紅茶国C村の日々


<   2017年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧



東野圭吾「容疑者Xの献身」

昨日、写真をアップしたこれからの読書予報ですが、その前にこの(↓)本について一筆。
昨日の本たちが来るのを待っている間に、本棚にあった文庫本から。たぶん、メグが置いてったもので、私にとって東野圭吾さんってはじめてでした。ファンはいっぱいいるんですよね、きっと。

e0010856_11323740.jpg


かれこれ12年以上前の本についてです。

スエーデンのミステリーと、宮部みゆきの本を読んで、ついでに手にしたこのミステリー。

e0010856_11325938.jpg


とても気持ちよく楽しめました。物語の進行に、スピード感があって、変にじらされないところが良かったです。
できることなら、石神と靖子を一緒にさせてくれたらなあ、と思いましたけど。予想もつかない結末でしたけど、それもまたよかったです。やっぱりミステリーは先が読めたら、面白くないでしょうからねえ。

説教じみた文章は一切なくて、事実描写だけで進められる話しっぷりも、よかった。時々作者って、筋書きが佳境にはいってくると一節ぶちたくなるものだとおもうのですが、そういう入れ込みがないのも、またよかった。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-28 09:15 | 本を読んで | Trackback | Comments(2)


読書予報

いきなりですが、Yそうりのおすすめの本が、四女のよっちゃんのおかげではるばるアジアとヨーロッパの大陸を超えて、紅茶国まで送られてきました。

e0010856_8512860.jpg


これから一冊ずつ、これらの(↑)本を読むたびに、ブログの記事にさせてもらう予定です。

よって、「読書予報」。

Yそうり, よっちゃん、
ありがとうございました。


le="line-height: 1.2;">ちょっと業務連絡。

明日(2月27日)は新宿で「沖縄ワークキャンプ50周年記念リユニオン」の準備リユニオン会が開かれる予定。そうり、ざいむ、かんぼう、こうせい(兼もんか)、つうさん(兼けいき)、それからもしかしたらこくざわがはくと、きんじょうあるぴにすともお集まりなんでしょうか。どうか楽しく、実り多い会となりますように。レポートを楽しみに待っています。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-26 20:51 | 本を読んで | Trackback | Comments(2)


春一番

昨日(2月24日)はめずらしい晴天でした。
その前の日は一日中強風が吹き荒れて、典型的な「春一番」のお天気でしたが。

e0010856_115362.jpg


あまりの青空にカメラを取り出さずにはいられなかったほど。

e0010856_1162548.jpg


これは ドレイトン・パーズローという村のスポーツグラウンド。ここに毎週、木曜の夜と金曜の午後、やってきます。

e0010856_1171429.jpg


アビーさんという、紅茶国でもトップクラスのブリッジプレーヤーが主催するブリッジ・クラブの集会所(↓)。

e0010856_1183025.jpg


たかがトランプゲーム。されど勝負の世界は厳しくて、

e0010856_1193142.jpg


いつも一喜一憂。勝つとうれしい、負けると悔しい。

もうこれについては、別のブログをはじめようかと思うほど、あれこれありすぎて、書き出せないでいます。(笑)
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-26 20:33 | Trackback | Comments(0)


休みの終わりにルイちゃんちにお呼ばれ。

一週間更新できなかったのは、ハーフタームの休みが終わって、学校が再開したため。
それで話を一週間前に戻してみます。

日曜日(2月19日)。この日で学期中間休みが終わり。
昼ご飯に招かれて、車で30~40分のルイちゃんちへ行き、
お腹いっぱいごちそうになってきました。

ルイパパの鶏の丸焼き、とってもみごとなもんです。でも、写真がなくてすみません。(撮影を遠慮したためですが。)付け合わせの野菜も、いろどりよく、種類も多く、栄養的にも満点。デザートは、アップルクランブル+アイスクリーム。

