人気ブログランキング |
ブログトップ

紅茶国C村+E街の日々

その時

その時

さよならなんか言わない。
言えない。
言いたくもないし、
言えるわけもない。
もっと大事な時。
しめくくりの時。

ブログも、
ミクシー日記も、
その時はただの白紙。

生まれることと死ぬこと、つまり、イノチは
ヒトの勝手にできない、のだから。
与えられたものを
もときた世界にお返しする、だけ
だから。




# by agsmatters05 | 2019-04-09 09:20 | bad news/good news | Trackback | Comments(5)

ゴハン食べるひと!

勝手に載せさせてもらいます。
孫の話です。

メグの赤ちゃん、去年の4月から保育園に通い始めて丸1年。この4月からは1歳児クラスに上がったそうです。

ときどき、写真や動画をアップしてくれるので、ううチャンと同じく、写真フォルダーに行って、しょっちゅう眺めさせてもらっています。

そのうちの一枚。



e0010856_02124376.jpg

ここに動画を貼り付けられないので、↑ が最初の画面。

なんで泣いているのか、かなり激しく泣いているところです。
後ろの冷蔵庫かなんかに頭をぶっつけるかのようにして泣いています。

そのジョー君にメグ(母親)が大きな声で、
「ゴハン 食べる ひと!」
と叫ぶように言いました。

一度目はまだ泣き止まなかったんですが、

同じことを2度目に言われて、



e0010856_02134342.jpg

さっと右手を挙げて、「はい!」


ですって。もう何回見てもおかしくて、おかしくて・・・。



ついでにもう一つ。
孫のジョー君。自分で洟がかめるようになったという動画です。

メグママが「ちゆーんして」と言うと、気持ちだけ鼻に手を当てて、しゅーん、しゅーんとするのですが鼻水は全然出てこないみたい。乾いた鼻をかむ練習をしてました。

e0010856_02114623.jpg

ううチャンと私、これを見て大笑いしました。
だって、ううチャンは豪快に
お母さんが「はい、爆発して!」と言うと、ティッシュペーパーがあろうがなかろうがすごい勢いで鼻水を一気に押し出せるんです。ティッシューを用意してから爆発してね、と言うんですけど、待ってくれないときもあるほど。(笑)


ううチャンとジョー君の二人の写真フォルダーを眺めてはにやにやしているグランマの話でした。

# by agsmatters05 | 2019-04-05 08:58 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

いい季節になってきました。



あと1週間はC村で過ごします。
その後、来週はE街。

近所の景色です。

どうぞ。


e0010856_08321457.png


一斉に羊の子供たちが外へ出てくるみたいです。


羊たちは、物静かで、用心深いくせに好奇心も大あり。


e0010856_08331847.png

大きなお屋敷の庭に咲く花。その前の散歩道。



e0010856_08342405.jpg




上も下もほぼ同じ場所で撮りました。





e0010856_08361717.jpg



天気がいいと花の色も目立ちますね。




e0010856_08351858.jpg


女郎花、おみなえし、でしたっけ。





e0010856_08381054.jpg
   


一面に咲いてます。



e0010856_08543450.jpg



子羊たち(↓)も一斉に出てきます。




e0010856_08435813.jpg




ほぼ同じ場所でも、違う角度で。

どうってことのない写真と記事でした。






e0010856_08401392.jpg




でも四月の天気はあてにならない。
今日は天気予報通り、雨風激しくて、寒くて。









# by agsmatters05 | 2019-04-03 09:03 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(4)

C村3月、いつもの散歩道、プレバトランキングの4月馬鹿

もう3月、終わっちゃいましたね。今日から4月。
エイプリル・フールは空振りだったけど、今日はちょっと大きなニュースがありました。
以下、C村3月末の写真のあいまに、今日のニュースを載せておきます。



e0010856_02545273.jpg



上のクリスマス・ローズは 下のようなお屋敷の垣根越しに、黄色い〇の部分を大きく撮りなおしたもの。



e0010856_02560052.jpg



それにつけても R でしたか。M, T, S, H ときて、次の年号の頭文字は、Eじゃないかとか、Kだと思うとか、あてずっぽうに無駄な推測をしてましたけど、これで一件おさまりましたね。

ところが昨日から偶然ユーチューブで夏井いつき先生のインタビューや、テレビ番組に見はまってしまいました。

それで、こういうことになってしまいました。

時差 恨む
令和の朝は 
寝不足に

なんてったって海外から官房長官の新元号発表動画を見ようとしたら、みんな寝不足になりますよね。朝の4時ごろでしたもの。
もっとも、上のは季語がない! 凡人でも、駄作でも、作ってみたくなる気分にさせられた令和元年4月一日でした。(笑)



e0010856_02534800.jpg


時差ありて
令和のニュースを
聞く夜明け

(季語なし)



e0010856_02513971.jpg

令和てふ
世の始まりぬ
4月馬鹿




e0010856_02530258.jpg



それにしても夏井先生、気持ちよく俳句の添削をしておみごとですね。
プレバト・ランキング!
ユーチューブで、何時間もまとめて見はまってしまいました。




e0010856_02500894.jpg


朝ぼらけ
インターネットで 知る
令和



e0010856_02505684.jpg




# by agsmatters05 | 2019-04-02 11:45 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(2)

ううちゃんあれこれ

これはまとめ書き、しかもちょっと前のこと。
3月10日から22日までの2週間、ううチャン一家をサポートするために、E街に滞在したグランマでした。
その間、ブリッジも結構やりました(やれました)けど、ううチャンにまつわる話を記しておこうとおもいます。


(1)月曜日(18日)お遊び会 プレイ-デイト

ううチャンはふだんは放課後、学校で学童保育みたいな「ニコレッタのクラブ」と呼ばれる講堂へ移動するのですが、あるとき話がまとまって、お友達に家に来てもらって一緒に遊ぶ「お遊び会」(英語でプレイ・デイトとかいうらしい。)を開くことになりました。

ううチャンが通う学校には全校生(多分400人ほどの児童がいると思うのですが)の中で、30名以上の日本人の子供がいます。半分ぐらいは国際結婚した家庭の子供たち(?)残りは仕事上駐在している家族の子供たちみたいです。

ううチャンの学年(Year1、6歳児)は二クラスあって、両方で女の子ばかり5人日本人です。(そのうち二人はパパがイギリス人。)
この5人がみんなこの日、ううチャンの家で一緒に遊べるというので、ううチャンも大喜び。
兄弟姉妹も加えて、お母さんたちも入れると、全部で14,5人が集まる予定でした。


許可をいただいてないのに、載せさせていただいてしまいます。だって、お顔に星印とか塗りつぶしとか、なんだかその方が失礼な気がするので。


e0010856_10014285.jpg



仲良く遊んだり、泣きっこしたり、けんかはなくても、遊び方がそれぞれいろいろでウマの合う子、合わない子もいたみたいです。

そしてこのイベントは、どうやら夕ご飯付きというのが恒例となっているのだそうで、そうと決まったからには何かを作る必要がありました。前の日の夜、ウウパパが特製のカレーを作ってくれました。大好評。お代わりも続出でした。ウウパパのカレーは、ううチャン好みで野菜類を全部ミキサーでとろとろにしてしまうので、お肉以外はカレールウじょうたいです。でもいい味にできてました。(甘味が出るからと言って、キャベツなどもミキサーにかけてあるらしい。)


e0010856_09255488.jpg


それだけでもよかったかもしれないけど、私にできることと言えば、やっぱり五目チラシ寿司。
長崎時代に覚えた作り方。具を全部炒め煮してからすし飯に混ぜ込むやり方だから、大量につくるのも簡単です。
この時は、色をきれいにするために、ニンジンは別ゆでにして、そのほか、さやいんげんとエビも別々に用意して、彩りよく盛りつけられるように皿に盛った後、上に載せてもらいました。
シイタケ、レンコン、タケノコ(缶詰)、貝柱(缶詰)、ちくわなども入れました。
下の写真はいんげん、エビ、錦糸卵、そして紅ショウガなどが飾られる前のもの。
でもこれで5合炊きのお米全部です。



e0010856_09264381.jpg



皆さんに喜んでもらえたようで、なによりでした。ちょっと疲れたけど、少しは借りがお返しできたなら、何よりでした。お友達のお家に遊びに行って、お食事などごちそうになったことがあっても、なかなかううママのいない家でお友達を呼ぶチャンスがなかったものですから。






(2)アート・ショウ


これは3月21日(木曜日)のことでした。

ううチャンの学校は公立の小学校だけど、カトリック系の学校で教会に付属していて、宗教関係の行事も多い学校です。そのほか、資金集めのための催し、行事、イベントがしょっちゅうあります。各学年が各学期ごとに放課後手作りお菓子などを持ち寄っては資金集めのバザーをやっています。

このアート・ショウというのは新しい試みらしいのですが、生徒らの図画工作、絵の展示会を開き、気に入った絵を参加者が買い上げるというもの。たいていは我が子の作品を買っていく親が多いみたいです。一枚2ポンド、300円ぐらい。全部集まった資金は、美術と図画工作の道具や材料、絵の具、画材の資金になるのだそうです。日本と違って、お絵かきの材料や絵の具は全部学校が用意してくれるので、1年間のお絵かきの絵の具をそろえるよりも一枚2ポンドで絵を買う方が安上がり。

e0010856_09212398.jpg  
e0010856_09233718.jpg



最初、ううチャンの絵はどこに貼りだしてあるのか、わからず、上手な絵だけ貼りだされているのかと思ってちょっとガッカリ気味のううチャンでした。でもそんなはずないと思って探し回ってとうとう見つけました。(↑)クラスの子、全員が同じような材料を使って、この学期の学習テーマ、恐竜の貼り絵でした。

父母の有志の寄付で、会場には飲み物やおつまみや細巻きなども並べられていました。ほとんど値段は1~2ポンドの気持ちだけ、という感じでした。




(3)ピーチ

ううチャンは学校の給食は何でも好き嫌いなく、残さず、行儀よく食べるらしいのですが、家ではまるっきり別人。あれこれ味にうるさくて、結構好き嫌いもはっきりしています。あれは食べる、これは食べない、が多い(怒)。

ある晩のこと、デザートにネクタリンとリンゴを用意しておいたことがありました。

ううチャンはメインのごはんでおなかがいっぱいになったようで、食卓を離れて、あまりデザートに興味を示しませんでした。
で、フルーツの皿が全部ウウパパのおなかに入ってしまったのでした。そうしたら、その後で、ピーチが食べたかったと言って、ううチャンが、あのううチャンが、大泣きを始めたのでした。
もうピーチはないと言われても、納得がいかないようで、駄々をこね始めました。

これがまるでううチャンの病気みたいに、時々こういうことがあるようでした。特に疲れているとき、半分眠くなっているときなどに自分で自分がコントロールできなくなってしまうみたいでした。

あとでこの話をしたとき、ある人が「あのううチャンがそんなことがあるなんて。」というほど、わけのわからない駄々っ子なのでした。


e0010856_09281595.jpg

これには私もかなり頭に来てしまいました。
こういうワガママは通用しないのだということをううチャンにはっきりとわかってもらいたい、早いうちにわからせたいものだと、つくづく思いました。次の朝、学校へ行くときにしっかりと念を押して、昨夜の失態はもうしないこと、パパにもあやまるようにと言うと、これは自分でも理解、納得できたようでした。

でも、欲しいものがあるとまたいつこういう駄々をこねないとも限らない、ううちゃんらしくないううチャンでした。これはパパ、ママにしっかりと「わがままを許さない」姿勢をとってもらわなければと、グランマは思うのでした。






