ブログトップ

紅茶国C村の日々

夜な夜なゲーム、3月第2週

また一週間が終わりました。

いつもは金曜の夜 MKBC (BCとはブリッジ・クラブのこと)へ行くのに、
最近は午後3時半から6時までやっているマーズリー村の集会所へ行くようになった。

e0010856_5375993.jpg


木曜のリトル・ホーウッド村と、金曜の午後のマーズリー村のブリッジ会場は、もとジュニア選手権で紅茶国の代表にもなったげなアビーさん(といってもすでに2児の母親なのですが)の主催する、いわば個人主催のブリッジ・クラブです。村の集会所で、テーブルや椅子は備えつけ。でもビッディング・ボックスや、コンピューターや、その他もろもろの小道具は、アビーさんが自分で車で運びこんでいました。ちょっと早く行ったので、今日は場所の設営のおてつだいをしました。お年寄りが多いので、折り畳みのテーブルや重い椅子を倉庫から運んでくるのもみんなで手分け作業でした。というわけで今週の成績。

3月7日(月)(SMBC) (SMBC 49.11% 11/20 全体、パートナーAC)
 8日(火) 60.80% (AVBC  1/9pairs N/Sのみ. マスターポイント 30点、パートナーKS)
  9日(水) 44.05% (WBC  8/11 全体、パートナーKS)
 10日(木) 53.64% (ASBC, 2/12 E/W のみ、マスターポイント 30点、パートナーAC)
  11日(金) 55.56% (ASBC, 2/8 N/S のみ、マスターポイント 20点、パートナーKS)

一週間で5試合中、3試合で上位に食い込み、合計80点のマスターポイントをもらったのは、ちょっといいニュースと言えるでしょうか。でも、いろいろなことがありました。月曜日はプレイの途中でパートナーが具合が悪くなり、最後の3ゲーム(1テーブル)を棄権して、すべてが終わる前に会場を引き上げました。この夜のパートナーは、花粉症が突如始まったような症状で苦しんでいたあと、トイレで嘔吐、食あたりかもと言っていました。そういえばこの頃わがG男子校でも食あたり(food bug)が大流行りでクラスの3分の一が休んだと生徒が言っていたほどでした。

火曜日はちょっと乗り気でなさげなパートナーと組んで、「カード=手札」を握れば目が覚めるデショ」と激励したのが功を奏したのか、パートナーの好プレーで思いがけないトップ。

同じパートナーが水曜日には、なぜか不調で、ビッディングも合わず、結果もボトムから4番目。

木曜日。月曜日の病を克服したパートナーが、シム・ペア―(Simultaneous Pairs)と呼ばれる全国一斉のハンド(手札)を使う試合で、一躍復帰。いくつかの Regret (悔い)や失敗、勘違い、思惑外れはこのゲームにはツキものだけど、結果が良ければ気分も上向き。

e0010856_8254948.jpg

ブリッジ・プレーヤーは年をとらないって。ただ札をめくるのがゆっくりになるだけ、だって(笑)。

e0010856_8292888.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/24212391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 異人館 at 2016-03-12 19:36 x
マグカップの文言‼︎思わずその通りとうなづきました。四年前、当時NECがスポンサーの大会BIGLOBE(今はパシフィコシリーズ)に、地方から選ばれたおじいさまのペアに選んでもらい参加しました。冒頭香港のプロと当たり、途中英国の一番若い女性プロと当たり、エリザベス女王の長い即位記念などを話しました。何だかその人ではないかなぁ〜と今回のプログを拝見して勝手に思いました。あっ、結果はやはり聞かないでくださいね。

それにしても、マスターポイントの点数の多さにもうビックリです。ウィークリーで一位をとっても1点にもならず、ペア数が少なければ4位なんて、0,04ポイントなんて時も有ります。私のポイントなんて、雀の涙どころかミミズや蟻の涙にもなりませんの。

