紅茶国C村の日々


ウースターという街 (3月17日、18日)

e0010856_7571714.png


ウースターという街は、C村からおよそ160キロぐらい離れたところにあります。バーミンガムの27キロ南、ロンドンからはおよそ西に250キロぐらい離れた町です。Wikipediaによると、

Worcester (Listeni/ˈwʊstər/ WUUS-tər) is a city and the county town of Worcestershire in the West Midlands of England. Worcester is situated some 17 miles (27 km) southwest of the southern suburbs of Birmingham and 23 miles (37 km) north of Gloucester and has an approximate population of 100,000 people.


Worcester と書いて、ウォーセスターと読まずに、ウースターと読むのは、ローマ人によってイギリスが治められた時以来のラテン語の名残。Bicester はビスターであって、バイセスターじゃないし、 Leicester はレスターといって、ライセスターじゃない。Gloucester という街も、グローセスターじゃなくて グロスター。
English place names ending -chester, -caster and -cester are derived from the Roman names of places where there were camps.


とまあ、それはどうでもいいようなこと。ちょうどひと月前のことになってしまいましたが、この街に行かねばならない事情があって、学校も、ブリッジも休んで一泊どまりででかけた。そのわけはここでは省くことにして、ウースターの街で何をしたか。することがなくて困って、一人でぶらぶら街中をさまよったのでした。いえ、歩いたんじゃなくて、車であっちへ行ったり、こっちへ行ったり。あんまりボケっとしてるのもなんだから、と思ってアイフォンのグーグル様にお尋ねして、結局せっかくこの街に来たのだから、有名な大寺院(聖堂)と、ウースターソースの会社でも見てみよう、という気になったのでした。一人旅、それもまたいみじきものかは。笑

ウースター・ソースの発祥地、本社訪問記
e0010856_21585069.jpg


世界中(一説では130か国とか)に出回っているあの有名なウスターソース。料理をする人ならだれでもお世話になるあのソース。それがこの街の名前と同じってことは、ソースがこの街に依存しているのか、それともこの街がこのソースに依存しているのか(笑)。

e0010856_21591876.jpg

アイフォンのグーグル様を頼りに、その本社とおぼしき所に苦労してたどり着くことができ、人気のいない界隈に車を停めて、好奇心という服を着て会社の中に入りこんでいったのでした。

e0010856_2202861.jpg

その心は、観光客というよりは、レポーター。中に入っても人が誰もいない。受付に電話が置いてあって、用事のある人は電話せよと。そうしてようやく、受付に会社の人が出てきてくれました。私の口上は正直そのもの。日本からたまたまこの街にやってきたツーリストですが、せっかくこの街に来たからには、、ソースの会社の本場で、会社見学をさせてもらうか、ソースの一部を手に入れたい、と申しました。

「残念ながら、以前は社内見学もやっていたけど、今はやってないって。ウスターソースの歴史や、ソースが作られる話を聞きたかったら、市の図書館に行ってごらんなさい」といわれた。

待っている間に、↑ ↓ のような誰もいない応接間の様子を撮らせてもらったという次第。

e0010856_2212282.jpg

一説には、「ウースターシャー地方に住むある主婦が余ったリンゴの一片と野菜の切れ端を捨てずに、胡椒やからしなどの香辛料を振りかけ、腐らせないためにさらに塩と酢を混ぜてから壺に入れて貯蔵しておいたのがはじまり」だとか。

ある日、主婦が壺のふたを取ってみると、貯蔵物が自然溶解して発酵していましたが、臭いをかぐと食欲をそそる芳香を放っていたのです。思い切ってこの発酵液を調味料に使ってみると味がおいしく、自家製自慢の調味料として吹聴して回りました。やがてこれば地元の企業によって商品化され、英国全土で市販されるようになり、世の中に広まっていきました。」というのは、tokyo-sauce.com というサイトから。

ウスターシャーには現在でも当時のソース会社があり、ウスターソースを製造しています。リー・アンド・ぺリンズ社 (Lea & Perrins,もとは薬剤のほかに食糧や調味料などを販売していた薬局) は その起源を1823年にさかのぼるウスター市最古のソース会社として知られ、門外不出の製法で造ったソースは世界各国に輸出されています。


The History of Lea & Perrins
e0010856_8283071.jpg


ただし、この会社リー&ぺリンズ社で一枚だけ、説明書をくれたのですが、それには 「ある主婦」の話は全然触れてなくて。このソースを造ったのは、リーさんとぺリンズさんの二人の共同作業で、しかも失敗したと思ってほったらかしておいたものが、あとから偶然見直されたものだとか。

レポーター根性丸出して、仕入れた情報でした。

ウスターソース、カレーの隠し味に入れるとおいしいですよね。

次は、ウースター大聖堂の話に移ります。
[PR]
by agsmatters05 | 2016-04-18 09:57 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://agsmatters.exblog.jp/tb/24290155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by konatum at 2016-04-19 18:13
えー、ウスターソースというのは、そういうものだったのですか。

