ブログトップ

紅茶国C村の日々

ある日のウイードン(2016年2月3日)

この記事は、週末に書いておきました。先週の水曜日のこと。

水曜日は午後から一コマだけ。午前中ちょっとゆっくりできる日。
快晴とまでは行かなかったけれど、多少の青空がみえたし、時間があったしというわけで、
いつものウイードン(見晴らしの丘)で一人撮影会をしました。

e0010856_6111386.jpg


まずは車を停めて、(外は寒いので)車の中からカシャ、カシャ。
e0010856_614668.jpg


すると遠くにいた一匹の「人懐っこい」短足のお馬さんが私に興味を示してわざわざ近づいてきてくれました。
e0010856_6153281.jpg


これはこれは、というわけで、私も車の外に出て、お馬のモデルを激写↓(笑)。
e0010856_6173230.jpg


あとは、マーヒーさんが教えてくれた「Long and Winding Road」(ポール・マッカートニーの)の歌にふさわしい景色を車の中からパチリ(↓)。
e0010856_6201833.jpg


この歌は、長くて曲がりくねっている道が、あなたの住む家のドアへ続いている」というところが ミソだと思うんだけれど、この「あなた」って誰よ、というのが面白いところ。誰でもいい、というよりは、人は誰でもこの言葉を聞いて、人それぞれに思い浮かべる{あなた」がきっといるもの。「あなた」という言葉を使うだけで、恋の歌にすることができるってわけね。(笑)

e0010856_6255325.jpg


まだまだ油断できませんけど(って道路凍結のこと、寒の戻りのこと)、節分、立春が過ぎると確かに、陽射しも気温も何もかも、あたりが春めいてきますよね。多分日本もイギリスも。

あと一週間で、春学期の中間休み(ハーフターム)です。2月13日(土)から21日(日)まで学校はや、す、み。
[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/24116405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 異人館 at 2016-02-10 07:48 x
まだ寒くても、春を待つ英国の風景。日本も景色は違えど同じですね。冬来りなば春遠からじ。私も春が待ち遠しいです。特に午年の私としては、お馬さんの写真に思わずいななきましたぁ。
Commented by konatum at 2016-02-10 08:31
この風景で思い出しました。
今、刑事フォイルっていう紅茶国のドラマを見ているのですが、
森中に、ミチさんが毎年見せてくれるあのブルーベルが咲いてました。
もう直ぐ、その時期ですよね、今年もお願いします(o^^o)
Commented by agsmatters05 at 2016-02-10 08:46
異人館さん、
あれ、午年でしたか。ということは・・・?なんてね。
以前、このブログにずっとコメントくださってたmarriさんという方、福山市にお住まいで「マリーあんころネットの部屋」というエキサイトブログを書いていた方、あるときからすっかり静かに(笑)なってしまわれて、ご健康も気遣われるのですが、その彼女も午年でした。そして私の長男、ブログではセガと呼んでいますが(セガレという言葉からきているみたい、って他人事みたいに言ってますが、どなたかのまねをしてそう呼ぶようになったのですが)このセガも午年なんです。ということは・・・というのはさておいて、過去ログで何度か馬の写真を載せたんですが、それでは今度お馬さんに行き会ったら、お仲間(!?)ということで写真をアップでとってみましょうかねえ。(笑)
Commented by agsmatters05 at 2016-02-10 08:49
それにしても、marri さん、おおい、あんころネットのmarriさあああん?忘れてないよ。どうしてるのかなあ???? 元気でいてね。
Commented by agsmatters05 at 2016-02-10 08:53
小夏さん、
刑事フォイル、聞いたことあるけど、見たことないのよ。
でも、ブルーベルはしっかりと「私のお気に入り」に登録してあるから、今年もその時期が来たら、一人撮影会行ってくるけんね。
とりあえず、今は水仙。これも、見事よ。これからどんどん花が楽しみな時期になっていくのよね。小夏さんも忙しくなる!(笑)
Commented by konatum at 2016-02-10 10:33
マリさん、私も心配してます。
by agsmatters05 | 2016-02-09 09:07 | Trackback | Comments(6)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31