ルイちゃんは今年イレブン・プラスと呼ばれる11歳児が全国的に受ける知能テストを受けた男の子。(あのベイビーがもう11歳! このブログを書き始めたころ、にこにこ笑顔の赤ちゃんの写真をアップしたことがありました。)ハリーポッター全7巻を何度も読んだそうです。家の入り口には、こんな(↓)ものが。

e0010856_11444098.jpg


さらに私のカメラには、この家の広い庭の景色をおさめさせてもらいました。スノードロップス(↓)。

e0010856_11463493.jpg


とか、プールもトランポリンもこの家の庭にはあって、さらに、私はうらやましくてたまらないこんなもの(↓)があるのです。この小屋に入りこんでおやつと飲み物を用意して、いつまでもいつまでも読書三昧に耽ってみたい!というのが、こどもの頃の夢でした。

e0010856_11474481.jpg


だけど、どうやらこの小屋は、子供には危ないという理由で自由に使わせてもらえないらしいです。
e0010856_11492135.jpg


これ(↑)は、ハーフターム中にルイちゃん一家がベルリンを旅行して、あのベルリンの壁の一部をお土産に買ってきたということで、見せてくれました。中国語の「壁」という文字が目に付いて、びっくりでした。日本や中国からの観光客がいっぱい来ているからなんでしょうか。

e0010856_11503731.jpg


まだまだ2月。ルイちゃんちは暖炉の火で広いリビングルームを温めていました。シャンペンを2杯いただいて、ついうつらうつらしてしまいました。次の日からいよいよ仕事開始。ためていたブログもこれから 続けていくつか記事を更新するつもりです。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-26 12:14 | Trackback | Comments(2)


ライオンまたはサルウの物語。

見ました。見てきたよ。見ちゃった。よかった。
今年のいろいろな映画賞で、受賞したり、たくさんノミネートされている話題の映画、インドとオーストラリアを舞台にした映画「ライオン」。デブ・パテルとニコール・キッドマンがいい演技してる。

e0010856_1022395.png


すごくいい映画です。だんぜんおすすめ。

e0010856_1052631.jpg


映画の最後近くで私の二つの瞳からこぼれ落ちて、頬を濡らしたものが、いい映画の証拠。

e0010856_1084273.jpg


なんてったって、実話の強み。

奇跡の実話を映画化する『LION ライオン 25年目のただいま/Lion』は2016年11月25日全米公開。日本では2017年4月7日公開。


e0010856_10115021.jpg


そのうえ、その本当にあった25年間分の話をまとめて描き出すという映像化の仕方に成功してるというか、セリフはとても少ないんですけど、それが全然不自然でなく、実感を伴ってじっくりと画面から伝わってくるものがあって、よかった。

あまり中味については触れないで置くほうがいいとおもうのですが、「母を訪ねて三千里」とか、「安寿と厨子王」とか、「岸壁の母」とか、そういうものと似通ったテーマの作品、別れ別れになった母子の再会の物語。だけど、育ての親が入りこんできて、複雑になるところが、現代的でかつ葛藤のあるところ。

e0010856_11384561.jpg

ミルトンキーンズの郊外、ブレッチリーの近くで、MKドン(ズ)と呼ばれるサッカーチームの本拠地、巨大なスタジアムのある場所にはじめて行った。前もってグーグルしたら、22分かかるというので、少し早めに出たけど、行ってびっくり。

e0010856_10185442.jpg


オデオンの建物をみつけたのが、映画が始まる10分前。それから広い広い駐車場を探して、あちらこちら空きスペースを探して車でグルグル、いったんは3時スタートの部をあきらめて、夜の7時過ぎの部まで待たねばならないかと思いながら、ようやく出ていく車を見つけて駐車に成功。(ここで学んだレッスン。広い駐車場の空きスペースを探すときは、とにかく歩いている人をみつけて、その近くに行くのがコツ。もっとも、今駐車したばかりで車から出てきた人たちも歩いているわけなので、そこは運、不運がつきもの。

e0010856_1038381.jpg


オデオンの建物は上の写真のはるか遠く。
とにかく、小走りに映画館に入って、切符売り場を探し、マシーンで切符を買うのが早いというけど、ライオンの映画がメニューに出てこない。入り口まで行ってどこで切符買えるの?と聞き、ポップコーン売り場の行列に並んで、カウンターの兄ちゃんに相談したら、予告編は始まったけど、まだ本番は間に合うからと、

