<   2017年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

まとめ、または「旅の総括」記事です。

今回のタイ=結婚式=旅行について、13項目の小見出しを考えて記事を書く予定でしたが、6回目、5回目の記事を書いたら、もう結婚式のことは全部カバーしたような気になってしまったので、残りは旅の前後のアトラクションのみ。というわけで、7回目の記事になるここで、旅の全体を振り返って、考えたこと、思ったことをまとめてしまおうと思います。

つくづく思ったんです。何度も何度もそう思いました。一人で肝に銘じてナットクしてました。

1)運命って。
本当に、わからないものだということ。どんなにプランを立てていても、その通りにならないのが「人生」。毎日の行動は、予定通りすすめることができても、人生はそういうわけにはいかない、ということ。向こう側から(外側から)こっちへ降りそそぐものがあるからです。それがいいことか、悪いことかは別問題としても、とにかく「生きている」ということは未知の要素に満ち溢れているものだということ。

2) 人間って。
いいかえれば「自分って」ということですが、ぜいたくだなあと思いました。寒い国に住んでいる人達はみんな暑い国に行きたがる。暑い国の人達は、みんな涼をもとめて、避暑地へ行きたがる。ちょうどいい国、いつ行っても、理想的な気温(てんき)が一年中続いている国なんてどこにもないのですよね。

3) 感謝と、悲哀。
一大イベントでしたから、とにかく無事に旅(イベント)の終わりまでたどりつけますようにと、心の底で深く願いつづけながら、慎重を期したつもりでした。もちろんおめでたいことでしたから、心は晴れやかで楽しい毎日でした。「娘の結婚」といえば、だれでもお祝いしてくれて、喜んでくれて、それもうれしかったです。空港の人だって、お店の人だって、ホテルの人だって、レストランの人だって、単なる観光客じゃなくて結婚式のためにここにいると言えば、みんな笑顔でおめでとうと言ってくれるので、幸せでした。

ああ、でもそれなのに、それなのに、二つ、大きな失敗をしてしまいました。もっと気をつけていれば防ぐことができた失敗でした。一つはもうすでに書いた食あたりのこと。ここで書いたように「ちゃんとハプニング」でした。もうちょっとていねいにいろいろなタイの旅行記やブログを読んでおけばよかったとも思います。(後悔先に立たず。)

二つ目の失敗。これを書いている4月28日(金)でも、まだこの失敗は尾を引いています。

愛用のカメラ(ソニーサイバーショット)を、飛行機の中に置き忘れ来てしまったんです。バカバカバカ。



本当にバカでした。最後に確認した時は277枚の写真をとったことまで覚えています。エミレーツの飛行機の中ででした。飛行機の座席の前のポケットの中に入れたのが間違いのもとで、アムステルダムで飛行機から降りるとき、忘れ物はないかと座席の周りを見回したのですが、ポケットの底まで手を突っ込んで確認しなかった。あとから、さんざん手続きを取って探し出してもらうのに苦労しましたけど、だめでした。今は旅行保険の手続き中です。

277枚の写真をなくしたことは、カメラをなくしたことよりずっと痛恨の到りですが、不幸中の幸いというか、今回はアイパッドでもデジカメと同じくらいたくさん写真を撮りました。旅行中でもネットにアクセスできるアイパッドの写真のほうがブログやFBに使えるからでした。旅行保険の話は全部片付いたらまたアップしますね。


4)イギリスが好きになった話。
今度の旅で、わが紅茶国がいい国だなあと、つくづく好きになってしまったことが二つありました。

一つは、もちろん気温のこと。寒い寒いとぼやいていた紅茶国が、じっとしていても汗が出てくる国に出かけて行って、何とイギリスは住みよい国かと思うようになってしまいました。

もう一つは、これ(↓)を見てください。
e0010856_1113287.jpg


結婚式にどんな服を着るかって、だれもが考えますよね。前々から、二つ三つ、とっておきのスーツや、ドレス(ワンピース)があったので、それらを全部たたんではやばやスーツケースに入れてありました。出発するほんの4,5日前のこと、メグのFBメッセージが参加者全員に送られてきて、「カジュアルでどうぞ。ハイヒールは(芝生の上を歩きにくいので)サンダルがおすすめ。それから、なんでも青いものがあればどうぞ。」というではありませんか。

なんと?青だって? と思いました。用意していた服は全然青くなかったのです。(笑)