(4)ウエルダン-サーティフィケイト 4回目


最後は良いニュースです。

毎週金曜日の午後、全校集会があり、その時各クラスから1~2名の子供が表彰してもらえる恒例の行事があります。

去年も3回ほど、このサーティフィケートをもらったううチャン。
いつ、どんな理由で,週の終わりに名前が呼び出されるのか、まったく予測できることじゃないです。

この頃学校生活があまりストレスじゃなさそうだ、ぐらいのことはわかるのですが
果たしてううチャンの今の英語力、どの程度までわかっているのか、どの程度まで聞き取れて、話ができるのか、部外者にははかり知れません。毎週学校から貸し出されて読む本も、音読はかなりできるようになったものの、知らない単語もたくさんあって、まだまだ文章を自分で書きだすまでの英語力はないようです。

毎週英語の文(センテンス)を五つ書いてこいという宿題も出されるのですが、これも、まだまだ、主語も動詞もあったもんじゃないです。ましてや過去形、疑問形、三単現など、まだまだ頭に入っていない様子。

とはいえ、子供の適応力というのは、単語がわからなくても全体の様子で判断できるのでしょうか。
結構見よう見まねでなにやら習得を重ねている様子です。

最近では、こちらが英語で話しかけると拒否反応を示すどころか、すっと英語で答えが返ってくることもあるようになってきています。


というわけで3月22日の金曜日、朝突然、今日の全校集会でううチャンは前に出てサーティフィケートがもらえるよって。友達のお母さんが朝,教えてくれました。


e0010856_09451917.jpg


Excellent behavior, great participation in lesson discussions and applying her learning to new contexts なのだそうです。(↓)


e0010856_09340927.jpg

これってどういうことなのか、本人にも何にもわかってないみたいです。ううチャンが言うには、いろんなプリントをもらうとき、サンキューってチャンと言えるから、というのですが???








# by agsmatters05 | 2019-04-01 10:02 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

A Star is Born


昨日(3月28日木曜日)、ネットで調べて午前11時、A市のオデオン座でこの映画(↓)を見てきました。


e0010856_09421366.jpg


邦題は「アリー、スター誕生」というのでしょうか。

e0010856_09434906.png

このページ(↓)



に書かれている解説文を下のmoreに貼り付けておきます。別にネタバレにはならないような解説なので、ご安心を。

アカデミー賞の授賞式でブラッドリー・クーパーとレイディ・ガガが歌った主題歌(オリジナル主題歌賞)を先に見てしまって、どれだけいい映画なのか知りたいと思って、わざわざはるばるのこのこと出かけていきました。


うーん、結果はいまいち。

「グリーン・ブック」のようにほろっとさせられるような映画じゃないし、「女王のお気に入り」のような底意地のわるい映画でもないのですが、あえて一言言わせてもらうとちょっと暗いテーマなので、おすすめ度は低い。

ブラッドリー・クーパーがもっと魅力的な役どころだったらよかったのに、残念です。ひたすら暗いんだもの。


どの映画もそうだけど、字幕なしだと細部の表現を聞き落してしまうのが残念。
特に歌の文句って、わかりにくい。


あと、今年のアカデミー賞で評判になった映画としては
「ボヘミアン・ラプソディー」をいつ鑑賞できるか。
ロンドンのヘイマーケットの映画館まで行かないと、ぼへらぷを見ることができないのがとても残念。いっそのこと、dvdでみるしかないのかな。




More
# by agsmatters05 | 2019-03-30 10:07 | 行ったところ | Trackback | Comments(4)

ブリッジ・クラブのできごと。


相変わらずブリッジ三昧の毎日なのです。C村にいても、E街にいても、なぜかココロはブリッジ。まるで中毒みたいにブリッジ・マインド一辺倒。ブリッジにどっぷり漬かっています。



e0010856_04260943.jpg


E街にいるときは、車で35分ぐらいのバーナムというところへ行って、サウス・バックス・ブリッジ・クラブというところでプレイをします。これは大きなブリッジ会場で、月曜から金曜まで、時には日曜日も特別イベントとしてブリッジ競技会がしょっちゅう開かれているところです。一人で行っても、かならずだれかパートナーを用意してくれるというクラブです。

ここへ行き初めてすぐにピーターM というプレーヤーと組むようになりました。このピーターMというのがもやもやの一因。




e0010856_04265863.jpg


私よりも上のランクのプレーヤーではあるのですが、ことあるごとに私の過ちを非難し続けるので、私だけでなく同じテーブルの相手ペアまでも、ちょっとこのピーターMの態度にあきれがち。私がまちがっても、私の見方をしてくれるほど、ピーターMの口は汚い。勝ちたい一心で、私のヘマを指摘したいんでしょう。

平謝りに「そーりー」と言い続けていた私でしたが、あんまり口汚くののしられると、気分が悪くなります。

ある日、あまりにも「ののしり方」がはしたないので、本当なら言い返すべきだったかもしれないけど、その場では黙って引き下がり、家に帰ってもやっぱり気分が悪いので、次の日、同じクラブのディレクター(監督)に事情を打ち明けました。

ディレクターは、「わかった、私から言っておきます。」と言ってくれました。ちょっと溜飲が下がった私。
おそらくもうこれから ピーターMと組むことはしないつもり。



e0010856_04274608.jpg


それにつけても、ブリッジの成績はどんどん下がり続けている私です。(涙)
何かが足りない、何かがおかしい。

「やりすぎてはダメ」とレイシェクは言うけれど、
イチロー選手じゃないけど、自分なりに続けるしか上達への道はないような気もするし・・・。


e0010856_04383038.jpg

このクラブは、ランチ付き(4ポンド=600円ぐらい)で、本当にブリッジ好きの人が大勢集まってくる場所です。
多い時は、金曜の朝のゲームなど、80人以上が参加して競技したりする場所です。


e0010856_04291003.jpg



クラブとしての競技者レベルが高いので、50%の結果を出すのも簡単ではない。
いつも負けてばっかり。



e0010856_04283182.jpg

ある木曜日の朝ここへ行ったら、D・ハンダという人(日本人かと思ったら、インド人だと言われたのですが)がパートナーを探していて、その後、3度、4度とD・ハンダさんとペアを組むようになりました。

彼も私よりランクが上で、私がミスをするといつも首を横に振って「いかん、いかん」という合図を送ってくれます。


e0010856_04321650.jpg


このクラブは、C村からは遠いので、E街にいるときにしか行けません。
次は4月の第2週。ううチャンの学校がイースターのお休みに入るとき、ううママがミラノに出張するので、
その時に、D.ハンダと組む予定。

「こころのもやもや」って、要するに、失敗だらけの私のプレイ(技量)をなんとかできないものか、といううめき声だったりして。

やっぱり
イチロー選手の言葉通りに、「自分なりに」続けていくしかないんですよね。






# by agsmatters05 | 2019-03-26 10:41 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(2)

C村3月水仙便り


C村に戻ってきました。いろいろなことがあった2週間目のE街でした。あまり大きい出来事があると、ちょっと時間をおいてから書く方がいいような気がして、すぐには記事にできませんでした。すこしずつ後からまとめ書きしようと思っています。

e0010856_03001056.jpg



季節が回りくれば、かならず同じ場所に芽を出して同じ花を咲かせてくれる水仙。この色が今の季節を彩ってくれる色。太陽の光が少しずつ増えているような気がします。朝晩明るくなる時間ももちろん長くなっていますし。



e0010856_03011600.jpg


一つ、二つ、三つ、四つ、と増えていく水仙の花の写真を撮ろうと思ったけど、三つの花の群れというのが見つかりませんでした。ま、どうでもいいことでしょう。青空が見えているだけありがたい



e0010856_03015565.jpg

いいことも悪いこともあった一週間(4月10日からは2週間)のE街暮らしだったのですが、「こころのもやもや」という題で記事を書こうかと思ったりしながらC村を歩きました。(これは昨日の土曜日3月23日のこと。)


e0010856_03023135.jpg


英首相のメイさんがもしかしてリーダーを交代?!というニュースが流れたり、イチロー選手の引退のニュース、記者会見、FB, ブログその他のネット情報やユーチューブ動画が流れたりの昨今ですが・・・



e0010856_03031412.jpg


水仙の花はそういうこととは関係なく咲いている。  



e0010856_03035693.jpg

こんな(↑)色のもありました。

♬ 花は、花は、花は咲く、 私は何を残しただろう (^^♪)


全然まとまりのない記事でした。

「水仙の 花の写真で、一休み」 (これって、5,7,5になってますね。笑)。








# by agsmatters05 | 2019-03-25 07:32 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(2)

E街の一週間

3月10日(日)から一週間、E街でグランマをしてきました。今日は土曜日(16日)、C村でゆっくり休んでいます。

と書いて、下の写真を編集して貼り付けていたら、時間がなくなり、今はもう3月17日(日曜日)、夜11時です。またE街に戻ってきました。いつもの、恒例のC村の週末を過ごしてきました。

明日からまた一週間、ううチャンの朝晩のお世話と、掃除、洗濯、買い物、料理など「普通の主婦」的生活をする予定です。もちろん、ブリッジ・ゲームもかなりできるようになってきました。

ううチャンは毎朝8時40分ごろ登校します。保護者が学校の門まで連れて行くのが恒例になっているので、校門に着いたら、カバンと水筒を本人が持ち運びます。それまでは、保護者が荷物を持ちます。幸い家と学校の距離がとても近い(歩いて2分)ので、助かります。この(↓)車の先がゲートになっているので、どの親子も毎朝ハグしたり、キスしたりして、バイバイをしますが、ううチャンはそういうのを嫌がります。この頃は写真も撮らせてくれない(ので、後ろから)。

e0010856_03561659.jpg


ここへ来るまでは甘えんぼさんや、わからずやさんをしていても、ここ(↑)へ来ると、さっさと、さっそうと、一人で元気よく歩いてゲートの中に消えていきます。

一日の時間割が終わるのは3時10分。だけど、ううチャンは毎日、そのまま学童保育に移動します。ううチャンの学校では、ニコレッタさんという方がこれをしているので、ニコレッタのクラブに行く、という言い方をします。

そこではおやつを食べて、それぞれが好きなことをして遊んで過ごします。ううチャンはお絵かきなどが好きみたいです。天気のいい日は校庭で遊具に乗ってあそんだりしています。英語はかなりわかるようになっているらしいのですが、まだまだ長い英文を自分から話せるまでには至っていないので、かなりダンマリで遊ぶ時間が長そうです。だけど、あまりそれを嫌がる様子はないので、結構リラックスして過ごせるのでしょう。「なるべく早く迎えに来てね。」とはいつも言うのですが、3時10分からクラブが終わる6時までの費用を学期毎に払っているので、あんまり早く迎えに行くのも考えてしまいます。クラブにいた方が英語を使うのでいいのではないかと・・・。

だいたい5時から遅くても5時半にも迎えに行くようにしています。

家に帰ればまずはユーチューブ。そうして飽きたら適当なおもちゃで遊んだりお絵かきをしたり、時々算数や国語のドリルを自分でやったりしています。(これはお母さん=ううママゆずりの、とってもいいクセです。)