ハーフタームの休みも終わりかけて、今しか見る時がないと思って、思い切って行ってきてよかった。あとは、来週の土曜日にロンドンで、デンゼル・ワシントンの「フェンス」を見る予定。これで今年の映画賞の評判をとった4作品を見たことになる。なぜかとてもうれしい。(おっと、サリー、ハドソン川の奇跡もみたいのだった。)
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-19 10:57 | 映画 | Trackback | Comments(4)


作りたくて作ったんじゃない。

ハーフタームの休み中だから、毎日が週末と同じようなもの。よって、週末クッキングの記事の続き。

これ(↓)、ちょっとグロテスクでしょ。考えようによっては、ビビる気持ちもあるのですけど、「そこに山があるから山に登る」と答えた登山家の言葉を思い出しながら、ここに鶏が一匹あるから、これをなんとか食べられるようにせねばならぬと思っての一仕事でした。

紅茶国で、このまるごと鶏一匹というのは、そんなに高くないんです。テスコ当たりなら3,4ポンド(5~600円)ぐらいから鶏一匹が買えます。大きさにもよるけど、これ(↓)も10ポンドしなかった。隣村へ行く途中のブッチャー(肉屋さん)でまとめ買いをしたのではっきり値段を覚えてないけど、7ポンド=1000円ぐらいじゃなかったかな。

つい数日前も作ったので、今年に入って2度目の鶏の丸焼きでした。クックパッドとかでざっと調べて、結局鶏全体に塩を揉みこんで低温で焼くという方法にしました。この下味の付け方次第で味もすっかり変わってくるのでしょうが、今回は簡単なやり方でやってみました。ただし、残り物のレモン汁と、塩麴も味付けに足してみました。黒コショウも。そして塩をまわり中にこすりつけた後、一晩冷蔵庫の中に寝かしておきました。(これは1,2時間、室温に放置しておくだけでも、味をつけてすぐ焼き始めるよりも、いいらしい。)

低温で、ファン付きのオーブンなので170度ぐらいで約1時間半ぐらい。焦がさないように、そして生焼きにならないように、焼き加減を見ながらテキトーにやってみました。テスコなど、スーパーで買うと、肉の重さに応じて何分ぐらい焼いたら良いか、だいたいインストラクション(説明書き)がパッケージのどこかに書いてあるので、それに従えばいいわけです。上の肉はブッチャーのもので、そんな説明はなかったので、重さも計らず、テキトーにやってしまいました。

e0010856_1093478.jpg


串を肉にさしてみて、透明な汁が出て来たら、OKとのこと。

e0010856_10112136.jpg


いい焼き色がつきました。これ(↑)は焼き上がりの半分。これ(↓)はお肉を切り分けた半分。

e0010856_10103551.jpg


ていねいに焼くと、肉と骨の身離れがいいということが、今回わかりました。出来上がり(↓)

e0010856_10122879.jpg


お皿に盛り付けると、全然違って見えるでしょ。

残りのお肉は骨の部分をのぞいて、タッパーに入れて冷蔵庫へ。
骨の部分は、生姜やニンニクやレモンや、あればねぎや塩コショウなど薬味になるものを加えてたっぷりの水でぐつぐつ。途中で灰汁取りをていねいにして、おいしい鶏ガラのスープをとりました。ラーメンにしてみるかも、です。

e0010856_1036421.jpg


これで2,3日。いや、4,5日はあれこれ。手を変え品を変えて、利用しつくさねばなりません。食べ物を無駄にしないために、苦労します。美味しくできたら、それはうれしいですけど、食べ過ぎにならないように、気をつけなければ、ね。

