紅茶国C村の日々


カテゴリ:行ったところ( 31 )



在留証明 (大使館行きの話)

7月19日(水)のことでした。水曜日は授業(しごと)がない日だったので、ずうっと前から行こう行こうと思っていたロンドンの駐英日本大使館に行ってきました。おなじみのグリーンパークのあの場所です。「思い立ったが吉日」、と自分に言い聞かせて、重い腰をあげました。それでも昼過ぎからマイカーでの出発。イーリングのセガのところに車を停めて、そこから地下鉄で行きました。いわゆるピカデリーライン。セガはもちろん不在でしたが。

e0010856_614531.jpg


ピカデリーラインの「ノース・イーリング」という駅(↑)です。グリーンパークまでは約25分間の距離ですが、本数がそれほど多いわけじゃあないので、所要時間は40分ぐらい見ておく必要がありそうです。セガの家からノースイーリングの駅までは歩いて10分ぐらい。ゾーン1(都心)までは片道で2.80ポンド(約400円ぐらい)。

e0010856_65982.jpg


乗り換えなしというところが助かります。すぐにグリーンパークに着きました。

e0010856_665116.jpg


ロンドンの景色3点、田舎ものですので、お上りさん根性を出して、カメラをあちこちに向けてしまいました。

e0010856_68482.jpg


ま、それがどうした、というような画像ですが・・・(笑)

e0010856_685668.jpg


人も車もいっぱいで、見慣れた場所ですが、知ってる人が一人としているわけじゃない。孤独といえば、孤独。でも、見慣れた場所だから、寂しいとも思えない感覚。

e0010856_695169.jpg


グリーンパークの駅から歩いてほんの5分。大使館に着きました。

e0010856_6105694.jpg


在留証明書を発行してもらいにきました。これは、本人が出頭しないと出してもらえない書類です。もちろん、9月の日本滞在中に移動する手段として、ジャパン・レイル・パスを買うために。10年以上前にこの大使館にイギリスに住み始めました、という届けが出してあれば、そのコピーを無料で発行してくれるといわれました。ジャパン・レイル・パスのためには、このコピーでいいのだそうです。ただはありがたい(笑)。

e0010856_611578.jpg


この(↑)写真はすべての用事を済ませて大使館の外へ出るところで撮りました。実はここでも北斎展をやっていました。撮影禁止がとっても残念でした。大英博物館の展示ほど充実してはいませんが、いい作品ばかりていねいに展示してあり、どれを見ても味わい深いものがありました。

e0010856_6125990.jpg


これ(↑)も大使館の外の壁(塀)にくっつけてありました。

e0010856_6311369.jpg


そうして歩いてグリーンパークの駅のエスカレーター(↑、↓)。C村の景色とはだいぶ違うでしょ。

e0010856_6315466.jpg


そうして無事にまたノース・イーリングに戻ってきました。誰もいないセガの家に立ち寄って、15分ほど引っ越し荷物の包み紙などを整理してあげて、5時15分にまた車でC村へ戻りました。

e0010856_6322529.jpg


このあと、すぐウイードンのJBさんを車に乗っけて、プリンセス・リズボロー(プリ・ボロ)のブリッジクラブにぎりぎり7時半に着いて、この夜は、月に一度の4人一組でやるティーム戦でした。(結果は6チーム中の2位だった。悪くない。)

とにかく、在留証明書をもらったので、次はジャパン・レイル・パスを買いに、マイバス(ロンドンは、オックスフォードサーカスにあるリバティーの建物の中の旅行会社)にでかけていかねばなりません。8月中にこれをする必要があります。8月末日から3週間の日本行き。だんだん日数がなくなってきています。あとちょうど5週間。メグのお腹もだいぶ膨らんできているようです。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-26 09:20 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)


大英博物館 北斎展(3)

葛飾北斎の展覧会を大英博物館に見に行ったのは、7月9日(日)のことでした。もう2週間も前のこと。
やはり、作品は見ごたえがあったけど、実際には電車に乗ってロンドンまでお上りさんして、またC村へ帰ってくるまでの写真のほうがたくさんカメラに残りました。だって、館内は撮影禁止なんだもの。