それでこのメッセージはほぼ無視するつもりでいました。

出発二日前。A市の街中へ、旅行保険やらタイバーツの両替やらに出かけて行ったときのこと、それでももしやと思ってふと立ち寄ったチャリティーショップ。紅茶国にはどの町にもチャリティーショップがいっぱい。別名「庶民のハロッズ」。いらなくなったものを店の前においておけば、その店の人が品物に応じて、安い安い値段をつけて売ってくれる。チャリティーということは売上金はそれぞれの善意が生きる目的に利用される。オックスファムなど海外援助資金にたくさん使われている。キャンサーリサーチと言えば、癌研究資金として、利益が有効利用されている。コートもスーツもドレスもセーターも、どれも2,3ポンド(4~500円)から、10ポンド(1500円以内)。中には本当に立派なものも含まれています。私のような貧乏人にはうってつけの「街中の洋服ダンス」なのです。キャンサーリサーチというチャリティーショップで二つ三つ青いドレスがあったので、試着させてもらったら、店の人が「スタニング! ドッキリさせられるほどいいわよ! ぴったりよ。」などと、聞いてもいないのに言うではありませんか。

言わなきゃ誰にもわからないけど、言ってしまいました。紅茶国、ありがとう! なのでした。庶民の見方、大好き。(笑)。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-29 06:06 | Trackback | Comments(4)

e0010856_9195433.jpg

4月5日(水)午後1時C村発
4月6日(木) 夜11時 クラビのホテルに到着。
腕時計の時間では34時間の旅でした。

ところが!イギリスとタイの時差が6時間なので、。34-6=28
つまり実際の旅行時間は28時間で、タイに着いたら6時間時計を進めなければ、ということだったのでした。

ふう、長かったですよ。

途中でアムステルダム、ドバイ、プーケットで乗り換え。
e0010856_0252334.jpg

飛行機の中で映画をいっぱい見ました。(これについては後からしっかりアップするつもりです。)
セールスマン、ビートルズ(ドキュメンタリー)、ダンサー(セルゲイ・ポリューニンの話。ドキュメンタリー)、新海誠のアニメ3本、君の名は、言の葉の庭、星を追う子ども、など。帰りの飛行機も、映画大収穫でした。(笑)
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-28 09:21 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)
式が終わって夕暮れが迫ってきたころ、海辺で飲み物が供されました。
e0010856_0323970.jpg

e0010856_0163281.jpg


そのとき、海のほうから黒雲がもくもくと上がってきて、飲み物を用意していたスタッフ(大勢)の方々が夕立の準備をはじめました。その後すぐ雨が降り出したので、みんなそろって屋内に移動。しばらく歓談しているうちに、晩餐のテーブルが用意できたとのことでした。夜8時ごろだったでしょうか。

e0010856_664411.jpg

取り合わせ前菜。

e0010856_675583.jpg

メグの好物のエビ。

e0010856_631488.jpg

これ(↑)はマンゴ―のデザート。

e0010856_635279.jpg

これ(↑)はウエディングケーキのつもり。

このほか、おいしいグリーンカレーもあったけど、写真なし。


付け足し
この晩餐会は、食べながら歓談することが主でしたが、時々少しスピーチがありました。これが面白くて、会場が何度も爆笑に包まれて、若い人たちの元気な笑い声のおかげで、とても盛り上がりました。

はるばるタイのリゾート地、クラビまでお出かけくださった大勢の皆様一人一人に感謝を伝えきれなかったのですが、逆に元気をもらって、いい思い出になりました。

[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-24 16:13 | Trackback | Comments(4)
雨か、晴れるかで式の場所が違うことになっていたので、最後まで気になりましたが、結局、晴れて、式は外でした。

前の日に練習した通り、フラワーガールのマゴマゴちゃんは、しゅくしゅくと新婦の登場に先立って花道に花びらを撒きました。そして、一人舞台で立って待っていた新郎ミスターKとファイブの挨拶をかわして、マゴマゴちゃんの役目は無事終了。もちろん会場にはあたたかな笑いが。

そのあと、お兄ちゃんに手を引かれてメグが登場。本来なら父親の役目なのに、高齢その他(?)の理由でお父さんが来られないと知ったのは、私にとっては驚きでした。メグとセガとお父さんとは、いろいろ話し合った末のことだったんでしょう。二人ともナットクしているみたいでした。(脚注1)

e0010856_22595419.jpg


司式者(celebrant)による,人前結婚式。仏式でも、神式でもない形。セレブラントcelebrant という言葉を初めて聞きました。若いタイの方で、長い文章を英語で読んで、結婚の意義を語り、新郎、新婦二人に誓いの言葉(イエス、アイ ドゥ。  だけ!)を言わせて、指輪をおたがいにはめさせて、「今から二人は夫と妻であることを宣言します」と。式は全部英語でした。(脚注2)


e0010856_2172995.jpg


式のハイライトはこれ(↑)。

この写真は、もちろん出席してくださったどなたか(たぶん、新郎の友人)が撮って、FBにアップしてくださったもの。本当に、今回の結婚式で私の一番好きなシーンでした。(脚注3) もちろん会場は大爆笑のどよめき。

でも、メグが生まれた時、まさかこういう結婚式になるなんて、だれが想像しえたでしょう? ウンメイって本当に、つくづく、わからないものですね。






????????????????????????????????????????????????????????????????