ある日はこんな(↓)風におもちゃのアクセサリーで遊び、キッチンで料理中のグランマに
「ねえ、これ見て。」などと言って、話しかけてきたりします。

ニコレッタのところでパンや果物のおやつがあるので、あんまりおなかが空いたと言わないのですが、それでもしばらくすればおなかが空いてきて、おやつを食べたがります。これが晩ご飯とかち合わないようにするのに気を使います。たまには晩ご飯の一部をおやつにすることもあるほど。



e0010856_03523848.jpg


耳飾りは自分ではとめられなくて、グランマさんにやってもらいました。
女の子、ですよね。なので写真を撮らせてもらいました。


e0010856_03531629.jpg


その後、ウウパパが遅い時は先に食べ始めたりします、夕食。
これ(↓)はサーモンの照り焼き。塩こうじにつけておいて、焼きました。あまり塩気はつかってないです。
ううチャンはこれを小さくほぐして、白ご飯に混ぜ込んで食べるのが好きです。

e0010856_03551303.jpg


またある日は、これもほとんど恒例のメンチカツ。
生の玉ねぎのみじん切りが牛ひき肉とほとんど同量入っています。これ(↓)はううチャンがひき肉を混ぜて丸めてくれました。
この日は(ちょっと珍しく)二人で料理を楽しみました。パン粉をつけるとき、ううチャンが卵液に漬ける役をしてくれたので、とても助かりました。


e0010856_04151489.jpg


付け合わせに揚げたネギとシイタケのてんぷら。このあっさりした組み合わせがよかったようで、ウウパパから〇をもらいました。(こういうことは、めずらしいのです。)


e0010856_04160878.jpg



この日は、メンチカツのリクエストが出ていて、いざ揚げようと思ったら、やだ、パン粉がない!!ってことになり、歩いて10分の「アタリヤ」さん(日本食料品店。刺身がいつもおいてあるお店)に行ってパン粉を仕入れてきました。

その途中で、↓のようなきれいなモクレンの花の木を、よそ様の家の庭の木ですが、撮らせてもらいました。
結構、この界隈にこの木の花を、今とても多くみかけます。





e0010856_03573826.jpg


というわけで、一週間が過ぎて行ったのでした。
あと一週間したら、ううママが日本から帰ってきます。
ううチャンはもちろん、ウウパパも、グランマも待ち遠しいのはまちがいありません。(笑)




# by agsmatters05 | 2019-03-18 08:37 | 家族のこと | Trackback | Comments(2)

S村のごちそう、ラクレット (最後にクイズ)

写真といっしょに記事として残したい、3月9日(土)のこと。

映画、グリーンブックを午後4時半から一人でA市のオデオン座で見た日でした。
午前中、S村のMちゃんのレッスンに行ったとき、お母様から夜の食事にお招きいただいてしまいました。
遠慮もせずに、ありがたくごちそうになることにしたのでした。

↓ の写真はMちゃんのお母様の手作りの大福もち。
私もいつかは挑戦したいと思っているメニューの一つです。
一度トライしたことがあるけど、ほぼ失敗でした。小豆が程よい甘みで、


↑ の状態。そのうちにぜひ作ってみたいメニューの一つです。

e0010856_00102729.jpg


映画を見てからうかがったとき、この夜のメニューはラクレットというチーズ料理だと知りました。
下の写真の左側にあるのがそのラクレット用のチーズ。


e0010856_00094811.jpg
それを溶かしながら、いろんな野菜と一緒にいただくのだそうです。
ラクレット用の焼き器があるとのことでした。

e0010856_00132859.jpg
↑↓の写真の右側の黒い部分、上の段と下の段に野菜やチーズをのせて焼いていただきました。
チーズがほどよく溶けて、どの野菜とも合うお味でした。

e0010856_00161469.jpg

これ(↓)は、この夜のもう一人のお客様、Yさん(男性)の手作りのシフォンケーキでした。


e0010856_00165568.jpg

これもいつか挑戦したいメニューの一つ。

e0010856_00202033.jpg

ほんとうにふわふわして、おいしかったです。


それから最後のMちゃんのお母さんから宿題が。

Mちゃんの妹さんは今年イレブンプラスという試験を受けたそうなので、11歳。だからプライマリースクール(小学校)の6年生(イヤー・シックス)。その算数の宿題だったのだそうです。


問題は、下の絵の全部の〇(まる)に1から16までの数字を一つずつ入れて、

A~B, B~C, C~A、A~D, B~D, C~Dのそれぞれ四つの〇の中の数字の合計が34になるようにするには、どうしたらよいのでしょうか? 


e0010856_08160912.jpg



C村に帰ってやってみました。一晩寝てもできないほどの難問のようでもあり、なんでこれを小5のこどもの宿題に?と疑問をもちながら、、、、

2,30分ほどで偶然解けました。
ひまなときぜひどうぞやってみてください。





# by agsmatters05 | 2019-03-14 08:52 | イベント | Trackback | Comments(8)

映画 グリーン・ブック


3月9日(土) この映画(↓)を見てきました。

アカデミー賞(第91回)で3っつの賞を取った作品。
作品賞、助演男優賞、脚本賞の三つ。


e0010856_09062311.jpg
いくつかのウエブサイトを読むと、批判的な意見もあるようですが、私はとってもいい映画だと思いました。

最後の場面でワッと目がウルウル。

おすすめです。

ところどころ、英語がわからなくて、日本語の字幕が欲しかったなあ、でした。
でも、くすくす笑ったり、ハラハラさせられたり、憤慨と、安堵と、、、

とにかくグーグルにグリーンブックと入れればたくさん情報が出てきますので、映画を見る前に詳しく中味を知りたい方はどうぞ。とにかく映画を、という方はあまりネットサーチをされないで、どうぞみてください。

一人でも多くの方に見てもらいたい映画でした。ほんと、見る価値大あり!!!


# by agsmatters05 | 2019-03-11 09:24 | イベント | Trackback | Comments(4)

たかがゲーム、されどゲーム。

月曜日、アンジェラさんと。
火曜日、師匠と。
水曜日、レイおじさんと。
木曜日、レイシェクと。
金曜日は明日なので、明日にならないと ?

e0010856_11381775.jpg


13枚の札が4種類あって、全部で52枚。それを四人で分けるから、一人13枚の手札を持つ。だれがどんな札を持っているか、頭のいい人には、お見通し(らしい)。でも頭が悪いと自分の札さえ覚えきれないほど。


e0010856_11394135.jpg


勝負は札の良し悪しだけじゃ決まらない。勘と経験、直観と度胸もものを言う。だけどやっぱり正攻法でコツコツとルールをマスターして、地道に力をつけていかないと、ダメ。 --- と分かっているけど、なかなかそれができない。


e0010856_11385864.jpg


たかがゲーム、されどゲーム。うまくなりたい。つよくなりたいなあ。

今夜レイシェクから言われたこと。自分が親になったら、まずダミー(パートナーの札、テーブルにひろげられている)と自分の手札を見比べて、何枚札がとれるか、方針をたてろ、と。私は考えなしに、さっさとプレイするのがよくない、と。わかっているんだけど、思慮深さが足りないから、つい先走ってしまう。早とちり、拙速、つまり頭がうまく働かない。(涙)

猛反省。できるかな、私。


# by agsmatters05 | 2019-03-08 11:54 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(3)

The Favourite という映画。邦題「女王陛下のお気に入り」


これは3月4日(月)のことでした。
今年のアカデミー賞、ボヘミアン・ラプソディーも含めてノミネートされた作品を全然見てないという情けなさをちょっとだけ補うために、時間があるときに見ておこうと、意を決して出かけてきました。

e0010856_03183014.jpg

A市のオデオン座。予約なしで月曜の昼日中、誰かと一緒だったら、気楽に行けたけど、急の話で連れナシ。一人っきりでした。


e0010856_03195623.jpg

英語のタイトルは ただ「お気に入り」というものだったけど、邦題では「女王陛下の」がつくんですね。
この人(↓)のアカデミー賞の主演女優賞の受賞スピーチが面白かったですね。ちょっと「破れた」ところがある人、と言ったら誤解されるかもしれないけど、ずっこけ役もできる女優さんみたい。いろんな面を出せる人、という感じ。

この映画も歴史もので、しかも喜劇風の味付けで、どこまで史実でどこからがフィクションなのかわかりにくい微妙な話だけど、ある意味でかなり現代的なストーリー。なんてったって、女王の寵愛を得ようと二人の女性が権謀術策をめぐらしあう話。同性愛のライバル。

アカデミー賞をもらうような作品は、普通の歴史ものでは注目されないようなレベルをどこかで越えなければいけないんだなあ、とつくづく思う。どぎつい話をふんだんに盛り込んで、悪知恵を働かせあうウツクシイ女性たち。暴力の映画を見るのはつらいけど、この映画の二人のライバルたちの意地悪さときたら、驚かされるばかりで、楽しめるというようなものじゃなかった。そういう意味で、この映画はずば抜けていたということかもしれない。
e0010856_10532465.jpg

おなじくウイキペディアではこの映画のことを、

18世紀初頭のイングランドを舞台にアン女王の寵愛を奪い合う女性2人のしたたかな攻防を描いた宮廷ドラマである。
と。「したたかな攻防」、たしかにそういうものでした。


e0010856_10523951.jpg


映画代はシニア料金で£7.75, 駐車代が£2.50で合計£10.25(約1500円)ぐらいのある日の娯楽(エンターテインメント)でした。                    


e0010856_03184069.jpg
e0010856_10500566.jpg


このあと、オデオン座の上映リストを見て、受賞作品をあと二つ、三つ、三月中に見たいと思っています。





# by agsmatters05 | 2019-03-07 11:46 | イベント | Trackback | Comments(4)

「かがみの狐城」 辻村深月 を読んで。



ようやく読み終えました。

かなり長いことかかってしまいました。

いい本だったけど、なぜか帯に書いてあるような

「読み始めたら止まらず、どんどん引き込まれて二日間で読んでしまいました。しばらく感動で放心状態でした。本でこんな気持ちははじめてでした。」

というようなわけにはいかなかったのが、残念でしたけど。



e0010856_07160570.jpg



e0010856_09323244.jpg


学校に行かない(または行けない)子供たちの話です。
ファンタジーともいえるかもしれないけど、とてもリアルに現在形でも書かれていますね。

鏡を超えると異次元の世界に入れるという、設定がかなり不自然でなく、違和感もなく、読めました。


こんな(↓)サイトとか、
                             
こんな(↓)サイトとか、


参考になりますでしょうか。


長いですけど、こんな(↓)のもありました。


やっぱり最後の方が圧巻で、アキがルール違反でアウトになってしまうあたりから、読むのが止められなくなりました。

それでは恒例の、印象的な場面の引用だけしておこうと思います。(あまりふかく考えずに最後の方から選んだ場面ですが。)

『七ひきの子やぎ』で、隠れた末っ子のいる大時計の蓋をお母さんやぎが開ける場面を思い出した。
アキ、出てきて。
願いながら、こころは扉の向こうに手を伸ばす。
「逃げないで!こっちに来て!手を伸ばして!お願い!アキ!」
声を限りに叫ぶ。
「アキ、生きて!大丈夫だよ!アキ!私たちは助け合える!会えるよ!会える!だから生きなきゃダメ!頑張って、大人になって!アキ、お願い。私ー、未来にいるの。アキの生きた、大人になった、その先にいるの!」
手の先に、柔らかく、温かいものが、触れる。
誰かが、こころの手を振り返す。
その感触が伝わってきた瞬間、こころはきゅっと目を閉じた。しっかりとその手を握る。絶対に離すもんか、と思う。
ーーーこころ。
「そうだよ、こころだよ!」
涙で顔がぐしゃぐしゃになる。アキの手。絶対に離さない。
「迎えに来たよ。


