紅茶国C村の日々


カテゴリ:食べたもの、作った料理( 18 )



夏休み恒例の、ボランティア・シェフ 覚え書き

C村のボランティア・シェフとして、かれこれ14年ぐらいを過ごしてきました。C村に住み始めたころは、ルイちゃんもララちゃんも生まれてなかった。でも9月からは二人とも中学生。とりあえずこの夏休み、C村に来ているので、私はキッチンにいる時間が長いです。ま、材料と時間があれば、キッチンで料理するのは、苦にならないです。ただし、作ったものを喜んで食べてもらえるか、もらえないか、この辺は微妙だ。

e0010856_5253620.jpg


先週3,4日、ララちゃんが一人でC村に泊まっていた時、最後の日にこれ(↑)を作りました。スモークサーモンはレモン汁に漬けておいたけど、酸っぱすぎたのであとからちょっと砂糖を加えました。人呼んで「サーモン・ロール」

e0010856_5285663.jpg


ララちゃんが帰る前の日、何かリクエストはあるか?と聞いたら、「アイランド・ライス」だと。これはハヤシライスを挽肉で作り、白いご飯をお皿の真ん中に島(アイランド)のようにおいて、まわりをハヤシライスの海で囲んだ料理。日本のハヤシライスの素がおいしいですが、どうしてもそれがないときは、よおく玉ねぎを炒めて、ひき肉を加えてから、トマトケチャップ、ウスターソース、それからとろみのでる粉(片栗粉とか、コーンスターチとか、炒めた小麦粉か、ほかのルウの素などを入れて、ハヤシライス風にしあげたもの。今回ララちゃんがお替わりをした唯一の料理でした。


ぎょうざ

e0010856_5353166.jpg


これは長崎時代に中国人のお医者様で留学生だったヤン先生から習いました。ニラも白菜もなかったけど、ねぎをたくさん入れて豚ひき肉とごま油その他の調味料を使って、具をつくりました。皮は、グーグルして、薄力粉と強力粉を半々に混ぜたもので作りました。もうちょっと柔らかい皮にすればよかったけど、固めにこねたので、伸ばすのが大変でした。

e0010856_5351389.jpg


味は良くて、私は美味しかったのですが、なぜかララちゃんには不評でした。よって、40個作って、半分ぐらいは冷凍しました。

アップルケーキ(↓)

e0010856_5365677.jpg


これはもう十八番。本当に簡単に作れます。 エキサイトブログ、「ばあさんがじいさんに作る食卓」からレシピーをいただきました。リンゴはこの国では安いので、大量にリンゴを使います。ブログのレシピーより、3倍ぐらい大量のリンゴをいれても、ちゃんと作れます。私の生徒たちは何度もこれを食べさせられています。これを見ると「馬鹿の一つ覚え」という諺が生徒の口から出てくるほど。(笑)

e0010856_537131.jpg


このほかに、サラダや、フルーツミックスや、そうだ、コーヒーゼリーも作ったよ。

e0010856_5541639.jpg


ここ2,3日ララちゃんはクリケットの合宿でいないので、私は料理をしていませんが、また明日(日曜日)から4,5日、ルイちゃん、ララちゃんがC村にやってくるので、ほかに料理人のいないこの家で私は、せっせとボランティア・シェフ業に励みます。

ほかに、パスタ(ピザ、スパゲッティー)や、サンドイッチも作りました。時間がないときは冷凍のフィッシュフィンガーみたいなのを使ったり、缶詰スープを一品として加えたりします。私が心掛けることは、やっぱり野菜をたくさん使うことです。サラダなどをいつも添えるのに、残されるとガックリですが。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-30 07:25 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(4)