脚注1.夜の晩餐会でメグがスピーチをしたとき、「残念ながらお父さんは来れなかったんですが、こんなに大勢の皆さんに集まってもらって本当にうれしいです。」と涙声で言っていました。

脚注2.これだけは、メグから事前に相談(打診)をうけていました。誓いの文言について。あまり宗教色を強く出さないで、分別のある誓いの言葉でした。

脚注3.式全体は伝統的な要素と、カジュアルで気楽な雰囲気をあわせもった、楽しいものでした。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-24 05:51 | Trackback | Comments(4)
式の前の日はリハーサルがあって、マゴマゴちゃんがフラワーガール役をするので、その練習会がありました。
e0010856_131571.jpg


Kさんにも、うちのマゴマゴちゃんより少し年上の甥御さんがいるのですが、なにせニューヨーク住まいとかで、今回はこられなかったのでした。

式は4月8日(土)の夕方5時からで、それより前にプロのカメラマンによる撮影会がありました。

e0010856_1152632.jpg


そうとは知らずに式の当日、少し早めに会場に出かけて行ったので、Kさんのご家族・ご親戚と一緒に、私も二人の写真撮影会に参加させてもらいました。ホテルの入り口でしばらく待っていたら、カメラマンが3人もご登場。メグは「一人しかたのんでないのに。」なんて言ってましたが、この3人のプロカメラマンがホテルの敷地内のいろいろないい場所に行っては、ああもこうもいろいろ注文を出してポーズをとらせるので、つられて私たちもたくさん写真を撮ることになってしまいました。


e0010856_145687.jpg
e0010856_157412.jpg



この3人のカメラマンたちは、式の最中も舞台の一番近くにいて、撮りどおし撮っていました。


e0010856_1372769.jpg
e0010856_224751.jpg

e0010856_15820100.jpg


でもね、こうして写真だけ見るとわからないでしょうけど、とにかく暑くて、暑くて、たまらないのです。だれもが汗をかきどおしで、このひと時をすごしていたのでした。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-23 02:06 | Trackback | Comments(2)

メグの結婚(3)式場

式場となったのは、タイの国、クラビ地区にあるプーレイ湾に面したホテルでした。
e0010856_836522.jpg


行ってみてわかったことは、このホテルでは、結婚式というのは、年に4,5回しか受け付けないとのこと。とてもプライバシーを重んじた、ていねいな作りのホテルでした。入り口では用件を説明しないと中に入れてもらえないし、中に入っても、案内誘導の人に従わなければ、自由に動き回れないような、込みいった作りの場所でした。そしてホテル内はちょっと迷路のようになっていて、建物から建物への移動はすべて車に乗せてもらって、でした。

今回の結婚式でメグたち二人の予算、経費がどのくらいなのか、全然聞いてないのですが、親のすねをかじらずに二人で結婚式を挙げてくれたことについては、「助かった」というか、「ようやった」というか。ウエルダンなのでした。

そしてメグたちご当人二人はこのホテルでかなり特別待遇をしてもらって、4畳半ぐらいあるような大きなベッドのある部屋で、プール付き、ベランダ付き、化粧室付き、休憩室付きの、建物全体を使わせてもらったような感じでした。さらに結婚式の翌日は島巡りのツアーもついていたとか。3日間の極楽暮らしだったようです。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-22 09:11 | Trackback | Comments(6)
話は一挙に飛びます。

「なぜタイで?」

1) ハワイのバリエーション  
Mr.Kの妹さんはメグと同じ年で、海外挙式をされたそうなんです。

2) 詳しいことは聞いてないのですが、おそらく二人して、JTBの海外挙式受付窓口みたいなところへ行ったんではないかとおもいます。

3)タイで、MR.Kと話した時、「ほとんど僕の一存で決めました。」とか。メグは場所にはこだわってなかったとか。

4) Mr.Kが以前に仕事でタイのクラビという場所で過ごしたことがあり、とても気に入ったので、とも。 Mr.Kにとっては3度目のクラビだったそう。

この二人の決断は、そうはいってもすんなりスムーズに決まったのかどうか、??? です。

あるときフェイスタイムでメグと話していて、
私「タイに行かれない親戚の方とか、友だちとか大勢いるから、また日本へ帰ってから、簡単な食事会でもしたらどうお?」
メグ「お母さん、私の結婚式をつぶす気❓」
私「…………。」

e0010856_17253312.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-20 17:25 | Trackback | Comments(4)

メグの結婚(1)

「メグの結婚」というタイトルで書きたい項目を書き出してみたら、約13項目でてきました。
よって、これから約13回にわたってこのタイトルでこのブログを書き綴ってみたいです。
途中でもっとふくらんだり、あるいはもっと縮んだりするかもしれませんが、一応13回の予定です。