# by agsmatters05 | 2019-03-06 10:17 | 本を読んで | Trackback | Comments(0)

バーゼルその後(4)動物園の写真


一貫性がないのが取り柄かもしれないこのブログ。
ちょっと風変わりな写真を載せてみようかと思います。
バーゼルの動物園で撮った動物たちの写真。

e0010856_10114136.jpg


閉園間際に20分ぐらい、大急ぎでまわった動物園。写真だけ撮り歩きましたから、写真だけ載せておきますね。


e0010856_10124009.jpg


どの動物たちも自然の緑に囲まれて、ということは人口の柵とか囲いがない感じで、のんびりした動物園でした。

e0010856_10131019.jpg


閉園間際であまり人はいなかった、というか、みんな出口の方向に向かって歩いていました。

e0010856_10132603.jpg


この鳥たち(↓)なら、紅茶国には、動物園まで行かなくても、いくらでもいます。でもいつもツガイになっているところが写真に撮りやすい。

e0010856_10134031.jpg


オーストラリア(オセアニア)の動物たちの種類が多かったような気がします。そのエリアが大きかったみたいでした。



e0010856_10135598.jpg


カメさんもいました。

e0010856_10141395.jpg



園に入ってすぐの入り口は水族館になっていて、最初にペンギンたちを見つけてうれしかったです。



e0010856_10142739.jpg



水族館のきれいな水と光。

e0010856_10144110.jpg



名前も確かめずに、ただパチパチと急いでカメラにおさめただけでした。


e0010856_10150069.jpg


今日の記事は写真だけで、軽くしておきました(笑)。







# by agsmatters05 | 2019-03-05 09:23 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

バーゼルその後(3) ピカソ、忘れてしまう前に。

ひょんなことから過ごすことになったスイスのバーゼル三日間。その一日をここ(↓)



に行った話はもうこの(↓)記事に書きました。




なんかまだ言い足りない、まとめ足りない、たくさん撮った写真も使ってない。
そう思って、もう一度カムバックします。

でも、言いたいことは,ここ(↓)にほぼすべて書かれているので、ぜひこれ(↓)をクリックして、下のサイトをお読みください。私の記事よりよっぽど読む価値のあるページです。

「ピカソ、なぜ」という検索語でグーグルして出てきたページです。
NAVERまとめというサイトで、だらくださんという方の記事。


上の記事に出てくるピカソが8歳、14歳に描いた絵に驚かされない人がいるでしょうか。そういう絵を描いたあとで、キュービズムといわれるような抽象的な絵を描くようになったピカソ。その変わりようがすごいし、また変わらなければならない必然性があった。そしてギネスブックにも登録されているというその創作量のすごさ、ほかのサイトではピカソの「画力」という言葉を使っていましたが、とにかく描いて、描いて、描いて、描きまくった生涯だったんですね。


こちら(↓)も参考になりました。




そしてあえて言わせてもらえば、ピカソの絵には、特に写実的な作品にはよく表されているとおもうのですが、単なる人、物、風景じゃなくて、絵の中味、何をどう描くかという、いわば「思想」のようなものがいつもついてまわっている。別の言葉でいえば、
「こだわり」が半端じゃない
、という気がします。

道化師一人を描く時も、かならず情緒が表現されている絵になっている。

これ(↓)は自殺した親友の葬式の絵。

e0010856_09573463.jpg


「生」の諸相を描いたといわれている作品。これ(↓)も男性の顔を最初自分の顔にしていたのを、あとから自殺した親友の顔に描き変えたのだそうです。

e0010856_09574562.jpg



e0010856_09580034.jpg


「アヴィニオンの娘たち」は最初「アヴィニオンの娼婦たち」という題だったのを友人の助言で変えたそうです。


e0010856_09582217.jpg




キュービズムと呼ばれるスタイルにたどり着くまでに、おびただしい数の習作(studies)を経ているということ。


e0010856_09581124.jpg



誰にもまねのできない絵、ということがやっぱり芸術の価値の一つなんだと思わせられる絵。

e0010856_09583373.jpg
e0010856_09584626.jpg


e0010856_09585740.jpg
e0010856_09591152.jpg


ピカソと女性たちの話もドラマチック(↓)。




下の2枚は、ピカソの生涯を共にした女性たちの絵。
深入りさせられそうな物語がいっぱい。

e0010856_09592201.jpg

e0010856_09593466.jpg


青の時代、バラ色の時代のピカソの展覧会のポスター

e0010856_09594777.jpg


丁寧に見て回った展覧会でしたが、ピカソの絵で好きなのを絵葉書で買おうかしら、とおもって一枚一枚手に取って考えたけど、結局一枚も買いませんでした。初期の作品は暗いし、憂鬱になりがち、後期の作品はいまいち私が買わなければというものがなくて、でした。ピンクとブルーの色を横じまにした2歳から4歳までの男の子用Tシャツをジョー君に、一本のクレヨンでいろんな色が出てくるというクレヨン・セットをううチャンに。せめてものグランマのおみやげとしたのでした。





# by agsmatters05 | 2019-03-04 07:05 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(0)

女子会、ブリッジ、夕焼け


これも昨日(2月28日、木曜日)のことになります。

A市のケンブリッジ・ストリートというところ(↓)。あまり人通りが多くないですね。そんなに辺鄙な場所じゃないのですが、平日の午後2時ごろ、ちょっと人通りが途絶えた時間だったのかな。タウン・センターに近い場所ですが、ちょっと裏通りでしたから。ここは右側にはマークス&スペンサー、左側にはセインズベリーという大きなスーパーがある通りです。(私の歯医者もここ・・・。)

e0010856_05083106.jpg

上の写真の車が止まっているあたり、道の左側に立って撮りました。 スシ・コーナーというお店。
ここで日本人女子会、なんて言ったら大げさすぎますが、二人のヤング・ママさんにお会いしました。デートです。

e0010856_05084019.jpg

ランチメニューを10ポンドぐらい(1300~1400円)で食べれるんですが、昨日は私はおなかが空いてなかったので、豆腐照り焼き丼というのを食べてみました。豆腐を甘く味付けたものをご飯の上に載せただけ。食べかけてから気が付いて撮った写真なので、あまりおいしそうに撮れてなくて済みません。と言ってもすごくおいしかったというわけでもなくて、6ポンド=850円ぐらいで味噌汁付き。アイデアとしては、今度作ってみようかなというメニューでした。

e0010856_05082166.jpg

去年から今年にかけて、なにやらこの界隈に日本人の方々が結構何人も住んでおられることがわかってきました。2003年、今から16年前に私は日本の住民票をはずしてもらって、C村に住み始めたのですが、それ以来、A市も含めたこの辺(ご近所)に日本人が住んでいるって、全然知りませんでした。

先月お会いした(と書いて、日付けを調べたら、1月4日のことでした。記事を書いたのは6日)Eさんと、今回はそのお友達のYさん、お二人とも国際結婚、仕事、子育て真っ最中のヤング・ママさんたちでした。ブログに書いてもいいという許可をもらってます。Yさんは、チェシャムという町に住んでおられたときこの紅茶国C村のブログを読んだことがあって、Cって、チェシャムのCかと思われたとか。そばにA市というアマシャムという町もあるので(笑)。お二人とも、子供の日本語続ける、続けない?ってまだ決断を迫られてるわけじゃなくて、子供たちが次第に二か国語、三か国語を使い分けるようになっているご様子でした。

まだまだこのA市界隈の日本人の輪、広がっていきそうです。楽しみです。



そうしてブリッジ。昨日木曜は、アランH。最初は行かなきゃならない葬式が何時に終わるかわからんという返事だったけど、昼過ぎ確認のテキストが届いて、ブリッジOK. ドレイトン・パーズロー村のアビーさんのクラブで南北10組、東西10組、合計20組40人が競技して、結果は南北組のジョイント2位。(2位が2ペアあったということ)。54.76%で25点のマスターポイントをもらいました。

e0010856_05125619.jpg

宮崎あおい扮する葛飾北斎の娘の話を映画でみたので、へましてもやたらと落ち込まない、めげない、動揺しない、平常心で試合に臨めと自分に言い聞かせての競技会でした。いくつか悔いものこったけど、まあまあ悪くない結果に終わったということで、ホッ!でした。


e0010856_05130749.jpg


これを書いているのは、なんと3月1日(金)。アビーさんが夕べのブリッジクラブで3月から金曜の競技会は3時じゃなくて2時半に始まりますよって、アナウンスしたのに、3月なんてまだ遠い先のことと思い込んでいて、朝になってびっくり。あれまあ今日から3月じゃないですか。早い、早い、早い。

e0010856_05085070.jpg



でもって今日も午後から行ってきました、ドレイトン・パーズロー村へ。パートナーがいなくて一人で出かけて行ったら、こういうこともあるんですね。アビーさんが私と組んでくれるって。そりゃあもう「ヤッター!」
の出来事でした。


だけど、人間の心理って、だれだって国内トップクラスのアビーさんとペアを組めば間違いなくトップになれるって思います。トップになれなかったら、誰が悪いか決まってるし、トップになってもそりやアビーさんと組めば当たり前のトップでしょってことになります。
つまり勝っても負けても曰く付きってこと。緊張しました。

アビーさんは難しい手札もなんのその、軽いタッチでひとたび親が決まればスイスイとプレイを進めてくれます。結果は?

65.63 %の勝率で一応トップでした。アビーさんも私もそれぞれ5回ずつ親になって、私は73%、アビーさんは75%の成績でした。南北組が13ペア、東西組が13ペアだったので合計52人の競技者数でした。みんなそう思ってると思う。「あったりまえだよ。」って。アビーと組んだら負ける方がおかしいよ、って。

というわけで、一週間を終えようとしています。
あと一週間C村で遊んで、来週3月10日からまたううチャンが待っているE街へ移動します。


e0010856_05075717.jpg
先日C村の散歩の途中で撮った夕焼けと樹木の写真です。(上、下)


赤と黒が織りなす冬の樹木です。
e0010856_05081203.jpg
        
北斎の娘お栄(応為)が、光があるから色があると気づくシーンがありましたが、
光って、そしてそれは太陽から発せられている熱光線のことなのでしょうが、 
本当にありがたいし、パワフルだし、貴重なものだとつくづく思わされます。



# by agsmatters05 | 2019-03-02 08:13 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(2)

大使館で上映会


昨日(2月27日、水曜日)
これもずいぶん前に予約していた大使館のフィルム上映会がありました。

ロンドンはグリーン・パーク、駐英日本大使館まで行ってきました。

e0010856_09370882.png

車をロンドンの中心部まで乗り入れることになってしまいました。よって、混雑税。渋滞税。一日11.5ポンド。約1500円ぐらい。グーグルマップというアイフォンのプログラムを使って都心部へ乗り入れたものの、グーグルマップが行けという方向は道路工事中で行かれない。こういうのが一番緊張します。のろのろ運転の都心部だけど、車線変更が難しくて、あっちこっちでプープー鳴らされて、怒られっぱなし。この(↓)の場所もちょっと有名っぽい場所なので、パチリとさせてもらったけど、名前がわからない。このアーケードをくぐるとトラファルガー広場の南にでる場所でした。


e0010856_09423605.jpg

車はパルマルという場所に駐車して、2時間で6ポンド。これは電話で支払いました。そのあと歩いて大使館まで。まだ夕方の薄明り、


e0010856_09591330.jpg

パルマルからグリーンパークまで歩く途中のホテル・リッツ(↑)。
リッツと言えば、連想を止められないことが二つ。一つはこの最上階にサッチャーさんが引退後、住まわれていたんだって。国に貢献したということで、生涯ホテル暮らしがゆるされた待遇を受けたということ?とか。

もう一つは、パリのリッツ。ダイアナさんの交通事故直前にBFと過ごしていた場所。
しもじもの者が出入りできる場所ではないけど、つい想像をめぐらしてしまう場所、ホテル・リッツ。