紫蘇とアボカド

繁子さんから種を贈っていただき、なんとか(素人園芸で)見よう見まねの紫蘇の葉づくり。

7月18日の紫蘇はこんな(↓)でした。

e0010856_7325561.jpg


なかなか大きくなってくれません。

e0010856_733342.jpg


最近雨が多くて、どうやら水をやり過ぎた気配。鉢に水たまりができてしまい、鉢(プランター)を傾けて、水を外へだしてやったりしました。

10日後の7月28日。たまに晴れ間が出た時に撮りましたけど、ほらね、全然大きくなってくれてない(↓)でしょ。

e0010856_457783.jpg


少しだけ家の中の鉢に移したもの(↓)もあるんです。

e0010856_50427.jpg


どうやら、ほうれん草はダメみたいです。

e0010856_521729.jpg


こんな(↑)感じで、黄色い葉のまま、花が咲いて実がなり始めて、全然ほうれん草のイメージに近づいてくれません。繁子さん、ごめんなさい。まだ種は残ってますが、今年はもう寒くなって育ちきれない感じです。家の中で育てるか、来年まで待つか、とします。

e0010856_55156.jpg


青じそだけは、なんとか8月末に日本へ行く前に、白いご飯の上にゴマダレに浸した青じそ漬けをのっけて、食べてみようとおもっています。どんなに小さい葉っぱでも、食べてみるつもり。(笑)

そのほか、アボカドは、すでに鉢が三つに増えています。一つはかなり葉が黄ばんできていますが。

e0010856_5101047.jpg


三つのうちで、これ(↑)が一番青々してます。ここまで来るのにどのくらいかかったでしょう?ほったらかしで、アボカドの種を水に漬けておいただけ、2,3カ月、水を換えるだけで何にもしないんですが、そのうちに種が割れて芽が出て来たら鉢に移してやります。

このアボカドの笑い話。

先日のラングエッジデーの時。自己紹介の文章の中で、「私は〇〇が好きです」という例文に、私が自分の例として「わたしは アボカドがすきです。わたしはバイオレンス(暴力)がきらいです」と言ってみました。するとそのあと、あるせいとが、「わたしはチョコレートがすきです。わたしはアボカドがきらいです」だって。してやられました。(笑)
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-29 05:19 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(0)


恒例のお別れ会(ジャッキー先生宅で3回目)

7月16日(日曜日)のことでした。

ウインブルドンの最終日。フェデラーが史上最多の優勝記録(8回)を飾って、カップ(賜杯)をゲット。この最終戦では、家族総出で応援するのは、微笑ましいですよね。スイスから学齢期の子供たちの学校を休ませてもここに来て試合場に臨ませるのは、莫大な優勝賞金(3億円)を知れば、納得でしょうか。いえ、賞金の多少ではなく、こういう大会で家族ぐるみというのは、スポーツ精神のあり方をある程度反映しているような気もして、イイネをクリックしたくなります。ところで、このレベルのスポーツ選手は、フェデラー夫妻がケンブリッジ侯爵夫人(つまりケイト・ミドルトンのことですが)の妹さん(ピッパ・ミドルトン)の結婚式の招待客に入っていたことなどからしても、完全にセレブのお仲間としてお付き合いのある(ハイ)ソサイエティーができているのでしょうね。などとこれはミーハーの脱線話でした。

このテニスの試合のためにかどうか、この日のパーティーは夕方7時からとのことでした。いつも、こういう言語学科の懇親会の世話役をしてくれるフランス語教師助手のマダム・ブラウンは、なんとお膳立てだけして、この日は欠席ですって。それがわかったのは、当日のフェイスブックでした。なんとマダム・ブラウンはウインブルドンの入場券が抽選で大当たり、しかも男子シングルス決勝戦の席が当たったのだそうです。こんなラッキーな話、100万円の宝くじ当たり級の幸運ではないでしょうか。

というわけで、ジャッキー先生のお宅での3年目の持ち寄りパーティー。
去年のお別れ会は ここ。その前の年のは ここ

マダム・ブラウンの事前イーメールの指示通りに、椅子と食べ物、飲み物などを持参してでかけました。日曜日のこの日、私が持って行くものとして予告しておいたのは、恒例の、そして好評の(と言わせてもらう)お寿司。それに何を作るか決められないまま「プラスアルファの一品」ということにしてありました。

ほぼ一日中、下ごしらえを加えれば前日から二日がかりで大量に用意したお寿司と揚げ物。揚げ物と言ってもささみのフライと、玉ねぎ+人参のかき揚げなどでした。以下、ここに載せる写真は、残念ながら半分は料理途中のもの、そして持参した肝心のお寿司と揚げ物のお皿は、撮り忘れ、でした。(涙) 飾り付けも工夫して、ほどよくおいしそうにできて、スイカ以外は全部さばけてしまったので、出来上がり作品の写真がありません。(ザンネン!)