というわけで、行き帰りの写真をここに載せてみようとおもいます。

e0010856_457876.jpg


C村の近くのレイトン・バザードという駅から、ロンドン・ミッドランドという鉄道会社の電車に乗って、約40分ぐらいで、ロンドン・ユーストンの駅(↑)に着きます。

e0010856_458532.jpg


ユーストンの駅は、私にとっての上野駅。思い出の、懐かしの、駅なんです。いつ来ても人がいっぱいですが、これ(↑)は、駅から離れて駅のほうに向かって緑の樹木と赤い2階建てバスをまとめて撮ったもの。さわやかな夏らしい一日でした。

e0010856_4584725.jpg


そうしてユーストンから大英博物館まで歩いて15分ぐらい。その途中にいつものタビストック・スクエアという広場があって、例のガンジーさんにあいさつ。この頃は彼を拝まない。なぜっていろんな女の人といっぱい寝たという話があるから。この禁欲主義の権化が複数の女性と裸で寝床を共にしたという事実を、ウイキペディアによれば、

晩年の女性とのブラフマチャリヤの実験に関しては、どこからどこまでが事実なのかを明確に判断することは難しい。しばしば、これらの実験が、ガンディーの他の莫大な業績に先行して指摘されるのは、エリクソンによると、「結局のところ、偉大な混乱は偉大さのしるしでもありうる」[22]からであろう。


ということらしいので、複雑な思いで、煮え切らないままに眺めて、そこを立ち去る。。

e0010856_4595449.jpg


タビストックスクエアからそのまま西へ歩いていくと、次に目に入ってくるのが、これ(↑)。 左はロイヤル・インターナショナル・ホテル。右はインスティチュート・オブ・エデュケーション(通称IOE,アイ、オー、イー)と呼んでいた、懐かしの建物。ロンドン大学大学院、教育研究所。ここも思い出の場所。96年といえばかれこれ20年前ではないか。ちょうどブレア政権が誕生したころ。ここでだいぶ年を食っていたけれど、大学院生活をはじめたのだった。そして、上の建物の右側のある教室で授業を受けているとき、道路一つ隔てた左側のホテルの窓が丸見えで、あるときは全裸の男女の姿を窓越しにもろに眺めることができたりして、ビックラ仰天したものだった。それが、このラッセルスクエア界隈の雰囲気といえば、そうも言える。ここは大学街であり、同時にロマンの街でもあるのだった。

e0010856_504636.jpg


それからさらにもっと西へ進むと、ラッセル・スクエア。都会に緑があるのはいいことだといつも思う。それにまた季節がいい。暑すぎず、寒すぎず、ほどよい気温でさわやかそのもの。ここでこの時を憩わずして、どんな人生の快楽がありえようかといわんばかりの、昼下がり。

e0010856_514122.jpg


2,3枚、パノラマ写真を撮ってから、さらに西へ進むとめざすブリティッシュ・ミュージアム。

e0010856_523048.jpg


日曜日の午後3時ごろ。人出はいつもこんな感じなんだろうか。それともやっぱりいつもより多いのかな。

e0010856_531832.jpg


はるばる来ました、北斎展(↑)。

e0010856_541347.jpg


中に入るのはタダ。そこからさらにまっすぐ進んで特設展の会場へ。この(↑)の円形の建物はエリザベス女王のミレニアム(2000年紀)を祝って建てられたものらしい。

この建物の中の北斎展を見て、もう足が痛くなり、しばらく空いていたベンチで腰かけて休んだりした。かなり歩きずくめで、しかも柔らかい靴じゃなかったから(涙)。

それからトコトコ痛い足をなだめながらもと来た道を歩いて、ロイヤルインターナショナルホテルの反対側の中華料理店。
e0010856_55465.jpg


「正宗川菜・東北菜」「名厨小菜」「チャイナ・シティー」 というような名前のお店。本当はここいつもさそさんとくるところ。バーミンガムの日本語教師。あいにく北斎展の予約日が合わなくて、一人ごはん。


e0010856_5132279.jpg
e0010856_5123336.jpg


e0010856_5112095.jpg

ワンタンと餃子は程よい量だったけど、青物(中国ブロッコリー、一節にはスペイン産とも・・・?)のガーリック炒めがちょっと塩からくて、多すぎた。でも全部完食した。めずらしく一人でレストランにはいっちゃった。(⇐貧乏人なのに。) 

