ブログトップ

紅茶国C村の日々

カテゴリ:ブリッジのこと( 27 )

ボーンマス・ブリッジ・ホリデー まとめ

ラップトップ・トラブルはほぼ、やや解消。なんだか空騒ぎでした。土曜、日曜とC村で過ごして、G学校のわが親愛なるお助けマン、ミスターPCにメールして、月曜日行くから助けてくださいとお願いしたものの、日曜日の夜、E街に戻り、それでもと思って同じコードをもう一度電源につないでみたら、こんな(↓)具合で、びっくり+うれし・・・。
e0010856_08232521.jpg

あのパチパチの火花らしきものはなんだったの?やっぱり明日それでもA市のG学校へ行かねばなりません。昼休みに二人ほどAレベル日本語試験を受けたい生徒たちと会う約束をしちゃったから。

           ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~



ボーンマスは10月28日(日)から11月1日(木)までの4泊5日の日程で、合計8回の競技会をすることになっていました。だけど、都合で6回だけ参加して水曜の午後にはC村に戻らなければなりませんでした。今回は一度もトップにはなれませんでした。3位になったのが2,3回。あとは真ん中辺と真ん中より下のほうが1,2回。残念な結果に終わってしまいました。それにもうウエブサイトにも載ってない。結果を振り返ることもできなくなってました。

マイクとジーニーというカップルがドーセットのほうからやってきて、このイベントを運営してくれました。聞くところによると、このイベントはもうかれこれ10年ぐらい前から二人のブリッジ愛好家が提案したもので、その二人の名前をとってハーバル・ブリッジと呼んだとか。以前はこのイベントの情報はごく知り合いの仲間うちに限られていて、わたしらなどは申し込むすべもなかったのですが、同じクラブのメンバーが大勢行くというので、(リタイアして時間ができた今回)ようやく参加させてもらえることになったのでした。とても楽しい会だったから、来年もぜひ。横浜ブリッジクラブのよしこちゃん、行こうね。

e0010856_08123172.jpg



海辺の街はいい感じです。お天気が良ければ申し分ない。午後はいつも自由時間だし。
ボーンマスはたぶん、2度か3度ブリッジホリデーのために来てるとおもうけど、過去ログを詳しく検証するのがメンドイので、それはあとまわし。



e0010856_08153230.jpg

さて、美味しい食事をいただいたので、ちょっとだけアップしておきます。

e0010856_21392390.jpg
これ(↑)はSea Bream 鯛。上の白い丸いのはポテト。ポテトフレークを丸めたもの。赤いのは、クージェットの輪切りを炒めてトマトソースをかけたもの。上左の紫色のは赤キャベツ。

e0010856_21380873.jpg
これはデザート。メロンを丸くスプーンですくいとっておしゃれに飾ったもの。

e0010856_08444721.jpg
これ(↑)はガモン。ハムの塊をローストしてスライスしたもの。
本当は、ローストビーフとかのメニューもあったけど、追加料金を取られるので高いのは食べませんでした。
4泊5日、3食付いて、およそ350ポンドぐらい。(5万円ぐらい?)ブリッジの費用も入ってるから、ま、妥当な値段かもしれない。
しょっちゅう行けるわけじゃないけど、たまには貯金をはたいても、行ってみたいもの。保養を兼ねてという口実をつけて。(笑)


これ(↓)は水曜日の昼ごはん。前菜として、自由にセルフサービス。e0010856_08500438.jpg


e0010856_08550155.jpg







これ(↓)はデザート。左側の白いのの上に赤いソースがかけてあるもの。パンナコッタといったかな。あっさりしてて美味しかったです。こういうフルコースの食事は一日に一回で十分。気をつけないと朝、昼、晩と続けてご馳走をいただくのは、胃のためによくないと初日に感じたので、あとは細く細くちょっとずついただくようにしたのでした。トシですよね(苦笑)。
e0010856_08511250.jpg




[PR]
by agsmatters05 | 2018-11-05 09:06 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(0)

