人気ブログランキング |
ブログトップ

紅茶国C村+E街の日々

グルーミーな日曜日 (MORE に追加)

ううチャンの熱は下がったけど、タミフルの影響(または効果?)かどうか、まだううチャンはぐったりしていて、食欲もないです。
それでもパパがいるときはグランマが邪魔になるらしく、「あっちへ行ってて」などと憎まれ口をきくこともあります。
(気の強い一人っ子=ううチャン)

グランマは土曜、日曜はC村へ帰って、服を交換したり、お風呂に入ったり、さらに最近は隣のS村にいるMちゃんのレッスンを週1で1時間引き受けたりして、結構バタバタの二日間でした。ステイ先とはいえ、マイ・キッチン(のつもり)なのであれこれ片づけたり、洗い物をしたり。乾燥機が壊れていたので、洗濯物は全部温水タンクの収納室で乾かしました。

そして日曜日(13日)ルイママからランチに呼ばれました。ルイママは心臓病を患っている人のチャリティー団体で働いていて、資金集めのために1か月間で100マイル歩くという目標を立てて、一人約5ポンド(750円ぐらい?)の寄付を募っていました。それにちょっとだけ献金して、ルイパパが作ってくれたおいしいチキンのランチをごちそうになりました。ルイパパは料理上手。

e0010856_07110883.jpg

晴れ晴れしない天気の日でした。


e0010856_07095344.jpg


トルコは大雪だとか。これまで比較的暖かい12月と正月明けでしたが、これからおそらくグーンと寒くなるのでしょう。
家の中の暖房はありがたいけど、運動不足になるし、なにかと心がチジカミ気味です。


e0010856_07102192.jpg

4時過ぎにE街に戻りました。
ううチャンはパパの作ったマカロニグラタンを少し食べて、お風呂に入り、
早めの8時過ぎに2階の寝床に行きました。明日、学校へは行けるでしょうが、
タミフルをまだあと1日分服用しなければならないので、その影響で100%の回復はもうちょっと後になることでしょう。
保育園時代から一日も休んだことがない(保育料を最大限有効につかってきた)ってううママが言ってたのに、
残念ながらここで二日間学校を休んでしまいました。

でもまあ、長い目で見ればこれもよくある話かもしれないし。
それよりも気になるウウパパの高血圧という爆弾。
いちいち数値を本人が教えてくれないから、とにかくせいぜい料理担当の私にできることを
するしかなさそうです。試練と言えばそうなのかも。

パソコンでやる一人ブリッジもさっぱり成績が振るわない。
落ち込む材料はいくらでも見つけ出せそうです。
あとちょっとで 辻村深月著「かがみの孤城」を読み終わるので、そうしたらもうすこし明るくなれる本を読んでみようかな。





タイトルを替えました。
「ランチはルイパパ作」から「グルーミーな日曜日」に。

ま、あらいざらい書くのがこのブログの傾向だったんですが、なにもコトを荒立てるために悪いことばかり選んで書くのもはばかられる。

いろいろな嫌なこと(細かいこと)があったので、タイトルを「グルーミーな日曜日」と替えたところ、
グルーミーという単語をグーグルしてみたら、なんと Gloomy Sunday  という ハンガリーの作曲家の有名な歌があって、
これを聞いた人が何人も自殺したというので、一時期イギリスでもハンガリーでもこの曲は放送禁止になったのだそうです。
ユーチューブで、「覚悟して聞きなさい」という警告のあとで、この曲を聞いてみました。

確かにわくわくするような曲ではないけれど、日本にはこのくらいの短調の沈み切った曲はいっぱいあるような気もしました。
心理的な操作がメロディーの奥底に込められているのなら別ですが、一通り聞くと、この曲は整った「ウツクシイ」メロディーのようにも聞こえました。

興味があればこちら(→ https://www.youtube.com/watch?v=55FP1LfkkVQ )へどうぞ。あ、気の弱い方には勧められません(笑)。

トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/27917172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by agsmatters05 | 2019-01-14 07:40 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(0)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。