だから、展覧会の切符が13ポンド、電車代が10ポンド、DVDが7ポンド、夕食代が25ポンド、全部でおよそ55ポンド。といえば、ウーン、約8000円の出費なりき。そりゃそうだわさ。でかければ当然出費ゼロってわけにはいかないよね。ま、たまには自分のために自分のお金を使うのも、ありだよね。まだ借金暮らしじゃ、ないもん。(笑)
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-23 09:17 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)


大英博物館 北斎展(2)

大英博物館の「北斎展」で、めずらしくDVDを買ってきてしまいました。その理由の一つは、感銘深い作品を見せてもらっても、写真に撮っておくことができなかったため。

(今日、7月15日)ようやくDVDを全部見終えることができました。1時間半ぐらいのていねいに作られた北斎紹介と、北斎礼賛のDVDです。

以下、PC画面上の作品のいくつかをこちらにも載せさせていただきます。素人作業なので、部屋の電灯が画面に映っていたり、こちらのカメラが映っていたり、あまり良い出来栄えの写真ではありませんが、気は心ということで、せめてもの映像をお楽しみください。

e0010856_815077.jpg


とにかく、北斎という人は、ピカソのように(とDVDでも言ってました)、こどもの頃(6歳)から筆を手に持ち絵を書き始めて、90歳でなくなるまでとにかく寝ても起きても、絵を描き続けた人でした。

e0010856_8151581.jpg


そして、生涯の90年間で、その作品がどんどん進化していったのでした。40代の時と、60代の時と、70代のときと、80歳を超えてからの絵と、画風といい、画題といい、あらゆるものを描き続けた人でした。

e0010856_8153214.jpg


ある意味で、シェークスピアを思わせるふしがあります。一つの道に熟達していくときの、鬼気迫る迫力。

e0010856_8155475.jpg


何といっても、デザインの斬新さ!構図のみごとさ。

e0010856_8161322.jpg


生涯で、名前を30回変えて、住居を93回変えたそうです。すごい!

e0010856_8163153.jpg


これ(↑)の中心になるマガモ(↓)もすごいですけど、画面を左から右下へカーブして流れるような幾筋もの線が、すごくないでしょうか。水の流れを思わせる線なのでしょうが、とうに写実を突き抜けて、象徴の域にいますよね。この写実から入って、それを超越して象徴の領域に入っていく表現力がすごい!

e0010856_8165334.jpg
色がきれい(↑)。

e0010856_8171093.jpg


単なる龍じゃないですよね。展示品を見ながら、なぜか「鬼気迫る」という言葉が浮かんできて、圧倒されました。

e0010856_8173581.jpg


これ(↑)は90歳になってからの作品。110歳になったら本当に最高の絵が描けるだろうと、本人の言。

e0010856_8175677.jpg


これ(↑)はほとんど晩年のもので、富士のいただきから舞い上がる黒煙のなかに描かれた龍一匹。これがまさに北斎その人でなくて誰でしょう、、、というようなDVDの解説でした。シェークスピアの晩年の作品「テンペスト、嵐」に出てくる主人公プロスペローがまさに作者(シェークスピア)の本音だと思わせる言葉を述べているように、この北斎の晩年の作品の中に、画家自身が投影されていると受け取るのは、間違っていないという気がします。

e0010856_8181633.jpg


芥子(けし),英語名Poppy 

e0010856_935674.jpg

e0010856_81838100.jpg


滝の音が聞こえてくるような・・・ と解説の人が言っていました。今の人は、素晴らしいけしきを前にして、カメラを取り出して写真を撮ってそれでおわり、という人が多すぎる、とも言っていました。それと、富嶽三十六景もそうだけど、自然描写、風景画のなかに人が、人間が、人生が、生活がいつも描かれているところが、北斎の「人間味」。

e0010856_8185555.jpg


天然痘をやっつけてくれるという伝説のショーキ(さま?)

