし、行ってすぐ修理ができるものでもないとも言われました。そうしてやっと気が付いた車のお助けマン、AA オートモビル・アソシエーション。かれこれ10数年、お金を払って緊急時に助けてもらった頼もしい会社。

車に乗り始めの頃、ある日、オックスフォードで鍵を車内にいれたままオートロックで鍵をかけてしまい、AAを呼んでドアを開けてもらったことがありました。そして、そのすぐ翌日、今度はロンドンはアクトンで、同じまちがいをしでかして、またAAさんに来てもらったという! 顔から火がでそうな話。

AAさんはすぐ来てくれました。アラレちゃんと二人で見ている目の前で車の下に入りこんで、ガンガンガンと作業して、

e0010856_06313913.jpg
20年以上乗っている古い車で車庫に入れてないからこういうことになったのでしょう。特に何かにぶっつかった跡はない、と言われました。8月に車検とフルサービスをしてもらったばっかりなのに、このマフラーがぶらぶらしてることは分からなかったんですねえ。AAマンに言われた通り、窓を少し空けてガスが車内にはいってもガス中毒にならないように気をつけながら、A市のトヨタにいったのは、10月4日のことでした。

e0010856_06305428.jpg

さてすみません、話が飛んでしまいました。アラレちゃんは結局、ウエスト・アクトンの地下鉄の駅(これが一番近い)まで歩いて行って、そこに常駐しているタクシー屋さんと交渉して、27ポンドぐらいで空港まで乗せてってもらうことにしたのでした。

アラレちゃんが帰ってから、ふと気がついて、アイフォンにダウンロードしてあるウーバー(インターネット・タクシー)のアプリを開いてみました。これはクレジットカード番号の登録で、タクシーを予約し、乗せてもらう時はいっさいお金の受け渡しはなしというシステムで、この日、試しにヒースローまでいくらですか?とクリックしてみたら、17ポンドぐらいで行ってくれるとでてきました。これはいつもこの値段とは限らず、時間帯その他の理由で、毎回ウーバーの値段は違うのですよね。それでも、もっと早く気がついて、アラレちゃんにこの手を使ってもらえばよかったと、残念無念、ごめんなさいねでした、アラレちゃんへ。

あ、それで結局、セガは会社から戻ることなく、夕方中近東系のなまりたっぷりのガス点検の人が来て、無事にガスの点検は終了でした。

夕方家に帰ってきたウウちゃん、アラレちゃんが作り方を順番に残していってくれた花飾りの折り紙を、あっという間に覚えて、せっせと折り紙作りに夢中になっていました。

e0010856_07372291.jpg





by agsmatters05 | 2018-10-17 07:37 | 家族のこと | Trackback | Comments(0)

ウウちゃん、アラレちゃん、おりがみ、誕生日、輪飾り、3度目のウエルダン・サーティフィケート

9月のはじめに日本から戻ってきたウウちゃん。当初はカウンター・カルチャー・ショックのようなものでしょうか。学校開始二日目の朝、Maths(さんすう)がわからないと言って泣いたらしいのですが、その後はケロッとして登校。その後、特に学校でも困っている様子はありませんでした。もともと算数は日本語だったら二ケタぐらいの足し算はできていたのですが、たぶん数字を英語で言うから、算数の勉強と言っても、英語で引っかかったのではないかな。
e0010856_08441340.jpg
しばらくして学校でYear 1 (1年生)のカリキュラム説明会があり、ウウパパ、ウウママが出席して、クラスの先生に「ウウはどんなでしょうか?」と聞いたところ、先生が「ふつうに元気にやってますよ」と言われたとか (伝聞情報ですが)。   

そしてまた数日後、どうやら同じクラスにまた新しい日本人の女の子が入ってきたそうで、初日はお姉ちゃんと別れて泣いていたのだそうです。ウウちゃんは隣に座ってなにやら日本語で「まねして書いたらいいのよ」ぐらいのヘルプをしてあげることができたとか。その日にもらってきた ウエル・ダン・シールが下の写真の白い紙の上の光るシール(スティッカー)でした。
e0010856_01292757.jpg
このニュースは、実は、本人から伝わったのではなくて、同じクラスの女の子、Mちゃん(ママが日本人、パパがイギリス人で、日本語が少しできるけど、英語のほうが上手)から Mちゃんのママに伝わり、Mちゃんママがその日はマレーシアに出張していたウウママにラインで知らせてくれて、マレーシアのママからウウパパとグランマにFBメッセンジャーで伝わった話、なのでした。「え?そうなの?ゴホウビシールもらったの?」と聞くと、ウウちゃんは「それはウウがお父さん座りが上手にできたからじゃないかなあ」(!?)  わかったようなわからないような話でした。

e0010856_08064829.jpg
そのウウちゃん、10月6日に満6歳になりました。9月の末からE街に泊まってくれていたアラレちゃん(グランマの学友)と一緒に作った輪飾りやおりがみで、その日を楽しみにしていました。でも、ウウママは6日の朝早く、ヒースローに戻ってくることになっていました。(9月24日(月)からウウママは2週間の出張でしたから。)