e0010856_7134731.jpg


これ(↑)はいつもの細巻きの芯。

e0010856_7154938.jpg


これ(↑)は太巻きの芯として、人参、パースニップのスティックをローストしたもの。卵焼きもたくさん用意しました。今回は、細長く切って芯にしたほか、平べったく焼いた卵焼きを海苔の代わりに、卵巻きとして、加えました。

e0010856_7163776.jpg


鶏ささみのフライ。前の日から下味をたっぷり(レモン、にんにく、しょうがをおろしたもの)漬けておいて、大量に揚げました。

e0010856_7172191.jpg


料理の途中で、思いついた時に、パチパチと撮りまとめた写真ばかりです。

e0010856_7181016.jpg


フライのコロモが残ったので、マッシュルームもまるごとフライにしました。

e0010856_7185246.jpg


これがかき揚げ。

e0010856_7193948.jpg


スイカ(2ポンド300円ぐらい)の大玉を一つ買ってきて、大量に切り分けて一皿にしてみたのですが、これはあまり売れなかった。デザートとして、甘いクリームたっぷりのケーキを食べる人達は、あまりそこでスイカを食べたいと思わなかったみたいです。それに、このスイカ、あんまり甘くなかった。

e0010856_720169.jpg


7時といってもこんな(↑)感じ。学校(仕事)があと一週間で終わるという気分がたっぷりのセンセーたち。ジャッキー先生のお庭で誰が持ってきたのか木製の棒投げゲームで遊んでいました。

e0010856_7205282.jpg


残念ながら、歓談の途中で雨が降り始め、食事は半分外、半分家の中で、でした。

e0010856_7213015.jpg


ジャッキー先生のうちの黒猫。どうか幸運をもたらしておくれ。

e0010856_72233.jpg


デザートのテーブルの一部のみ、撮影成功。

e0010856_7223180.jpg


生クリームたっぷりのケーキ、おいしかったです。

e0010856_7225631.jpg


今年退職される先生はお二人。一人はこの学校に22年、もう一人は16年、とか。

e0010856_7241861.jpg


ほかに、女子校の語学の先生たちと、ドイツの交換プログラムの引率の先生たちも加えて、最後に送別と感謝のごあいさつ。自分たちで持ち寄ったものを全部片付けて、お皿も自分で持ち帰り、無事にお開きとなりました。多分、来年はもうこのお別れ会はないのではという予感がします。年配の語学の先生があまりいないと思うので。こういう会はたぶん、それぞれの科目ごとにきっと開かれているのだろうとおもうのですが、噂話さえ聞いたことない。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-27 07:53 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(0)


パブランチ

7月生まれのお祝い会がありました。、パブランチ。7月9日(土)
オービングという村の「ブラックボーイ」というパブで。

e0010856_7502584.jpg


これ(↓)は何でこんな写真を撮ったのか、削除しようかとおもったのですが、

e0010856_7505353.jpg


よく見ると(↓)

e0010856_772814.jpg


紅茶国ではこういう風景が珍しくない、ということをお伝えするために、写真を撮ったのでした。馬が道路を通っているときは時速を20マイル以下(約30キロ以下)に落さないといけません。

e0010856_7512130.jpg


入り口に咲いていました(↑)。天気が良くて、ヒマだったので(笑)。

e0010856_7514186.jpg


この日に食べたものはこれ(↑)でした。蟹。その前に半パイントのサイダーを飲んでなんだかお腹が膨れてしまい、食べきれなくて持ち帰りしました。サラダ風のものだったので、冷蔵庫で翌日いただきました。

こういう盛り付け方、今風なんでしょうか。最近のイングリッシュ・パブ・フード。シェフ同志のトレーニングや、情報交換も盛んに行われているのではないでしょうか。料理番組も盛んだし。

e0010856_752225.jpg


場所を移して、外でデザート。

e0010856_752554.jpg


ふつう、イギリスの並のパブで、飲み物をつけて、前菜、メイン、デザートを頼むとだいたい30ポンドから40ポンド(だいたい5000円)。自分で材料を買ってくれば同じ金額でもっといろいろたくさん、食べられるのですが、そうは言っても、時と場合に応じてパブ・ランチも楽しみの一つになります。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-24 07:23 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(3)


つくレポ (赤字の訂正箇所を追加しました。)

今日何作った?何食べた?

