ブログトップ

紅茶国C村の日々

ブリッジ・ホリデー・イン・テルフォード

e0010856_22492668.jpg
こんな感じで朝晩しのぎを削っています。トップとボトムを行ったり来たりしています。ボトムのほうが多い、かな。真ん中の時もあったかな。いやいやトップはたったの一回。あれは、あれは、なんだったのか。
e0010856_22495170.jpg
全員テーブルにつけば40人(10テーブル)ぐらい。朝の部に出ない人がいるときは20人(5テーブル)ぐらい。イギリス中から集まってきたブリッジ・プレーヤー。やっぱり、なんといっても、年寄りがおおいです。


⇓ はディレクター(そうまとめ役)のマルコム。午前中はセミナーと称してマルコムのトークショー。笑わせるのが上手なおじちゃんでした。奥さんのマデレーンと二人で組んで、いろいろ楽しませてくれます。
e0010856_22503394.jpg
このブリッジ・ホリデーは、「ブリッジ・オーバーシーズ」という名前の会社が企画しているのですが、このディレクター役はボランティアなのだそうです。そのかわりホテル代も旅費もタダ。しょっちゅう海外のブリッジ・ホリデーにも行くらしいです。いざ、トルコ、いざクロアチア、いざ地中海。クルーズもたくさんあるみたいです。今度いつか行ってみたいなぁ、このクルーズというのに。
e0010856_22505331.jpg
それにしてもボトム(最下位)になった時の気分は、本当に嫌なものです。自己嫌悪、悔しい、落胆、恥ずかしい。その反対で、勝った時の気持ちよさったら、それはそれはウキウキです。信じていたことが正しかったと報われる気分になれます。

たかがゲーム、されどゲーム、頭の体操以外にも、人間心理(主に自分の心理ですが)をみつめさせられます。それが何になるか?時間の浪費だという人もいるでしょうね。所詮、レジャー、お遊び、ですから。

アジア大会で初めて今年、マインド・スポーツとして取り上げられたって、昨日のセミナーでマルコムも言ってました。
レシェクというポーランド人で EBU(English Bridge Union)に勤めているブリッジ・プレーヤー(時々お願いしたら、パートナーになってくれる、ヘビースモーカーのおじちゃん。)の情報によると、2002年にソルトレークシティでオリンピックが行われた時、それに先立って(同時開催ではなく)ブリッジの競技会がひらかれたことがあるそうです。 ブリッジを室内競技のメンタル・スポーツとして認めるかどうかで、まだまだ議論が続いているみたいです。

あああああ、それはともかく、もうちょっと強くなりたいなあ。


[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/27519393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Yoshi at 2018-08-28 15:41 x
ミチ様、ご無沙汰しております。久しぶりでブログに訪問いたしました。お元気で、日本語の教育やらブリッジやらに励まれているようで、何よりです。

先日、私はやっと博士課程を修了し、7月20日に学位授与式に出て参りました。始めてから10年かかりました。論文に苦しんでいるとき、しばしばミチさんのブログの論文執筆のご苦労や、口頭試問の事などを読ませていただき、大変参考になり、また元気づけられました。深くお礼を申し上げます。

最後のGCSEと書かれていましたが、日本語のクラスのお仕事はそろそろ終わりでしょうか。でもクラブ活動で教えたりなど、ボランティア精神に溢れたミチさんには、きっとまだ活躍の場はおありでしょうね。また時々近況をうかがいにこちらのブログにお邪魔いたします。では。Yoshi
Commented by agsmatters05 at 2018-08-29 10:11
Yoshi さんへ、
コメント欄への書きこみ、本当にありがとうございました。
ご無沙汰をしてしまいました。博士課程を修了されたこと、おめでとうございます。心からお喜び申し上げます。いつの頃からか、MIXIも ブログも、とんとつながりが途絶えてしまいました。TAKAOさんを通じでFBでつながった時は
Commented by agsmatters05 at 2018-08-29 10:17
うれしかったです。
さすがYoshiさんは、初志を貫かれて、博士論文を仕上げられたのですね。しばらくはお祝いをかねてどうかゆっくりとおくつろぎの時間をお取りくださいね。こんごとも、どうそ(なにかと)よろしくお願いいたします。
Commented by Yoshi at 2018-08-29 10:33 x
ミチ様、お返事ありがとうございます。ご存じかも知れませんが、Takaoさんは、帰国後、地方国立大で准教授となり、国際協力関係の業務や教育に従事しておられます。結婚され、小さなお子さんが2人出来て、ご両親も大喜びと思います。お二人にはブログを通じて沢山の事を教えられました。改めでお礼を申し上げます。

私は2011年頃の1年間、ロンドンの南の郊外、クロイドンの近くに住んでいたのですが、最寄り駅には、時々、ミルトン・キーンズ行きの列車が走っていました。ミチさんのブログで時々登場した名前なので、その電車を見ると、ミチさんの事を思いだしていました。ではまた。Yoshi
Commented by agsmatters05 at 2018-08-30 06:41
Yoshiさん、
Takaoさんのご結婚はFBで大発見して、たしか私からYoshiさんにお知らせしたりしましたよね。でもお子様がお生まれになったことは全然知りませんでした。YoshiさんとTakaoさんはずっとその後おつきあいを続けておられるのですね。同じ時期にイギリスで3人ともドクターディグリーのために苦しんでいたなかまですよね。Yoshiさんの観劇記録はとても興味深く読ませていただいていました。今はMixiなどで続けておられるのでしょうか?
はい、ミルトン・キーンズのそばです。クロイドン方面にはあまり行かないのですが、ミルトン・キーンズであれ、なんであれ(笑)連想してもらえたら,うれしいです。
Commented at 2018-08-30 10:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by agsmatters05 at 2018-08-31 08:35
2018-08-30 10:52 の鍵コメさん、
ありがとうございました。
追ってメールさせていただきます。
by agsmatters05 | 2018-08-27 21:52 | 行ったところ | Trackback | Comments(7)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。