ブログトップ

紅茶国C村の日々

パパ怒りすぎ。

「ファミリー思い出作り」の話の続き、をもう一つ。

これ(↓)は、出発前の写真でした。6月25日午後4時54分に撮影したもの。
e0010856_6451278.jpg


セガちゃん一家を見送って、ヒースローの駐車場に戻って、これから空港を離れるときにとったものが、これ(↓)でした。(ここからC村の家までは、約75キロほどあるけれど。)
e0010856_9132595.jpg


ということは、80005-79497=508マイル (812.8キロ)。これが 6月25日(土)から29日(水)のあしかけ5日間、セガ&アコ+マゴマゴちゃんの3人を紅茶国に迎えて、あっちこっち走り回った走行距離数でした。


それが多いか少ないかの問題じゃないのですが、この5日間に当然 79500マイルも、79797マイルも、79900マイルもあったわけで、運転中けっこうマイレージが気になってました。29日の朝、ハイウイカムのホテルからヒースロー空港へ3人を乗せて走っている途中で、あれはM40だったか、M4だったか、とにかく高速道路を走行中にこう(↓)

e0010856_9233915.jpg


なったり、こう(↓)
e0010856_924385.jpg


なったりするタイミングも当然ありました。これらは3車線高速道路のはじっこ、4車線目の路肩風のスペースにとめて撮ったものですが、数枚(いやもっとかな)は、実はあぶない、あぶない走行中に片手でアイフォンをパチパチしたりしたものもありました。

というのはまったく私の運転作法、技術、マナーの問題で、助手席のセガちゃんはこれがご不満。
e0010856_10143684.jpg

朝早かったので、こんな(↑)感じの場所を走っていたときに撮ったのが上の2枚、しかも上の2枚はちゃんと車を停めて撮りました。(走行中に撮ったのは、全部ピンボケだった。)

e0010856_93640100.jpg


これ(↑)はヒースローでさよならをしてから、空港を後にしたときのもの。
セガちゃん一家と別れて今、思い出し笑いを何度もしていることがあるんです。

隣の助手席のセガちゃんが、老母ドライバーの私を助けて、ずっといいろいろ指示を出してくれていたのですが、指示するだけじゃなくて、「ほらまた車線がちがってる!」とか、「後ろ、来てるよ!」とか、「路肩に乗り上げそうで、怖いよ」とか、指示以上にお小言がいっぱいだったのです。あぶなっかしい老母の運転に腹が立って、腹が立って、なのでした。これが親子というものでしょうか。

ところがそれを私の後ろのチャイルド・カーシートに座って聞いていたマゴマゴちゃんが、ついにたまりかねたかのように、声をはりあげて、「パパ、おこりすぎ!」って。

これには、セガちゃんもすぐに返す言葉が見つからないみたいでした。

私? 胸のつかえがすっと取れた気がしました。まさか、まさか3歳半のマゴマゴちゃんからこんな風に助け舟が出してもらえるなんて、思ってもいませんでした。セガちゃんに怒られると私はいつも低姿勢で、ごめん、ごめんとひらあやまりをするクセがあったのですが、この時はマゴマゴちゃんの一言に感動してしまいました。

e0010856_9532686.jpg


とにかく無事ショーファーをつとめ終えて、3人に紅茶国を楽しんでもらえたようで、事故もなく、怪我もなく、ファミリーのいい思い出作りができましたので、笑い話の一つとして書かせてもらいました。
[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/24501465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by konatum at 2016-07-03 22:05
想像して、笑ってしまいましたよ。
可愛いですね〜。
Commented by agsmatters05 at 2016-07-04 00:26
小夏さんへ、

びっくりしましたよ。
まさかの一言。

これからどうか、セガちゃんがすこし老母にやさしくしてくれますように。
by agsmatters05 | 2016-07-03 10:22 | Trackback | Comments(2)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31