カテゴリ:映画( 5 )

あっという間の一週間でした。先週の土曜日にさそさんと二人で女子会して、この映画をみることができました。1950年代のピッツバーグ訛りって,さっぱりわからん。前もって読んでおいたあらすじから推して知るべし、てか、わかったつもりでみてました。字幕付きでもう一度見たら全然理解度が違うはず。しかもものすごいセリフの量でした。あんなに一度に覚えてしゃべり続ける、ってすごいエネルギーだわ。デンゼル・ワシントンおみごと。セリフの量でくらべたら、ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー)とはくらべものにならないほど。もっとも、ケイシー・アフレックは黙っているところに演技力を発揮。デンゼル・ワシントンはその逆の演技力を発揮したということか。とか何とか、素人がテキトーなことを言ってます。今年は賞をもらった作品をがんばって映画館へ行ってみることができて、ささやかな当たり年、でした。あと「ムーンライト」を見なくては。

e0010856_9131648.jpg


そしてアカデミー女優助演賞をもらったヴィオラ・デイビスもよかった。わざわざロンドンまでお上りさんして見てよかった、見る価値があった、と思いました。ライオンのニコール・キッドマンもいい演技してて、惜しかったですけど。

あとからテオ君に聞いた話では、たいがいの映画は映画館へ行かなくてもみることができるんだって。いくつかのサイトを教えてくれました。でもイリーガルのようですが。

e0010856_10455725.jpg

e0010856_934365.jpg


それでもって、どんな映画だった?と聞かれたら、「家庭の外に子供を作った男の話」だと言っておこうと思う。もちろんそれだけじゃないけど、ヴィオラ・デービスが女優助演賞をもらえたのは、話の頂点がそこにあるから(あったから)。サルトル、クリントン、チャーチル、ガンジーも、ドミニク・ストラス=カーンも、つまりそれが「男」というものなのかなあ、と考えさせられた映画でした。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-03-11 10:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)
見ました。見てきたよ。見ちゃった。よかった。
今年のいろいろな映画賞で、受賞したり、たくさんノミネートされている話題の映画、インドとオーストラリアを舞台にした映画「ライオン」。デブ・パテルとニコール・キッドマンがいい演技してる。

e0010856_1022395.png


すごくいい映画です。だんぜんおすすめ。

e0010856_1052631.jpg


映画の最後近くで私の二つの瞳からこぼれ落ちて、頬を濡らしたものが、いい映画の証拠。

e0010856_1084273.jpg


なんてったって、実話の強み。

奇跡の実話を映画化する『LION ライオン 25年目のただいま/Lion』は2016年11月25日全米公開。日本では2017年4月7日公開。


e0010856_10115021.jpg


そのうえ、その本当にあった25年間分の話をまとめて描き出すという映像化の仕方に成功してるというか、セリフはとても少ないんですけど、それが全然不自然でなく、実感を伴ってじっくりと画面から伝わってくるものがあって、よかった。

あまり中味については触れないで置くほうがいいとおもうのですが、「母を訪ねて三千里」とか、「安寿と厨子王」とか、「岸壁の母」とか、そういうものと似通ったテーマの作品、別れ別れになった母子の再会の物語。だけど、育ての親が入りこんできて、複雑になるところが、現代的でかつ葛藤のあるところ。

e0010856_11384561.jpg

ミルトンキーンズの郊外、ブレッチリーの近くで、MKドン(ズ)と呼ばれるサッカーチームの本拠地、巨大なスタジアムのある場所にはじめて行った。前もってグーグルしたら、22分かかるというので、少し早めに出たけど、行ってびっくり。

e0010856_10185442.jpg


オデオンの建物をみつけたのが、映画が始まる10分前。それから広い広い駐車場を探して、あちらこちら空きスペースを探して車でグルグル、いったんは3時スタートの部をあきらめて、夜の7時過ぎの部まで待たねばならないかと思いながら、ようやく出ていく車を見つけて駐車に成功。(ここで学んだレッスン。広い駐車場の空きスペースを探すときは、とにかく歩いている人をみつけて、その近くに行くのがコツ。もっとも、今駐車したばかりで車から出てきた人たちも歩いているわけなので、そこは運、不運がつきもの。

e0010856_1038381.jpg


オデオンの建物は上の写真のはるか遠く。
とにかく、小走りに映画館に入って、切符売り場を探し、マシーンで切符を買うのが早いというけど、ライオンの映画がメニューに出てこない。入り口まで行ってどこで切符買えるの?と聞き、ポップコーン売り場の行列に並んで、カウンターの兄ちゃんに相談したら、予告編は始まったけど、まだ本番は間に合うからと、

ハーフタームの休みも終わりかけて、今しか見る時がないと思って、思い切って行ってきてよかった。あとは、来週の土曜日にロンドンで、デンゼル・ワシントンの「フェンス」を見る予定。これで今年の映画賞の評判をとった4作品を見たことになる。なぜかとてもうれしい。(おっと、サリー、ハドソン川の奇跡もみたいのだった。)
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-19 10:57 | 映画 | Trackback | Comments(4)
ウイキ様情報によれば、https://en.wikipedia.org/wiki/La_La_Land_%28film%29