ボーンマス ブリッジ ホリデー

日曜日(28日)からボーンマスという南イングランドの海沿いの街にきています。
e0010856_09164181.jpg

海沿いの街は海に近いところほど、ホテルや家の値段がつりあがるみたいです。
海が見える部屋は、それだけ余計に支払わないといけないのですが、たまたま私の部屋の窓からも(余計なお金を払ってないのに、笑)海が見えました(↓)。

e0010856_09195020.jpg

日曜日に来て、日曜の夜、月曜の朝(午前中)、そして月曜の夜とこれまでに3回セッションがありました。

e0010856_09213700.jpg
なかなか勝たせてくれないけれど、ちょっとずつ調子を取り戻しているというか、冷静に戦うことができるように努めています。

e0010856_09230964.jpg

全部で15テーブルX4だから、60人ぐらいの集団です。夫婦で参加して一人はブリッジしないで遊んでいるという人もいるので、65人ぐらいは泊まっているはずです。ホテルとしては、こういうイベントはとてもありがたいものでしょう。

e0010856_09252589.jpg
これ(↑)は食堂というか、レストランです。
3食フルにいただくと、もう胃が疲れてきたという信号が灯されます。

結果? また明日の火曜日にがんばって朝晩闘ってから、まとめ書きしようと思います。
とりあえず、報告その一、でした。





[PR]
by agsmatters05 | 2018-10-30 09:29 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(2)

ブリッジ惨劇

ハーフタームの一週間が終わりました。ウウちゃんたちも無事E街に帰ってきて、月曜日からの秋学期後半に向けて準備をしていることでしょう。

私のハーフ・ターム?たっぷりブリッジをやらせてもらいました。
月、火、水、木、金、金と合計6回の試合でした。
以下の写真はバラバラに古いのも混ぜて、とにかくブリッジ関連場面のみをひろい出してみました。
(この頃は行く先々で会場の写真を撮ったりしなくなって、あきらかにブログより、ブリッジが優先していることが自分でもわかります。それ自体は良いとか悪いとかいうことじゃないでしょうが、試合の結果が悪かったことは、明らかに悪いニュースに決まっていますよね。)

e0010856_06434557.jpg


月曜日 (SMBC)東西18組中、8位 53.19% (マイク67%、私46%)
火曜日 (AVBC)南北8組中、3位、 58.39% (師匠 81%、私50%)マスターポイント10点
水曜日 (ASBC)南北11組中、3位、 56.21% (師匠 96%、私42%) マスターポイント20点
木曜日 (ASBC)東西10組中、6位、48.81% (レシェク 49%、私23%)
金曜日 (ASBC)南北12組中、2位 56.89% (ウォ―ルター 66%、私71%) マスターポイント30点
金曜日 (MKBC)全体9組み中、9位、40.97% (師匠 56%、私 19%)


e0010856_06435500.jpg

後悔先に立たず、どこが悪かったか、たぶん分かってると言いたいです。
好戦的でありすぎたこと、手持ちの札の実体よりも過大解釈をしてビッドが行き過ぎたこと。
謙虚さが足りなかったこと。相手の出方、パートナーの出方を待って、もっと慎重に戦わないといけなかったのです。

心理的に不安定だったとも言えるかもしれません。
一日に二回もするのが間違っている、という人もいます。
レイシェクもあまりやり過ぎるのは良くないと言ってました。

でも、でも、たとえばウウちゃんのお世話とかでE街にいてブリッジをやらなかったあとは、あまり結果がよくない、やっぱり テニスの乱打のように、あるいはピアニストが一日5時間も6時間も練習するように、日頃からやってないと力が落ちる!という気がしていたのも事実です。

e0010856_06432564.jpg

明日からボーンマスという南の海岸街に行ってきます。
春3月ごろから申し込んで予約していたBH,ブリッジホリデーです。
知ってる人達が大勢行くらしいので、気楽に楽しめるはず、なんですが、
やっぱりこれは勝負、闘い、競技なんです。