e0010856_8205092.jpg


迫力、リアリティー。想像上でよくもまあこれだけ描けるものかと。

e0010856_821961.jpg


自画像(↑)。   90歳になってからの作品三点(↓)。

e0010856_8213085.jpg


そのほか、ウイキピディアのこのページには、もろもろの北斎エピソードがたっぷりと書かれていて、これらについては、ブリティッシュミュージアムの北斎展ではあまり(ほとんど)触れていなかったです。金銭に無頓着だったとか、掃除や家事をせずにゴミの中で暮らしていたとか、頼まれて描く絵も、気に食わなければ引き受けないとか。面白エピソード満載のウイキ様説明がありました。

More ウイキぺディアの説明
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-16 10:08 | 行ったところ | Trackback | Comments(5)


大英博物館 北斎展(1)

盛んに話題になっていた大英博物館の北斎展に行ってきました。7月9日(日曜日).

e0010856_965864.jpg


入場料は12+1ポンド(約1900円)。事前にネットで予約しておくと、並ばないで入館できると聞いていたので、日曜の17時50分入館の切符を買いました。それがオンライン予約できる一番早い切符だった。

e0010856_973767.jpg


それでもメールに送られてきたチケットには、混雑するから早めに来るように、と書いてあったので、3時ごろ出かけていった。

e0010856_98086.jpg


結局、ちょっと説明したら、そのまま中に入れてくれた。こういうところはイギリスらしい。四角四面に規則一点張りにならないところ。だいたい入場制限すること自体がかなり大まかな流れをコントロールするためのものだから、一人早めに入ったとか遅れたとかはあまり問題がない。イギリス流の鷹揚さ。

e0010856_985874.jpg


北斎についてていねいにメモを取りながら、じっくりと時間をかけて説明を読んで作品鑑賞をしました。オーディオテープがあったのに、うっかりしてをそれをスキップしてしまった。

e0010856_9145668.png


↑ は、レイトンバザードの駅と、北斎展のパンフレット。当日、FBにアップした情報でした。実はこれ(右側のパンフレット)は、O君のお母さんが,とてもいいからぜひ見に行くようにと、わざわざ送ってくださったものでした。電車代は10ポンドぐらい。ユーストンから大英博物館まで歩いた。足がいたくなって困った。


館内は撮影禁止なのに、写真撮ってる人、いっぱいいた。みつかると係り員がきて、止められていた。でも、撮ってしまった写真を消せとは言ってなかった。情報の流出を防ぐための撮影禁止ではなくて、作品を保護するための撮影禁止の目的だから、だろうか。 

館内の作品を載せられないのが残念だけど、メモはいっぱい撮ったし、DVDを買ってきた(7ポンド)ので、もうすこし作品もここに載せられるかも。うーん、とにかく、北斎の「鬼気迫る」姿を垣間見たおもいでした。すごい画家魂に圧倒されました。

行きながらと帰りの道筋で撮った写真を載せながら、北斎という人のすごいところをもう少し探ってみようとおもいます。(次へ続く。)
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-14 09:08 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)


レディング、カバシャム 友を訪ねて。

でも、7月1日(土)、ずいぶん前から予定に入っていて、予定通り、すべて無事完了でした。

e0010856_8412267.jpg


初めてNさんに会ったのは1999年秋のことでした。今から18年前。オックスフォードブルックス大学の大学院(博士課程)の入学オリエンテーションの日でした。Nさんは建築学。私は教育学。あれからずっとすれ違いも多かったけど、つながり続けることができた友人でした。いちばんお世話になったのは、メグのホームステイを何度も引き受けていただいたこと。それから NさんとTさんの結婚式には、メグも私も出させていただきました。Nさんは最短時間にさっさとPhDを取得。私はぐずぐず卒業までに10年以上かかってしまいました。その後、N&Tさんはスイスとドイツでお仕事をしておられ、メグはスイスのお宅まで行って、大変楽しませてもらったのでした。

e0010856_8413950.jpg


今年の4月のメグのタイでの結婚式にも、N&Tさんがお二人そろってイギリスからはるばるタイまででかけてくださいました。4月30日のC村での、メグのホストファミリーのパーティーにも来てくれました。Nさんは大阪の出身で、アコちゃんと話が合って、タイ(クラビ)では、出会ったその夜一緒に洋服の仕立てやさんに連れてってもらったりしたのでした。