そしてしばらく歩くと、ね(↓)旗が見えてきますでしょ。

e0010856_09481510.jpg

6時から入場できて、映画は6時半からでした。

大使館の中の建物は写真などを載せたらいけないらしいので、壁に飾られた日本のポスターを一枚、撮らせていただきました。そして、載せさせていただきます。このほか、ラグビーのワールドカップのポスターも壁に飾られていました。

e0010856_09391131.jpg

この日、見せていただけるという番組の一つは、NHKのドキュメンタリー番組で、北斎晩年の大作が火災にあってしまったのを復元しようとしたものでした。テクノロジーの発達で、白黒写真しか残っていないこの作品に色を付けるという・・・

とてもきれいなカラー作品に復元されていたのですが、はたして真実は?

e0010856_09445894.jpg
もう一つはこれ(↑)でした 

2年前の2017年9月18日に放映されたNHKの特集ドラマ『くらら』。

絵がうまくなりたいという主人公お栄(応為)。

うまく描けなくて落ち込んで悩んでいる姿が、じつは今の私のブリッジの成績不振と重なってしまって、そんなことでずいぶんと共感、共鳴させられてしまいました。などと言ったら笑い話になってしまうでしょうか。江戸の絵師の話が、紅茶国のトランプ競技の話につながるなんて・・・。

でも、お栄(応為)が頑張るしかなくて、頑張って描き続ける姿を見て、私もビリッケツだからやめようとか、やっても無駄だからもう手を引こうとか、そういう具合にはいかないものだと思わされました。(苦笑)
ビリでも、負けても、頑張って続けていかなくては、、、

帰り道、おなかが空いたので、閉店間際のテスコでチキンサラダみたいなのを買った後、そのちょっと先に見つけたラーメン屋。
Shoryu Regent Street


餃子3個が6ポンドは高いし、ジャスミン茶も3.8ポンドは高いけど、全部合わせて20ポンド、約2900円。たまにはこういうごちそうもいいものでした。おいしかった。

e0010856_09382251.jpg


# by agsmatters05 | 2019-03-01 10:38 | イベント | Trackback | Comments(0)

バーゼルその後(2)プリンター・マシーン初体験

バーゼル(スイス)の思い出を引きずりながら、どんどん日付けはスイスから離れていく。(あたりまえでしょうけど。)

後日談その2ですが、小さな、出来事です。でもちょっと長く引きずりながら書いてみようと思います。

今日、初めてこういう(↓)ものを体験しました。

日本ではもう普通に出回っているのでしょうか?アイフォンからそのまま写真を印刷する機械。

e0010856_10191852.jpg


テスコで買い物をしていて、レジを通り過ぎたところにこれがあるのをふと見つけました。

スイスのアルバムから1~2枚印刷してみることにしました。
一枚49ペンス(約70円ぐらい)



e0010856_11011812.jpg

時間があったので、画面の指示にしたがって、あれこれ試行錯誤しながら、(かなり時間をかけて)2枚の写真をアイフォンから自分で印刷することに、ついに成功しました。

小さな出来事ながら、一応一つのアチーブメント。


e0010856_11131610.jpg

それから今夜(25日、月曜)はグリーンパークというところでブリッジ。マイク・Fというテニスプレーヤーと組ませてもらって、うれしいことにトップになれました。63.10%の勝率で、マスターポイントを40点もらいました。久しぶりのトップで心が軽くなりました。

だけど、これまであまりいい成績を出せなかったせいで、マイク・Fは次からは私ともう組まない。別のパートナーと組むことにした、とちょっと前に言われてしまいました。残念だけど、へまをして申し訳ない思いになるより、迷惑をかけそうな人とは組まない方が気が楽、と思うことにしました。

マイク・Fは熟年テニス・プレーヤーで、全国レベルの試合にも出たりするらしい(伝聞)ので、今夜は最後のペアとなれたきっかけから、ちょっとだけ、聞いてみました。
私:「大阪ナオミ、どう思います?」
マイク・F:「セリーナを倒したプレーヤーは誰でもわしゃみんな好きだよ。これからもきっと勝ち続けられるんじゃないか。ものすごい金持ちなんだよ。錦織といえ、大阪ナオミといえ、莫大な賞金をもらってる。コーチの解任も、お金のためじゃなくて、勝ち負けより、自分の幸せのためと言ってる。まだ若いからこれからも勝てるはずだよ。」


ですって。そうなるといいですね。


# by agsmatters05 | 2019-02-26 11:37 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(2)

C村の2月、春のはじまり

ここの写真も23日(土)のC村の散歩道で撮ったものです。
C村に帰ってきたら、陽気が一段と春めいてきていました。
e0010856_07495248.jpg
例年だと、2月はまだまだ油断できない月で、雪も道路凍結もこのまま忘れていいものとも思えません。

でも、春はすぐそこに。



向かいのお家の塀の根元のクロッカス(↓)。
毎年、ちゃんと出てくる紫色。

植物って、よくしたものですね。
どうしてだれが覚えているって、そりゃあ気温と日照時間の長さが球根に声掛けをするんでしょうね。
「おーい、お前ら、出てこーい。」って。

e0010856_07413126.jpg
ビッグス・パヴィリオンとも呼ばれるこのクリケット場の片隅で見つけました。(↓)
まだまだ水仙は紅茶国では盛りじゃないと思うんですけど、

e0010856_07424121.jpg

あと一週間か十日すれば、道路端がいっぱい水仙だらけになって、運転中に車を停めたくなる季節。

スノードロップ(↓)も下向きで、撮りにくい花ですけど、その可憐さには右へ出るものがない(!?)
e0010856_07442965.jpg

そしてね、今年もこの花の時期(↓)。クリロー。もちろん、よそ様の家の敷地の花を盗み撮りです。(堂々と撮らせてもらってますが、苦笑)。あまり人気もないところです。

e0010856_07461576.jpg

というのも、こういう(↓)垣根越しに手を伸ばして、撮らせてもらうんです。この垣根の内側にクリローさんがいっぱい!だれも愛でてないと思います。カメラを向ける人なんか、私しかいない(とおもってる)。

e0010856_07480804.jpg



いつもの散歩道、リーズ・レーンというところです(↑↓)。青い空はありがたい。そして広々とした牧草地も晴れた日には気分を慰めてくれます。こういう景色を見るのに、料金は取られませんし(笑)、ブリッジでぼろ負けに負けても「どこ吹く風」というようにすさんだ心を癒してくれます。自分自身の非力さを一瞬忘れられる景色(↓)です。



e0010856_07495248.jpg






白状しますが、スイスからヒースローについて、E街のううちゃん宅でスーツケースの中からううチャンへのおみやげ(カラークレヨン)を出して大急ぎでマイ・トヨカロに乗り込みました。アコちゃんもセガも、お茶飲んでいけば、と勧めてくれたのですが、実は微妙な時間帯で夜のミルキンのブリッジ会場に間に合うかもしれなかったので、ボトルの水を一本いただいてすぐ出発しました。道路があまり空いてない時間帯でほぼ1時間かかってC村へ。7時10分前でした。ミルキンのブリッジは7時半から。でも20分ごろまでに席についてないといけない。間に合いました。だけど、だけど、Bottom ビリでした。この頃負けてもへこたれないほどに負けることに慣れてきてるかも。決していいことじゃない。(涙)





# by agsmatters05 | 2019-02-25 07:26 | 平々凡々の日々 | Trackback | Comments(5)

バーゼルその後(1) 新しい火傷治療法について


新しい火傷の治療法

今日(23日、土)はS村のMちゃんの日本語レッスンがありました。そこで、Mちゃんのお母さんが話してくれました。
最近の火傷の治療法は、乾かさないようにして皮膚の再生をはかるという考え方になっているんだって。

ググってみたら、下のようなサイトが出てきました。

そういえば、17日の日曜日、チェルシーの病院で長い間待たされながら、あるナースが幅の広いサランラップを持ってきて、ジョー君の体をまるごと巻き込んでいたのでした。

火ぶくれがアリューシャン列島みたいに胸の上からおなかに4つ五つ、大きいのは1円玉ぐらい、小さいのは豆粒~あづき粒ぐらい、できていました。一番大きいのは、タオルで冷やしている間にすでに皮がむけていました。

しばらくしてから、サランラップをはずして、濡れたガーゼで、この火ぶくれをぬぐい取って、無理やり火ぶくれをはがしてしまったのでした。だから皮膚が向けて肌の色がピンク色になった部分がアリューシャン列島から日本列島ぐらいに大きくなってしまいました。この火ぶくれをこすり取る、という作業が本当に痛々しくて、見るのもつらいことでした。一人の医師がジョー君の両腕を抑えていて、別のナースが濡れたガーゼを使って皮膚をきれいに剥ぎ取りました。そのあとまたサランラップでまる包み。

それからまたしばらく待たされて2時間、3時間たってから、緊急病棟ではなくて別棟の子供火傷専門病棟へ行き、そこは有料だったのですが、そこでも長いこと待たされてから、ナースが事情を聴きに来ては帰り、また違うナースが同じことを聞きに来ては帰りして、とうとう最後に大きな絆創膏(携帯サイズ)のようなテープを胸とおなかに二つ、右ひざ(太もも)に一つ貼ってくれました。そのあとは包帯でくるんで、ようやく手当はおしまいでした。この絆創膏は2,3日中にマジョルカ島の病院でまた取り替えてもらったようです。

23日(土曜日)日本に着いてからもすぐまた近くの病院へ行って、この大きな絆創膏の取り換えをしてもらったようです。

というやり方が上のサイトを読んで、そういうことだったのか、とようやく納得できた気がします。

昔の火傷の治療法とはずいぶん違うこと、違っても大丈夫らしい、ということがわかって、ちょっと安心しました。
どのくらいケロイドが残るのか、あまり残らないのか、それだけが気がかりなグランマです。

私も熱い味噌汁を出したことに責任を感じましたが、メグもまた自分の不注意でジョーに火傷をさせてしまったことをとてもつらく思っているようでした。看護婦さんたちが「お母さん、そんなに自分を責めなくてもいいのですよ」と慰めてくれたのでした。


湿潤療法、という言葉も初めて聞きました。



S村のMちゃんのお母さんが作ったカステラと、Mちゃんの妹(11歳?)Eちゃんがが作ったクロワッサン。これは既成のドウ(粉を混ぜてあるもの、成形して焼くだけになっているもの)を使ったのだそうです。おいしかった!

e0010856_08334946.jpg


# by agsmatters05 | 2019-02-24 21:05 | Trackback | Comments(2)

旅の終わりに バーゼル旅行記(8)


e0010856_10570213.jpg
↑はチューリッヒの景色です。
今夜はC村から書いています。
旅の予定はすべて消化しました。
眠くて眠くて、
どうもいつもの記事のようには書けない。

ううチャンとジョー君のホリデーの写真をアップして(させてもらって)
今夜は短い記事にして、
あとはまた明日か、明後日、
のんびりと振り返ってみることにします。



うう組


e0010856_11014065.jpg


ジョー組。

e0010856_11004744.jpg



とにかく無事に全行程を終えることができてやれやれです。
ハプニングも少しだけあったけど、
ジョー君の火傷はかわいそうだったけど、


災い転じて福となす、となりますように。





# by agsmatters05 | 2019-02-23 11:05 | 行ったところ | Trackback | Comments(4)

バーゼル旅行記(7)チューリッヒ



今日(21日、木曜日)、私はバーゼルを発ってチューリッヒに戻りました。今夜一晩は、マジョルカ島から戻ってくるメグ達と同じホテルに泊まり、明日メグ達は日本へ、私はセガ一家と一緒に紅茶国へ帰ります。
e0010856_08100605.jpg
これがバーゼルの駅。暗くてよく見えないけど、立派な建物です。チューリッヒまでは直通でノンストップ、34フラン(=3750円ぐらい)。1時間弱でした。