『ラ・ラ・ランド』(原題: La La Land)は2016年にアメリカ合衆国で公開されたミュージカル映画である。脚本、監督はデミアン・チャゼル、主演はライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが務める。第73回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品として上映された


週末、用事と用事の合い間に、時間をやりくりして、オデオンまでのこのこ出かけていきました。

e0010856_1052985.jpg


シルバー料金で10ポンド(1400円ぐらい?)、パーキングが1.5ポンド(210円)。

e0010856_10554656.jpg


ミュージカル仕立て。いくつかのアカデミー賞にもノミネートされていて、プロット(あらすじ)は

現代のロサンゼルスを舞台としてジャズ・ピアニストのセバスチャンと女優のミアの恋模様を描き出していく。


e0010856_10571780.jpg


見てよかったです。言ってしまっていいのかな。
結婚で終わらないハッピーエンディングってとこがいい。(笑) 中ぐらいのめでたさ、というか。

e0010856_1110247.jpg


しみじみとよかった。終わり方が良かった。そしてヒロイン(エマ・ストーン)の演技もよかった。

なんとなく、「マンチェスター・バイ・ザ・・シー」と、「ラ・ラ・ランド」にベスト・アクターとベスト・アクトレスの賞が行くのではないかって、そんな予感がしてしまった。だとするととても効率がいい映画の見方になるはず。年に数本しか見ない映画の二つがアカデミー賞レベルの作品だったという意味で。



あとは、サリー(ハドソン川の奇跡)を見たいのだけれど…
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-07 11:22 | 映画 | Trackback | Comments(0)
見てきましたよ。アカデミー賞の呼び声のたかい「マンチェスター・バイ・ザ・シー」。

いちばん最初にこの映画のことを知ったのは、これ。schatz1995(というペンネーム)さんのブログ「大好き海外ドラマ&恋して外国映画」のある日の記事(去年の12月27日)が教えてくれました。

e0010856_122447.jpg


配給システムがどうなっているのか、この映画を見られる場所と時間が限られていました。
なんとか間に合って、ミルトン・キーンズのオデオン(スケープ)で。(これは1月21日土曜日のこと。)

e0010856_8453430.jpg

涙ボロボロというほどではなかったけど、決して楽しい映画じゃないのです。どちらかと言えば、バカな、かわいそうな、だけど憎めない、そんな映画。誰だって不運、不幸、艱難辛苦をまぬがれる保証はないのがこの世。そんな時あなたはどうする?私ならどうする?っていうたぐいの話。

いい映画です。おすすめ。うーん、アカデミー賞ねえ。監督賞じゃなくてきっと主演男優賞かなあ。(ハハハ、勝手なこと言わせてもらってます。)
e0010856_8461954.jpg

ところどころ、音声をゼロにして、スクリーンだけで物語を描く場面があって、これ、好感をもてました。

とにかくハリウッドの特設スタジオで、CGを利用して、銃がバシンバシンと爆発して、車のブレーキがキーキー鳴って、というようなバイオレンスだらけの映画じゃないことは確か。静かなる人間ドラマ。あえて言えばついてない男がなんとかして生き延びていこうとする姿。
e0010856_847286.jpg

見てよかった。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-01-30 08:47 | 映画 | Trackback | Comments(4)
現在ハーフタームの休み一週間+前後の週末(10月22~30)を過ごしています。

ハーフタームというのは、もちろん一年間に3学期ある学校の各学期の中間に学校が休みになる一週間のことです。だから年に3回あるわけで、これまで13年間の学校勤めで、合計3X13=39回もハーフタームと呼ばれる一週間を過ごしてきたことになるのですが、なぜか今回は今までになく一人静かな一週間を過ごしています。そして、読書、読書、読書の日々。日中、食事の時間と食器洗いや料理の時間以外は、テレビを一切見ないで、読書、読書、読書、三昧。よって、これから4-5回にわたって「本を読んで」のカテゴリーの記事を書く予定です。

その一、ではないのですが、上のタイトル通りの珍しい映画を見ました。

このブログに(ご挨拶もせずに、勝手に、こっそり)リンクさせていただいているブログ、「一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段」の dande550213  さんのブログ記事から イラン映画をユーチューブで見ることができると知り、週末の土曜日、一挙にラップトップでめずらしくイラン映画を見させていただきました。 「雨」という映画。マジッド・マジッディ監督。

Baran (Rain) [2002 ] [Majid Majidi]*You tube no oneさん

1時間半の大作を全部ユーチューブで見せてもらうことができて、感謝でした。



ただし、この(↑)のリンクはもしかしたらブロックされているかもしれません。その時は、映画の題名とか監督名をグーグル・サーチしてユーチューブに入ると見ることができるかも。長い映画なので、忙しい人にはムリかもですが、しみじみと人情を感じさせられるいい映画です。

ハーフタームでなければなかなかこういう映画を見る時間も、こころのゆとりも持ちにくいのが、私のC村の日常ゆえに。


(鑑賞は10月22日、記事投稿は10月28日。}
[PR]
by agsmatters05 | 2016-10-29 07:07 | 映画 | Trackback | Comments(4)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