勝ちたい、負けたくない、のはだれもみんな同じです。
ちょっとした頭の良しあしが微妙に影響するこのゲーム。


e0010856_06455816.jpg

負けると悔しくて、ほんとうに落ち込みます。
昨夜(金曜夜)のジブン史上最悪、最低の結果(19%)を思うと、
もう私には上達する力がないのだ、バカにつける薬はないのだ、とつくづく自己嫌悪感にさいなまされます。


e0010856_07325326.jpg

これ(↑)はアビー・スミス・ブリッジ・クラブの入り口です。
ドレイトン&パーズロー村にあるスポーツホールの一室です。
この部屋の反対側には ↓ のような広々としたクリケット場が広がっています。

ブリッジをしていると本当に運動不足を痛感させられます。
あまり身体にいいことをしてない。
しかもどのブリッジ・クラブでも紅茶、コーヒーを飲んでビスケットなどを食べるので、これが胃によくないことも感じています。

e0010856_06503412.jpg

とはいっても、もうしばらくは続けようと思います。
ま、ボケ防止といえば、そうも言えますので、ね。


[PR]
by agsmatters05 | 2018-10-28 07:39 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(4)

ブリッジの巻

まだこの記事は ここ(↓)(https://agsmatters.exblog.jp/27595932/)


の続きです。10月最初の2週間、ブログを休んでも、休まずに続けたこと、上の記事で太字で表わした、そう、そのブリッジ・ゲーム(=試合)。日頃、C村に住んでいるときは、月、火、水、木、金と週に5日(5回)、このトランプ競技会に参加して、勝ったり負けたりを繰り返しています。いつも言ってることですが、「勝つと(おもしろくて)またやりたい、負けると(くやしくて)またやりたい、というのがこのゲームに取りつかれた理由です。

あえて言えば、この競技会に参加している時ほど「きりきり舞い」をさせられる時間の過ごし方を知らないから、ともいえます。集中力その他のブレイン・パワーを要求される頭のスポーツ(体操)なので、これをやっているときは、退屈ということがないです。


E街に住むようになって、日中は少し暇な時間がでてきました。グーグル様によって2か所のブリッジクラブを発見してしまいました。バーナムBC(火曜)とブレンサムBC(金曜)の2か所。初めて一人で出かけて行ったときはドキドキして、緊張して、ハラハラしましたが、どちらも2回、3回と回を重ねるうちに知り合いもできてきて、無事ブリッジを楽しめるようになってきました。
e0010856_22215812.jpg
ところが、10月11日(木)は、C村にいたので、最初はレイシェクと組む予定で、前々からお願いしてあったのですが、野暮用ができて、ロンドンまで車で行かねばならず、泣く泣くレイシェクとのブリッジをキャンセルしなければなりませんでした。それで、その代わりに10月7日(日曜日)。そう、オッ君の結婚式の次の日でしたが、急きょレイシェクにお願いしたら、OKをもらえたので、はるばるウインザーまででかけて行くことができました。

このページのブリッジ会場の写真はすべてこの時のものです。ウインザーにある、ニュー・コミュニティー・センターという場所でした。

e0010856_22214828.jpg
この日は、スイス・ペアーと言って、6回を1ゲームとして、それが終わると、勝ち組は上に上がり、負け組は下に下がる、というものでした。全部で12テーブル、48人が24組になって,しのぎを削りました。

ところが、これが普通の競技会じゃなかったのは、スイスペア―と言う試合の仕方だけじゃなくて、メンバーのレベルでした。この前の日、結婚式に行く途中でレイシェクからメールが入り、この競技会に参加登録をしたのか?と聞いてきました。「あああ、それ、まだしてない。どうしよう、まだ受け付けてくれるかなあ。今から結婚式に行くところなので、ごめんけど、もしできたら、レイシェク、登録お願いできないでしょうか?」「OK,そんなら申し込んでおくよ。」
e0010856_22221076.jpg
結婚式の会場で、アイフォンをいじくってみたら、ちゃんとこの日曜日のウインザーのスイスペア―の試合に参加予定の人達の名前があり、その中にレイシェクとミチというのも入っていました。「レイシェク、とうろくしてくれてありがとう!」とアイフォンで返事を打ちました。

