朋あり、遠方より来る(その二)

まだ6月の話。表題(↑)のような、出会いがもう一つ、ありました。(6月25日、水曜日)

e0010856_9571497.jpg


ハイウイカム、レイン・エンド、マーロウ と言えば、ほとんどとなり合った街。そこにあるEJEFという学校に行ってきました。

e0010856_1003511.jpg


ちょっとの時間しかとれなくて、マーロウのチョコレート屋さんで、ほんの1.5時間ぐらいのおしゃべりでした。でもとっても楽しかったです。

e0010856_1031864.jpg


なにしろ47年ぶりでした。学生時代、同じクラスになったことはなかったけど、同級生だったので、名前と面影はしっかりと記憶通り。だから彼女も「古希」なのに、5週間の英語研修に挑まれたのでした。

あられチャン(仮名)は、きっとまた来てくれるって、言ってました。

そうそう、ランチ、彼女はレアビット(チーズとビールを煮込んだペースト状のもの)を食べて、私はプラウマンズ ランチ

e0010856_1013952.png


↑は実物じゃなくて、グーグル画像から借用したものですが、パンにサラダにパテにチーズなどいろいろ盛り合わせたもの。朝ごはん抜きで出かけたので、朝昼兼用のブランチとなりました。

お互いの身の上話を、47年ぶりに語り合うのは、言葉の端々に時間の重みが伴うから、とても貴重なおしゃべりの時間でした。

e0010856_10193137.jpg


あられちゃん、またの出会いを楽しみにしていますね。声をかけてくれて、本当にありがとう!!!
[PR]
トラックバックURL : http://agsmatters.exblog.jp/tb/25895922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marri at 2017-07-07 09:33 x
結構、こういった時が持てるんですね。良かったね!
私ね、こう見えてもこんな風にお喋りするの苦手なんです。数人の中で
時折茶々を入れるお喋りなんかだと、付いて行けるんだけど?やっぱり、我が儘かなぁ~?
でも、考えてみるとこういった出会いは、その日から数日たってもほっこり心に繫がって
日々の支えとなり、思い出してはニッコリしているんですよね。大切なひと時でしたね。
Commented by agsmatters05 at 2017-07-07 09:44
marriさん、
そうなんですか? 私、大勢で不特定多数がおしゃべりするときは、自分の出番がつかめなくて、聞き役に回る方が多いような気がします。あ、でも、仲間の種類によりけりかもですね。
このあられチャンは、5週間この場所にいたのに最後の週の帰る間際になってメールをくれたので、この日、短時間しか会えなかったんです。もっと早くからわかっていたら、あっちこっち車で連れまわすこともできたんですがねえ。でも、会えて大収穫だったと言ってもらえて、私も元気をもらって、ありがたかったです。やっぱり「朋あり、遠方より来る、これまた楽しからずや」そのものでした。
by agsmatters05 | 2017-07-06 10:21 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31