クラスのお友達を全員呼んでお誕生会をするようなことは、今のウウちゃん一家にはとても無理な話です。家族3人そろって、手作りのケーキと鶏の丸焼き料理でお祝いできたことが何よりのハッピー・バースデー。私は一日早く、10月5日、ウウちゃんの希望を叶えて、手作り人形セットあれこれと一緒に、キキララの文房具セット(これは聖子さんからいただきました)を贈りました。
e0010856_08050700.jpg
誕生日の前の日は金曜日で、ウウちゃんは学校で金曜最後の全校集会で、またウエルダン・サーティフィケートをもらうことになっていました。全校生400人ぐらいの中で、各クラスから1~2名ずつ、毎週ノミネートされて、担任の先生から表彰されるんですが、いつもは毎週木曜の夜までにこの発表がウエブサイトでわかるのですが、この週はなぜかそれがわかったのは金曜日の朝でした。とにかく、ウウちゃんは全校集会で名前を呼ばれてゴホウビの紙をもらうということがどういうことなのかを、うれしく思ったようでした。朝、お隣のおばちゃん(日本人)に、「今日、ウウはサーティフィケートもらうんだよ」と自慢そうに話していましたから。ちっとも怖じ気づいたり、恥ずかしがったり、しり込みをするようなことはないのですが、かといって、もちろん自信満々というわけにもいきません。エイゴ、チンプンカンプン50%ぐらいなんじゃないかと思うのですが。

e0010856_02545688.jpg


このときもらった紙には、 Fantastic use of language, great participation, and progress in English and maths と表彰理由が書いてありました。この日は全部で26人が上の写真のように前に出て、このサーティフィケートをもらったのでした。下の写真は顔なしですが、もちろん、ウウちゃんニッコ二コで、跡から家で撮らせてくれた写真でした。グランマ一人が喜んでもしょうがないので、この写真はウウパパ、ウウママとすぐに共有したのでした。FBメッセンジャーって、便利ですね。世界のどこにいても、ニュースを即シェアできるんですもの。

e0010856_02521593.jpg
さらに、毎週この全校集会では、お誕生日が近い子が全校生徒の前に出て、全校生徒から誕生日を祝ってもらう(ハッピーバースデーの歌をうたってもらう)ということになっています。ウウちゃん大忙し。二度目の登場です。前に出た子たちは、いついつが私の誕生日で〇才になります、とかなんとかいうのですが、ウウちゃんも(練習の甲斐あって)、大きな声で

My birthday is october six. マイ バースデー イズ オクトーバー シックス

と少々日本語なまりは混じっていたものの、堂々と英語で話すことができたのでした。(動画録音済み)

この時はすこしドキドキしたと、あとで本人は言っていましたが、なかなかどうして、ウウちゃんはたいした度胸の持ち主だわ。ママ譲りでしょうね、きっと。

e0010856_04485800.jpg
この日は、放課後の学童保育、ニコレッタさんのクラスには行かず、早めに家に帰って、家中の飾りつけをしたのでした。アラレちゃんと一緒に作った長い「輪飾り」が、あたたかくウウちゃんの誕生を祝ってくれたのでした。

e0010856_04540893.jpg

e0010856_05200062.jpg


by agsmatters05 | 2018-10-15 05:21 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

ウウちゃんの宿題と、今日のおやつ

今日も快晴でした。昼すぎに買い出しにでかけました。果物をたくさん買ってきました。でも、そんなに高価ではない。どれも1パック1~2ポンドぐらい。
なぜかというと、ウウちゃんはパン類、乳製品、チョコレート類が大好きで毎朝ナッテラ(ヘーゼルナッツスプレッド)を塗った食パンを3枚ぐらい食べるのですが、どうも野菜が少ない。それで果物は、せめて繊維質のものを食べさせたいとおもってのことでした。

バナナ、リンゴ、イチゴ、キーウイー、フラット・ピーチ(と呼ばれる平べったい桃)、葡萄(赤いのと、緑色の)、それにイチジクと、イージーピーラーと呼ばれるクレメンタイン(ミカン)の一種等々。全部で9種類も買いこんでしまいました。

それで、学校から帰ったとき、「味あてゲーム(くいず?)をしようよ」と提案。ウウちゃん大喜び。ウウちゃんがあみだくじを作って、順番に食べるという案を出したけど、実際にはあみだくじは使わず、二人で交互に目隠しした相手の口に果物を放り込む、というゲームでした。

イチジクだけはどうしてもダメだといいはるウウちゃんでした。ま、今食べなくても困らないフルーツかもしれません。

柔らかい順に並べると、1)ミカン、2)バナナ、 3)ぶどう 4)いちご 5)キウイ― 6)桃 7)リンゴというぐあいでした。

e0010856_06433718.jpg
これだけの果物が(日本のように)めちゃくちゃ高い値段でなくて食べることができるのは、ひとえに自由貿易のおかげでしょう。ブレグジット、どうなるのか?はさておいて、ちょっと調べてみました。リンゴとイージーピーラーと呼ばれるミカンは南アフリカから。キウイ―はニュージーランドから。ブドウと、平たい桃はスペインから。バナナはコスタリカから。イチジクはトルコから。そして苺だけがUK国内のハートフォードシャ―で採れたものでした。どれもこれも大地の恵み、ありがたいこと。

