ブログトップ

紅茶国C村の日々

グランマの日々(その2)

グランマ業は、作業中はブログはできません。
この週末、孫姫は両親が長期出張から二人ともぶじ帰宅したので、グランマはC村にもどって一休みさせてもらっています。

よってカメラをひもどいてみました。

e0010856_6271116.jpg
これ(↑)は、家から歩いて5,6分のところ。幼稚園の送迎バスがストップするところ。朝は9時20分までに、午後は3時10分までにここに行く。それが日課。

登園のバスを見送る祖母となり。


e0010856_628079.jpg
ロンドン西郊、E街界隈は、日本人がいっぱい住んでいるところで、道を歩くたびに黒髪の日本人を大勢見かけます。別世界といえば、そうもいえるかも。日系の食品を売るお店も多くて、食生活が様変わりする気配を感じています。
とてもきれいな家が立っています。高そう。

e0010856_6283665.jpg
これ(↑)は、ちょっと前に撮った写真ですが、この界隈、樹木が秋のお化粧に精出しています。
e0010856_6334556.jpg
これ(↑孫姫ちゃん。)は、また別の時、別の場所、つまりC村に孫姫を連れてきて、新装なった遊び場(プレイグラウンド)のスイング(ブランコ)で遊ぶううちゃん。
[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/26142379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mittyan-buhibuhi at 2017-10-31 20:34
ほんと、高価そうな素敵なおウチですねぇ。
おっしゃれ(o^^o)

孫ちゃん、バァバとちゃんとお留守番できて、お利口さんですねぇ。
泣いて、バァバを困らせるとかないんでしょうね。
Commented by agsmatters05 at 2017-11-01 03:20
小夏ばあちゃん、
きれいな白黒の家、建てられたのはおそらくビクトリア朝じゃないかと思われます。こういう家は金持ちの人(一家)が住むというよりは、たぶん、中は各部屋ごとにアパート(フラット)になっていて、多人数が住んでいて、家主は高い賃貸料をまとめてごっそり収入源にして郊外の邸宅で遊んで暮らすという感じなのではないかとおもわれます。税金がすごく高いので、そういう風にしないとこういう持ち家に自分たちだけでふつうに住むということはできないようです。どちらにしても、庶民には縁遠い話ですが。

マゴマゴちゃんは、ばあば(グランマ)の顔を見ると大大大好きなママがいなくなる合図だとわかるので、顔を曇らせる、ぐずる、怒る、喜ばない、すねる時もあります。生まれて5年目から突然の祖母役をやらせてくれません(笑)。幼稚園の降園バスのお迎えに遅れてしまい、「グランマ大嫌い!」と言われてしまいました。返す言葉につまりました。まだまだ修行が足りないグランマ業です。でもね、シンデレラの王子さま役をやらせてくれましたよ。「シンデレラ、僕と結婚してください!」というセリフもちゃんと言えたグランマでした。二人でダンスを踊った時はとても楽しかったわ。
Commented by marri at 2017-11-14 12:12 x
ばぁば業、忙しく楽しそう!
5歳くらいから、おぼろげに記憶が入ってくるのかな?大切な時期ね。
キャリアウーマンのママかな!異国の地にても超多忙の様子。頑張ってますね。
少々のしわ寄せ、じゃなくって大きな大切なサポート、有りがたい、無くてはならない、ばぁばちゃんよ!
我が子の時より密度の濃い婆孫関係になるかも!ガンバレ!
Commented by agsmatters05 at 2017-11-18 05:13
Marriさん、
コメントいただいたまま、お返事もせず、ブログに書き込みもできず、ごめん、ごめん、ごめんなさいね。
グランマ業、してる時も、してない時も、いろいろあって、ブログに近づけませんでした。(悔)

そうなんです。キャリアウーマンの孫姫のママはもうすぐ日本へ戻らないといけないので、来週から本格的にグランマ業、再開です。
これからは、写真一枚だけでも日々の更新をしていこうかなって、考えてますので、4649。^_^
by agsmatters05 | 2017-10-31 07:13 | 家族のこと | Trackback | Comments(4)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。