こんな(↓)電車に乗りました。

e0010856_08215483.jpg

これ(↓)は確か途中の景色。


e0010856_08121424.jpg

これは自分で撮った写真じゃなくて、チューリッヒ駅の通路の壁に載せてあった大きな壁写真。

e0010856_07560165.jpg

チューリッヒはスイス最大の都市で人口は39万人。それについで、ジュネーヴ、3番目がバーゼルで、人口は18万人だそうです。


e0010856_08300574.jpg

早めにホテルについて、マジョルカ島から戻ってくるメグ達を待ちました。といってもメグたちは夜8時過ぎの到着なので、午後から国立博物館をゆっくりと見学し、大きなチューリッヒ駅の地下街で買い物をしたり、博物館からホテルまで戻る間もゆっくりとチューリッヒの街を見ながら散歩したり、ショッピングしたりでした。

メグ達が着いたのは夜8時半過ぎ。ジョー君は空港からホテルまでのタクシーの中ですっかり眠っていて、夕食の間もずっと寝たままでした。

e0010856_08333958.jpg


夕食は、チューリッヒで観光客に人気のある大きなレストラン、ツオイグハウスケラーというところで、ドイツ(風)料理。

e0010856_08383997.jpg

e0010856_08393283.jpg


サワークラウトは酸っぱすぎ。シュニッツエルはまあまあ。ソーセージに合わせたポテトサラダはゆるすぎ。でも、ほかの場所では食べられない味でした。それにビールがおいしかった。

今日は博物館見学やら買い物やらでよく歩いたので、もう眠くてうまく写真の編集が進まず、ずいぶん手間取ってしまいました。

明日の朝、8時半にメグ達に会って、たぶん外に朝ご飯を食べに行き、そのあと10時ごろホテルをチェックアウトして、チューリッヒ空港に向かいます。メグ達の飛行機は1時ごろ、私は雪焼けの(笑)セガたちと合流して、午後3時過ぎの飛行機で紅茶国へ帰ります。
明日の夜は何もなければ、C村からの記事アップになる予定です。



今日のハプニング。

e0010856_08485823.png


大したことじゃないんですが、この(↑の)スーツケース。セガさんから今回借りてきた新品で、キャスターがスーツケースを倒さなくても縦横自在に動いてくれるもの。「こわさないで」とセガから釘を一本刺されて使わせてもらってるものなんですが、バーゼルで朝トラムを待っていた時、滑らかでゆるいスロープになっている広場で、するするするすると一人で動き出してしまったのでした。あわててとりに行きましたけど、電車の線路がいっぱい走っていて、運が悪ければこのスーツケースは電車に轢かれたかもしれないのでした。

なんとか事故にはならなかったけど、あぶなかったです。その後、もう一度ストッパーをはずして、するするするとゆるいスロープを一人で降りてゆくわがスーツケースの動画をちゃんと撮ってみたのでした。もしかしたら、味噌汁、コーヒーに続く3度目のこぼれ話はこれだったのかもしれません。


# by agsmatters05 | 2019-02-22 09:00 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)

バーゼル旅行記(6)バイエラー、ピカソ、動物園、回転ずし


バーゼル三日目。(2月20日水曜日)

今日のお目当てはこれ(↓)。この人です。

e0010856_05502033.jpg

これは、紅茶国を離れてチューリッヒ行きの飛行機に乗るまで全然考えてないことでした。バーゼルの市立美術館にピカソの作品があることは知っていて、それを見るのは楽しみにしていたことの一つでしたが、まさか、この時期にバーゼルでピカソの特別展があるなんて、知りませんでした。これは本当にラッキー、ボーナス、思いがけないグッドニュースでした。

とはいえ、油絵の一枚も描いたことのない私。ド素人の見物人の一人で、絵画に詳しいわけでも、絵画に特別の知識や興味があるわけでもないのです。ただ原田マハの本を2冊(「楽園のカンヴァス」と「暗幕のゲルニカ」)を読んだというだけの「ご縁」なのですが、それでも勝手に「縁は縁」として、いくつかの知識や行動がつながったり、重なったりするとうれしいもんじゃあないでしょうか。「ああ、それ、私、知ってる!」と言えるものがある、ということは・・・。(笑)

とまあ、その程度の動機で、朝10時、ホテルから電車(トラムカー)に乗り込みました。
昨日バーゼルの街中を歩いた時も気が付いたのですが、この時期ピカソの特別展があることは、バーゼルの町中こぞって宣伝していることでもありました。今回は特に若い時期のピカソ、青の時代とピンクの時代と呼ばれている1900年から1907年にかけてのピカソの生きざまと作品を集中的に見ていく展覧会でした。

e0010856_05510231.jpg

場所はバーゼル郊外のバイエラー財団美術館というところでした。



e0010856_05564170.jpg


トラムカーを降りるまで気が付かなかったけど、降りたら大勢の人がゾロゾロト歩きだしたので、びっくりしました。人気のほどがうかがわれました。

e0010856_05512549.jpg
長い行列のあとで、入館料を払って館内へ。
余談ですが、バーゼルではホテルに泊まると美術館などの入館料が割引(ほぼ半額)になるのと、市内の公共乗り物が無料になるって、ありがたいことでした。

e0010856_05515444.jpg
オーディオガイドを借りて、一つ一つ丁寧に作品を見ていきました。

今日もたくさん写真を撮ったけど、ピカソの作品の中味についてここに書き出したら、とてもとてもまとめきれない分量の知識というか情報をいただいたので、それは昨日と同じく別の機会に記事にしたいと思います。

とりあえず、簡単にアイフォンで撮った(撮影を許された作品のみの)スクリーンショットのほんの一部を載せておこうと思います。


e0010856_06044694.png

あえて、素人の感想を書かせてもらうと、この時期ピカソ19歳から26歳のころ、親友の自殺をきっかけに青色を多用した暗い絵、しかも弱者、貧困者を多く描いた時期から、恋人フェルナンド・オリヴィエに出会ったり、作品が売れ出したりして、少しずつ明るいバラ色(ピンク色)の作品が増えていき、ついに「アビニヨンの娘たち」というキュービズムの先駆けとなった作品を発表するまでの7年間のピカソ。絵葉書を買おうと思ったけど、どれも暗くて陰鬱で買う気になれなかった。だけど、キュービズムと呼ばれるピカソの作品はただ思い付きの気楽なデフォルメとして生まれたのではなく、おびただしい数の習作を経て、次第に作り上げていったスタイルで、そのユニークさ、オリジナリティーとも、誰も真似することのできない絵、やっぱりさすが20世紀を代表する画家、巨匠なのだと思った。

この時期以後の有名になったピカソのその後の絵画などの作品と生きざまは、上の7年間以上に大きい意味を持っているのかもしれないけど、この巨匠の出発点となったものをつぶさに見ることができて、「行ってよかった、得した気分」になりました。ただ「得した」というよりももうちょっとこの後、ピカソの何を注目すべきかの宿題ももらった感じです。

なんてったってヌード、エロティシズムをピカソの作品から除けて彼の作品を見ることはできないでしょうけど、私がいいなと思ったのは目玉の描き方で、初期でも後期でも目玉をどこにどう描くか、それが画家の本意をよく表しているような気がしたのでした。(あくまでも素人評でえす。笑)



e0010856_06165821.jpg
(この↑画像はグーグルイメージよりお借りしました。)



3時過ぎまでたっぷり粘って、ピカソにどっぷり漬かったので、気分転換に上のような緑のトラムカーに乗って動物園に行くことにしました。電車代も動物園の入場料もタダでしたから、今日のうちにこれを利用しない方はない、と思ってのことでした(笑)。
いつものようにウイキ様からの引用です。(↓)
 バーゼル駅(Basel SBB)から徒歩10分弱のところにある、1874年オープンのスイス最古の動物園(Zoo Basel)。欧州の動物園としては小さめの13ヘクタールの敷地ですが、スイスの動物園での飼育数は最多の628種、7017匹。生体の生息環境を再現する飼育施設のビバリウム(VIVARIUM)内で、魚貝類、爬虫類、両生類等を飼育しているのが飼育数最多の要因です。 

ドイツ、フランスの国境に近く、外国からの訪問者も多いので入園者は年間200万人以上で、国内最多。珍しいソマリノロバ、レッサークーズー、ヘイゲンバイソン、コルドファンキリンなども飼育しており各動物の敷地の殆どに池などの水場があり、緑も多く動物にストレスを与え難い作りです。


バイエラー美術館からいきなり電車に乗り込んだので、動物園に行けるのかどうか何も調べてなかった。あいにくなぜかアイフォンのインターネットが切断されていた。(涙) 電車内で、英語のしゃべれる人に聞きまくって、ドイツから来たカップルが急いで地図を開いて動物園への行き方を教えてくれた。ダンケシェーンだけドイツ語で言わせてもらった。(笑)

最初に乗ったのは6番電車。シアターという停留所で降りて、10番のトラムに乗り換えて、二つ目が動物園だって。だけどこちらは運転手が左側で乗り降りは電車の右側から。そして乗り換えた場所で待っていた場所は反対側だった。一人の運転手からは、英語はダメと言われた。別の運転手は ズーへ行きたいと言ったら、ああゾーか、と言った。ZOOはドイツ語でゾーと言うみたい。


途中で、マジョルカ島のメグ一家3人と、グリンデルワルドのセガ一家3人に様子を伺い、それぞれからアイクラウドのフォルダーで楽しげな写真を送ってもらって一安心。

動物園に着いたのは5時10分過ぎで、受付の人から20分しか見れないと申し訳なさそうに言われた。もう閉まっているかもしれないと思ってきたので、20分あれば十分。早足で園内をめぐってみた。


e0010856_05525167.jpg

ペンギンたちに会えたのはうれしかった。この写真を後からううチャンにも見せてあげられる。


e0010856_05533016.jpg

カンガルーもいた。


e0010856_05540615.jpg

おみやげに動物のぬいぐるみを買ってあげたかった(もちろん、孫たちに)けど、お土産屋さんはもう閉まっていた。よって、写真のみ。(笑)


それからまたトラムでシアターという乗り換え地点まで戻ったのは6時前だった。そのままホテルに帰って昨日と同じレストランで夕食を取るのも芸がないとおもったので、あたりをぶらぶら歩いてみた。本当は水分の多いスープか麺類を食べたかったけど、なかなか思うような店が見つからなかった。けど、犬も歩けば棒に当たるって、このことでしょうか、ふとこんな(↓)お店を見つけてしまいました。 

SUSHI NEGISHI  ですって。

e0010856_05544781.jpg

回転ずしのお店でした。赤い皿は12.8フラン。一番安い青い皿は5.8フラン(細巻き4切れ)。大雑把に言って、一番高いのは1280円、安いのは580円という感じで受け止めました。味噌汁とお茶(こな茶と言っていたけど、普通の煎茶でした)を別注して全部で37.4フラン、約3740円。お寿司の皿は2枚のみで、タコサラダをつけて、十分な量でした。
e0010856_05551944.jpg

ここでも、味噌汁とお茶がとてもおいしく感じられたので、よかったです。まさかバーゼルでお寿司を食べるつもりではなかったけど、日系のお商売に貢献?応援?するつもりでいただきました。普通にコースの食事をとれば5000円(50フラン)は覚悟しなければという感じのスイスの物価なので、まあこれでちょうどよかったかもです。
e0010856_05554320.jpg
この(↑)ニンジンともやしは生(ナマ)でした。(残念)でもダシの味はよかった。


無事ホテルに戻って、いよいよ明日はチューリッヒに戻るので、それとなくカバンの中味を整えたりしました。

そこでハプニング!