e0010856_8415750.jpg


今度、セガの紅茶国駐在をきっかけに、一度お住まいへお邪魔させてもらうことになりました。それが7月1日。メニューはスペイン料理、パエリヤというので、サングリアをたくさん作って持って行ったのですが、写真なし。バジルソース(ドレッシング)であえたサラダも食べていただきました。N&Tさんはもうイギリス生活は長くて、20年以上になるらしいのですが、引っ越し魔(失礼!)。両方の指を折っても足りないほど、引越し回数を記録しています。メグのホームステイをしてもらったのも、行くたびに新しい家に住まれて、2か所、3か所どころではないほどの目まぐるしさ。でもそのたびに家をきれいにアップグレードされて、さすが建築のプロ。どの家も本当にインテリアや住み心地がバッチリのお家にお住まいでした。

e0010856_8421350.jpg


レディングのカバシャムという地域はとてもいい地域で最近は家の値段も高騰したとか。それで、きれいに住みやすく手入れされたこの家を売って、遠くのエディンバラに、ずっと広くて窓から海の見えるステキな一戸建てを買われて、まだまだおつりがくる、という離れ業!あのゴルフの名所、セントアンドリューズ(ケイトとウイリアム王子の出会いの場所となった大学のある街)から車で15分の街に、こんどひっこしされるんですって。

e0010856_8423276.jpg


お二人とも、ヨーロッパや、アメリカやインドの人達とチームを組んでインターネットでグローバルにお仕事をしている方。Nさんはヨーロッパの鉄道の駅のデザイン、Tさんはコンピューターのプログラミングのお仕事。本当に最先端を行くお二人に、この日はすっかりお世話になって、美味しいご馳走をたっぷりといただいて、お腹いっぱいになって、感謝感謝の一日でした。次はいつ会えるでしょうか?8月ごろには北の国へお引越しされるはずのN&Tさん、どうぞお元気で。また会う日を楽しみにしています。

e0010856_8425333.jpg


その後イーリングのセガの家に戻り、そこから一人で車を運転しながら、C村へ帰ったのは、夜の10時過ぎでした。最後の夕陽が道路の向こうに美しく見えかくれしていました。

たぶん、このブログは読まれることはないとおもうのですが、N&Tさん、本当にこの日はお世話になりました。ごちそうさまでした。


お土産にいただいた、庭のハーブ、ミントに、バジルに、マージョリーに、タイムに、セージ。全部特殊フィルターに密封して、冷凍庫にしまいました。これから料理を考えなくっちゃです(笑)。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-11 11:20 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)


6月のC村、ある日の散歩写真から。

もう7月に入り、一週間があっという間にすぎてしまいましたね。

6月の予定を書いたこの日のブログからかれこれ35日め。この間12編の記事を書きました。多くも少なくもない数字・・・。すでに7月が始まって、あれこれ予定もはいってきています。そこで、7月の記事に移るまえに、6月のアルバムから何枚か写真を選んでみました。せっかく撮ったのに、ここに載せなかったら一生日の目を見ることなく、PCのゴミみたいになってしまう写真たちです。

e0010856_4535585.jpg


この村には、「ビッグさんのパビリオン」(Bigg's Pavilion) と呼ばれるクリケット・グラウンドがあって、夏中はあちらこちらのクリケット・チームと対抗試合が開かれています。C村もチームを一つ持っています。

e0010856_623696.jpg


お店も一軒もないC村、戸数120戸ぐらい、人口300人あまり(と聞いているのみ、確かめたことはない)紅茶国のど田舎ですが、ぐるりと村の中を30分ほどかけて散歩すると、季節に応じていろいろな景色がカメラの中にはいってきてくれます。6月といえば、昼間が一番長い月、夜の7時、8時に散歩しても、夕陽と一緒にいろんな景色をみることができます。人間のほかに、おなじみの動物も、C村にはいます。

e0010856_4551686.jpg


黒猫は縁起物。ゴリヤクのほどはさだかではないのですが。ブリッジ試合に行く前に出会えたら、その夜の勝率がいいかもしれない、という縁起をかつぐ実験をしています。なかなか会えない黒猫。ブリッジの帰り道に出会っても、全然意味がないと思うことにしています。