e0010856_22222265.jpg
その夜のこと。参加者の名前がわかっているからには、どんなメンバーがこの試合に出るのか、見ておくほうがいいと思いましたイングリッシュ・ブリッジ・ユニオン(EBU)のホーム・ページから NGS (ナショナル・グレーディング・スケール)という項目へ入ると、イギリス中の全部のブリッジ・プレーヤーのレベルがわかるサイトが出てきます。私の名前も苗字だけ入れれば、ちゃんとグレードが出てきます。今は8。8というのは、2がピッカピカの初心者で、3,4,5と上がっていき、トランプの札にならって、10の次は J (ジャック)、 Q (クイーン)、K(キング)となり、トップのランクは A(エース)。 

現在イギリス中のブリッジ競技人口が4万7千300人ぐらい(これはEBU所属のクラブでプレイする人は自動的にカウントされます)で、トップのA(エース)のランクにいるのは1033人。

ブリッジというのは、単純な勝ち負けではなく、パーセンテージで 何位になるかという結果しか出てきません。常時50%とっている人は、全体の50%のランク、つまり2と13(=A,エース)の真ん中の8位にいるということと同じです。


実際には、それぞれ競技する場所で参加者のレベルが違いますからある場所で65%でトップになっても、その場所の競技者のレベルが低ければ、実際の評価は65%にはならず、それより下がってしまいます。

なにをくだくだ書いているかというと、このウインザーでのスイスペア―試合に行く前の夜、参加者のレベル(NGS)を一通り見て、実は足が震えてきてしまいました。レイシェクはAのランキングにいるトップレベルのプレーヤーなのですが、私はNGSが8。そして、7日のこの試合に出る人はどうかというと、みんなAとかKとか、QとかJの人達ばかり! どう見ても私よりレベルが低い人はいない!のでした。
e0010856_22223327.jpg
もう、メ〇ラ蛇におじずとか言う昔の諺、(この単語は使ってはいけないのですよね)さながら、私なんかの出る幕じゃない場所に行くことになってしまったと気が付いた時の怖さ、震え、どうしようもない場違いのところへ行こうとしていることがわかった時の、取り返しのつかなさ。

もちろん、レイシェクに会った時、最初にいいました。とんでもないへまをしてあなたを困らせるかもしれないけれど、今から謝っておくからね、ゆるしてね、と・レイシェクは、そんなのとっくにわかってるという感じで、「とにかく集中してプレイすることだけをかんがえてやればいい」と言ってくれました。


e0010856_22224337.jpg


結果は、下の黄色く塗りつぶした名前のリストの真ん中辺。24ペア中の14位でした。フウ。これは私にしては上出来でした。レイシェクも楽しんでくれたみたいでした。いい経験になりました。

e0010856_22261531.jpg
というわけで、ますますやめられない、とまらなくなっています。

最近はユーチューブでレッスンを受けられることがわかり、いろいろな動画がたくさん出まわっていて、これを見ていると、いくら時間があっても足りません。ブログどころじゃないといったらおかしいですが、どっちが大事か、よく考えて時間を過ごさなければと思っています。ということは、実際には、気の向くまま、状況の許すまま。天の声が聞こえてきたところへ向かって、ブログとブリッジが続いているというのが、目下のデコボコ・ミチで、この時はグランマはまったくいなくなります。また明日(金曜、19日)もブレンサムでナイジェル・Pさんと、予約が入っていますので、今夜はこれで終わりにします。


[PR]
by agsmatters05 | 2018-10-19 09:37 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(0)