ウウちゃんは一通り味あてゲームをした後、ミックスフルーツにしてヨーグルトをかけて、こちらはデザートに。二人だけの簡単夜ご飯でした。

ところで、ウウちゃんは毎週水曜日に宿題をもらってくることがわかりました。
昨日はA4の紙に3枚分の宿題 + アルファでした。まずアルファベットを書くもの。これはウウちゃんはおとくいです。さっさと自分でお手本を見て仕上げていました。

e0010856_07102558.jpg
これは簡単でよかったのですが、もう一枚、別のノートに貼り付けてあったのは、英単語で数字の1から5まで one, two, three, four, five という単語をそれぞれ3回ぐらい書きなさいというもので、それはウウちゃんは簡単にできるのですが、その下に、上の単語を三つ使って文章を三つ作りなさい、というのがありました。さあ大変だ。文章を作りなさいったって、文(センテンス)って何?という段階のウウちゃん。

I bought one apple. のような文はどうお?と例文を出してあげたけど、それではチンプンカンプン、そのまま写せと言われても、ウウちゃんはわけのわからないことはしたくない、と泣きべそ気味。

Joe`is one years old. じょーは一才です。 はどうお?というと
ウウちゃん: やだ、人の名前はだしたくない。
グランマ:どうして?
ウウちゃん:お友達の名前がわからないんだもの。みんながジョージョーっていうときに、ウウはそれがジャムにきこえるんだもの。

そこで私がくすっと笑ったら、何とウウちゃん顔をふせて泣き出してしまいました。
学校でずいぶん我慢していることがあるのでしょう。英語がわからないのに毎日学校でどうやってすごしているのでしょう?肩身の狭い思いをしている気持ちを家で癒してもらえなかったウウちゃん。

どうして泣いてるの?と言うと、今度はグランマに対してひどく怒りだしたウウちゃん。もう絶対に許さない!
私はひらあやまりに謝りました。ごめんね。ごめん、ごめん。

あまり学校のことを話したくない日もあれば、こうして学校の一コマをぽろっと口にだしてくれる日も。

それでも夜、機嫌をなおしてから、「ウウこの頃英語しゃべれるようになったよ。」とも言ってました。
Wait Yes No  Miss!(先生を呼ぶときはみんなこういう)まだほかにいろいろ言ってました。

半年ぐらいはがまん、がまんなんでしょう。今はインプットの時。そのうちにアウトプットを楽しませてもらえるはず。あせらず、見守ってあげたいです。

by agsmatters05 | 2018-09-28 07:34 | 家族のこと | Trackback | Comments(4)

今日も一日無事に終わって感謝です。(写真、翌日追加)

朝ちょっとウウちゃんご機嫌が斜めでした。
怒るというか、威張るというか、私のすることなすこと嫌だったみたいです。
やっぱりママが一番だからでしょう。
私はじっとがまん、がまん。

だって、アラレちゃんから、
私は直球を投げすぎる、正面から向かいすぎるって言われたので・・・。

そうは言っても一日無事に終わりました。
ウウちゃんが学校へ行っている間、グランマはバーナムという村のパブへ行き、
e0010856_20581386.jpg
はじめて出会ったオッサン、ピーターと組んでブリッジ・競技。
結果は13ペア中7位だったけど、50.64%だったから、気分良し。
10時半から2時半ごろまで、ランチをはさんでたっぷり試合。
e0010856_20594465.jpg
ランチは朝競技が始まる前に予約しておかないといけないのを知らなかったので、残り物をいただきました。トマトスープ、3ポンド=450円。パンとサラダは料金外。おいしかったです。

前の夜ウエブサイトを見て、強豪が大勢いるクラブだと知って、かなりビビりながら行ってきました。全部で13X4=52人ぐらいが集まっていました。
e0010856_20585744.jpg
帰ってきて、掃除、洗濯、調理をいっぱい。働き者のグランマさんでした。
夕食は、シャウエッセンのウインナ―ソーセージ入りの焼きそば。
おやつは、マッフィンにチーズをのせて焼いたのと、オレンジ。どちらも好評。

ほかにポテトサラダと、キュウリのスティック、味噌マヨ味を作ったけど、
おなかがいっぱいだったらしくて、野菜はゼロ。
デザートは、昨日と同じ、洋梨とピーチ&アプリコット味のヨーグルト。

ウウちゃんは、朝より夜のほうがずっとずっとご機嫌がよくて、
お風呂に入って髪を洗い、乾かしてから、本を読んで就寝。8時40分ごろでした。
寝床で、エッセン(?)に行ってるパパと夜にメッセジャ―トーク。

あと、水、木、金と続きます。

明日も好天の予報。

by agsmatters05 | 2018-09-26 07:50 | 家族のこと | Trackback | Comments(0)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。