e0010856_4544615.jpg


この馬はピッパさんという女性のものだとおもっています。大きなお邸に住んでいる郷士の奥さま、ピッパさんは朝晩よく犬を連れてC村の中を散歩しておられます。

e0010856_4555391.jpg


夕陽の写真もたくさん撮りましたが、これで夕方の8時から9時のあいだ。まだ全然暗くなっていません。暗くなるのは10時過ぎ。 ブリッジ・ゲームを終えて、11時過ぎにカントリーロードを運転して帰ってくる時も周りの空がうっすらと明るいです。本当の真夏日には、暗くなるのは夜の11時半から夜明けの2時半ごろまで。夜明けの3時には明るくなり始めます。なんてったって、この国は北緯54度、樺太よりもはるか上(北)にあるので、日本の四季と比べることはできない、冬が長くて夏が短いのは、ごもっともなこととおもわなければなりません。

e0010856_4594886.jpg


それにしても、蒸し暑い日本の夏を考えると、寒い寒いとぼやきながらも、避暑地にいるような気分になぞらえて、ありがたく思うことにしなければばば(笑)。

e0010856_4561645.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-09 07:27 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)


スピコン2017 (日本語カップ)


これは6月24日(土)でした。

e0010856_948911.jpg


ロンドンのHolborn 駅の近くのコンウエイ・ホールというところで、日本語杯をめざすスピーチコンテストがありました。

e0010856_9511886.jpg


今年は、3人の生徒が苦労してスピーチを書いて、録音して予選に参加したのですが、惜しくもだれも予選を通過できなかったのです。3人とも、私の目からみたらとてもいいスピーチを書いて、よく頑張って、甲乙つけがたい面白いスピーチだとおもったのですが、時間制限とか、語彙レベルとかの枠をはみ出したものは、どんなにいいスピーチでもはねられることになったのだそうで、たぶんその辺で引っかかったのだと思っています。もっと慎重に、参加規則に気をつければよかったのにと、悔やまれました。特にこの3人の生徒らが、それぞれに努力して、いいスピーチを書いてきたので、それだけで私は「すばらしい」と一人で思いこんでしまっていたのでした。

会場でも、「今年から予選通過の規則がきびしくなって・・・」と係の先生から言われたのでした。

e0010856_9582068.jpg


この3人のほかに、今年は年齢が若すぎて出場を見送った、日本語ペラペラのT君と、二人のお母さんと、私と合計6人で、スピコンの後はジャパンセンター参りをしました。

ある意味では気楽に楽しめたイベントでした。今年のキーステージ3(7,8,9年生)の課題は「理想の旅行」ということで、3人とも自分流に考えた日本旅行を夢見る話を書いていました。あそこへ行きたい、ここへ行きたい、あれをしたい、これをしたいと、夢見るだけ楽しくなるようなスピーチでした。

本当は3人ともここにそのスピーチを紹介したいのですが、とりあえず、一つだけ。オリバー君のスピーチをMOREに載せさせていただきます。彼はほんとうによく日本のことを調べ上げて、詳しい日本旅行の夢についてはなしてくれたのですが、おそらく規定の時間を超過してしまっていたので、予選をクリアできなかったのでしょう。3,4分というところを5分を超えるスピーチとなっていたのでした。

More
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-07 10:13 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)


朋あり、遠方より来る(その二)

まだ6月の話。表題(↑)のような、出会いがもう一つ、ありました。(6月25日、水曜日)

e0010856_9571497.jpg


ハイウイカム、レイン・エンド、マーロウ と言えば、ほとんどとなり合った街。そこにあるEJEFという学校に行ってきました。

e0010856_1003511.jpg


ちょっとの時間しかとれなくて、マーロウのチョコレート屋さんで、ほんの1.5時間ぐらいのおしゃべりでした。でもとっても楽しかったです。

e0010856_1031864.jpg


なにしろ47年ぶりでした。学生時代、同じクラスになったことはなかったけど、同級生だったので、名前と面影はしっかりと記憶通り。だから彼女も「古希」なのに、5週間の英語研修に挑まれたのでした。

あられチャン(仮名)は、きっとまた来てくれるって、言ってました。

そうそう、ランチ、彼女はレアビット(チーズとビールを煮込んだペースト状のもの)を食べて、私はプラウマンズ ランチ

e0010856_1013952.png


↑は実物じゃなくて、グーグル画像から借用したものですが、パンにサラダにパテにチーズなどいろいろ盛り合わせたもの。朝ごはん抜きで出かけたので、朝昼兼用のブランチとなりました。

