ブログトップ

紅茶国C村の日々

夕暮れ、ほおずき、くれなずみ。(わたしのお気に入り)


夜がなかなかやってこない日々。11時ごろ ブリッジ競技会を終えて帰宅する田舎道の空はまだ白々と蒼いのです。こちら(↓)の写真はC村のサンセット・フォトグラファー(って、誰よ。笑)のもの。
e0010856_06025736.jpg
6月5日の夜9時過ぎに撮ってました。
e0010856_06020590.jpg
これ(↓)は6月4日の夕方7時半ごろ。プリンセス・リズボローという村の集会所の窓から。
e0010856_06001833.jpg
人口密度のひくいこの国では各村の集会所近辺には、こんな広いクリケット場、サッカーグラウンドがつきもので、この季節は夜遅くまで戸外でスポーツができます。せっかくカメラに入ってきた景色。ここに載せなんだら、森の中で音たてて倒れた木と同じ。存在ゼロ。
060.gif

061.gif

071.gif

さてここで、がらっと話題を飛ばしまして。
e0010856_01113481.jpg
子供の頃よく中味をほじくりだして、ピーピー鳴らしたものでした。プープーというか、パプパプというか、あの手作りのほおずきの口笛音をなんと表現したらいいのでしょう?シーねえちゃん、四女のよゆうのよっちゃん、ヘルプ ミー!
あのほおずきがタネごとまるまる食べられるなんて、びっくり。
e0010856_01120118.jpg
Lidel (リデール?)というドイツ系のスーパーで見つけました。コロンビア産だって。フィサリスと書いてありますねえ。グーグル画像はこちら。1.5ポンド(約250円)ぐらいでした。物珍しさに買ってみて、最初は食べるのに怖気づいていたのですが、ちょっとつまんで、なかなか乙な味でしたので、毎日2,3個ずつおつまみ風にして食しました。結構たくさん入っていて、かなり長くもちました。

ウイキ様によると
花の咲いた後に六角状の萼(がく)の部分が発達して果実を包み袋状になり、熟すとオレンジ色になる。食用や薬用としても知られているが、腹痛や堕胎作用があるために多用は禁物である。
ですって。どちらの(腹痛も堕胎も)心配も私には無用でしたけど、近ごろ私はハートがドキドキして困っています。ほおずきを食べたのが原因でないとすれば、なにが悪いのか、要注意、要検査と思ってます。血管に塊ができてたりして・・・やあですね、血管が崩壊したり、脳に血がいかなくなったりしたら、、、このブログどうなってしまうのでしょう???というのが、「クレナズミ」のゆえんでした。

そしてジンセーは続く(と思ってます。)


[PR]
トラックバックURL : https://agsmatters.exblog.jp/tb/22097280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by konatum at 2014-06-17 00:00
食べたことありますよ。
結構、美味しかった。食用ホウズキ、こちらでは、結構お高いです。

動悸ってやつですね。
でも、血圧、高くなかったでしょう、なら、大丈夫なんじゃないですか?
色んなことが、気になるお年頃ですよね、もちろん、私もです(⌒▽⌒)
Commented by agsmatters05 at 2014-06-17 09:47
心電図、コレステロールなどを検査してもらうことを考えてます。朝のうちはどうもないけど、午後とか夜に、やっぱり今もドッキンドッキンなんです。かすかなんですけどね、気になると余計大きくなって聞こえてくるんですよ。目下、警戒中。そのうちにきれいさっぱり消えてくれるのかどうかって、半信半疑。ようすを見てますの。最近食べたものでは、ほおずきと、バウニャカウダにたっぷり入れたニンニクなんです。なんでもないときにハートがドキドキしたら、晩酌のおいしいグラス一杯の赤ワインも飲む気にならなくなってしまいますしね。フム、困ったもんだわ・・・。
by agsmatters05 | 2014-06-13 15:30 | Trackback | Comments(2)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30