ふと見たパスポート入れの中のパスポートが一冊しかない!2冊ないといけないのです。古いのは、紅茶国の滞在許可のスタンプがあるので、新しいのといつも2冊持ち歩かないといけない。なぜ一冊だけないの?

e0010856_05581294.jpg
一瞬、血が凍り付きました。
カバンの中味を全部外に出して、スーツケースからリュックサックから全部調べて、やっぱりない
e0010856_05590887.jpg
どうしたらいい?大使館に電話する?警察?ホテルのカウンターにまず話す?


ものの3分もたっていなかったと思うのですが、とりあえず、セガ+アコ+メグ+メグハビの4人につながるメッセンジャーに書き込みました。

「パスポートがない。盗られたと思う。」

これが20:16のことでした。

それから一分とたたないうちにアコちゃんから
「セガさんが持っています!空港で渡しそびれてしまったようです。」

そういえば、月曜日(18日)の午後、ホテルに着いた頃、セガからメッセージが送られてきて、
「身分証は、UKの運転免許とか出しとけばよいと思う。」
って。
私はそのメッセージを読んで、いいねマークを押したけど、なんで身分証明がいるなんて言うのかわかりませんでした。その上のメッセージ二つ、「グランマのパスポート持ってる。ホテルで必要かもしれないけど。」と書いて、私のパスポートの顔写真のページを送ってくれてたのを、おっちょこちょいのグランマはそれを読まずに最後のメッセージだけ読んで、いいねマーク(親指を上にあげてるマーク)を押していたのでした。なんで身分証明のことなんか言うんだろう?パスポート持ってるのに、と思ってました。チューリッヒの空港で入国するとき、セガが4人分まとめて手続きしてくれたからでした。その時、赤いパスポートケースと古いパスポートだけを私に返してくれていたという、、、

5分間の恐怖でした。今のところ大きなハプニングはまだないです。(笑)セガがスイス航空の機内でスチュワーデスさんからコーヒーをズボンにかけられたこと以外は。(笑)ジョーの味噌汁火傷、セガのコーヒー、はてさて3度目はあるのかないのか。あと二日、旅は続きます。

おやすみなさい。



# by agsmatters05 | 2019-02-21 08:20 | 行ったところ | Trackback

バーゼル旅行記(5)バーゼル市立美術館、市内観光

今日のお目当てはこれ(↓)でした。

バーゼル市立美術館
(Basler Kunstmuseum) は、スイスバーゼルにある美術館。単にバーゼル美術館と呼ばれることもある。
(ウイキぺディアより)



下の地図で1が出発地点。朝10時過ぎ、歩いて出かけました。1から2までおよそ14,5分。案外近かったです。
e0010856_06010004.png

上の地図の2のところが

e0010856_06064634.jpg

毎度おなじみのウイキ様によれば、

1671年に開設された世界最古の公共美術館の1つである。自由都市バーゼルで印刷業などで財を成したアマーバッハ家Amerbach Cabinet)がコレクションした美術品をバーゼル市が購入し公開したものが基となっている

なのだそうですが、昨日も書いたように原田マハというひとの「楽園のカンヴァス」という本には、第一章と最終章以外は全部(2章から10章まで)バーゼルが舞台になっているのでした。この本はネタバレを避けるために大雑把に言うと、ルソーとピカソの絵のことが題材になっていて、二人の人物、早川織絵と ティム・ブラウンがルソーの絵をめぐってしのぎを削る、というような話です。またルソーとピカソの交流録、ルソーとヤドヴィガという女性のことも出てきます。

バーゼルという町が、そしていくつかの美術館らしい場所がいろいろと出てくる話です。

今日、バーゼル美術館に行って、たしかにピカソとルソーの作品もしっかりと見せてもらいました。写真はかれこれ190枚ぐらい撮ったのですが、これについて触れだすと止まらなくなりそうなので、今夜は話をそらします。

一番上の地図で市立美術館の次に行ったところは、3と記しておきましたが、午後3時過ぎ、ちょっと歩いて、歴史博物館、バーゼル劇場、シティーホールなどが隣り合っている建物の一角で、一人ランチをしました。足は疲れたけど、おなかはあまり空いてなくて(朝ごはんがたっぷり)、水分がとりたかったので、カレースープのみ。
e0010856_06252693.jpg

これがとってもおいしかったのです。12スイスフランぐらい。約10ポンド=1450円。パンが大きくておなかがいっぱいになっちゃった。

そのあと、バーゼル観光には欠かせないといわれる「街のシンボル、赤い市庁舎
e0010856_05284275.jpg

と マルクト広場」へ行き(一番上の地図で4)、そのあと5はバーゼル大聖堂(Basel Munster)

e0010856_06345956.jpg
もう5時過ぎていたので、中には入れなかったけど、壁の一つ一つ、門、ドアすべてに歴史を感じさせる装飾がいっぱいでした。実はここへ行く前に、4と5の間にここ(↓)へも行きました。

e0010856_06383071.jpg
ちょっと写真がぼけてますけど、白いマークはリンゴ。つまりアップルのお店でした。というのも写真を撮りすぎて手持ちのアイフォンがバッテリー切れとなり、手持ちの携帯チャージャーを使ってもなおもバッテリーが無くなりそうで、携帯用の電源はありませんか?と聞きにアップルのお店に入ってみました。携帯用の電源はないけど、お店のコードを使って時間があれば電源を補充してもいいよ、と言われて、15分ぐらいこのお店の中にいました。バーゼルの町は主にドイツ語が使われているようですが、ちょっと英語を話すと、だれもがすぐ英語に切り替えて受け答えしてくれます。私はあえて、ダンケシェンとビッテ(=please) は使ってみるようにしました。(笑)


この後、予定外でしたが、ライン川を横切る渡し船があると知ったので(アイフォン、グーグル、インターネットから)、渡し船に乗りました。1.6スイスフランだというので、2フラン硬貨と10サンチームをあげて、50サンチーム、つまり二分の一フランのお釣りをもらいました。

e0010856_06494239.jpg


e0010856_06500725.jpg

ほんの10分足らずの短い渡し船でした。でも、ライン川を横切ったことは間違いないです。(笑)乗客は私を含めて3人、今日の最終便でした。


そうして無事に歩いて(グーグルマップを頼りに←これほんとに便利。バッテリーさえなくならなければ。)宿に帰ってきました(上の地図の7)。

では朝ご飯と夜ごはんの写真を載せて、今日の記事は終わりにします。

e0010856_06560274.jpg

これ(↑)プラス、フルーツサラダとゆで卵。紅茶がおいしかったです。イングリッシュ・ブレックファーストという銘柄の紅茶でした。ガラスのコップで飲む紅茶はめずらしく、それが味を良くしてました。


e0010856_06552354.jpg
夜はおなかが空いてなかったので、昨日と同じ店、ホテル直結のレストランで今日もおすすめ料理、ムール貝とポテトフライ。25スイスフラン約20ポンド、2800円ぐらい。


特にハプニングもなく、無事に一日のつとめ(!?)= 観光を終えることができて、ありがたい思いです。楽しく過ごすことができましたけど、やっパり一人で楽しむのはもったいない。だれか、たぶん女友達と一緒に昔話でもかわしながら過ごしてみたい一日でした。


# by agsmatters05 | 2019-02-20 06:59 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

バーゼル旅行記(4)ヒースローからバーゼルへ

今夜はバーゼルから書いています。
e0010856_05010707.jpg
18日(月)朝5時起き、ウーバー2台で6時半ごろヒースローのターミナル2へ行き、7人ともスイス航空の8:50 LX317便でチューリッヒに着きました。
e0010856_05063024.jpg


 (これは機内の雑誌の一ページ、笑)その飛行機のクロワッサンがとてもおいしかった。甘過ぎず、バターも強すぎず、ほどほどに噛み応えがあって、イギリスのふわふわふかふかのクロワッサンとはちょっと味が違いました。

e0010856_05040349.jpg


同じ雑誌にこんな記事を見つけてしまいました。


e0010856_05053494.jpg


バイエラー財団美術館で、ピカソ展。これを見に行けるかもしれません。もう一つ、これも。


e0010856_06160898.jpg
バーゼルというのは
スイス北西部、ドイツとフランスとスイスの3国の国境が接する地点(三国国境)に位置し、市街地はライン川をまたぐ形で広がっている。チューリッヒ、ジュネーヴに次ぎスイス第3の都市。大型船舶が通航できるライン川最上流の港を持つ最終遡行地点である。ドイツ語圏に属するがフランス語使用者も多い。(出典はウイキペディア)



チューリッヒ空港についてううチャン一家はグリンデルワルドヘスキーをしに。ジョー君一家はマジョルカ島へ。そして老母だけが一人旅。チューリッヒから約1時間半ぐらいで直通電車でバーゼルへ。切符は無事に買えました。英語が通じてよかった。39スイスフラン=30ポンド=約4300円ぐらい。乗り心地のいい良い電車でした。「どうしてグランマは一緒にスキーに行かないの?」とううチャンからズバリ質問されました。ううチャン一家が3人でスキーホリデーするのに、私が行ったら邪魔になるのは明らか。でもそうは言わないで私は「グランマはバーゼルというところの美術館に行くのよ。」と答えておきました。嘘じゃないです。S村のMちゃんのお母さんからも「(一人旅で)まあ、寂しい!」と言われましたが、それは覚悟の上。300ポンドの飛行機代をキャンセルして無駄にしたくなかったのと、もう一つの理由は下に書きます。

e0010856_05313487.jpg



e0010856_06073749.jpg



e0010856_06062130.jpg



e0010856_06055050.jpg



ライン川沿いを走って2時半前にバーゼル到着。朝早かったので、眠くてしょうがないので、いろいろ書きたいことはあるけど、詳しいことは後回し。とにかく、なんでバーゼル? その答えは これ(↓)です。



e0010856_05310285.jpg



この本が私をバーゼルに招いた、呼んだ、誘惑した、いえ、駆り立てたというべきでしょうか。とにかく、この本を読んでなかったら、今日私はバーゼルにきてはいなかったのは確かなんです。


e0010856_05422533.jpg


夜ごはんは、ホテルに連結したラインフェルダーホフ・レストランで一人黙々とおなか一杯食べました。


e0010856_05335268.jpg

チキンのシュニッツェルという料理、ようするに平たく伸ばしたチキンのフライなんですが、とても柔らかくてあっさりしてて、食べやすくてしかも大量のフライ(揚げ物)料理でした。

e0010856_05333681.jpg




明日は美術館へ行く予定です。といってもバーゼルには(ウイキペディアからの引用ですが)
バーゼルとその近郊には30を超える数の美術館および博物館がある。世界最古の公共美術館といわれるバーゼル市立美術館(1661年)は、15世紀から16世紀にかけての南ドイツ地方で活躍した画家、および、19世紀から20世紀にかけて活躍した画家の作品を中心としたコレクションが充実している。また、バイエラー財団美術館は、現代美術のコレクションのほか、独創的な企画展の開催で知られ、欧州全域からの入場者が絶えない。このほか、特色のある美術館として、「動く彫刻」の作者として知られるジャン・ティンゲリーの作品を収蔵するティンゲリー美術館、現代美術館(市立博物館の分館)、漫画美術館などがある。

# by agsmatters05 | 2019-02-19 06:18 | Trackback | Comments(0)

バーゼル旅行記(3)ハプニング、火傷でA&E病棟へ。

思いがけない出来事はしょっちゅうです。
災いは忘れたころにやってくる、と聞いたことがありますが、
忘れたころどころか、昨夜メグハズの骨折事故の話をきいたあとで、今日すぐにまた↓のようなところに行くことになろうとは・・・・
e0010856_09045737.jpg