こんな夜もある。

e0010856_05075300.jpg
夕方6時過ぎ、歩いて3分の郵便ポストまで行った時、通りがかりにあるC村の教会の写真を撮ってきました。夕陽に映える田舎の村の素朴なチャーチ、数100年間ここにあるものです。紅茶国は、どこの村へ行っても教会が建てられています。19世紀、18世紀、いえもっと古い古いもの、11世紀、12世紀ごろのものも珍しくないです。C村も11世紀ごろには集落ができていたみたい。以下の写真はすべてC村の2018年9月17日のものです。

e0010856_05065953.jpg
9月17日(月)いつもなら今宵、ストークマンデビル・ブリッジクラブの主催する、グリーン・パークという場所でのブリッジ競技に熱中している時間帯です。これを書いているわけは、今宵はお相手が見つからなかったから(涙)。

e0010856_05061898.jpg

そもそも、今夜はマイク・フランシスと組む予定でした。でもマイク、膝の手術から回復中で、まだ今日は外出できないというメールがきたのが昨日の夜だった。

朝から何人にあたってみたことか。レイシェク、クリス・ピーラー、ヴィヴィアン、ノーマ、アンドリュー、ビル、ジェリー、みんな無理だったので、結局ブライアン・スミスに電話して、ブリッジクラブのメンバー全員に一斉メールを流してもらった。「だれか今夜ミチとブリッジできる人、ミチに電話してやってくれ」と。あーあ、だれからも電話こなかった。

e0010856_05054865.jpg
かくなる上は、ブログでも書いて、ヒマをつぶすしかない。いえ、この頃ユーチューブで高峰秀子さんの古い映画に見はまる楽しみを覚えたのです。昨夜は成瀬巳喜男監督の映画「女の歴史」(監督・成瀬巳喜男・1963年) こんなブログ(⇒ https://nasino.muragon.com/entry/335.html )見つけ。

今夜は「二十四の瞳」でも見ようかしら。いえ『喜びも悲しみも幾年月」も見なおしてみたいし・・・

e0010856_05052188.jpg
と、ブリッジできない気持ちを上手に(!?)切り替えて(ふてくされたりなんかしない懸命な健気さ。笑)、ブログしながら、一人でいつもとちがう夜をすごしています。
e0010856_05042651.jpg

姉妹会したときも、沖縄ワークキャンプ・リユニオンしたときも、このC村の教会をちゃんとに案内できなかったのを思い出します。時間がなくて案内しそびれたのです。C村と言えば、この教会と、その向かい側にある ユニコーンというパブ。これが何といっても目玉なのです。ウィキぺディアにもちゃんと書いてあったよ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Cublington




[PR]
by agsmatters05 | 2018-09-18 05:59 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(13)

たかがゲーム、されどゲーム。


テルフォードでのブリッジホリデーでは、最後の月曜日(27日)の夜もみんなそろってブリッジでした。日曜の夜は真ん中辺、月曜の午前の部はいっそう成績が悪くて、ビリビリの最下位。球技で言えば、ボールや道具の良しあしで結果がわかれる競技みたいなもの。どうしたって手札が悪ければ、勝ち目は少ないです。

ちょっと落ち込んで、どうでもいいや、野となれ山となれ的な気分で臨んだ最後の月曜日の夜。結果は20組中の2位でした。だけど、トップになったペアは、このブリッジホリデーのディレクターのペアだったので、トップ賞を辞退されたのだそうで、なんとなんと、思いがけないワインのゴホウビをもらってしまいました。ラッキー!としか言いようのない結果でした。
e0010856_08393374.jpg
気分よく、テルフォードを後にして、火曜日の昼過ぎぶじにC村に戻り、いつものようにマルティカルチャーセンターというところで、夜7時半からのブリッジに出かけました。そしてそしてそして、涙のビリ、最下位でした。

e0010856_08424731.jpg
それから水曜日、レイおじさんと組んで、これもビリから数えたほうが早い結果でした。上下の写真は、試合結果、順位表です。
e0010856_08504585.jpg
一番上の列左から1234と並んでいるのは、トランプ13X4=52枚を4つに仕分けたボードと呼ばれるケースの番号です。つまりこの夜は30種類の札を全員が競技した、というわけです。それで、一番左のたての列は上半分がNSつまり北と南のペア。真ん中から下がEW、つまろ東と西のペア。同じボードが10のテーブルで10回闘われるわけです。

