ブログトップ

紅茶国C村の日々

2017年 11月 30日 ( 1 )

グランマの日々(10)

今日も一日、動き回りました。「朋あり、遠方より来る、これまた楽しからずや。」の、とても楽しい一日でした。

お弁当を持たせて、いつも通り幼稚園の送り迎えをしましたが、セガはニューカッスルというところへ出張で、朝早くいなくなっていました。その代わりということもないのですが、オランダから来客、長崎(1974-1989)にいはじめた頃の同僚(友人)が遊びに来てくれたからです。

9時20分に登園バスにウウちゃんを送りこんで、それからすぐ車で家を出ました。

家の近所にウエスト・アクトンという地下鉄の駅(セントラル・ライン)があるのですが、そのそばに「あたりや」という日本食材店があり、そこでシチューの素と、卵と豆腐を買いました。日本語で買えますから、もうここはまるで日本にいるような気分で、イギリスにいることを忘れてしまいそうになります。

そのまま、一路ヒースロー、ターミナル5まで走りました。だいたい50分。10時半過ぎには着いたのですが、すでに飛行機は着陸していました。今年4月のタイでのメグの結婚式にも来てくださったティネカさんがオランダのアムステルダム、スキポール空港からBAの飛行機で空の上にいたのもだいたいおなじ時間、40分ぐらいだったそうです。

e0010856_7474163.jpg


マイトヨカロと、トムトム(サテナビ)のおかげで、でっかい飛行機が飛び交うヒースローに往復できて、昼前には戻ってこれました。とっても寒い一日で、二人してラーメンを食べながら、これから5日間の予定を話し合いました。あっというまに幼稚園バスの降園時間。二人でウウちゃんを迎えに行くと、ウウちゃんは幼稚園バスの先生に、タイからグランマのお友達がくると話していたのだそうです。タイでティネカさんと一緒にホテルのプールで泳いだことをまだしっかりと覚えているようでした。

やっぱり一人より、二人、二人より3人が話ははずんで楽しいです。ウウちゃんも笑いどおしで、遊びました。ティネカさんのお土産のオランダのクリスマスの塗り絵、切り絵、お絵かき、シールが全部セットになったものを作ったり、トランプもして遊びました。

e0010856_7493077.jpg


今日は全然ぐずるということもなく、物わかりのいいウウちゃんでした。ちょっとだけ、トランプの神経衰弱というゲームをしたとき、負けそうになって、おかしな態度をみせていましたが、チーム戦に切り替えて、ティネカさんとウウちゃんが共同で、グランマと戦ったので、結局グランマが負けて、通算成績は一対一でした。

それから、気温がずいぶん下がって、朝、外では5度ぐらいで、寒いのに、厚手の服や襟巻などをいやがって、困っていたのですが、これもすんなり、あたたかい服を着てくれるようになり、ほっと一安心です。

e0010856_7561661.jpg


とりあえず、土曜日のクリスマス発表会まで風邪などを引かせないように、気をつけなければとおもっています。「オズの魔法使い」のブリキ役が病欠したら、ほんの10数人の幼稚園では、きっと代役は無理でしょうから。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-11-30 08:00 | 家族のこと | Trackback | Comments(0)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。