お互いの身の上話を、47年ぶりに語り合うのは、言葉の端々に時間の重みが伴うから、とても貴重なおしゃべりの時間でした。

e0010856_10193137.jpg


あられちゃん、またの出会いを楽しみにしていますね。声をかけてくれて、本当にありがとう!!!
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-06 10:21 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)


朋あり、遠方より・・・

朋あり、遠方より来る(その一)
写真を載せてもいいって、許可をいただいています。

e0010856_2282480.jpg


6月18日(日)、かねてからの約束通り、のりさんとデート。 のりさんはおよそ10年ぐらい前までイギリスでナース(看護師)をされていた方です。アメリカはミシガン州にお住まいののりさん、ときどきこのブログにコメントくださいます。10年ぶりの出会いでした。上の写真はフェイスブックに載せたものです。それにコメントをいただきました。(↓)

コメントその一:ノリちゃん!懐かし〜い! by 繁子さん
その返事:10年ぶりでした。声が枯れるほどたくさんおしゃべりしましたよ。 by 私
自分でコメント: Do not believe Google Translate in this case. The above saying means "I have a friend, who came from far away (to see me). How can I not enjoy this!' = A famous line from "the Analects of Confucius = 「論語」. Whereas my GTranslate today gave me opposite meaning! "I have a friend, I came from a distance, I can not enjoy it anymore." Oh dear!追加コメント:Another translation from English version of the book goes: "Is it not delightful to have friends coming from distant quarters?"

コメントその二: ワーオ❗️  懐かしいお顔が❗️  お元気そうで何より(*´꒳`*)/" ミチさんの翻訳ツール解説が、面白いですね。さすが、日本語教師ですね〜〜ψ(`∇´)ψ それにしても、GTranslateダメですね…(by Aiさん。)
その返事: 主語を省略した文を訳せないのですね。    のりさんと延々5時間ぐらい、おしゃべりしました。運転しながら帰り道、ちょっと数えたら登場人物はかれこれ25人ぐらいいたかも。もちろん、大崎家も登場していましたよ。(笑)規子さん、全然変わってない、というよりむしろ若返ってました。残念ながらFBはやってないって。でも、ここにアップした写真は見てもらってます。 (by 私)
Aiさんの返事:  25人❗️  私は、のりちゃんと最後に会ってから5年以上経ちますね。若いですね〜〜。
私は、年々白髪が増えて、年相応です(-.-;)y-~~~ (by Ai さん)
私の返事: 入院して退院する時、ある看護師さん(アメリカの病院の)から、「あの20歳に見えるのにウン10歳の人って、あなただったの?」と言われたそうです。(笑) (by 私)

e0010856_1017559.jpg


ホント、のりさん、若々しくって、ステキ。私、前の日に銀行のカードを紛失してしまい、不覚にも支払いができなくて、のりさんにごちそうになってしまいました。のりさん、また来てくださいね。今度はC村でぜひ・・・。




e0010856_10142969.jpg

[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-05 10:26 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)


スモールワールド(その一) T・P・スクール

ずいぶん前に女子校で1年間ぐらい日本語を片手間にならってくれていた アユ・マちゃん。医学をやりたいからということで、日本語を1年間でストップ。結局無事にサザンプトン大学の医学部へ。その弟のタン君にも、ちょっとだけクラブで日本語を教えたりした。二人ともすごくまじめで勉強熱心な優秀な生徒。そのアユ・マちゃんが、ある日突然FBメッセージをくれて、「まだ日本語教えてますか?」って。お母さんが教えている学校で日本語の先生を探してるって。お母さん(ドクター・マ)にメールして、それから何通かのメールをやり取りして、結局この日(6月12日、月曜日)トリングという街のTP学校に行ってきました。で、その学校のウエブサイトを見たら、ロスチャイルド家ともゆかりの 邸宅が今は学校として使われているんだそうです。

e0010856_7422935.jpg


この地に住んで、寡聞にして、こんな立派な学校が近くにあるって、全然知りませんでした。すごいお屋敷。

e0010856_743212.jpg


セキュリティーも厳しくて、誰でも簡単にはいれるような門構えじゃありませんでした。入り口でインターホンを押して、門を開けてもらい、中に入って左に曲がり、まっすぐ進んでやがて駐車場へたどり着くという具合。

e0010856_7433153.jpg


あんまり立派なので、ついつい写真を撮らせてもらいました。この時お目にかかったMFL(モダンフォリンラングエッジ、要するにフランス語、ドイツ語、イタリア語などの、英語以外の言葉を教える言語学科)の係の先生。まえにG男子校でレベッカ先生の産休中に教えておられたL先生でした。スモールワールド。

