オックスフォードの The Fishes というパブ。

The Fishes というパブ
に行ってきました。(6月9日、金曜日)

e0010856_2339568.jpg


これもフェイスブックつながりでした。かれこれ17年以上前に同じ学校の留学生だったメンバーのミニミニ同窓会でした。

e0010856_23403082.jpg


5時半に Draiton Parslow という村でのブリッジを終えて、一人で車を走らせました。前もってグーグルマップで地図を調べておいたものの、初めて行くところなので慎重に運転しました。途中で一か所、細い道に入ったところで、自転車に乗っていた少年に「フィッシュというパブこの辺にあるかどうか知ってる?」ときいたら、「この先すぐ左側だよ」って教えてくれました。こんな(↓)ところでした。

e0010856_6132256.png


そういえば、ここ前にも来たことがありました。友人の車に乗せてもらってきたので、名前とかすっかり忘れてました。  全部で大人8人、こども二人で食事とおしゃべりの楽しいひとときを過ごしました。あの時はどんなだったけ・・・てな思い出話をいっぱい。

e0010856_6164511.jpg


夜の9時、10時でもこんな風に外が明るくて。でもちょっと寒くてみんなコート着てましたけど、それでも外のテーブルで食事できるのは今の時期だけ。遠い昔の間接的な知り合いだったので、かすかなお名前程度のおぼろな記憶だったのですが、そのお一人TOMOMIさんがメグが中学生のころ行き会ったことがあったそうで、「あの時のあのメグちゃんがもう結婚したんだなんて!」ってびっくりしてました。そのTOMOMIさんも今は2児の母。お嬢さん2人が半分英語、半分日本語を上手に使い分けられてびっくり。日本へ里帰りして2,3週間の短期幼稚園ライフも経験されたとか。小さい子供の言語吸収力ってすごいですよね。

それからもっとびっくりしたのは、ひとり遅れてやってこられたHIROKOさん。会ったとたん、私のこと、「前に会いましたよね、着物きてませんでしたか?お茶の先生では?」と。もちろんこれは大間違い。「いいえ、とんでもない」と答えました。「私、日本語教えてますけど。」というと、なぜかすぐピンときたらしく、「あ、もしかしてベン知ってます? ベンジャミン・アシュトン。」「ええ、よく知ってますよ。2年間、日本語を勉強してくれてGCSEでAをとって、今はオックスフォードの大学にいます。演劇もやってるみたいで、時々フェイスブックに演劇の情報をのせてくれたりして。」「まあ、うちの娘の友だちなんですよ。ステージコーチという演劇やダンスを習うグループに入ってるもんですから、ベンも今でもよくきてくれているんですよ。」とHIROKOさん。なんというスモール・ワールド。


ところで、この日のミニミニ同窓会に、日本からはるばるやってこられたM姉妹。実はね、Marriさんのお店の街から来られたんです。それで、私が長いお付き合いのブログ友達が同じ街に住んでいて、カラオケ喫茶をしていて、という話になりました。このM姉妹、「行ってみたいね」って話しておられました。Marriさん、お店の名前が出てこなくて、あとでFBで知らせるね、ってことにしておきました。お姉さんの方は鞆の浦のそばにお住まいで、妹さんは京都にお住まいです。 Marriさん、鍵コメでもいいので、お店の名前教えていただけますでしょうか。お願いしまーす。

その時のM姉妹のおみやげ(↓)

e0010856_6432492.jpg


でもって、ここで話が飛びます。

このお饅頭を食べさせたい人がいて、写真に撮ったのですが、もう間に合わなかった。夜家に帰って写真だけメールで送りました。今年卒業していった二人の生徒、O君とA君。この日(6月9日、金曜日)がAレベル(A2)の日本語試験日だったのでした。一人は6年間、もう一人は5年間、ずっと放課後、週1のペースで(プライベートで)日本語を勉強してきてくれた二人でした。そうこの二人

どうやら、試験はヤマかけもはずれることなく(笑)、読解問題も、英文和訳問題も、二つの長文エッセイ(作文)問題もうまくいったと、二人から返事がすぐとどきました。A君の作文は広島地方について準備してあったので、広島のお好み焼きとか、もみじ饅頭とかを作文の中に含めるつもりでいたのでした。試験は午前中で、この写真を送ったのは夜だったので、二人とも、日本の和菓子が食べられなくて残念だと。(もう授業はないから。) でも、8月のAレベル結果発表日のあとで、C村に来てもらって、ブリッジの手ほどきをすることにしています。もう今から楽しみ、楽しみ。

って、脱線しましたけど、M姉妹にお礼を言いたかったけど、たぶんブログは読まないみたいなので、これからFBでお礼しておきます。

以下、Yahoo 知恵袋様より、引用させていただきます。


朋あり遠方より来る また楽しからずや。


原文は
「有朋自遠方来 不亦楽 」
読みは、
「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや。」
意味(解釈)は諸説ありますが、一般的なのは、
「友人が(珍しくも)遠方から訪ねてきてくれるのは、こんなうれしいことはない。」


[PR]
トラックバックURL : http://agsmatters.exblog.jp/tb/25840810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mittyan-buhibuhi at 2017-06-12 11:01
まぁ、奇遇ですね、marriさんの市にお住まいだなんて。
キャッ(⌒▽⌒)ってなりましたでしょ、ね。

ミチさん、この頃、紅茶國生活をものすごく楽しんでらっしゃる様な気がしますネェ( ◠‿◠ )
Commented by agsmatters05 at 2017-06-13 00:10
小夏さん、

苦しいことは書けない、書かない、アハハです。
あるにはあるんですけどねえ。トホホ

Marri さんのお店やブログと、MさんのFB記事がなかなかすうっと結びつかなくて。こういう間延びのした話になってしまいました。でも、つながるとうれしいなって思います。
Commented by marri at 2017-06-16 17:05 x
良かったね!どっぷり和の輪の中で、貴女の嬉しそうな顔が目に浮かんできます。
S17年生まれの「ワンセブン」です。鞆の浦だなんて!会ってみたい。お友達にヨロシク!
しばらく休んでいる間に、貴女の内容、すっかり変わっちゃって。老人はウロウロ?
Commented by agsmatters05 at 2017-06-17 10:45
marriさん、
伝えておきますね。詳細は、マリさんのブログのほうへお伝えしようかと思います。

このページのスキン(デザイン)どうでしょうか?
読みにくい?読みやすい?文ばかり多い記事には向いてる、って書いてあったので、採用したんですけど。一度に全体が見られないのはちょっと面倒くさくないですか?
by agsmatters05 | 2017-06-12 07:26 | 行ったところ | Trackback | Comments(4)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31