よく、ブリッジの結果について、「昨夜は勝ったの?」とかたずねられるけど、勝ち負けはそんなに単純なものじゃなくて、何%の勝率だったかということで順位が決まります。 ウォールターとプレイするときはいつも50%取れればハッピー!ということにしているのですが、この50%という数字だって、確実じゃないです。当たりはずれ、向き不向き、気分のアップ&ダウン、そして敵の強弱、なによりも思い違い、見間違い、計算違い、記憶違い・・・負ける理由はどこにでも転がっています。

勝ってうれしい花一匁、負けて悔しい花一匁、です。

さてさて、このホリデー、毎日午後は自由時間なので、近くの観光地へ行ったり、散歩をしたりでした。テルフォードのホリデー・インの近くに、タウン・パークという大きな公園があり、そこにこういうの(↓)がありました。これの名前、何でしたっけ?どなたか、ご存知の方教えてください。お願いします。(ペコリ)
e0010856_08472167.jpg




[PR]
by agsmatters05 | 2018-08-31 09:48 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(0)

テルフォードへ。

シュロップシャーという県は、バーミンガムの西、リバプールの南、ウエールズの北東にあって、
そこのテルフォードという街にきています。ここにはアイアン・ブリッジと呼ばれる鉄の橋があり、歴史的な建造物として、ちょっと有名な観光地になっています。
e0010856_22335455.png
24日(金)12時にC村を出発して、午後3時ごろの到着でした。ホリデー・イン・テルフォードというところ。

上の地図ではグーグルマップが2時間11分となっているけれど、かれこれ3時間かかってしまいました。そのわけは、C村からM1という高速道路に合流するまでに、ふだんなら30分ですむところを、その倍もかかってしまったのが一因。ミルトン・キーンズの手前に踏切があって、遮断機が下りて警報がカランカラン鳴っているのに、列車がなかなか来ない。踏切の前に長い車の行列ができて長いこと待たされました。結局一台一台、踏切に近いところにいる車からあきらめてUターンしていきました。それでロスタイム20分、30分。結局M1に合流した時、C村から1時間もかかってしまい、アイフォンのサテ・ナビアプリ、グーグルマップは、ほとんど目的地までの所要時間が動きませんでした。

じつはその後もう一つ、間違いをしてしまいました。なにしろ走り慣れていない高速道路だったので、緊張しました。ノーサンプトンを過ぎてダベントリーあたりでM1を離れてM54にはいりました。それからしばらく走るとM6という道路に入らなければならなかったのに、その分かれ道あたりでものすごいどしゃぶり。前が全然見えないような水しぶきで必死でゆっくり運転していたので、とても車線変更まで気がまわらず、気がついたら、グーグル・フォトの青い線があらららら、と左側に離れて行ってしまったのでした。

グーグルフォトって、便利なアプリで最近はよく使わせてもらってますが、いったん道を間違えると、すぐそれに適応(アジャスト)してくれるから、間違ったのかどうか気づくまもなく新しい回り道を走ったりしてしまうことがあります。

e0010856_07371931.jpg

とにかく無事目的地に着いてやれやれでした。このテルフォードにあるアイアン・ブリッジ近くのブリッジ・ホリデーは、前から2度3度ブッキングしたのに、キャンセルしなければならなかった因縁のある場所で、今回ついに実行できたのでした。3度目の正直、というか。

e0010856_07373385.jpg
およそ40人ぐらいが集まるみたいです。夕方5時45分からウエルカム・ドリンクというレセプションがありました。久しぶりに赤ワインをいただいたけど、あまりおいしいと思えなかった。(涙)
e0010856_07374606.jpg
これから4泊5日間、「夜な夜な」ゲームじゃなくて、「寝ても覚めても」ゲーム三昧で過ごさなければなりません。ゲームと言っても、試合ですからね。競技会ですからね。