全部フェイスブックから影響されたレシピーです。今日だけじゃなくて、ここ最近の「作ったよレポ」(つくれぽ)。

一つはこれ(↓)。

カリフラワーまるごとスロークッカーで

e0010856_824281.jpg


メグがブリストルに住んでいた時、センズベリーの買い物カードに景品がついて、ゲットしたスロークッカー。長いこと箱に入れてしまったままにしておいたのですが、最近フェイスブックでやたらとスロークッカーの料理が目に付いたので、棚の上から引っ張り出してきました。

カリフラワーまるごと一つ。その上に、溶かしたバター、つぶしたガーリック、セージというのがなかったので、ローズマリーの生葉を使いました。あとは、レモンの刻んだのと、レモンジュース。塩、胡椒。そうして上からすり下ろしたパルメザンチーズをたっぷり(四分の三カップ)ふりかけて、低温で5時間調理しました。

出来上がりは、おもったよりとろとろとか、ぐちゃぐちゃとかにならず、芯の部分はまだ歯ごたえがのこっていました。そしてレモンとバターとガーリックとハーブが程よく混ざって、なかなかイケル味でした。中味を取り出した後、きざんだパセリを入れてパセリソースを作って(カリフラワーから水分が出るので)、カリフラワーに注いで食べるのだそうですが、それはまた明日。

↓の写真は、レシピーのページ(上のカリフラワーまるごとスロークッカーでというところをクリックするとでてきます)からお借りしたもの。セージを使うとこんな色になるんですね。

e0010856_8293298.jpg



次にこれ(↓)。

ヘルシーで焼かないブラウニー


二週間に一度、日本語の勉強のお手伝いをしているジェインさんは、2,3年前からヴェーガン(ベジタリアンよりもっと食制限が多い)だそうで、卵や酪農製品も全然食べないのだそうです。でも、よく手作りのお菓子など、卵やミルクを使わないで作ったのを食べさせてくれます。彼女の影響を受けたというわけではないのですが、フェイスブックに出ていたレシピーで私も作ってみました。

e0010856_8391266.jpg


デーツ(という干し果物、すごく甘い)と、クルミと、ココナッツミルク というのは大間違いで、ココナッツオイルのことでした。上の焼かないブラウニーのウエブサイトに英語のレシピーがある通りです。ミルクじゃなくて、ココナッツオイル。と、カカオパウダー(といってもホットチョコレートの粉、砂糖入り)と、蜂蜜少々をミキサーでガガガーとして、型に入れる。実はその上にチョコクリームのようなものを載せるのですが、それをしなくても十分おいしくて、一人で全部食べてしまいました。砂糖なしだともっと健康的に感じますよね。砂糖の入ってないココアパウダーがなかったので、しかたなく。でも、デーツの甘味が半端じゃなくて、こってり、重厚なデザートになりました。日本の羊羹に匹敵するような重量感。


ちょっと前に作ったのはこれ(↓)。

シナモンスワール・・・

e0010856_961752.jpg


食パンが食べきれなかったので、小さく切って、ミルク(クリーム)、卵、クルミ、レーズン、砂糖の代わりに蜂蜜、それにナツメグやたっぷりシナモンを混ぜ合わせ、これもスロークッカーの高温で3から4時間。朝ごはんにもなるし、おやつにもなるので、一人で完食してしまいました。


その前にこんなのも(↓)。

チキンにチーズをはさんでパイ皮でくるんで焼く。

e0010856_9112160.png


鶏の胸肉を半分に開いて、中にクリームチーズとモツアレラチーズと、チャイブ(がなかったので細ねぎの刻んだの)をいれて、周りを生ハムでまいて炒めてからパイ皮でくるんでオーブンで焼く。味はよかったけど、おなかが空いてないときに食べたので、中身だけ食べてパイ皮を残すというような結果でした。上の写真はきれいにとれてますが、実際はこれほどのきれいな色はでませんでした。

おっと、全部今日作ったわけじゃないですよ。今日作ったのはカリフラワーまるごとのみ。何しろスロークッカーですからねえ。時間がかかるので、ほぼ一日一品ずつぐらい。こうして見てみると、材料をそろえて混ぜ合わせるまでがメインの仕事で、後は、オーブンに放り込むとか、冷蔵庫で固めるとか。案外仕上げは簡単。