しかも、このT.P.スクールの副校長先生も、前にG男子校で副校長をしておられたS.K.先生だったのでした。9月から一人の女生徒に日本語を教えることになりそうな気配。9歳まで日本にいたというHちゃん。お母さんが日本人で、お父さんはヨーロッパ人。今はご両親は東南アジアのある国におすまいだとか。

9月からHちゃんと二人して、どんなGCSE日本語コースがたどれることでしょうか?
楽しみだけど、いろいろと大変なことも起こりそうです。特に通勤問題。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-03 08:58 | 行ったところ | Trackback | Comments(5)

    

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。
by dekobokoミチ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
エキサイトブログ向上委員会
小さな手紙
人形町からごちそうさま
草仏教ブログ
vivid memories
今週のピックアップブロガー
あぱかば・ブログ篇
NED-WLT
◆Cinq*Etoiles◆
大隅典子の仙台通信
ばーさんがじーさんに作る食卓
花の仲間調べ
Strawberry a...
ライフ IN ロンドン
こばやしゆふ yu-...
薬膳のチカラ
マリーあんころネットの部屋
一歩一歩!振り返れば、人...
おうち*
小夏おばさんの 自己中心...
トルコ子育て生活
「ROMA」旅写ライター...
noraばばの お遊び記
そんな毎日、こんな毎日
vege dining ...
ロンドン 2人暮らし
エリオットゆかりの美味し...
ようこそ!おうちカフェへ
妻の小言。
長坂道子「ときどき日記」
ハチドリのブラジル・サン...
イギリス ウェールズの自...
** mana's K...
三溝清美 Cooking...
- AMERICAN D...
Bienvenue en...
honey+Cafe
agsjapanese
音作衛門道楽日記
♪アロマと暮らすたのしい毎日♪
おひとりさまの食卓plus
好きを仕事にする大人塾「...
犬とご飯と雑貨。
sakuraの英国便り
オオニシ恭子の薬膳日記
7つの塔が見える窓から ...
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
Chakomonkey ...
ベジタリアンミットゥンと...
ごちそうさま@Cafe
大好き海外ドラマ&恋して...
風に色をつかせるとき
Linen Style...
un_voyage♪♪
おいしいは嬉しい
すなおに生きる
北欧・スウェーデンよりシ...
カフェと畑と犬と猫
久次郎さんブログ
追憶ノート
Photos from ...
YUKA’sレシピ♪
くらしのし
マリーあんころネットの部屋2
オカリナ / エトランゼ...
アメリカからニュージーランドへ
やわらかい陽ざしのなかで
Delicatusib
すぎりおのがんばったるねん
クラシックな暮らし
daidokoro
2度目のリタイア後のライフ
エゲレス暮らし
世に倦む日日
ロンドン発 おもてなしテ...
アメリカ 青春の記録
ロンドンの食卓
WITH LATTICE
野口家のふだんごはん ~...
日々の記録
素敵な日々ログ+ la ...
人生、苦ありゃ、楽あるさ...
最新のコメント
じゃ、黒猫が横切っても横..
by agsmatters05 at 08:53
すっかり、秋模様ですね〜..
by mittyan-buhibuhi at 10:56
LINEですよ。 動画..
by mittyan-buhibuhi at 21:47
小夏さんとこは LINE..
by agsmatters05 at 01:47
marri さん、 m..
by agsmatters05 at 01:38
よしこさん、 新米ママ..
by agsmatters05 at 01:29
小夏さん、メグは2週間、..
by agsmatters05 at 01:25
お疲れ様でした。 紅茶..
by mittyan-buhibuhi at 23:14
お帰りなさい。お疲れさん..
by marri at 19:48
長旅お疲れ様でした。 ..
by よしこ at 19:28
エキサイト以外のブログ
その他のジャンル
a-ranking
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