まずはその一、そもそもの始まりについて。➡ そもそも談議です。

かねがね私はメグに「30代になったら子育ては大変よ、20代の若いうちが子育ては楽よ」などとつぶやいていたものの、こういうことは一人の意志だけで決められることではないので、いつのことやら、どうなることやら???さっぱりでした。ちなみにメグは1986年生まれ。今年ちょうど満30歳。

去年(2016年)の夏、8月初めごろ(7、8、9日)のことでした。この記事 を書いていた頃、同時進行でメグと長いFBメッセージの交換をしていました。翌9月のサンディエゴ行きに、メグがMR.Kも一緒に行ってもいい?と聞いたのがそもそもの始まりでした。その時はすでにサンディエゴのホテルに私とメグの二人一部屋で予約をしてしまったいたので、これを変更するのに、姪に二度手間をかけなければなりませんでした。

サンディエコでは仲良く二人して、すべての結婚式行事に参加して、よっちゃんの言葉によれば二人は「アツアツだねえ」と。

それから10,11,12月。二人は着々と、婚姻届け、同居開始、そうして海外挙式の準備を進めていったのでした。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-19 02:18 | Trackback | Comments(2)

食あたりの原因は。

無事C村に帰ってきました。(14日金曜日、グッドフライデーと呼ばれる日、の夜。)
大旅行の後、実はもう一つのハプニングがあり、まる二日後の今日(16日、日曜、イースターサンデー)となって、だいぶ落ち着いてきました。それで今、白ご飯を炊く用意をしています。

のりさん、コメントに旦那様のタイ行きのことが書いてありました。それで、出張に間に合うように、この記事を急ぎますね。もう一人の「のり」、このブログでは「セガ」と呼ばれている人、によると、

「ドリンクの氷だよ。」

ですって。ほかにも4人の方たちから、同じ反応をいただきました。「みんな知ってるんだ」と思いました。
知らなかったのは、友人、ティネカさんと私だけだったようです。(トホホ)

ほかの食べ物は全部火が通っている!ったくその通りですよね。

友が飲んだのはオレンジジュース。私のは白いほうで、ドラゴン・フルーツジュース。とっても甘かったのですが、氷がいっぱい入っていて、ざらざらゴロゴロの中にストローを混ぜまぜしながら飲みました。まさか、まさか・・・でした。全然思いつかなかったです。不覚でした。ほぼ注文したものは全部食べて、私はその夜眠りにつくまでどうもなかった。ティネカさんは最初に強烈な下痢だったとか。私は夜中すぎ、寝ている間に胃が気持ち悪くなり、トイレに行って吐きました。その後も何度も何度も、ウトウトしてはムカムカして、汗ばむ思いでトイレ通い。次の日、まったく起き上がれず、地獄でした。

このブログ(↓)が参考になるとおもいます。⇒のりさんへ。

「パタヤ千夜一夜」 2015年3月19日の記事

タイで食あたり性の下痢になった時の対処法と薬局の使い方

今から出かけるときは、この程度の薬も持参していきたいとおもいます。

でも、お腹の中に毒(菌)が入ってしまったら、それが出るまで(出すまで)はやっぱり時間がかかりますよね。もっとひどい症状になったら、病院とかも考えなければでしょうけど、私たちはとにかくまる一日昼も夜もじっと安静にして体を休めて、吐くなり下痢するなりを続けながら、バクテリアの力がしずまり、こちらの体力(体調)が元に戻るまで、じっと時間のトンネルの中にもぐりこんでいただけでした。

社用などでタイにお出かけの場合、屋台や場末の安食堂など、あまり利用することはないのではないでしょうか。ちゃんとしたレストラン、ちゃんとしたホテル、ちゃんとした食堂なら、変な氷も出されないことでしょう。

私たちが入ったのは、 Indi Thai Fast Food とか言う、屋台よりはましな、それでもテーブルが20~30はあって、ほかにも客が十数人いたお店でしたけど、、、
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-17 06:11 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(6)

ちゃんとハプニング

今回の旅はハプニングのないことを願っていたのですが、起こってしまいました。
e0010856_13413100.jpg


長い話を短くすると、食あたりに襲われてしまいました。

e0010856_1353486.jpg


昨日(11日,火)はまるまる一日中、二人してベッドに寝たきり、トイレ以外動けませんでした。

e0010856_142732.jpg


上の写真に写っている食べ物の中で何が食あたりの原因だったかわかりますか?
お分かりの方は旅慣れした上級旅行者でしょう。

ティネカさんも私も素人旅行者レベルだったんです。

とりあえず、ここでアップ。あとは多分C村に帰ってからになるでしょう。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-13 01:49 | 行ったところ | Trackback | Comments(6)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