アジア大会にもこの種目が入ったそうで、マインド・スポーツとして囲碁や、将棋や、チェスと同様にこのゲームも認定されるといいなと思います。とりあえず今夜はここまで。

[PR]
by agsmatters05 | 2018-08-26 08:10 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(0)

レイクディストリクトをもうちょっと(ブリッジの巻)

コントラクト・ブリッジというトランプゲームについて、何年何月に始めたのかを調べたかったけど、ちょっとまだ調べ方が足りなくて?。

記憶では、2007年に、ヘルベレン山の中腹で、ふるい携帯電話を使ってブリストルのメグにケズウイックのブリッジクラブを調べてもらい、セクレタリーのミセス・ジョーンズに電話して、この時から湖水地方へ行くたびに夜はブリッジをするようになったとおもうけど、もしかしたら、2009年かもしれない。EBU(イングリッシュ・ブリッジ・ユニオン)に加入したのが2010年となっているので、始めたのはその前の年からかもしれない。それがどうしたってこともないのですが、かれこれ8年か9年の間、毎年湖水地方へ行くたびにお世話になっているブリッジ・クラブ。これ(↓)はワ-キントン・

e0010856_10022748.jpg
年に一度お邪魔するだけだけど、メンバーはあまり変わりなくて、しっかりと覚えていてくれて、あたたかく迎えてくださる。今年も夜な夜なお邪魔しました。火曜日はコッカ―マス、水曜日はワ-キントン、そして木曜日はケズウイックのブリッジ・クラブへ行った。

e0010856_10030013.jpg
結果はまあまあ。アップ&ダウン。勝ったり、負けたりでした。
e0010856_10034826.jpg
これ(↑)は木曜日のケズウイックのクラブ。この場所はコンサーバティブ・クラブの建物の一室で、階下のバーから飲み物を調達できるクラブ。よく飲むのは、レモネードとラガーを混ぜた「シャンディー」という飲み物。
e0010856_10040737.jpg
年に一度の飛び入り参加を温かく迎えてくれて、今年はこの(↑)ケズウイック・クラブのジョーンズ夫人が「今年はきっと今週来ると思ってましたよ。」と言われた。年に一度の参加でも、かなり顔見知りがおおいから。でも、
e0010856_10042754.jpg

来年はどうなるかなあ?



[PR]
by agsmatters05 | 2018-08-16 10:20 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(0)

勝ったり、負けたり・・・

e0010856_10030203.jpg
夜な夜なゲームです。月、火、水と続けてできました。このページの写真はすべて、月曜日のもの。
e0010856_10023901.jpg
この(↑の)ハンド(手札)はラビッシュです。 トランプは全部でエース、キング、クイーン、ジャック、そして10,9,8,7,6,5,4,3,2とそれぞれ13枚ありますよね。自分の手札が13枚配られたら、まず持ち点をざっと計算します。エースは4点、キングは3点、クイーンは2点、ジャックは1点です。♤、♡、♦、♣ のそれぞれが4+3+2+1の合計10点ありますから、52枚全部で40点。4人でプレイするとき、4で割れば平均は10点になればいいものを、↑のハンド(手札)では私はただクイーンが一枚、つまり2点の価値しかない手札がまわってきたというわけです。これではまったく勝ち目はない(涙)。
e0010856_10022676.jpg

一回のゲームが終わると、南北ペアと東西ペアの勝率が上の画面のようにでてきます。私はこの夜アンジェラさんと組んでこのゲームでは69%の割合で勝ったということですが、69%とというのは、その会場の全テーブルが同じハンド(ボードという)をプレイするので、同じ手札でも、ペアによってはほかの誰もまねができないような勝ち方をしたら100% という数字がでてくるわけです。逆に、その会場で最低の数の札しか取れない場合はゼロ%となります。

e0010856_10015805.jpg
月曜日は、全部で28組のペアが14のテーブルを使ってプレイして、私達は勝率50.62%で16位でした。(涙)私は24回のゲーム中3回親になっただけ、個人の勝ち率は68%だったので、まあそれだけが安堵の素。つまりパートナーの足を引っ張ってない、、、というような意味で。