人参とひじきがたくさんあったので、こんな(↓)ものも一緒に作ってしまいました。太りそう… 。
あ、これは作りたくて作りました。(笑)

e0010856_10404910.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-16 10:50 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(4)


いやいや読んだ本

こういうこともあるのだなあと、思いました。
ある本を読み終わったのですが、その本は・・・・・

読書好きの長姉が時々本を「読めし」と言って、調達してくれます。
夕べ読み終わったのは、去年の10月、サンディエゴまで甥々クンにことづけて、まわしてくれた本の中の一冊。

年に2-3回、あるかないか、姉からの手紙。日付けがないけど、数年前のあるときの手紙に、「今、〇田〇樹という人の本を集中的に読んでいます。」と書いてありました。それがどんな人かも知らず、私はサンディエゴ(姪の結婚式)のために実家からやってくる人達二人(甥と、甥の甥)に頼んでしまいました。「姉が一時期はまったという〇田〇樹という人の、どんな本でもいいからその人の本をお願い。」と。

サンディエゴで甥々君から聞いた話では、この本について、「実はこの作者は、今とても問題がある人なので、せっかくのご指名だけどあまり勧めたくない。なんとかこの本ならどうだろうか。」という断り付きで手渡された本だったのでした。グーグルしたら、いろいろありました。政治的なこと、裁判沙汰のことなど。それはともかく、

なんとか読みました

やはり「問題あり」の本でした。ちょうど映画「ブラック・スワン」が「問題あり」だったのと、おなじような理由で、「問題あり」なのでした。本の後ろの梗概を引用します。

「田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女、美帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われ美帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、一人の男への、狂おしいまでの情念だった――。


全然面白くなくて、何度も途中で読むのをやめようかと思ったほどでしたが、半強制的に、読みおえました。

だいたい、なにが気にいらないかって、そもそもテーマがまったく受けいれがたい。「びじん」と「ぶす」の両方をメインテーマにした本というのがそもそもうさんくさい。そして文体があまりにも単調で、うわすべりしている。全然「真(しん)」にせまってこない。一行一行が嘘っぽい。

以上です。

e0010856_1235022.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-15 12:46 | 本を読んで | Trackback | Comments(0)


ブリッジ、ブリッジ、ブリッジ(2)

月曜日はストークマンデビル・ブリッジクラブ
火曜日はマルティカルチャーセンター
水曜日はミルトンキーンズのセンターコムまたはウエンドーバー
木曜日はドレイトン・パーズロー
金曜日はドレイトン・パーズロー または ファーストン

つまり毎晩トランプ競技会、またの名を「夜な夜なゲーム」にはまっています。
これが本当にいろいろありまして・・・一喜一憂。勝ったり負けたり。
勝つとうれしい、負けると悔しい。もうその連続。

e0010856_11522950.jpg


上の写真はドレイトンパーズロー(木、金)の片隅。

e0010856_11531495.jpg


上の写真は空きテーブル。奥にあるラップトップで、その夜の試合結果がわかる。そのままインターネットに載せられる。いわばヘッドクオーターというか、司令塔というか。

e0010856_11542181.jpg


一つのテーブルを4人が囲むので、10テーブルなら40人。多い時は15テーブル(60人)、少ないときなら8テーブル(32人)ぐらい。

e0010856_11552371.jpg


月曜から金曜まで、どのブリッジクラブも、毎週の例会のようになっているので、顔ぶれがかなり固定しています。それでも毎回結果は固定していない。 前の週でトップになったペアが次の週でビリ(ボトム)になることもあるのがこのゲーム。

かといって、セブン・ブリッジなどのようにまったく偶然に左右されるかというとそうでもないのがこのゲーム。やっぱり上手な人は上手。下手な人は下手。

これをイギリス中のブリッジ・プレーヤーを13のレベルに分けて、まったくの初心者はレベル2。それから過去80試合中の平均勝率が50%前後の人がレベル8.そして9,10と上がっていって11はトランプのJ(ジャック)、その上はQ(クイーン)、そしてK(キング)。キングの上にA(エース)の人がいて、その人達は平均勝率が61%以上の人たち。(なぜ、全競技者を13の段階に分けるか、お分かりですよね?わからない方はトランプをやったことがない人でしょう(笑)。ちなみに英語でトランプというと切り札のこと。日本語のトランプは、英語ではカード。カードと言えば、日本語では銀行のクレジットカードとかになってしまって、ややこしいですね。おまけにアメリカの問題児の名前も絡んできてるし・・・。笑)

