ブログトップ

紅茶国C村の日々

最近のアルバムから(その一、食事編)

先週一週間、忙しくて、ブログの投稿ができませんでした。時間軸を追って出来事を書きたい気持ちもあるのですが、あえて今回は写真中心に先週のことをふりかえってみようとおもいます。

クリームチーズ: これは日曜日(2月7日)の夜作ったもの。今回はうまくいきました。オーブンに入れるとき土台となるところへお湯を入れるということを、前回はしなかったのが表面が焦げた理由。これって、前回もかきましたが、材料は3っつだけ。ホワイトチョコレートと、卵と、クリームチーズのみ。ちょっとはまりかけています。
これの作り方は こちら。
e0010856_9334571.jpg


玉ねぎと豆腐のクタクタ煮。これは「18番」ぽいもの。玉ねぎと豆腐をただぐつぐつ煮るだけ。味付けはほとんど醤油をちょっとたらす程度。みりんだの、お酒だの、だしの素だのをなにも入れなくても、おいしくできます。たしかオリジナルは今を時めく野菜料理家の庄司いずみさんのブログに載っていたもの。何もないときに、玉ねぎと豆腐だけで作れるおかずで、これだけでおやつ代わりにもしてしまうような(うすい)味付けでも美味しいですよ。
e0010856_9351761.jpg


マークス&スペンサーのアフタヌーン・ティー:これは2月10日(水)、日本から来られた二人の数学の先生がたをA市の街中で、余った時間にお連れしたもの。
e0010856_9501261.jpg


セントラル・パーク・ホテルのブレックファースト: ロンドンはW2地区。ホテルがいっぱいのところ。2月11日(木)の夜、一泊して、翌朝(12日、金曜)にいただきました。
e0010856_9513423.jpg


ウエストミンスター・スクールのランチ(2枚とも):さっすがウエストミンスター校。聞きしに勝るというか、驚きがいっぱいの超一流のエリート養成校、1000年近い歴史を持つ、超裕福でハイクラスの学校の昼ごはんをいただきました。高級レストラン並みのメニューやお味でした。手前のトレイの大きなお皿にのっている舟のようなのは、白身のお魚をパイ皮で包んだもの。いいお味でした。
e0010856_95324.jpg

e0010856_9543579.jpg


フォトナム・メイソンの羊肉のシェパーズ・パイ:これは 2月13日(土)。ワケあって木、金、土の三日間、ロンドンを歩き回ったのですが、その三日目。お二人の日本から調査に来られた女性数学、研究者と一緒に、いっぱいおしゃべりをしながら、3コースのフルセットでお食事をごちそうになってしまいました。普通、シェパーズ・パイと言えばビーフの挽肉を使うのが通り相場ですが、これは羊のすね肉を、それはそれは柔らかく煮込んだものがマッシュポテトの下に入っていました。柔らかく煮てあったので、美味しかったです。ちょっとトマト味が効きすぎていたような気もしましたが。でも、完食しました。4時過ぎから食べ始めて7時ごろまで、ゆっくりとフルコースをいただきました。
e0010856_9562081.jpg


フォトナム・メイソンのデザート:チョコレート味のスポンジケーキだったけど、ケーキの中にとろりととろけるチョコムースのようなものがはいっていました。おなか一杯だったけど、これも全部完食でした。
e0010856_102134.jpg


どうしてロンドンに三日間も?ということを、後から記事にしようと思います。FBではすでにちょっとアップしたのですが、ひどい盗難に遭われたことを、「拡散」しなければ、こういう犯罪はいつまでも続くような気がしますし、特に、特に、日本からの旅行者がすっかり狙われていることなので、胸が痛みます。

以上、最近のアルバム(その一)は、食べ物の写真ばかりでした。
[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/24148070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 異人館 at 2016-02-20 09:05 x
もう、どれもこれも素敵な写真ばかりです。素敵過ぎます‼︎
Commented by agsmatters05 at 2016-02-20 09:18
でしょうか?
一番上2枚は手作りで、下手な写真ですが、味はいけます(笑)。
あとは、栄養的には下から3枚目、お盆に載ったフルコースものが味が良くて、食事としておすすめできますが、一般公開されてないからあいにくですねえ。アフタヌーンティーは栄養的に偏っていて、ちょっと罪悪感を伴いながら食べるんです。(笑)
Commented by konatum at 2016-02-20 14:21
美味しそう〜♪( ´▽`)

すぐにできるものは、玉ねぎと豆腐の料理。
玉ねぎの甘みが調味料の役目ですかね。
やってみますね。
Commented by agsmatters05 at 2016-02-21 04:08
小夏さん、
庄司いずみさんのメニューです。
何でも、鍋に玉ねぎと豆腐と、ちょっとだけ油と適当な量の醤油を入れて、ササッと混ぜてから、ぐつぐつと煮込むだけ。20~30分、あるいはもっとかな。玉ねぎが柔らかくなるまで、蓋をして、焦がさないことだけ注意して、中火から弱火にかけておくだけ、という料理です。豆腐から水分が出るので、水は使わなくても焦げないです(火が強すぎなければ)。正式にはいずみさんのblogに行ってもらうほうがいいのですが。とにかく、これがおいしいのです。もちろん砂糖なんてゼロ。それでも、甘くておいしい。醤油の量は味を見ながら決めてもいいと思います。お試しあれ。
by agsmatters05 | 2016-02-18 12:07 | Trackback | Comments(4)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31