ブログトップ

紅茶国C村の日々

タビのソーカツ。

まだまだ日本の旅の余韻が、頭の中でとぐろを巻いています。
ソーカツ、これをしておかないと、次へ行けない。
または次へ行ってしまえば、この旅のまとめができない、と思っていました。
夕べも、その前の夜も、なんか(旅の)まとめ記事を書きたかった。
書いて、次の記事に移りたかったんです。
でも、「時差ボケ」という睡魔ともろに闘っていました。
いえ、闘うこともできず、眠気に邪魔されて、記事が一つも書けなかったんです。

今回の3週間の日本のタビ、いいことがいっぱい、たくさん、いろいろ、ありました。
久しぶりに出会えた人たちが大勢いました。
はじめて出会えた人もいました。
初めて行けた場所もたくさんありました。
久しぶりに訪問できた場所もありました。
美味しいものもたくさんいただきました。
大部分が、このブログ記事で記録できたとおもいます。
(具体的に、詳しく書きたいのはヤマヤマだけど、そうしていたら、また睡魔がやってきそうだから、、、)

二つ、大きなハプニング(番狂わせ)がありました。
風邪をひいたこと、ジャパンレールパスの利用が予定通りでなかったことの二つです
そのために、会いたかったけど、会えなかった方たちがいました。
宮崎、延岡、神戸は、当初の予定では訪ねるつもりでした。
でも、トラブル発生、でした。JRパスを使うための「在留証明書」が行方不明になった一件です。
それ以外はすべて順調でした。
失くしたもの、使ったお金以外は、櫛(ブラシ、一つ)だけ。
最後の最後の日に、どうやらメグんちの玄関の宅急便の箱の上あたりに置いてきてしまったんじゃないかな。
どうせぼろブラシなので、捨てても悔いはないのだけれど。

今夜はとりあえず、この二つ。痛恨のトラブルをまとめてみようとおもいます。

痛恨のトラブル、その一。病の件

最初は発熱からのスタートでした。那覇のスマイルシティーホテルで、夜寝るときに突然の発熱。体温計などなかったけど、体が熱をだして寒気がするのは明らかでした。必死でお湯を沸かして、お白湯を飲み続けました。
夜の間にできることはそれだけでした。ヴィタミンC1000ミリグラム入りのタブレット、水に溶かしてピチピチするジュースにして飲むものを一粒飲みました。次の日も、次の日も、体調は万全ではなかったけれど、日中はなんとか仲間と同じ行動をとることができました。そのうちに咳が出始めて、ああこれは風邪だったのかとわかりました。29日に沖縄を去る日もかなりきわどくて、無理しないように身体をいたわりながら飛行機にのりました。

ああ、そして恵比寿でメグとジョー君に迎えてもらって一緒にメグんちへ行ったとき、ほとんど出会って5分たつかたたないかで、メグがくしゃみやら咳をし始めました。最初は花粉症が始まったかもということで、メグはマスクを大きな箱で買いこんだりしていました。結局、メグんちに滞在中、ずっと私もメグも咳をし続けていました。これは、本当にピンチ、窮地、最悪でした。メグは新しい仕事を始めることになっていて、もうすぐ7か月の赤ちゃんは保育園に入ることになっていたから、もし赤ちゃんにうつったら、どうなることかという心配もありました。

この咳は私がメグんちを離れてもなお、メグは引き続き、患っていたようです。どうやら私もメグも病院に行かないで済んだのが、不幸中の幸いでした。今風(若者風)に言えば、これはかなりヤバかったのでした。

痛恨のトラブル、その二。JRパスの件

在留証明書。これがないとジャパン・レール・パス というものは使えない。その前に、これがないと、ジャパン・レール・パスを入手するための引換券が買えない。これについては、二転三転。

このあと、17項目に及ぶ長い長い「痛恨のトラブルその二」の記事を明け方6時前から2時間ぐらいかけて寝床で書いたけど、アイパッドの操作ミスで、一瞬にして消えてしまいました。よって、とりあえずここで送信して、この続きは次回に。次回はこの記事よりももっと長くなるので、時間のない方は読まないほうがいいと思います。

[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/27203065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by agsmatters05 | 2018-04-17 15:39 | Trackback | Comments(0)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。