A(エース)のレベルの人たちは、紅茶国中の全競技者の3.8%を占めるのみ。同じA(エース)のレベルでも、クローバ(AC)、ダイヤ(AD)、ハー(AH)ト、スペード(AS)と4段階に分かれていて、もちろんAS(エースのスペード)の人が最高位にいるわけです。それは紅茶国中の全競技者の約0.1%。人数にして58人ぐらい、とのこと。AS,AH,AD,AC、つまりエースの肩書きを持っている人は、紅茶国中でおよそ1000人。

私は今、47.87%でレベル7。当面の目標はレベル8(過去80試合の平均勝率が49%から51%)になることです。これがすごくむずかしい。今宵(13日、月曜日)レイ・Cおじさんと組んで50.46%。順位は21ペア中の12位だったけど、50%を超えてさえいれば、レベルがさがることはない。

このレベルというのは NGS (ナショナル・グレード・スキーム)と呼ばれていて、EBU(イングリッシュ・ブリッジ・ユニオン)のウエブサイトがら誰でも見ることができるようになっている。苗字さえ入力すればEBU(イギリスブリッジ連盟)に所属しているプレーヤーならすべての人のレベル(NGS)を見ることができる。

現在イギリス中でトップにいるプレーヤーはアンドルー・ロブソンという方で、毎日タイムズ新聞のブリッジ欄にこのゲームについての記事を書いている方。過去の試合の勝率(平均)が72.63%という数字。70%以上の勝率を持っている人は、イギリス国中でいまのところ3人のみ。

ふう。しんどいけど、がんばります。
♫ 勝ってうれしい花一匁。負けて悔しい花一匁の話でした。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-14 11:16 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(0)


週末料理シリーズ(再)

好きな食べ物、よく作る料理、「おいしくてたまらん」と思うものをまとめてみました。全部この週末に作ったわけじゃないけど、週末に総まとめをしたということで。

(1) 豆腐と玉ねぎのくたくた煮。
e0010856_11241175.jpg

これは野菜料理研究家 庄司いずみさんのレシピーです。いずみさんのレシピーはどれも簡単に作れて、おいしいんです。鍋に玉ねぎと豆腐と味付けに醤油を適量たらしてぐつぐつ煮るだけ。分量にもよりますが、中火で20分ぐらいかしら。お好みによってみりんとかお酒を少し加えても可。だしの素なんて何にも入れなくて、じゅうぶん美味しいんです。

(2)豆腐の味噌漬け
e0010856_11382127.jpg

これはロンドン在住の栄養療法士KKさんから教えてもらったもの。この頃は手抜きして、ただパックから出した豆腐に味噌を塗りたくって1-2日冷蔵庫に入れておくだけ。味噌をこすり取って豆腐だけ食べてもいいけど、味噌に豆腐の水分がしみ込んで塩気が薄くなっているので、味噌ごとそのまま食べてしまいます。これは私のおつまみ。小さく切って小皿に乗せるとチーズみたいな舌触りになったりします。

(3)始めて作ったスパゲティの生トマトソースからめ。
e0010856_11424616.jpg

これは「おいしくてたまらん」というほどはまってメニューじゃないんですけど、先日フェイスブックで誰か、トマト好きな若者が動画を載せてました。とにかく、トマトをすりおろして、たっぷりのトマトジュース(生)にオリーブオイルと塩コショウを混ぜて、それにゆでたてのスパゲッティをからめるだけ。トマトの味が生きていて、おいしい。どういう温度で食べたいかが、ちょっと工夫のしどころかも。

