ブログトップ

紅茶国C村の日々

隣の隣

C村の一けんおいてお隣さん、トリシャが古稀(70歳)ですって。

昨日の同窓会で私は「古希」になりましたと言っても、世代の違う若い人達にはピンと来なかったみたいで、コキってなあに?という感じだったので、ほとんど「古機」(古い機械)のことですよ、と言えばよかったかとあとからおもったのでした。

長いこと待たされたけど、お料理はすごかったです。

e0010856_832148.jpg

これは10キロほどのジャンボサーモンをまるごと、シーソールトで覆ってオーブンで焼いたものでした。

e0010856_8334567.jpg

こういう(↑)大きな肉の塊が何種類あったことか。ビーフに、ポークにターキーにラムに、という感じで並べられていました。

e0010856_8353092.jpg


全体の写真が撮れなかったけど、まだまだこのほかにサラダもフルーツもパンもディップも、たくさんありました。これらは70歳になったトリシャが作ったのではなくて、トリシャの庭を手入れしているガードナー(庭師)のルイが、どこで覚えたのか前職はシェフだったのか、とにかくすごいお料理で、どれもこれもおいしいものでした。

e0010856_8391848.jpg


とまあ今日は何もしない日曜日。近所の桜の木はこんな(↑)感じで今満開です。濃厚!
こってりと甘い餡子のお菓子を食べたくなるような濃いピンクの桜です。結構、こちらにはたくさんこの手の桜が多いみたい。
[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/27226824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 大崎繁子 at 2018-05-01 21:22 x
すごい料理ですね〜
ミチさんも凄いと、料理だけでなく、
いつも思っています。
私は調理をするのが、嫌いなので、出来合いの物を買うことが、多いです。一雄さんには悪いと思いながら45年間それで、過ごしてきています。息子にはそんな出来の悪い母で良かったかなぁと思っています。妻に不足はないようですから。娘には悪い見本として、良き妻になって欲しいと思いますが、仕事から帰ると、夕食はできているようで、その分3人の子供の面倒をしっかり見ていると自負しているようです。
(^∇^)
Commented by agsmatters05 at 2018-05-01 23:54
繁子さん、
ええこれはすごかったです。全体の写真が撮れなくて、残念でした。これはほんの一部。しかも、庭師のビール腹のなまりのある英語をしゃべるオッサン、ルイが作ったんです。サーモンが大きすぎてトリシャんちのオーブンに入り切れないからって、うちへ持ってきて、しばらくオーブンを貸しました。うちのオーブンは取っ手が壊れているけどばかでかいので。そのときサーモンのまわり中にかぶせたシーソールトが床やらあちこちに一杯こぼれてあとから掃除が大変でした。いかにも男の料理って感じでした。(なんてこういうところで書いてもかまわんでしょう!?)おっと、料理の話でした。(次へ続く)
Commented by agsmatters05 at 2018-05-02 00:05
繁子さん、
自分一人で作って自分一人で食べるのでない限り、誰が作っても作らなくても全然かまわない、作れる人が作ればいいし、作りたい人が作ればいいと思います。もちろん買ってこれるならそれもまたグッド。私、子育ての頃、仕事で遅く帰ってきて、別に仕事がなくて家のテレビでプロ野球を見ている人がいるのに、休む暇もなく忙しく料理をした時代がありました。世の中は平等にできていないことを身に沁みて味わいました。いまでもうちのアコちゃん、、めっちゃ仕事が忙しいみたいで、女は料理を作らんといかんみたいなプレッシャーがないことを切に願うのみです。ま、どうやらセガは料理は嫌いじゃなさそうですが。
by agsmatters05 | 2018-04-30 08:44 | 行ったところ | Trackback | Comments(3)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31