上のレシピータイトル(黄色いアンダーラインのところ)をクリックしていただくと、全部動画がついています。これを見ているだけで、作りたくなってしまう、ってことありませんか?
[PR]
by agsmatters05 | 2017-06-04 09:31 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(4)


日曜料理

出来栄えはともかくとして、料理三昧の週末でした。(5月7日、日曜日)

e0010856_941834.jpg


お客様二人。ブルースとセガ。
コンビネーションがめちゃくちゃ。(恥)
カレーに、酢豚に、フライに、キッシュ。
マッシュポテトにアップルパイに苺にサラダ。

全部食べきれなくて、もちろん数日後まで持ち越し。
すし飯はほぼ一週間。ささみフライを細長く切って
お寿司に巻いたのは、次の日の月曜日の生徒二人のおやつになりました。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-05-24 09:48 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(2)


食あたりの原因は。

無事C村に帰ってきました。(14日金曜日、グッドフライデーと呼ばれる日、の夜。)
大旅行の後、実はもう一つのハプニングがあり、まる二日後の今日(16日、日曜、イースターサンデー)となって、だいぶ落ち着いてきました。それで今、白ご飯を炊く用意をしています。

のりさん、コメントに旦那様のタイ行きのことが書いてありました。それで、出張に間に合うように、この記事を急ぎますね。もう一人の「のり」、このブログでは「セガ」と呼ばれている人、によると、

「ドリンクの氷だよ。」

ですって。ほかにも4人の方たちから、同じ反応をいただきました。「みんな知ってるんだ」と思いました。
知らなかったのは、友人、ティネカさんと私だけだったようです。(トホホ)

ほかの食べ物は全部火が通っている!ったくその通りですよね。

友が飲んだのはオレンジジュース。私のは白いほうで、ドラゴン・フルーツジュース。とっても甘かったのですが、氷がいっぱい入っていて、ざらざらゴロゴロの中にストローを混ぜまぜしながら飲みました。まさか、まさか・・・でした。全然思いつかなかったです。不覚でした。ほぼ注文したものは全部食べて、私はその夜眠りにつくまでどうもなかった。ティネカさんは最初に強烈な下痢だったとか。私は夜中すぎ、寝ている間に胃が気持ち悪くなり、トイレに行って吐きました。その後も何度も何度も、ウトウトしてはムカムカして、汗ばむ思いでトイレ通い。次の日、まったく起き上がれず、地獄でした。

このブログ(↓)が参考になるとおもいます。⇒のりさんへ。

「パタヤ千夜一夜」 2015年3月19日の記事

タイで食あたり性の下痢になった時の対処法と薬局の使い方

今から出かけるときは、この程度の薬も持参していきたいとおもいます。

でも、お腹の中に毒(菌)が入ってしまったら、それが出るまで(出すまで)はやっぱり時間がかかりますよね。もっとひどい症状になったら、病院とかも考えなければでしょうけど、私たちはとにかくまる一日昼も夜もじっと安静にして体を休めて、吐くなり下痢するなりを続けながら、バクテリアの力がしずまり、こちらの体力(体調)が元に戻るまで、じっと時間のトンネルの中にもぐりこんでいただけでした。

社用などでタイにお出かけの場合、屋台や場末の安食堂など、あまり利用することはないのではないでしょうか。ちゃんとしたレストラン、ちゃんとしたホテル、ちゃんとした食堂なら、変な氷も出されないことでしょう。

私たちが入ったのは、 Indi Thai Fast Food とか言う、屋台よりはましな、それでもテーブルが20~30はあって、ほかにも客が十数人いたお店でしたけど、、、
[PR]
by agsmatters05 | 2017-04-17 06:11 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(6)


作りたくて作ったんじゃない。

ハーフタームの休み中だから、毎日が週末と同じようなもの。よって、週末クッキングの記事の続き。

これ(↓)、ちょっとグロテスクでしょ。考えようによっては、ビビる気持ちもあるのですけど、「そこに山があるから山に登る」と答えた登山家の言葉を思い出しながら、ここに鶏が一匹あるから、これをなんとか食べられるようにせねばならぬと思っての一仕事でした。