(4)いつものおやつ、つまみ食いの素 = クルミ。
e0010856_1145474.jpg

これは料理でも何でもないです。ただ、毎日少しずつつまんでいるもの。大好物。2-3個ずつ、日に数回。飲み物と一緒によく食べはまってる。リスに負けてないくらい。

(5)柿
e0010856_1146224.jpg

これも大好物。スペインとか南アフリカとかから来るので、季節外れでもちゃんとお店に並べられています。リンゴやオレンジに比べると値段がずっと高いけど、大好物なのでつい買ってしまいます。市場でも一つ30ペンスぐらい。3個で1ポンド(150円)。新しくて、大きいのは一つ50ペンス(80円ぐらい)の時もあります。熟し過ぎて少しくたびれてきたのは運がよければ5個で1ポンドというときも・・・。

(6)浅漬け
e0010856_4561887.jpg

写真は食べ残しみたいな感じであまり実態を表わしてないけど、これもいつ作っても「おいしくてたまらん」と独り言が出てしまうもの。単なる白菜の漬物ですが、白菜っていい味だしてくれますよね。どう調理しても…。

(7)玉ねぎと人参
e0010856_4551784.jpg

とにかくニンジンは安いんです。キロ単位で買っても200円以下ぐらい。紅茶国の人参はとても甘味が強いです。種類によって、堅いのや、水っぽいのもあり、すぐ皮が黒ずんできて腐りかけるのもあるけど、冷たいところにおいておけば数日から一週間は大丈夫。さて、こんなに大量に下ごしらえして、どうしたかって?半分は水につけておいて、次の日に使うつもり。最初の半分は大きめに切ってゆでて、付け合わせにしました。

(8)マッシュド・ポテト
e0010856_458237.jpg

これは別に「おいしくてたまらん」料理として載せたわけじゃなくて、昨日から今日にかけて作りました。出来上がったものはこれ(↓)

(9)ファーマーズ・パイ。
e0010856_948359.jpg

牛挽肉を玉ねぎと炒めて、いろんなハーブ類や塩コショウ、酒、ウスターソース、ケチャップなども加えて、水っぽくしたくなければ片栗粉か、顆粒状のグレイビー(ソースの素、日本ではルウ状態になっているものと同じ類のもの)で土台を作り上にマッシュポテトをのせて、さらにチーズをかぶせて、オーブンで焼く。典型的なイギリス料理の一つです。シェパーズパイまたはコッテージパイとも。

上の写真は残り物ですが、アツアツが美味しいですよ。冷めたらあまりお勧めできません。でも一度作って冷凍もできるし、電子レンジで温めることも可。

以上ここ数日間に撮りためた食べ物写真をアップしてみました。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-13 10:23 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(2)


南杏子「サイレント・ブレス」幻冬舎を読みました。

この本のことををはじめて知ったのは、フェイスブック友でスイスのジュネーブにお住まいのYoshiko Kurisaki (栗崎由子)さんの November 19, 2016  の記事でした。

e0010856_8375645.png


幻冬舎のこの本についての記事は こちらでお読みいただけます。。

e0010856_11484041.jpg


メグに頼んで待つことしばし。今年になって本が届き、最近読み終わりました。ありがとう⇒めぐへ。

e0010856_1150066.jpg


とてもいい本でした。みなさんに読んでもらいたい本です。おすすめ。

イギリス在住のかたでこの本を読んでみたいけど、簡単に入手できないという方は郵送で貸し出すことができますよ。この記事の下にある Comments という言葉をクリックすると、画面に「コメントする」という横に細長いボックスが現れます。そこをもう一度クリックするとコメントボックスが出てきます。お名前や連絡先、できたらメアドなどを書いた後、コメント欄(ボックス)の下に「非公開コメント」という言葉がでてきてその横に小さなボックスがついているので、そこをクリックしてください。誰にもほかの人に見られないで私だけ宛ての連絡が可能です。

e0010856_7242619.jpg


人はみんな生まれて死ぬ。当たり前と言えばそうかもしれませんが、ふだんの日常ではあまり頻繁に出くわすことのない出来事ですよね。だれでもみんな人は生まれるときと死ぬときは大きなドラマを伴っているものだと思っています。私自身も、いつどうやって死ぬのかは大きなミステリー(=謎)でもあり、ドラマ(誰にとって?多分、身内にとって)でしょう。

