2017年 07月 30日 ( 1 )

C村のボランティア・シェフとして、かれこれ14年ぐらいを過ごしてきました。C村に住み始めたころは、ルイちゃんもララちゃんも生まれてなかった。でも9月からは二人とも中学生。とりあえずこの夏休み、C村に来ているので、私はキッチンにいる時間が長いです。ま、材料と時間があれば、キッチンで料理するのは、苦にならないです。ただし、作ったものを喜んで食べてもらえるか、もらえないか、この辺は微妙だ。

e0010856_5253620.jpg


先週3,4日、ララちゃんが一人でC村に泊まっていた時、最後の日にこれ(↑)を作りました。スモークサーモンはレモン汁に漬けておいたけど、酸っぱすぎたのであとからちょっと砂糖を加えました。人呼んで「サーモン・ロール」

e0010856_5285663.jpg


ララちゃんが帰る前の日、何かリクエストはあるか?と聞いたら、「アイランド・ライス」だと。これはハヤシライスを挽肉で作り、白いご飯をお皿の真ん中に島(アイランド)のようにおいて、まわりをハヤシライスの海で囲んだ料理。日本のハヤシライスの素がおいしいですが、どうしてもそれがないときは、よおく玉ねぎを炒めて、ひき肉を加えてから、トマトケチャップ、ウスターソース、それからとろみのでる粉(片栗粉とか、コーンスターチとか、炒めた小麦粉か、ほかのルウの素などを入れて、ハヤシライス風にしあげたもの。今回ララちゃんがお替わりをした唯一の料理でした。


ぎょうざ

e0010856_5353166.jpg


これは長崎時代に中国人のお医者様で留学生だったヤン先生から習いました。ニラも白菜もなかったけど、ねぎをたくさん入れて豚ひき肉とごま油その他の調味料を使って、具をつくりました。皮は、グーグルして、薄力粉と強力粉を半々に混ぜたもので作りました。もうちょっと柔らかい皮にすればよかったけど、固めにこねたので、伸ばすのが大変でした。

e0010856_5351389.jpg


味は良くて、私は美味しかったのですが、なぜかララちゃんには不評でした。よって、40個作って、半分ぐらいは冷凍しました。

アップルケーキ(↓)

e0010856_5365677.jpg


これはもう十八番。本当に簡単に作れます。 エキサイトブログ、「ばあさんがじいさんに作る食卓」からレシピーをいただきました。リンゴはこの国では安いので、大量にリンゴを使います。ブログのレシピーより、3倍ぐらい大量のリンゴをいれても、ちゃんと作れます。私の生徒たちは何度もこれを食べさせられています。これを見ると「馬鹿の一つ覚え」という諺が生徒の口から出てくるほど。(笑)

e0010856_537131.jpg


このほかに、サラダや、フルーツミックスや、そうだ、コーヒーゼリーも作ったよ。

e0010856_5541639.jpg


ここ2,3日ララちゃんはクリケットの合宿でいないので、私は料理をしていませんが、また明日(日曜日)から4,5日、ルイちゃん、ララちゃんがC村にやってくるので、ほかに料理人のいないこの家で私は、せっせとボランティア・シェフ業に励みます。

ほかに、パスタ(ピザ、スパゲッティー)や、サンドイッチも作りました。時間がないときは冷凍のフィッシュフィンガーみたいなのを使ったり、缶詰スープを一品として加えたりします。私が心掛けることは、やっぱり野菜をたくさん使うことです。サラダなどをいつも添えるのに、残されるとガックリですが。
[PR]
by agsmatters05 | 2017-07-30 07:25 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(4)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