紅茶国で、このまるごと鶏一匹というのは、そんなに高くないんです。テスコ当たりなら3,4ポンド(5~600円)ぐらいから鶏一匹が買えます。大きさにもよるけど、これ(↓)も10ポンドしなかった。隣村へ行く途中のブッチャー(肉屋さん)でまとめ買いをしたのではっきり値段を覚えてないけど、7ポンド=1000円ぐらいじゃなかったかな。

つい数日前も作ったので、今年に入って2度目の鶏の丸焼きでした。クックパッドとかでざっと調べて、結局鶏全体に塩を揉みこんで低温で焼くという方法にしました。この下味の付け方次第で味もすっかり変わってくるのでしょうが、今回は簡単なやり方でやってみました。ただし、残り物のレモン汁と、塩麴も味付けに足してみました。黒コショウも。そして塩をまわり中にこすりつけた後、一晩冷蔵庫の中に寝かしておきました。(これは1,2時間、室温に放置しておくだけでも、味をつけてすぐ焼き始めるよりも、いいらしい。)

低温で、ファン付きのオーブンなので170度ぐらいで約1時間半ぐらい。焦がさないように、そして生焼きにならないように、焼き加減を見ながらテキトーにやってみました。テスコなど、スーパーで買うと、肉の重さに応じて何分ぐらい焼いたら良いか、だいたいインストラクション(説明書き)がパッケージのどこかに書いてあるので、それに従えばいいわけです。上の肉はブッチャーのもので、そんな説明はなかったので、重さも計らず、テキトーにやってしまいました。

e0010856_1093478.jpg


串を肉にさしてみて、透明な汁が出て来たら、OKとのこと。

e0010856_10112136.jpg


いい焼き色がつきました。これ(↑)は焼き上がりの半分。これ(↓)はお肉を切り分けた半分。

e0010856_10103551.jpg


ていねいに焼くと、肉と骨の身離れがいいということが、今回わかりました。出来上がり(↓)

e0010856_10122879.jpg


お皿に盛り付けると、全然違って見えるでしょ。

残りのお肉は骨の部分をのぞいて、タッパーに入れて冷蔵庫へ。
骨の部分は、生姜やニンニクやレモンや、あればねぎや塩コショウなど薬味になるものを加えてたっぷりの水でぐつぐつ。途中で灰汁取りをていねいにして、おいしい鶏ガラのスープをとりました。ラーメンにしてみるかも、です。

e0010856_1036421.jpg


これで2,3日。いや、4,5日はあれこれ。手を変え品を変えて、利用しつくさねばなりません。食べ物を無駄にしないために、苦労します。美味しくできたら、それはうれしいですけど、食べ過ぎにならないように、気をつけなければ、ね。

人参とひじきがたくさんあったので、こんな(↓)ものも一緒に作ってしまいました。太りそう… 。
あ、これは作りたくて作りました。(笑)

e0010856_10404910.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-16 10:50 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(4)


週末料理シリーズ(再)

好きな食べ物、よく作る料理、「おいしくてたまらん」と思うものをまとめてみました。全部この週末に作ったわけじゃないけど、週末に総まとめをしたということで。

(1) 豆腐と玉ねぎのくたくた煮。
e0010856_11241175.jpg

これは野菜料理研究家 庄司いずみさんのレシピーです。いずみさんのレシピーはどれも簡単に作れて、おいしいんです。鍋に玉ねぎと豆腐と味付けに醤油を適量たらしてぐつぐつ煮るだけ。分量にもよりますが、中火で20分ぐらいかしら。お好みによってみりんとかお酒を少し加えても可。だしの素なんて何にも入れなくて、じゅうぶん美味しいんです。

(2)豆腐の味噌漬け
e0010856_11382127.jpg

これはロンドン在住の栄養療法士KKさんから教えてもらったもの。この頃は手抜きして、ただパックから出した豆腐に味噌を塗りたくって1-2日冷蔵庫に入れておくだけ。味噌をこすり取って豆腐だけ食べてもいいけど、味噌に豆腐の水分がしみ込んで塩気が薄くなっているので、味噌ごとそのまま食べてしまいます。これは私のおつまみ。小さく切って小皿に乗せるとチーズみたいな舌触りになったりします。

