ブログトップ

紅茶国C村の日々

スタティン、ブリッジ、TPS

今日は昨日とちがい全然喜ばしいことがなかった日。何にも書くことがなかった日。つまらなかった日。だから、よっぽど、ここに記事を書かないほうがまし、とおもうのですが、なぜ今日は記事を更新しないのか?と思う方がいるかもしれないと思うと、

谷川俊太郎みたいに、「何も書くことはない、と書かねばならない」・・・・と書こうかしらなどと思って、ここにきました。

1)午前中、先週の金曜日に受けた血液検査の結果を聞きにウイットチャーチ診療所に行ってきた。本当は電話で問い合わせてもいいのだけれど、スタティンという薬をもらう必要もあったので、のこのこと7,8分運転していった隣村。

コレストロールは6に下がっているとのこと。5以下が正常値。ただし善玉コレステロール(HDL?)がプラス2と上がっているという医師のコメント。(を、受付の人がコンピューター画面を見て読み上げてくれた。)ちょっと安心。でも相変わらずスタティンは毎日一錠ずつ飲み続けるよてい。2月19日にわがGP(登録医)が私の携帯に電話をしてくださるとのこと。ふう、気の長い話だこと。

e0010856_10204833.jpg


紅茶国の NHS(ナショナルヘルスサービス)のおかげで、無料で薬をいただける。もっともこのために高い税金もずっと払わされてきてのだけれど。

2) 午後、ドレイトン・パーズロー村でブリッジ。今日はポールとペアで。最初にデーンとミスをやらかして、マイナス200点の痛手からずうっと回復できないまま、終わってしまった。結果は12組中の6位、50.89%だった。50%以上ならよしとするかどうか。ポールはいつもしゃべり続けているので、ゲームに余り集中できない。

e0010856_10325247.jpg


今日の戦果というより、失敗の記録。私は8回親をして、45%。ポールは2回だけプレイして(親をして)66%。ビッディングも含めていろいろ間違い(エラー)だらけ。後悔先に立たず。

3)
夜はトリング村の TPS という学校へ行った。7時~8時半まで。だけど、今夜はリンちゃんが先輩のダンスの振り付けを手伝わないと行けないからと言って、とうとう最後まで来なかった。まあ、りんちゃんの日本語は問題ないからいいのだけれど。 クレちゃんには漢字をもっと覚えてもらわなければならない。 この学校でことしGCSEを受けるのは二人だけ。 口頭試験は5月1日となった。(ちなみに、今年のGCSE、読解と聞き取りは5月21日(火)、筆記は25日(金)。

e0010856_10431031.jpg


この(↑)写真は、グーグル画像から アニマル アイ (動物の目)という検索語で出てきた画像。リンちゃんやクレちゃんたちの学年がアート(美術)の科目でやっている課題の一つ(動物の目を描くこと)に取り組んでいるなかで、りんちゃんはこの鳥だか、魚だかわからない生き物の目の写真が気に入り、これの模写をしたいのだそうだ。リンちゃんは去年9月に日本からやってきた女の子。日本の中学校は卒業したけれど、こちらの中学(Year 10,GCSEを受ける学年)に編入しているので、この美術も避けられない。やらんならんことがいっぱいあるけど、先に進めなくてもどかしい。とにかく英語の力をつけてもらわなければならないのだけれど、これが本当に大変。難儀している。とにかく「頑張って」としか言えない状況。

語学は大変だ。わがウウちゃんももうすぐプライマリー(小学校)へ行く予定。そのときこの言葉のギャップにどんな対応をして見せてくれるのか、とても気になるところ。
[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/26783481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by agsmatters05 | 2018-01-27 11:07 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(0)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。