ブログトップ

紅茶国C村の日々

28(木)待ちに待ったブリッジと、悪天候。

今さらくり返す必要もないでしょうけど、ブリッジとは、トランプのゲームのことです。コントラクト・ブリッジとか、デュープリケート・ブリッジと呼ばれています。ゲームと言っても、一人でコンピューター相手にするゲームではなくて、 こんなふうに(↓)

e0010856_105029100.jpg


4人が一つのテーブルを囲み、会場によっては30も40もテーブルが並ぶ場所もあれば、ちいさな集会所のクラブでは5から7つのテーブルで20人から28人が集まってプレイ(競技)するわけです。

e0010856_11125100.jpg

(これ↑は日本の横浜のブリッジ・センター、2017年9月に撮影したもの)

セブン・ブリッジに似ているけれど、「コントラクト・ブリッジ」の言葉に表されているように、コントラクト、つまり パートナーと自分との間で取り札の数を契約しておくので、勝敗が手札のいい、悪いという偶然に左右されにくいゲームになっています。

とまあ、この複雑なゲームの説明を始めたら、とてもここだけでは書ききれないので、ウイキ様に行ってください、というしかないです。 コントラクト・ブリッジ (Wikipedia)

E街でウウちゃんのお世話をしていた時は、時間帯が合わなくて、このゲームを割愛せざるを得ませんでした。ウウちゃんのお世話が不要になった今週から 次にお呼びがかかるまで、この競技を楽しませてもらう時間ができました。

たかがブリッジ、されどブリッジです。勝ってうれしい花一匁。負けて悔しい花一匁の世界。
よく It's only a game. と言って勝っても負けても笑い飛ばし合うわけですが。

ここ
で書いた誕生日の日の特別パートナーになってくれたウォルター(あの夜はトップになれた。)と、今夜も組むことができました。

ウォルターはなぜか木曜夜と金曜昼(午後)を交互にプレイしたいというので、私はそれに合わせるのがたいへんなんだけど、大事なパートナーなので、都合をつけて組ませてもらっています。

e0010856_111156100.jpg


この夜にドレイトン&パーズローという村のスポーツホールの一角(一部屋、集会所)でプレイする約束は、セガが日本行きの切符を買った時からまもなく、ウォールターにメールして予約しておきました。

待ちに待ったブリッジでした。

ところが、ところが・・・・・

e0010856_11181689.jpg


これ(↑)はグーグルイメージ画像集からお借りしました。

ほとんど昼間ずっと台所で過ごした今日の私。シェパーズ・パイを作って、付け合わせ野菜を用意して、あれやこれやの洗い物をして、テーブルをセットしてと、晩餐の用意をして、いざ出来上がった時は何も食べずにさようなら、でした。

それというのも、テレビのニュースが警告しているように、紅茶国中が悪天候で、どことかの飛行場は閉鎖されたとか、とにかく運転は危ない!という報道が一日中繰り返されていました。

晩餐会のメンバー(ルイちゃん一家)も、危ないよとあきれるばかり。

その反対を押しきって出かけていったブリッジ。

いつもより30分以上早く出て、そろりそろりと歩くスピード(てのは大げさだけど)、ほそ時速20マイル、30KMぐらいで運転しました。いつものカーブの多い田舎道はやめて、遠回りだけどまっすぐに運転できる別ルートででかけました。本当に怖かったです。

C村は特に凍結が進んでいて、歩いてもつるつる状態でした。何とか無事に会場にたどり着き、無事にゲームを終えることができました。ゲームを終えることよりも、無事に会場に出かけて行って、無事にC村に戻れるかどうか、そのことのほうがよっぽど大事な夜でした。

帰り道、10時過ぎ。もちろん真っ暗闇の田舎道。ステュークリーという村からウイングという村を目指して運転しました。途中で側溝に完全にひっくり返って斜めに突っ立っている車がいました。その反対側に、明かりをつけたまま(こっちをむいて)車がもう一台停まっていて、中から人が懐中電灯をもって外に出て、反対側のひっくり返っている車のほうへ歩いていくのが見えました。何しろ真っ暗闇の田舎道。私は、こわごわ時速30KM(ということは、1分間に500メートル進むぐらいの早さということ)でノロノロ運転していたのですが、こういう凍りみちでブレーキを踏むのは怖いし、とにかく私も無事に家にもどれるかどうかが保証されてもいないので、申し訳ないけど、車を停めて、ひっくり返った車の中をのぞいて、もしかしたら、怪我もしくは気絶、もしくは亡くなっていたかもしれないドライバーを助けてあげることができませんでした。気が咎めたのはもちろんのことでした。じぶんだけ助かりたかった冷たいわたしでした。ごめんなさい。
[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/26363645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 大崎繁子 at 2017-12-29 20:04 x
無事に往復できたこと、良かったですね~
私は怖がりだから、道が凍っている時は運転しません。
神戸は坂道が多いので、緩やかな坂でも、怖いですよ。
ミチさん、もう歳ですから危険に近寄らないでね。
Commented by agsmatters05 at 2017-12-30 09:16
はあい、繁子さん、
ありがとうございます。
年をとると、怖いものが増えてくるような気がします。
今回は別ルートを選んだのがよかったみたいです。
遠回りでもまっすぐの道で、ほぼ平らな道があったことに気付いてよかったです。
冬の夜の凍った道なんか運転しないのがベストですよね。
そのうちにおとなしく、あきらめることも上手になれるかも、、です(笑)。
by agsmatters05 | 2017-12-29 11:52 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(2)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。