ブログトップ

紅茶国C村の日々

ボーンマス ブリッジ ホリデー

日曜日(28日)からボーンマスという南イングランドの海沿いの街にきています。
e0010856_09164181.jpg

海沿いの街は海に近いところほど、ホテルや家の値段がつりあがるみたいです。
海が見える部屋は、それだけ余計に支払わないといけないのですが、たまたま私の部屋の窓からも(余計なお金を払ってないのに、笑)海が見えました(↓)。

e0010856_09195020.jpg

日曜日に来て、日曜の夜、月曜の朝(午前中)、そして月曜の夜とこれまでに3回セッションがありました。

e0010856_09213700.jpg
なかなか勝たせてくれないけれど、ちょっとずつ調子を取り戻しているというか、冷静に戦うことができるように努めています。

e0010856_09230964.jpg

全部で15テーブルX4だから、60人ぐらいの集団です。夫婦で参加して一人はブリッジしないで遊んでいるという人もいるので、65人ぐらいは泊まっているはずです。ホテルとしては、こういうイベントはとてもありがたいものでしょう。

e0010856_09252589.jpg
これ(↑)は食堂というか、レストランです。
3食フルにいただくと、もう胃が疲れてきたという信号が灯されます。

結果? また明日の火曜日にがんばって朝晩闘ってから、まとめ書きしようと思います。
とりあえず、報告その一、でした。





[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/27622045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marri at 2018-10-30 16:10 x
海側の部屋は高いんよね。こちらもおなじです。
今、長崎くんち祭りをみています。初めてのことです。血が湧きますね。
太鼓、お囃子、男衆の根曳きは、見ていてその土地の人々の力強さに引き込まれてしまいました。
Commented by agsmatters05 at 2018-10-31 10:28
え?marriさん、長崎のおくんちって、10月9,10,11日ごろのお祭りじゃなかったの?いまどき、おくんち?

フェイスブックで、だれかが蛇踊りの映像を見せてくれました。重いところが迫力になるのよね。蛇がほんとうに生きてるみたいに見えました。
by agsmatters05 | 2018-10-30 09:29 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(2)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。