現役の医師のかたが幾人かの登場人物(フィクションだそうですが)の終焉について、書かれた本です。

e0010856_7244686.jpg


今なにが自分にできるか、なにをしておくべきか、いろいろと考えさせられる本です。やっぱり、願わくば、だれだって安らかな死を望みたいですよね。眠ったように、または眠ったまま、さようならが理想的な死に方ではないでしょうか?
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-12 11:25 | 本を読んで | Trackback | Comments(0)

    

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。
by dekobokoミチ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
エキサイトブログ向上委員会
小さな手紙
人形町からごちそうさま
草仏教ブログ
vivid memories
今週のピックアップブロガー
あぱかば・ブログ篇
NED-WLT
◆Cinq*Etoiles◆
大隅典子の仙台通信
ばーさんがじーさんに作る食卓
花の仲間調べ
Strawberry a...
ライフ IN ロンドン
こばやしゆふ yu-...
薬膳のチカラ
マリーあんころネットの部屋
一歩一歩!振り返れば、人...
おうち*
小夏おばさんの 自己中心...
トルコ子育て生活
「ROMA」旅写ライター...
noraばばの お遊び記
そんな毎日、こんな毎日
vege dining ...
ロンドン 2人暮らし
エリオットゆかりの美味し...
ようこそ!おうちカフェへ
妻の小言。
長坂道子「ときどき日記」
ハチドリのブラジル・サン...
イギリス ウェールズの自...
** mana's K...
三溝清美 Cooking...
- AMERICAN D...
Bienvenue en...
honey+Cafe
agsjapanese
音作衛門道楽日記
♪アロマと暮らすたのしい毎日♪
おひとりさまの食卓plus
好きを仕事にする大人塾「...
犬とご飯と雑貨。
sakuraの英国便り
オオニシ恭子の薬膳日記
7つの塔が見える窓から ...
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
Chakomonkey ...
ベジタリアンミットゥンと...
ごちそうさま@Cafe
大好き海外ドラマ&恋して...
風に色をつかせるとき
Linen Style...
un_voyage♪♪
おいしいは嬉しい
すなおに生きる
北欧・スウェーデンよりシ...
カフェと畑と犬と猫
久次郎さんブログ
追憶ノート
Photos from ...
YUKA’sレシピ♪
くらしのし
マリーあんころネットの部屋2
オカリナ / エトランゼ...
アメリカからニュージーランドへ
やわらかい陽ざしのなかで
Delicatusib
すぎりおのがんばったるねん
クラシックな暮らし
daidokoro
2度目のリタイア後のライフ
エゲレス暮らし
世に倦む日日
ロンドン発 おもてなしテ...
アメリカ 青春の記録
ロンドンの食卓
WITH LATTICE
野口家のふだんごはん ~...
日々の記録
素敵な日々ログ+ la ...
人生、苦ありゃ、楽あるさ...
最新のコメント
じゃ、黒猫が横切っても横..
by agsmatters05 at 08:53
すっかり、秋模様ですね〜..
by mittyan-buhibuhi at 10:56
LINEですよ。 動画..
by mittyan-buhibuhi at 21:47
小夏さんとこは LINE..
by agsmatters05 at 01:47
marri さん、 m..
by agsmatters05 at 01:38
よしこさん、 新米ママ..
by agsmatters05 at 01:29
小夏さん、メグは2週間、..
by agsmatters05 at 01:25
お疲れ様でした。 紅茶..
by mittyan-buhibuhi at 23:14
お帰りなさい。お疲れさん..
by marri at 19:48
長旅お疲れ様でした。 ..
by よしこ at 19:28
エキサイト以外のブログ
その他のジャンル
a-ranking
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