朋あり、遠方より・・・

朋あり、遠方より来る(その一)
写真を載せてもいいって、許可をいただいています。

e0010856_2282480.jpg


6月18日(日)、かねてからの約束通り、のりさんとデート。 のりさんはおよそ10年ぐらい前までイギリスでナース(看護師)をされていた方です。アメリカはミシガン州にお住まいののりさん、ときどきこのブログにコメントくださいます。10年ぶりの出会いでした。上の写真はフェイスブックに載せたものです。それにコメントをいただきました。(↓)

コメントその一:ノリちゃん!懐かし〜い! by 繁子さん
その返事:10年ぶりでした。声が枯れるほどたくさんおしゃべりしましたよ。 by 私
自分でコメント: Do not believe Google Translate in this case. The above saying means "I have a friend, who came from far away (to see me). How can I not enjoy this!' = A famous line from "the Analects of Confucius = 「論語」. Whereas my GTranslate today gave me opposite meaning! "I have a friend, I came from a distance, I can not enjoy it anymore." Oh dear!追加コメント:Another translation from English version of the book goes: "Is it not delightful to have friends coming from distant quarters?"

コメントその二: ワーオ❗️  懐かしいお顔が❗️  お元気そうで何より(*´꒳`*)/" ミチさんの翻訳ツール解説が、面白いですね。さすが、日本語教師ですね〜〜ψ(`∇´)ψ それにしても、GTranslateダメですね…(by Aiさん。)
その返事: 主語を省略した文を訳せないのですね。    のりさんと延々5時間ぐらい、おしゃべりしました。運転しながら帰り道、ちょっと数えたら登場人物はかれこれ25人ぐらいいたかも。もちろん、大崎家も登場していましたよ。(笑)規子さん、全然変わってない、というよりむしろ若返ってました。残念ながらFBはやってないって。でも、ここにアップした写真は見てもらってます。 (by 私)
Aiさんの返事:  25人❗️  私は、のりちゃんと最後に会ってから5年以上経ちますね。若いですね〜〜。
私は、年々白髪が増えて、年相応です(-.-;)y-~~~ (by Ai さん)
私の返事: 入院して退院する時、ある看護師さん(アメリカの病院の)から、「あの20歳に見えるのにウン10歳の人って、あなただったの?」と言われたそうです。(笑) (by 私)

e0010856_1017559.jpg


ホント、のりさん、若々しくって、ステキ。私、前の日に銀行のカードを紛失してしまい、不覚にも支払いができなくて、のりさんにごちそうになってしまいました。のりさん、また来てくださいね。今度はC村でぜひ・・・。




e0010856_10142969.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://agsmatters.exblog.jp/tb/25859309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by のり at 2017-07-05 22:16 x
みちさんと久しぶりにお会いできて、本当に嬉しかったです。あっという間の5時間でしたね。
お渡しした15年前の写真と比べると、私はしっかりおばちゃんになってますよ~。メグちゃんはすごく綺麗な女性になられていますが。
また夫の協力(マイルとお留守番)を得て、数年後にイギリスに遊びに行きたいと思います。その時はC村にも伺いますので、よろしくお願いします。
Commented by agsmatters05 at 2017-07-06 09:14
のりさん、半月あいだが空いてしまいましたけど、楽しかった思い出はしっかりと生きています。コメントありがとうございました。このブログでは実名を使わせていただくことはマレですけど、ご許可くださってありがたく、使わせていただきました。ぜひまた(私がC村にいるうちに)お出かけくださいね。
それに、お迎えするものが払うべきなのに、ごちそうになってしまって、すみませんでした。わんちゃんたちはのりさんが帰ってきてどんなにか喜ばれたことでしょう!いえ、旦那さんのほうがもっと喜ばれましたよね、もちろん。(笑)
by agsmatters05 | 2017-07-05 10:26 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31