(3)始めて作ったスパゲティの生トマトソースからめ。
e0010856_11424616.jpg

これは「おいしくてたまらん」というほどはまってメニューじゃないんですけど、先日フェイスブックで誰か、トマト好きな若者が動画を載せてました。とにかく、トマトをすりおろして、たっぷりのトマトジュース(生)にオリーブオイルと塩コショウを混ぜて、それにゆでたてのスパゲッティをからめるだけ。トマトの味が生きていて、おいしい。どういう温度で食べたいかが、ちょっと工夫のしどころかも。

(4)いつものおやつ、つまみ食いの素 = クルミ。
e0010856_1145474.jpg

これは料理でも何でもないです。ただ、毎日少しずつつまんでいるもの。大好物。2-3個ずつ、日に数回。飲み物と一緒によく食べはまってる。リスに負けてないくらい。

(5)柿
e0010856_1146224.jpg

これも大好物。スペインとか南アフリカとかから来るので、季節外れでもちゃんとお店に並べられています。リンゴやオレンジに比べると値段がずっと高いけど、大好物なのでつい買ってしまいます。市場でも一つ30ペンスぐらい。3個で1ポンド(150円)。新しくて、大きいのは一つ50ペンス(80円ぐらい)の時もあります。熟し過ぎて少しくたびれてきたのは運がよければ5個で1ポンドというときも・・・。

(6)浅漬け
e0010856_4561887.jpg

写真は食べ残しみたいな感じであまり実態を表わしてないけど、これもいつ作っても「おいしくてたまらん」と独り言が出てしまうもの。単なる白菜の漬物ですが、白菜っていい味だしてくれますよね。どう調理しても…。

(7)玉ねぎと人参
e0010856_4551784.jpg

とにかくニンジンは安いんです。キロ単位で買っても200円以下ぐらい。紅茶国の人参はとても甘味が強いです。種類によって、堅いのや、水っぽいのもあり、すぐ皮が黒ずんできて腐りかけるのもあるけど、冷たいところにおいておけば数日から一週間は大丈夫。さて、こんなに大量に下ごしらえして、どうしたかって?半分は水につけておいて、次の日に使うつもり。最初の半分は大きめに切ってゆでて、付け合わせにしました。

(8)マッシュド・ポテト
e0010856_458237.jpg

これは別に「おいしくてたまらん」料理として載せたわけじゃなくて、昨日から今日にかけて作りました。出来上がったものはこれ(↓)

(9)ファーマーズ・パイ。
e0010856_948359.jpg

牛挽肉を玉ねぎと炒めて、いろんなハーブ類や塩コショウ、酒、ウスターソース、ケチャップなども加えて、水っぽくしたくなければ片栗粉か、顆粒状のグレイビー(ソースの素、日本ではルウ状態になっているものと同じ類のもの)で土台を作り上にマッシュポテトをのせて、さらにチーズをかぶせて、オーブンで焼く。典型的なイギリス料理の一つです。シェパーズパイまたはコッテージパイとも。

上の写真は残り物ですが、アツアツが美味しいですよ。冷めたらあまりお勧めできません。でも一度作って冷凍もできるし、電子レンジで温めることも可。

以上ここ数日間に撮りためた食べ物写真をアップしてみました。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-02-13 10:23 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(2)


思いっきりサラダ 

週末料理の記事です。

「思いっきりポテトサラダ」というモノを作ってみました。
e0010856_1213625.jpg

普通のポテトサラダです。でもいろんなものを思いっきり入れてみました。だから「思いっきりサラダ」です。
玉ねぎをみじん切りにして入れたり、
マヨネーズに加えて、マスタードを入れたり、
もちろん茹で卵のみじん切り、ポテトと人参の茹でたの。それに写真からもわかるように、リンゴ、スイートペッパー(長い赤ピーマンのようなもの)、きゅうり、ラディッシュ、セロリ、などです。あとからクルミや、レーズンを加えてもよかったなどとおもったりしました。


