ブログトップ

紅茶国C村の日々

2018年 08月 15日 ( 1 )

レイク・ディストリクトをもうちょっと(動物の巻)

湖水地方、もちろん観光客も集まるところですが、それ以外にあまり産業のないところ。
いえ、牧畜だけがさかんなところ(みたいです。)
e0010856_09015422.jpg
湖水地方を歩きまわると、目に見えるのは緑の山、湖、そして動物たちです。
e0010856_09020810.jpg
羊っておとなしいですよね。ちょっと近づくとすぐ逃げていく。繊細な感じのする動物です。でも、時々好奇心を見せてくれる。(笑)

e0010856_09111972.jpg
こういう風(↓)になっていると、はじめて人に飼われているというのがわかってきますが。
e0010856_09023491.jpg
牛たちが寝そべっているのは、もちろんお腹の中のものを消化中なんでしょうけど、お天気が崩れるサインだって?
e0010856_09022122.jpg
とにかく至る所にいるから、ついついカメラを向けてしまう。
e0010856_09121276.jpg
あ、これも動物のなかま。ウインダーメアでランチ(マーマレードサンドイッチ)を分けてあげました。
e0010856_09031016.jpg
これ(↓)、しょっちゅう見かけます。犬連れの人達。
e0010856_09104721.jpg
こういう動物も(↓)。というのは冗談でした。
e0010856_09043264.jpg
これ(↑)がケズウイックの目抜き通り。
ケズウイックと言えば、みんなたぶんこの教会のような、タワーのような(インフォメーションセンターになっている)ところを思い出す人が多いことでしょう。ふだん晴れた日など人だかりができるし、この道路にマーケットも建てられて、大勢が集まります。

かれこれこの街に毎年一週間、夏にお邪魔するようになってなんと、なんと20年ぐらいたってるみたい。1998年、だったか、99年だったか、何しろその頃から、よく続いたもんです。え?何がって?わが紅茶国人生が、です。まさか、まさか、私の人生がこういうことになるなんて、いつだれが想像できたことでしょう?運命というよりは、運命のいたづら、というものじゃないかしら・・・。



[PR]
by agsmatters05 | 2018-08-15 09:32 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。