ソースに歴史あり!ですね〜(#^.^#)
Commented by agsmatters05 at 2016-04-19 19:58
そう言われたら、

「そうす、よ。」

っといわなくっちゃあね。^-^
Commented by 異人館 at 2016-04-22 07:30 x
文章を読み始めたとたん、ウースターソースと関係が有る地域ですか?とお聞きしようと読み進みました。

‼︎‼︎流石です。知りたい事を続々書いて下さっていて。遅れてきたブログファンの私、また勉強出来ました。

少しピリリとパンチの効いたウースターソース、昔はこれしかなかった記憶があります。カレーには本当に良く合いましたよね。

目玉焼きには、醤油、塩、ウースターソース派閥に別れ何がベストかよく議論しました。

英国はスポーツも食も、文化一般、どおしてこんなに発祥するのでしょう。

世界に沢山の植民地を持ち、言語も文化も広まったからでしょうか?何かを生み出す柔軟な柔らかさ、同じ島国日本も沢山あるとは思いますが拡げる術は無かったですね。

英国発祥の物、良い所を柔軟に沢山、自分の生活に取り入れて暮らして行きたいと思います。
Commented by agsmatters05 at 2016-04-23 04:31
異人館さん、
日本とイギリスは似かよった特性があると言われますよね。島国、という・・・(笑)。上の リー&ぺリンズの会社の歴史を見ていて、ちょうど日本の創業150年とか、200年とかいうのと同じじゃないかと思ってました。二人のケミスト(化学者)リーさんとぺリンズさんが、インドのベンゴールの知事からもらったソースのレシピーを最初に作ったのは1835年ですって。それを人の歳にかぞえると、その人は181歳になるって。ということは、いってみれば創業181年。日本で、天保6年ですって。その頃から続いている日本の会社、老舗も珍しくないですよね。

<< せいくらべ      C村の散歩道、4月のある日。 >>

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。
by dekobokoミチ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
エキサイトブログ向上委員会
小さな手紙
人形町からごちそうさま
草仏教ブログ
vivid memories
今週のピックアップブロガー
あぱかば・ブログ篇
NED-WLT
◆Cinq*Etoiles◆
大隅典子の仙台通信
ばーさんがじーさんに作る食卓
花の仲間調べ
Strawberry a...
ライフ IN ロンドン
こばやしゆふ yu-...
薬膳のチカラ
マリーあんころネットの部屋
一歩一歩!振り返れば、人...
おうち*
小夏おばさんの 自己中心...
トルコ子育て生活
「ROMA」旅写ライター...
noraばばの お遊び記
そんな毎日、こんな毎日
vege dining ...
ロンドン 2人暮らし
エリオットゆかりの美味し...
ようこそ!おうちカフェへ
妻の小言。
長坂道子「ときどき日記」
ハチドリのブラジル・サン...
イギリス ウェールズの自...
** mana's K...
三溝清美 Cooking...
- AMERICAN D...
Bienvenue en...
honey+Cafe
agsjapanese
音作衛門道楽日記
♪アロマと暮らすたのしい毎日♪
おひとりさまの食卓plus
好きを仕事にする大人塾「...
犬とご飯と雑貨。
sakuraの英国便り
オオニシ恭子の薬膳日記
7つの塔が見える窓から ...
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
Chakomonkey ...
ベジタリアンミットゥンと...
ごちそうさま@Cafe
大好き海外ドラマ&恋して...
風に色をつかせるとき
Linen Style...
un_voyage♪♪
おいしいは嬉しい
すなおに生きる
北欧・スウェーデンよりシ...
カフェと畑と犬と猫
久次郎さんブログ
追憶ノート
Photos from ...
YUKA’sレシピ♪
くらしのし
マリーあんころネットの部屋2
オカリナ / エトランゼ...
アメリカからニュージーランドへ
やわらかい陽ざしのなかで
Delicatusib
すぎりおのがんばったるねん
クラシックな暮らし
daidokoro
2度目のリタイア後のライフ
エゲレス暮らし
世に倦む日日
ロンドン発 おもてなしテ...
アメリカ 青春の記録
ロンドンの食卓
WITH LATTICE
野口家のふだんごはん ~...
日々の記録
素敵な日々ログ+ la ...
人生、苦ありゃ、楽あるさ...
最新のコメント
はいはい、小夏ばあちゃん..
by agsmatters05 at 08:08
わぁ、良いなぁ〜、グラン..
by mittyan-buhibuhi at 16:54
じゃ、黒猫が横切っても横..
by agsmatters05 at 08:53
すっかり、秋模様ですね〜..
by mittyan-buhibuhi at 10:56
LINEですよ。 動画..
by mittyan-buhibuhi at 21:47
小夏さんとこは LINE..
by agsmatters05 at 01:47
marri さん、 m..
by agsmatters05 at 01:38
よしこさん、 新米ママ..
by agsmatters05 at 01:29
小夏さん、メグは2週間、..
by agsmatters05 at 01:25
お疲れ様でした。 紅茶..
by mittyan-buhibuhi at 23:14
エキサイト以外のブログ
その他のジャンル
a-ranking
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