チェルシー&ウエストミンスター病院、緊急+事故病棟、小児火傷科。バーゼルどころか今日は病院でほぼ一日を過ごしました。

日曜日の今日、ううチャン一家はまだ旅の用意ができてないということで、私はジョー君一家をC村に連れて行き、パブランチのサンデーローストを食べて午後3時過ぎにヒースローのターミナル2で昨日飛行機内に置いてきたアイパッドをもらい受けてから、早めにE街に戻ってくる予定でした。

ジョー君一家は時差ボケで夕べから今朝までいい時間に眠ることができず、朝も早くから起きて、また寝たりでした。10時過ぎにジョー君がママに抱っこされて食卓に着いた時、作り立ての味噌汁のお椀を手に取ろうとして引っ張ったためお椀から熱い味噌汁がこぼれて、テーブルからなんとジョー君の胸から足へ、その下のジョーママの膝のスカートまでも、熱い熱い味噌汁だらけになってしまいました。

ジョー君はシャツを脱がせて一生懸命冷たい水タオルで胸や膝を冷やしました。

しばらくしてこの町の日系医療センターに電話して、診察の予約をお願いしたら、午後2時20分に、とのことでした。

そこへ行ったら、今度は一番上の写真の場所を紹介してくれた、というわけです。

それが3時半から4時ごろ。そのあと、緊急病棟と、子供の火傷科(専門医)に見てもらったのですが、紅茶国の病院制度、とうとう医師には会えず、ナースという人たちが30分待って一人、また30分待って一人、という具合に、様子を聞きに来ては、また30分帰ってこず、、、最後に下のような手当をしてもらえたのは、夜の8時近くでした。ジョー君、メグ、そしてメグ兄、メグハズ、そして家で留守番をしていてくれたううチャンとううママ、7人のみんなにとって、なんというたいへんな一日だったことでしょう!


e0010856_05374819.jpg

火傷はそれほど重症ではないとのことでしたが、範囲が広いし、旅行中のことなので、気になることはたくさんありました。


でももう真夜中(12時)を過ぎてしまいました。明日の朝は6時前に家を出ウーバー2台でヒースローに向かいます。
このブログもしどろもどろ。眠気に襲われつつ、約束を守って一応記事を書いたところです。
はまた明日。おやすみなさい。

# by agsmatters05 | 2019-02-18 09:41 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

バーゼル旅行記(2)メグ一家を空港でお出迎え。

出てきましたよ。(↓)

e0010856_06531164.jpg
ヒースロー空港、ターミナル2で、フライト到着予定の3時25分から待つこと、延々1時間半。ううチャンと私は柵のそばで待ちくたびれて、出て来る人の数を数え始めました。最初からではないので、かなりいい加減な数字ですが、30人、50人、100人数えたら、出てくるかな?と言って、IDカードや空港スタッフは除いて、赤ちゃんものぞいて、到着ロビーに出てくる人の数を数えました。87人まで数えてしばらく待っていたら、出てきました!

出迎えの私たちは、いったい3人がどんな格好で出てくるのか、興味津々でした。メグがジョー君を抱っこしてスーツケースとローリーを押して、メグハビが松葉杖をつきながらでてくるか、または空港職員の助けで車いすで出てくるか、などと話し合っていました。

結果はごらんのとおり(↑)。メグハビの杖は一本で、片手でカートを押していました。
e0010856_06561013.jpg

この写真(↑)は、パーキングエリアの入り口でウウパパの車が料金所近くまで移動してくるのを待っているときのもの。ううチャンはいとこのジョー君にべったりなのでした。あれだけママっ子のううチャンがママから離れてジョー君の後を(金魚の何とかみたいに、失礼)追いかけるのはとても微笑ましいことでした。やっぱり女の子だから、ということなんでしょうか。ついこないだのクリスマス後の2,3日メグとジョー君は京都でううチャンたちと合流してましたから、しっかり覚えていたのでしょう。

ジョー君、13時間以上の長旅のあと、親戚一家3人とグランマに会えて、旅の疲れもそこそこににんまり、にっこりしてくれました。

e0010856_06551351.jpg

メグハビの右足は痛々しそうではありましたが、思ったより軽装で、足が曲げられない以外はなんとか自分で移動もできるし、お風呂に入るのもOKなんだそうで、ちょっと安心しました。なんでもぶっつかってきた人は香港の人で、保険で治療費は払うと言ったものの、それ以上連絡がとれないんだとか。

今はもうみんな寝静まっています。

ウウパパの助けを借りて我がアイフォン、ヨーロッパ内では月々の契約の範囲内で電話、テキスト、データ通信ができるとわかり、一安心。これで携帯Wi-Fiを買わなくて済みそうです。あとは、旅行保険をどうするか?明日一日のうちに考えたいと思っています。

明日はどうなるのか、まだはっきりしてません。

ただし、今日のハプニング : メグ達、飛行機の中にジョー君のお遊び用のアイパッドを置いてきてしまった(床に落としてしまっていたらしい)ということで、夜の7時前なら忘れ物取扱所が開いていることがわかり急いで電話したら、それらしいものが見つかっているって。明日(日曜)午後3時から7時の間に空港へ行けば返してもらえることがわかりました。😥(ヤレヤレ)


# by agsmatters05 | 2019-02-17 08:29 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

バーゼル旅行記(1) そもそものいきさつ


今夜は旅の準備でそわそわしてます。(2月17日、金曜日)

スイスのバーゼルというところに3泊、そのあとチューリッヒに一泊する予定です。
ホテルはなんとか予約できたので、無事宿泊がうまくいきますように、と祈る思いです。

なんでこういうことになったのかというと、メグの旦那様(メグ・ハビ)がスノーボードが大好きで、ほぼ1年前からツェルマット行きの話を始めていたのでした。

メグのヴィザの関係で2年に一度は紅茶国に戻らなくてはならないので、それも兼ねていたのでした。

時期は雪の多い冬。そしてE街のううチャン家族も合流してスキーホリデーに行こう、と。

「お母さんも行きたい?」とメグが私に聞いてくれたのは、去年の4月、沖縄ワークキャンプリユニオンの後、メグの家に数日滞在した時のことでした。

「うん、行きたいよ。行くよ。」と素直に答えた私。(笑)

それから数か月後、ウウパパがロンドンからチューリッヒまでの飛行機を4人分予約してくれました。

ううチャンの学校が学期中間休みとなる2月18~22日まで。ううチャン一家とジョーくん一家と私の合計7人旅。

宿はスキーのメッカ(?)ツェルマットのエアーBnB の予定でした。10人ぐらい泊まれるベッド数のある家で、メグやメグハビのお友達も合流する予定でした。

ううチャン一家もスキーウエアを買い込んだり、仕事の休暇を確保したりして、いそいそと準備を進めておりました。

ところが、あまり予定を先に立てすぎると、思いがけないことが起こって予定変更を余儀なくされる話って珍しくないですよね。

メグハビが白馬でケガをしたというニュースが入ったのは、今年になって1月20日のことでした。
スキー場歩いてたら他の人にぶつかられた」そうで、全治8週間のケガ。膝の骨折だと。

宿のキャンセル、飛行機のキャンセル、できるだけキャンセル料を少なくする方向で代替えプランを検討してきました。

それで当初の予定通り、18日(月曜日)にはみんな揃ってチューリッヒまで行くことになりました。その後は?みんな別々の行く先に別れます。

とにかく、メグちゃん一家は明日(16日)ヒースローに現れる!

ジョー君はおそらくベビーカーで移動し、ジョーパパは松葉づえで移動し、スーツケースがいくつになるのか、メグは荷物運びの係になるのでしょう。

楽しみだけど、どうなることやら、珍道中になること間違いなし。
これから同時中継を目指して、たった数行でも、写真がなくても、無事バーゼル(スイス)から戻るまで記事をアップしていこうと思っています。


だけど、なんでバーゼル? これはまた次の記事にしますね。


More
# by agsmatters05 | 2019-02-16 10:08 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)

7,8,9,10、---22まで、2月の日程と予定、足跡メモ

この週末は忙しい。7,8,9,10,11,12,13と予定がびっしり。
7(木)、ブリッジ。アランHがお相手をしてくれたけど、この頃絶不調の私の犠牲になってくれたといわねばならない。ひどいビリッケツという結果に終わり、体中の血が逆流するような感覚に襲われた。その激しい負けいくさの後、1時間半かけてE街へ車で移動した。夜10時から11時半まで。もちろん交通量は少なくてまっすぐの道路を行けども行けども延々と走ったけど、グーグルマップに従ってM1という高速道路に入ろうとしたら工事中だった。それでいつもより30分以上長くかかってしまったのだ。もちろんE街についたときはううチャン一家はそれぞれの寝床に入っていたので、翌朝まで顔を合わせることはなかった。私も身支度を整えてすぐベッドに入ったけど、うなされてうなされて。アランHに申し訳ないという思いと、自分のへまプレイの恥ずかしさが悪夢となって私を悩ませた。

8(金)この日についてはすでにロンドン、キングスカレッジでのGCSE説明会があった記事をアップ済み。

9(土) S村のMちゃんのレッスンの後、チェシャムというところへ行ってルイちゃんの演劇を見た。
10(日)夜6時からW村のピーラー夫妻宅で、夕食とブリッジの会に招かれた。その後、E街に直行。
11(月)ううママが9,10,11(土、日、月)とパリに出張なので、ううチャンの登下校の世話をしたあと、6時からトリング村へ出かけてSMBCのブリッジ。10時半に試合が終わったらまたE街に戻る。1時間ぐらいの距離。
12(火)ううママはドイツ出張。グランマはリッチモンド・ブリッジクラブというところへ行き、初対面のステファニーさんと組んで、初心者レベルのブリッジ競技会。学習料+駐車料で12ポンド。夜はじめてイーリングブリッジクラブというところへ行き、ティーナさんと組んだ。夜ごはんはメンチカツ、高野豆腐と昆布の煮物、キツネ丼。
ううちゃんはこの日学校行事でワンワールドというイベントのため浴衣を着て行った。前の夜すそ上げをしてあいろんかけをしておいた。

13(水)この日もワンワールドの続きで午後からうーちゃんの学校へ行った。日本の羊羹カッパ巻きの他にシリアのお菓子とブドウの葉っぱに包んだライス。ポーランドのチョコレート、エチオピアのコーヒーとポップコーン、インドの食べ物いろいろ、イタリアのチーズ、その他いろいろ食べ過ぎてしまった。
夜ううママのお帰りのあと、C村へ戻る。

14(木)昼休みはG学校でAレベル読書会(どんどん読める)。その後銀行と健康食品のお店に立ち寄り、午後4時からジェインさんのレッスン。吾輩は猫。そのあとはまたアランHとブリッジ。

15(金)午後、ASBCで昼間ブリッジ。夜もMKBCでブリッジか。
16(土)午前10:30からS村のMちゃんのレッスン。そのあと、ヒースローへ。メグちゃん一家がイギリスにやってくる。

17(日)メグとセガの2家族6人+私のファミリーリユニオン。
18(月) セガ一家+メグ一家+私の合計7人でチューリッヒへ移動。ところがチューリッヒで三つの行く先に別れる。マジョルカ島、グリンデルワルド、そして私はバーゼルへ。
21日(木)チューリッヒでメグ一家と同じホテルに宿泊の予定。
22日(金)スイスから帰ってくる。


以上、アップさせていただきます。
プライベートな出来事をインターネットに載せる意味?必要?理由?目的?弊害?
よくわからないけど、とりあえずアップしておきます。

もうすぐ始まる「バーゼル物語」のために、です。(笑)

# by agsmatters05 | 2019-02-15 12:55 | イベント | Trackback | Comments(0)

紅茶国で(元)日本語教師(今もちょっとだけ)。身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅や、家族のことなど。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30