ブログトップ

紅茶国C村の日々

教え子の結婚式


あれはいつのことだか思い出してごらん、じゃなくて 真っ白な記憶の扉をあけて(笑)、過去ログに出かけて行きました。
2011年、オッ君シリーズをその(7)まで書いて、ロレンちゃんの話題に横っ飛び。予告しておきながら、オッ君シリーズは(8)も(9)もなく、二ヶ月ジャンプ。

8月まとめ、クイズの答え、同窓会、AレベルとGCSEの成績発表 https://agsmatters.exblog.jp/15345528/

(あえてリンクを貼りません。)


という記事にシリーズでオッ君のことを書いたきり、C村で9月14日に開いたささやかなオッ君の卒業祝いパーティさえも記事にできていませんでした。プライバシーにふれそうな、かなり赤裸々な記事を書いていた頃で、コメントでご忠告くださったのは当時まだイギリスにおられたYoshiさんでした。あれから7年!

プライバシー問題で、過去ログをずいぶんまとめて非公開にしてあるのですが、なぜかこの記事は非公開になっていなかったです。
メグの言う通り、「お母さんの記事(ブログ)は長くて読むのがめんどくさい。」って。たしかにそうだわ。

それはともかく、このオッ君が結婚したのでした。

e0010856_21472215.jpg

こともあろうに、我が孫ウウちゃんの満6歳の誕生日のことでした。 ↓ は、お母さんがこしらえたウエディング・ケーキ。

e0010856_21544394.jpg
オッ君はリーズ大学へ行き、卒業してから日本で就職。去年の秋、イギリスに戻ってきたそうですが、お仕事はたぶんまだ日本関連のようです。
花嫁さんは日本人だけど、イギリスの大学を卒業されていて、二人ともこちらロンドンに住んでいるって。
e0010856_21555443.jpg
今度11月末にC村に二人に来ていただいて、また詳しいなれそめなどを根掘り葉掘り、、、(笑)。とはいかないかもしれませんが、11月を楽しみにしています。

上の写真は、ワリンジャーという村のホール(会堂)を使ってダンスパーティーができるような披露宴でした。雨がふって、袖なしパーティードレスの参列者の皆さんがとても寒そうでした。

でも結婚式は、リトル・ミスンデンという村のずいぶん古い教会 で、でした。


Yoshiさんが喜びそうな、それはそれは古い教会でした。

e0010856_22133596.jpg

式の後でミニスターが映写機でふるい壁画を見せてくださいました。
誓いの言葉を言う時に、花嫁さんは感極まって言葉が出しにくそうでした。


下の写真の帽子の方がオッ君のお母さま。とっても帽子がお似合いでした。
私も洋装で正式なドレスアップをするなら帽子を、と思ってちょっとあれこれ物色してみたけど、残念ながら間に合いませんでした。


e0010856_22023079.jpg

オッ君がどんなSNSでもウエブサイトでもなんでも載せて構わんよと、言ってくれたので、FBにも載せたのですが、こちらにも。
オッ君がAレベルを勉強中、日本の大勢の応援団のかたに激励の手紙を書いていただいたことを、今回過去ログにもどってようやく思い出しました。
よって、あらためて、関係者各位に「その節はお世話になりました。今後とも、よろしくお願い申し上げます。」ということにさせていただきます。


[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/27601930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mittyan-buhibuhi at 2018-10-18 14:55
若い幸せなカップルを見ると、こちらまで幸せな気持ちになれますね。
それにしても、お母様の帽子もですけど、ドレスの素敵ですねー。
Commented by agsmatters05 at 2018-10-19 00:21
小夏さんへ、
はい、とってもいい結婚式でしたよ。
場所も登場人物もゲストもスピーチもすべて立派でした。あたたかくて、フォーマルだけどどこか手作りの良さもあって、ユーモアを楽しみながら、二人の門出のお祝いができました。お天気だけがあいにくで、次の日カラッと嘘のように晴れていたのがうらめしかったです。
Commented by Yoshi at 2018-10-21 07:52 x
ミチ様、その節はブログのコメントとで何かお節介な事を書いたようで、ごめんなさい。それにしても、素敵な新郎新婦ですね。とびきり美人の花嫁さんで、独身の男性参列者はうらやましく思ったことでしょう!

Little MissendenのSt Baptist Churchは結構有名な教区教会なのかもしれません。専門的なウェッブサイトによると、身廊(nave)はなんとアングロ・サクソン時代のものかもしれないそうです。Bell Towerのあたりはロマネスク建築といえるようで、どっしりした重厚な建物ですね。プロテスタント国であるイングランドには珍しく壁画も沢山残っていて貴重ですね。こちらに詳しい解説がありました:
https://www.crsbi.ac.uk/site/3148/

写真はTripAdvisorに沢山載せてありました:
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g3442316-d6628858-Reviews-St_John_the_Baptist_Church-Little_Missenden_Buckinghamshire_England.html
Commented by agsmatters05 at 2018-10-22 07:13
Yoshiさんへ
やっぱりさすがYoshiさん!
コメントその他、ありがとうございました。
TripAdvisorのページも見てみました。
Great Missendenにはほかの思い出もある場所ですが、オッ君自身のお家からはそう近いわけではなくて、ご両親が結婚された所(???)かなんかの縁があったのかも、と聞いています。これから古いものについて知りたいときはYoshiさんにおたずねさせてもらってもいいでしょうか? (笑)
by agsmatters05 | 2018-10-18 07:56 | 行ったところ | Trackback | Comments(4)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。