ブログトップ

紅茶国C村の日々

ウウちゃんとグランマ(8)

日曜日の朝、5時に起きて、ウウちゃんと一緒にウウパパをヒースローのターミナル5に送って行きました。
e0010856_06585957.jpg
駐車場に入らないで、降車場で、ウウちゃんとパパがタッチしてバイバイでした。パパは今日から一週間、ドイツのハノーバーというところへ出張だと。

無事にE街へ戻り、少しベッドで休ませてもらいました。

いよいよ今日から一週間、ウウちゃんと二人っきりの生活になります。
ウウちゃんはあといくつ寝ればままが帰ってくるのかと、一日に何度も聞いてきます。あと5晩。
それだけで、ウウちゃんはイエーイ!と喜びます。

e0010856_07001144.jpg
朝寝のあと、ウウちゃんが「何の絵を描いてほしい?」と言うので、フォニックスで習っている単語をいくつか言って、書いてもらいました。単語を言えば絵は自分でかけるのですが、スペルはまだ覚えていないので、Gate なら グ、ア、t、エ という風にアルファベットではなくて、個々の子音、母音の発音で言うと、上の絵のような単語が書けるようになりました。

二人っきりでまるまる一日過ごすって、ちょっとしんどくないかなあ、とも思いましたけど、なんとか無事一日を乗り切ることができました。いい天気だったので、洗濯物も全部家の外で太陽熱乾燥させることができました。

昼間は、オムライスを作りました。ウウちゃん,完食してくれました。それにフルーツや、飲み物。

合い間合い間にカルタ取りを3回。それにユーチューブをはさんで、算数のドリル。 「96は 90 と (  )」  という問題ですっかりわからなくなってしまったウウちゃん。夜までお預けでした。

夜には風呂と日記。宿題少々。9時半過ぎの就寝でした。

眠い時、疲れている時は、わけがわからなくなってひどく怒りっぽくなりますが、そうでないときは物わかりのよい、えくぼの笑顔をいっぱい見せてくれる面白い5歳児です。夏休みに何したいか、絵に描いて友達に話せるように、というのも宿題のひとつでした。ウウちゃんはもうママと7月20日頃から40日間ぐらい、日本へ行くことがわかっているので、

I go to Japan.
I swim in the swimming pool.
I meet my nursery friends.

この3つの文を書いて覚えさせようとしたけど、「書かなくてもいい、自分で言う」とのことでした。果たしてお友達に通じるのかなぁ。まだまだ文のレベルまで英語を覚えるほどの英語力はついていないとおもうのですが、本人は強気、自信満々で、間違っても平気、平気で通せるみたいです。たまには日本語をしゃべってしまうことがあるの?と聞くと、仲良しのカロウニーと遊ぶ時には、日本語も使ってしまうとか。そのうちに、日本語より英語のほうがわかりやすくなってくるのかもしれません。今のところ、家では日本語で通しています。なぜか、下手に英語をしゃべるといやがられるので。

[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/27324290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marri at 2018-06-11 15:57 x
頑張ってるね。良い母親役でもあるけど。その前に良い教師だわ!
あと5日ですか!何より貴女の事が心配です。無理しないでね。
2人っきりってのはいいかも?この調子でね・・・!
Commented by mittyan-buhibuhi at 2018-06-11 18:38
従兄弟のジョー君と会うのですね〜。
その反応がこちらも楽しみになりますよ。
Commented by agsmatters05 at 2018-06-12 07:39
marri さん、ありがとう。
marri さんご自身のことをさておいて、私の心配をしてくださるなんて、もったいないことです。ええ、いちおう、がんばらざるを得なくて、がんばってる感じです。ニンゲン相手ですから、毎日あれこれありますけど、楽しい時間ももてるようになってきました。あと4日です。指折り数えてまちこがれているのは、ウウだけではありません。(笑)
Commented by agsmatters05 at 2018-06-12 07:42
ウウちゃんは、生まれてからずっと通っていた京都の保育園にまた夏中預かってもらえるらしいです。まだ学齢前なので。いとこに会うのかどうかわかりませんが、どちらも一人っ子なので、なかよしいとこになってくれるといいなと思っています。小夏さんとこも,いとこが待ち遠しいですね。
by agsmatters05 | 2018-06-11 07:40 | Trackback | Comments(4)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。