ブログトップ

紅茶国C村の日々

2018年 06月 18日 ( 1 )

ファミリー・ファン・デーでゆったりした後、C村で世界が真っ暗になった話。

昨日の土曜日、ウウちゃんの学校のPTA主催の催しがありました。ねらいはもちろん資金集め。学校全体でいくらぐらいの収益になるのでしょう? 検討もつきませんが、そのうちに学校のウエブサイトで発表されるかもね。

e0010856_00574057.jpg

広いグラウンド、緑の運動場は気持ちいいです。6月は紅茶国では、スポーツデーとか、フェイト(村祭り)とか、オープンガーデン(庭園開放日)とか、戸外でパーティーとか、村、学校、地域などの催しが多いです。この(↑)イベントも、学校全体が参加したとは思えず、ほんの一部の父母や家族の参加でしたが、ボランティア・スピリットあふれる父母たちの協力で、いろいろなプログラムが盛り込まれていました。収入のないグランマとて、かれこれ10ポンド以上の寄付になる出費を果たしました。ウウママが作ったいなりと細巻きのパックを自分でお金出して買う、というようなこともしました(笑)。
e0010856_01064047.jpg

しばらくぶらぶらとウウちゃんがあれこれ遊ぶのをぼんやり眺めていましたが、午後3時ごろ、一か月のグランマ役を終えて、一人先にC村へ帰ることにしました。これから11月ごろまでは、単発的なグランマ役はあるのですが、長期の任務は免れそうなので、肩の荷が下りた気分で帰ってきました。


そうして不在中の郵便物を開けて、世界が暗転。またまた運転がらみの Bad News です。
スピードカメラに引っかかって、違反通知をもらった話は、これまでに2度、3度、記事にしました。

一回目はこれ(↓)。

2回目はこれ(↓)。

そして、これに関して3回目の記事はこれ(↓)でした。

2度のスピード違反通知をもらって、合計200ポンドの罰金を2回にわたってオンラインで支払いました。ちょっとこんがらがりそうになるのですが、まず違反したのが、5月4日と5月7日で、最初の違反の通知が約一週間後。これをもらって28日以内に罰金を払って免許証をペナルティーオフィスに郵送しなければなりませんでした。ところが、28日間の猶予があるとおもってすぐに免許証を郵送しないうちに2度目の違反通知を受け取りました。これに罰金を払って、両方の違反の罰金支払い証明と一緒に運転免許証を所定の住所(ペナルティー・オフィスという所)に送ったのは6月4日のことでした。どうしてこんなに時間がかかったかというと、郵便物を受け取るのがC村に帰ってきた週末だけだったから。

6月4日に免許証と2枚の罰金支払い証明をペナルティー・オフィスに送った後は、私の運転免許証に3X2=6の罰点(ポイント)が印字されて送り返されてくるものと思っていました。

週末しか戻れないことが災いして、結局、ペナルティーオフィスからの返事を受け取ったのは昨日、6月16日のことでした。その封筒を開けたら、なんとなんと、大馬鹿者ミチ、運転免許証の有効期限は去年の誕生日の一日前、つまり2017年12月7日となっていたのでした。そんなことを見もせず、確かめもせず、免許証更新の必要も頭になくて、ペナルティー・オフィスに免許証を送ってしまったのでした。

送り返された免許証と同じ封筒に入っていた手紙には、まず ベッドフォードシャー(スピード違反をしたウォ―バン村が含まれる地域)の警察に電話かメールして、免許証と罰金支払い証明書を送る期限を延ばしてもらうように申請すること、そして、すみやかにDVLA(自動車運転免許庁)に免許証の更新を申請するようにと書いてありました。

つまり、去年の誕生日(12月8日)に私は70歳になったので、70歳以後の運転免許証は3年ごとに更新しなければならないのがこの国の決まりだったのだそうです。そういうことは全然知りませんでした・・・。私はDVLAから事前に知らせをもらっていたのか?受け取っていません、と言わなければ許してもらえない。そう言えば、許してもらえる?ようわかりません。去年の12月8日から私は運転免許証の期限が切れていたのに、ずっと運転していた私。これって、どういう違反、どういう罰則、ペナルティーが課されるのでしょうか?無免許運転とはちょっと違うとは思いたいですけど、そこら辺がペナルティー・オフィスからの手紙にはなにも書いてありませんでした。

昨日は土曜日。ベッドフォードシャ―の警察に電話しても、もちろんレコーディングされたメッセージが帰ってくるだけ。月曜の10時~3時までに電話せよと。それで、昨夜とりあえずできること、メールを警察に送りました。事情を説明して、免許証送付の期限を延ばしてくださいと書きました。その前に、DVLA(運転免許庁)のウエブサイトに行って、70歳以上の免許更新の手続きを取りました。これは必要なデータを延々と入力した結果、2週間以内に新しい免許証が交付されることになりました。しかも無料でできました。

果報は寝て待て。人事を尽くして天命を待つ。今はそういう心境、かな。新しい免許証が送られてくるまで、私はいったい運転ができるのか、できないのか、ちょっとわからない。

長々と失敗談を書きました。途中を飛ばして読んだ方も、途中で読むのをやめた方もいることでしょう。
せっかく、ウウちゃんのグランマとして頑張って掃除、洗濯、料理、宿題ヘルプ、等々、時には楽しい祖母役もできたのに、二つの住所で行ったり来たり暮らしていたことも原因のひとつかも。一難去ってまた一難。

明日からブリッジ再開です。アシがない・・・・



[PR]
by agsmatters05 | 2018-06-18 02:21 | bad news | Trackback | Comments(4)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。