レディング、カバシャム 友を訪ねて。

でも、7月1日(土)、ずいぶん前から予定に入っていて、予定通り、すべて無事完了でした。

e0010856_8412267.jpg


初めてNさんに会ったのは1999年秋のことでした。今から18年前。オックスフォードブルックス大学の大学院(博士課程)の入学オリエンテーションの日でした。Nさんは建築学。私は教育学。あれからずっとすれ違いも多かったけど、つながり続けることができた友人でした。いちばんお世話になったのは、メグのホームステイを何度も引き受けていただいたこと。それから NさんとTさんの結婚式には、メグも私も出させていただきました。Nさんは最短時間にさっさとPhDを取得。私はぐずぐず卒業までに10年以上かかってしまいました。その後、N&Tさんはスイスとドイツでお仕事をしておられ、メグはスイスのお宅まで行って、大変楽しませてもらったのでした。

e0010856_8413950.jpg


今年の4月のメグのタイでの結婚式にも、N&Tさんがお二人そろってイギリスからはるばるタイまででかけてくださいました。4月30日のC村での、メグのホストファミリーのパーティーにも来てくれました。Nさんは大阪の出身で、アコちゃんと話が合って、タイ(クラビ)では、出会ったその夜一緒に洋服の仕立てやさんに連れてってもらったりしたのでした。

e0010856_8415750.jpg


今度、セガの紅茶国駐在をきっかけに、一度お住まいへお邪魔させてもらうことになりました。それが7月1日。メニューはスペイン料理、パエリヤというので、サングリアをたくさん作って持って行ったのですが、写真なし。バジルソース(ドレッシング)であえたサラダも食べていただきました。N&Tさんはもうイギリス生活は長くて、20年以上になるらしいのですが、引っ越し魔(失礼!)。両方の指を折っても足りないほど、引越し回数を記録しています。メグのホームステイをしてもらったのも、行くたびに新しい家に住まれて、2か所、3か所どころではないほどの目まぐるしさ。でもそのたびに家をきれいにアップグレードされて、さすが建築のプロ。どの家も本当にインテリアや住み心地がバッチリのお家にお住まいでした。

e0010856_8421350.jpg


レディングのカバシャムという地域はとてもいい地域で最近は家の値段も高騰したとか。それで、きれいに住みやすく手入れされたこの家を売って、遠くのエディンバラに、ずっと広くて窓から海の見えるステキな一戸建てを買われて、まだまだおつりがくる、という離れ業!あのゴルフの名所、セントアンドリューズ(ケイトとウイリアム王子の出会いの場所となった大学のある街)から車で15分の街に、こんどひっこしされるんですって。

e0010856_8423276.jpg


お二人とも、ヨーロッパや、アメリカやインドの人達とチームを組んでインターネットでグローバルにお仕事をしている方。Nさんはヨーロッパの鉄道の駅のデザイン、Tさんはコンピューターのプログラミングのお仕事。本当に最先端を行くお二人に、この日はすっかりお世話になって、美味しいご馳走をたっぷりといただいて、お腹いっぱいになって、感謝感謝の一日でした。次はいつ会えるでしょうか?8月ごろには北の国へお引越しされるはずのN&Tさん、どうぞお元気で。また会う日を楽しみにしています。

e0010856_8425333.jpg


その後イーリングのセガの家に戻り、そこから一人で車を運転しながら、C村へ帰ったのは、夜の10時過ぎでした。最後の夕陽が道路の向こうに美しく見えかくれしていました。

たぶん、このブログは読まれることはないとおもうのですが、N&Tさん、本当にこの日はお世話になりました。ごちそうさまでした。


お土産にいただいた、庭のハーブ、ミントに、バジルに、マージョリーに、タイムに、セージ。全部特殊フィルターに密封して、冷凍庫にしまいました。これから料理を考えなくっちゃです(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://agsmatters.exblog.jp/tb/25904378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by agsmatters05 | 2017-07-11 11:20 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31