e0010856_10021208.jpg
この(↑の)ハンド=手札はエースが2枚あるので、8点。これとて決して親になれるようなふだじゃない。

e0010856_10014103.jpg

自分のパートナーが親になるときは、自分の手札は「ダミー」と呼ばれて、テーブルの上に広げて置いておきます。その時は、ダミーはじっとパートナーのプレーを見てるだけ。たまに退屈しのぎに、会場の写真をとったりしました。そしたら、あるテーブルで「どうして写真を撮るの?」と言われました。こういうことを聞かれないように、ふだんはこっそりと目立たないように写真を撮るのですが、たまたまこの夜、携帯を忘れて、ソニーのデジカメを使ったりしたので、人の目に付いてしまったのでした。それで正直に答えました。「日本語で、私、ブログを書いてるんです。今日はニュースが何もなくて、とてもボアリングな日だったので、今夜のブリッジのことでも書こうかと思って・・・。」と。ブログと聞いても何のことやら、と思う人も多いでしょうね。
e0010856_10012761.jpg

火曜日は師匠と組んで、14ペア(7テーブル)中、4位でした。EBU(English Bridge Unionイギリスブリッジ連盟)から マスターポイントと呼ばれる勝ち点を、12点もらいました。現在までに約1万5千点を集めて、星二つ(Two Star Master), ただし、もう一つのランキング表(NGS と呼ばれる順位付けでは、しばらくプレイしなくて力がどんどん落ちて48.60 %でレベル7。とてもとても「文字」のレベル、J,Q,K、A までは行けそうもないです。これからどんどん記憶力や集中力が落ちていくので、あまり勝てそうもないなぁ、と弱気になっています。ま、負けても「イッツ オンリー ア ゲイム」(遊びだから)と割り切って楽しめばいいわけですが、やっぱり負けが混むと自己悪感を味わいます。ばかだ、ばかだと自分で自分のことを情けなくおもうことが多いこの頃です。(涙)バカに付ける薬がつくづくほしくなります。

でも、今夜(27日、水曜)は、アビー・スミス・ブリッジ・クラブで、師匠と組んでなんとかトップになれました。64.06%の勝率で、24点のマスターポイントをもらいました。だけど、水曜日のこのクラブはビギナーが多いクラブで、あまり強豪はプレイしていないので、だから勝てたというわけです。

マインド・スポーツの一つ、ブリッジ。本当は体の運動と合わせて定期的にプレイするのがベストなんでしょう。どうも最近体がなまっている気がしてなりません。

せっかくいい天気が続いているので、もうちょっと体を動かす機会を作らなければとおもうのですが、なかなかできません。

明日はE町へ行きます。ブリッジとはがらりと違うムードのウウちゃん記事にしますね。おやすみなさい。






[PR]
by agsmatters05 | 2018-06-28 10:56 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(0)

近況

さわやかな五月晴れ。それどころか 外は夏のような気温。車の中が暑くて、蒸し風呂同然。クーラーを効かせてなんとか一息つけるような具合。でも、風が吹いていて、湿度がないので、日蔭は寒いほど。

e0010856_8302981.jpg


五月もどんどん動き出してますね。そう言えば、、5,6,7月のウウちゃんの予定もだいぶ煮詰まってきています。ウウママが日本へ戻るのは来週。その時はウウちゃんの学校の送迎が毎日私の役目。

e0010856_8441193.jpg


今週は3晩、ブリッジができます。昨日はジェラルドさんと組んでマスターポイントをもらった。SMBC。
今夜は師匠と組んで、トップになれた。久しぶりのトップ。65%だった。

私:24ハンド中、6回プレイして(親になって)、結局74%の出来栄えだった。およそひと月前、日本から戻ってなかなかブリッジの勘がつかめなかったころと比べるとまし。やや気分は軽くなったかな。底辺をさまよい続けていく週間だったから・・・。
[PR]
by agsmatters05 | 2018-05-09 09:22 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(6)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30