赤玉ねぎピックルス

e0010856_12173691.jpg

OB大で一緒にリサーチを始めた頃の友人、ノブさんから教えてもらった料理。ノブさん、今はどこで何をしてらっしゃるのかな?玉ねぎを薄く切って、酢、砂糖(少々)、ごま油、しょうゆ、砂糖少々(または蜂蜜)などに漬け込んで、これはドレッシング代わりに中味の具のたまねぎのほうをいただくのだそうです。

e0010856_1218556.jpg


煮キャベツ
e0010856_1221117.jpg

私の料理は、とにかくお金がかかってない。安い材料ばかり使う。でも、美味しくて、食べたいなあと思うものだけを作ることにしています。今(春先)ごろキャベツがおいしいですよね。ただのキャベツの炒め煮です。味付けはほんの醤油、みりん、酒などを一振り二ふり。これがおいしくてたまらない料理になるんです。キャベツの甘味が炒めた油と仲良くなって、素朴だけどいいお味。

もう一つ、おまけ。よく作る常備菜。

e0010856_10102213.jpg


ただ、きざんだ赤かぶ(ラディッシュ)(一応塩出しした)とわかめのポン酢漬け。こんな感じの常備菜、割とよく作ります。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-01-31 11:12 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(2)

    

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。
by dekobokoミチ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
エキサイトブログ向上委員会
小さな手紙
人形町からごちそうさま
草仏教ブログ
vivid memories
今週のピックアップブロガー
あぱかば・ブログ篇
NED-WLT
◆Cinq*Etoiles◆
大隅典子の仙台通信
ばーさんがじーさんに作る食卓
花の仲間調べ
Strawberry a...
ライフ IN ロンドン
こばやしゆふ yu-...
薬膳のチカラ
マリーあんころネットの部屋
一歩一歩!振り返れば、人...
おうち*
小夏おばさんの 自己中心...
トルコ子育て生活
「ROMA」旅写ライター...
noraばばの お遊び記
そんな毎日、こんな毎日
vege dining ...
ロンドン 2人暮らし
エリオットゆかりの美味し...
ようこそ!おうちカフェへ
妻の小言。
長坂道子「ときどき日記」
ハチドリのブラジル・サン...
イギリス ウェールズの自...
** mana's K...
三溝清美 Cooking...
- AMERICAN D...
Bienvenue en...
honey+Cafe
agsjapanese
音作衛門道楽日記
♪アロマと暮らすたのしい毎日♪
おひとりさまの食卓plus
好きを仕事にする大人塾「...
犬とご飯と雑貨。
sakuraの英国便り
オオニシ恭子の薬膳日記
7つの塔が見える窓から ...
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
Chakomonkey ...
ベジタリアンミットゥンと...
ごちそうさま@Cafe
大好き海外ドラマ&恋して...
風に色をつかせるとき
Linen Style...
un_voyage♪♪
おいしいは嬉しい
すなおに生きる
北欧・スウェーデンよりシ...
カフェと畑と犬と猫
久次郎さんブログ
追憶ノート
Photos from ...
YUKA’sレシピ♪
くらしのし
マリーあんころネットの部屋2
オカリナ / エトランゼ...
アメリカからニュージーランドへ
やわらかい陽ざしのなかで
Delicatusib
すぎりおのがんばったるねん
クラシックな暮らし
daidokoro
2度目のリタイア後のライフ
エゲレス暮らし
世に倦む日日
ロンドン発 おもてなしテ...
アメリカ 青春の記録
ロンドンの食卓
WITH LATTICE
野口家のふだんごはん ~...
日々の記録
素敵な日々ログ+ la ...
人生、苦ありゃ、楽あるさ...
最新のコメント
はいはい、小夏ばあちゃん..
by agsmatters05 at 08:08
わぁ、良いなぁ〜、グラン..
by mittyan-buhibuhi at 16:54
じゃ、黒猫が横切っても横..
by agsmatters05 at 08:53
すっかり、秋模様ですね〜..
by mittyan-buhibuhi at 10:56
LINEですよ。 動画..
by mittyan-buhibuhi at 21:47
小夏さんとこは LINE..
by agsmatters05 at 01:47
marri さん、 m..
by agsmatters05 at 01:38
よしこさん、 新米ママ..
by agsmatters05 at 01:29
小夏さん、メグは2週間、..
by agsmatters05 at 01:25
お疲れ様でした。 紅茶..
by mittyan-buhibuhi at 23:14
エキサイト以外のブログ
その他のジャンル
a-ranking
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