紅茶国でマジ、本当にブリッジしてみたいです。ポイント目的では無く、生活の中に柔らかく何気なく、気負わず心からブリッジ楽しんでらっしゃる貴女や、紅茶国の様子に憧れ募ります。ハイ。
Commented by agsmatters05 at 2016-03-13 07:00
異人館さん、
4年前の香港での大会、ですか。ちょっと違う人かもですね。お子さんの年齢から推測して、、、ですが。アビーさんはとっても小柄な人ですが。。。
日本のマスターポイントはどういう風になっているのかわかりませんが、こちらでも、それを目標にしてこのゲームをするのはちょっと違うかも、です。もちろんポイントが増えるのはなんとなく喜ばしいけど、たとえばレベルの高いBCと低いBCがあって、どっちへ行くかという時にレベルの低いほうへ行けば上位に入れてポイントがもらえるかも、という気にはあまりなりませんねえ。それに、これ(マスターポイント)をもらってどうする?どうなる?といって、どこかに冗談で書きましたが、棺の中に持って行くわけにもいかないものですし、、、(笑)。と言いながらも、ロンドンあたりの大きな会場で行われるイベントに出て、ちょっと上位に食い込めたら、ふだんの20点や30点どころじゃない大量のポイントがもらえるらしいのですよ。ときくと、おいしそう、って言うのは矛盾してますか(笑)。一緒に行ってみませんか、そういうのに(笑)?
Commented by 異人館 at 2016-03-13 10:13 x
マスターポイントはコレステロールと同じ。とよく上級者の方々に言われます。マスターポイントより、レッドポイント取りなさいと。うーん、私にはよくわから無いのです。ポイントは結果についてくる、グリコのオマケと思います。

私のクラブの上級者の方々はマスターポイントは関係ないと言いながら、さりげなくポイントが低い私は、人間も低く見られがちなのです。このポイント下克上かどうも苦手な私でございます。(笑)
ポイントや結果云々ではなく、パートナーと気持ちを一つに、なるべく正しいビットやプレイが出来きるようになれればと、そういう日が続くよう何とか続けています。
先の大会は、香港ではなく、横浜のヨットの形をしたホテル、インターコンティネンタルの横にある、パシフィコホールで、年に一回開かれる世界大会です。連れて行って下さったおじいさまはもうクラブを引退なさったのですが、とても良い思い出になっています。

コントラクトブリッジが出来るだけで、世界中の人達と瞬時に誰とでも時を共に楽しめる。これこそ醍醐味と思い、踏まれ蹴られても(笑)続けますね。だって私にはもう一つの野望(笑)、紅茶国のC村近くまで行き、ブリッジする日を夢見ているのですから。
Commented by agsmatters05 at 2016-03-14 00:47
異人館さん、
グリコのおまけ! コレクターにはたまらないもの。
素人にはあってもなくてもいいもの。(笑)
コレステロールには善玉と悪玉があるそうな。
さてマスターポイントはどっち?
レッドポイントって?
日本のポイントとイギリスのとは、同じでしょうか?
違うかな。
テーブルマネーから一人当たりいくらという勘定で EBU(イギリスブリッジ連盟)が配ってくれると理解しているのですが、まあテーブルマネーを払った割合に応じてもらえるものでもないから、名誉ではあっても、実際に何かの役に立つものでは決してないですね。誰が何点もってるなんてこと、話し合うことはまれですから。ゴルフのハンディのようなものと言えばいいのかな。ゴルフは全然したことないのですが。あ、海岸の街へ行くと遊技場とかがあって、ミニゴルフします。あれ面白い。(何の話やら、脱線続きでごめんなさい。)
異人館さん、野望とか、野心とかいわないで、気軽に考えて、さっさとチャンスを作ってください。
Where there is a will, there is a way.
by agsmatters05 | 2016-03-12 08:30 | Trackback | Comments(4)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31