週末、ポカポカ陽気で外出(1、ワデスドンマナーハウス)

週末は、3連休で、学校のことはほとんど忘れることができるようになりました。(←これは、笑いじゃなくて、涙、もしくは、苦虫。それが生徒にきっと反映するだろうから。)

「心を病む人」のおつきあい、お供、ショーファーをして、二つのナショナルトラストめぐりをしてきました。両方とも、入場料が高い!

立派な邸宅と庭園。庶民には手も足もとどかない、お金持ち、雲上びとのお住まい拝見でした。まあ、目の保養ということで、写真をどうぞ。

e0010856_0133775.jpg


ワデスドンマナーハウス こちら(←)をクリックしていただくと、パノラマビュー、お屋敷の写真をみることができます。

e0010856_0152875.jpg


レストランでは、2コースで13ポンドぐらいの料理をいただきました。タイ米みたいな、ふかふか白ご飯の上に、トマトソースで煮込んだ骨付き鶏肉がのっかっていたものがメイン。そしてデザートは、あまりにもオシャレな飾り付けだったので、デジカメを発動しました。ティラミス。

e0010856_0283662.jpg


ランチのあと、庭園散策。思いがけず、ブルーベルとめぐり合うことができました。

e0010856_0311774.jpg


きれいな花壇にたくさんの花が咲き乱れていました。

e0010856_033824.jpg

e0010856_0355895.jpg

e0010856_0364936.jpg

e0010856_0374889.jpg

大勢の専門の庭師さんたちが、手入れをしているのでしょう。なにしろ、このワデスドンマナーハウスというのは、1874年から15年かけて、ドイツ系ユダヤ人の大富豪(の息子)フェルディナンド・ロスチャイルドによって作られたものだそうです。(ドイツ語読みすると、ロートシルト)

お庭の樹木の写真をたくさん見たい方は こちら へどうぞ。「イギリスそよ風もよう」というFCブログの2007年8月20日の記事をお借りしました。

「ロンドン偏食生活、偏食通信」というブログの2008年5月24日の記事にも、建物の中のこととか、詳しく書かれてています。

アララ、グーグルしていたら、私の 過去記事 も出てきました。去年の7月のことでした。 

長くなったから、2番目のお邸めぐりは、その2にまわします。
[PR]
トラックバックURL : http://agsmatters.exblog.jp/tb/17606320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by konatum at 2012-03-27 15:07
は~、まあ~、わ~、感嘆の声しか出てきませんよねえ。
おとぎ話の世界のようですよ。

どの花も好きだけど、 ブルーベル、素敵素敵素敵!
Commented by agsmatters05 at 2012-03-28 08:23
小夏さん、そう思いますのん?
ブルーベルだけが、大地から自然に芽を出してきたものじゃないかなあ。
ほかのは、ぜんぶ、人工的に植えられて、育てられたものみたい。
お金と時間がたっぷりと注ぎ込まれてるんでしょうねえ。
大勢の人が集まってくるわけだわ。
お天気もよくなってきたし。
庭園めぐりがいそがしくなりそうです、よ。
Commented by けい at 2012-03-29 13:30 x
ご無沙汰しています。相変わらずご活躍のご様子、いつも拝見しています。なかなかコメントできずに申し訳ないことです。

綺麗な花たちですね。ブルーベルの群生はみごと!NHKで先週からミス・マープルの第4と第5のシリーズを放送しています。この写真のようなマナーハウスや自然の美しさにうっとりです。これからさらに見事になっていくのでしょうね。羨ましい限りです。
Commented by agsmatters05 at 2012-03-29 19:12
けいさん、おひさしぶりでーす。相変わらず四苦八苦しております。(笑)。お元気でしたか?  
われを忘れてその場所に溶け込むことができたら、きっともっとエンジョイできることでしょうね。そして、日本にもいっぱい「うっとり」の場所はあると思いますが、しばらくこちらにいる間に、「もういい」と思うくらい歩き回るのもいいかも、ですねえ。なんて今ふっとおもったのですが・・・。
Commented by marri at 2012-03-29 20:29 x
京都・大原の里に住むベニシアさん。
そちらのお国の出なんですが。いつか里帰りしていました。
↑ こんな立派なお城の中に、これまた素敵なお庭でした。
宮殿が我が家だなんて・・・・見てましたが。
こうしてみていると、当たり前のお国なんですね~♪
Commented by agsmatters05 at 2012-03-30 03:53
貴族とか、大富豪は今でも当たり前にこういうお屋敷にすんでいるのでしょうね。「マンション」という言葉は部屋数が300ぐらいある大邸宅のことだと習った記憶があるのですが、こちらのこういうお屋敷はなるほど、部屋数が200や300はあるのでしょうねえ。庶民には程遠い話。想像をめぐらしても、なかなか理解するのは難しいです、よねえ。
by agsmatters05 | 2012-03-26 01:30 | Trackback | Comments(6)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