バタメア 

前の日、ヘルベレンに挑み、足腰の筋肉痛が残る翌日(10日、水)は、平地の軽い歩きということで、ダーウエント・ウォーターのとなりの湖、バタメア(湖)にいきました。

e0010856_18373085.jpg


全部同じ日の写真ですが、雲の流れが早いので、空の色がどんどん変わっていきました。青空が見える時間はあまり長くないのですが。

e0010856_18381083.jpg


湖の周りをぐるっと一巡りするためには2時間半かかるとか。毎年来てるけど、昼すぎから歩き始めてゆっくり歩くと、完全に一巡するのは難しい。一度だけやったことがあるけど。

e0010856_1839092.jpg


この湖の周りは平らな道をぐるっと歩けるので、子供や家族向けにもぴったり。いつかここへ、家族と来れる日が来るか、私?

e0010856_1840133.jpg


そして夜は、いつものブリッジ。ケズウイックの コンサーバティブ・クラブ (conservative club) で。
22人(5テーブルと半分)がプレイして、そのうちなんと8人(4ペア)がビジター、つまり外部からの臨時の参加者だったとは。 (ちなみに、結果は 火曜も木曜も3位。)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-08-11 18:52 | 行ったところ | Trackback | Comments(4)

ヘルベレンとサールメア

7日(月)北上し、8日(火)ダーウエント湖の周りを歩き、(夜はブリッジ)、9日(水)ヘルベレン山の中腹まで行ってきました。夜は湖畔劇場で現代版のシェークスピア(お気に召すまま)。 とりあえず、写真のみ2-3枚。

e0010856_7381353.jpg


ありがたいことに、好天に恵まれました。

e0010856_739505.jpg


10数年来、同じ景色です。
サールメア湖。大都会マンチェスターの水源になっている湖で、遊泳もボート乗りも、いっさい禁止。とにかく細長い湖です。

e0010856_7442152.jpg


これ(↑)は望遠をきかせて撮ったものですが、静かな山の中で、この水の音だけがあたりに響き渡っていました。この音を、このブログに来てくださった方々に届けたいなあ、と思いながら撮りました。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-08-10 07:46 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

カンブリア 2017

カンブリアとは、早く言えば湖水地方のことですが、「湖水地方」って名前がよ過ぎ。しかも広い地域のことですから、毎年お世話になるグレンジ村のB&B、ローラさんちのファームは、本当にその一部分だけ。ブログのタイトルに「湖水地方」とすると、ただそれだけで、検索語に引っかかるかもしれないので、人目を避けるためにあえてタイトルは地味にしました(笑)。

ウインダーメアとか、グラスメアとか名前が知られていて、大勢人が行くところは、私には縁がなくて・・・

e0010856_7191221.jpg


毎年、お世話になるのが、ここ、ダーウエント・ウォ―ター(湖) のほとり、ケズウイックという街にある湖畔劇場。シアターバイザレイク。 朝11時半ごろC村を出発して、およそ450キロ。とちゅう眠くて眠くてM6という高速道路をなんどかサービスエリアで10分ぐらい運転席で眠ったりして、ようやく夕方7時過ぎにケズウイックに着きました。(ここからローラさんちまでは約20分ぐらい)。

e0010856_72021.jpg


とりあえずフェイスブックに載せたのと同じ写真を載せておきますね。

毎年のことですが、さむい北国から 

「暑中お見舞い申し上げます。」



これから一週間、傘さして山歩きの予定です。人呼んで「ホリデー。こういうホリデーもありなん。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-08-08 07:35 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

ブリッジのこと


コントラクト・ブリッジというトランプの競技について、ずっと前からブログ記事を書こう、書こうと思いつつ、なかなか書けなかったんです。あまりにもコトがリアル過ぎて(笑)。今回は、脈絡もなく、ただ写真を並べてみます。一応、全部、ブリッジ関連の写真ばかりです。

e0010856_7403083.jpg


上のプリントは、ある夜の試合(というか、競技会)で、使われたトランプの札の記録です。
一パック52枚の札を四つ(東西南北)に分けて、四辺に座る人がそれぞれ13枚の札を持つ、というわけです。

e0010856_7374689.jpg


これ(↑)はある月曜日の夜、ストークマンデビルというブリッジ会場で、あまりにも夕陽がきれいだったので、試合の途中でパチリとしたものです。

e0010856_737823.jpg


これ(↑)はある木曜日の夜、ドレイトン・パーズロー村のスポーツホールみたいな建物の一部屋で、ブリッジ競技中に撮った写真です。手前の手作りのお菓子、このクラブによく来るマーガレットさんの手作り。マーガレットさんはお菓子作りが上手で、こうやってみんなにふるまってくれるんですが、「おいしい、ありがとう」とお礼を言うと、「へえ、こんなんが好きなの?」といわんばかりの、返事をいつもしてくれるんです。作ってもあまり自分では食べない人なのかもしれない。(笑)

e0010856_7381113.jpg


これ(↑)はA市のマルティ・カルチャー・センターというところの写真。ここへは、毎週火曜日の夜7時過ぎから10時半まで。7時にここに到着しても、まだ明るかった時に撮ってみました。

e0010856_10154718.jpg


これ(↑)は同じ火曜日の会場を別の日に中から撮ったもの。手前に映っているのは、ピーターさんとモーリンさん。(無断掲載です、笑)

e0010856_10161387.jpg


これ(↑)は今日(8月4日、金)に撮りました。ドレイトン・パーズローは、週2回、木曜の夜と金曜の午後通っています。
e0010856_10163063.jpg


同じくドレイトン・パーズローブリッジクラブの入り口。

ここはアビーさんというイギリスで最年少で国代表になってヨーロッパ選手権とかに出場したという女性の主催するクラブです。彼女はとても小柄で明るくて、オックスフォード大数学科出身のブリッジの強豪です。私の金曜日のパートナー、ポールさんはいつも難しい手があると、アビーに聞かなくちゃわからん、アビーに聞いてみよう、アビーはこう言ってる、アビー、アビー、アビーって言いどおしなんです。

e0010856_10164881.jpg


同じ場所、正面の入り口。入り口はどうってことない、ささいな建物に見えるデショ。でも、中の競技が始まると、大変なんです。

e0010856_101789.jpg


今日は、9テーブル。ということは9X4=36人が競技したことになります。今日は私は年中一人でやってくるリチャードさんと組みました。前にトップになったこともあるパートナー、リチャードさんでしたが、今日は、調子が悪くて真ん中より下、6番目ぐらいでした。48%。 50%以上取らないと、レベルアップできません。でも、ブリッジって、いつでも勝てる、いつでも調子がいいって訳にはいかないゲームなんです。とても、運不運が左右します。だからと言って、ポーカーみたいに全くの偶然で勝ち負けが決まるかというと、とんでもない。アビーさんみたいな国代表がいるからには、運ばかりに頼っているゲームでないこと、スキル、頭脳、根性、記憶力、洞察力、もろもろのメンタリティーが必要とされるゲームです。

e0010856_10172371.jpg


これ(↑)は、今日の手(ボード)の一つ。リチャードさんが1NT と言ったので、私は約束通り、ポイントが11点だったので2S(スペードの2)とビッドして、リチャードさんが3NT.無事、コントラクトを果たしたゲームでした。13枚の手札のうち、こんな風に一つの種類(ここではダイヤ)だけが多くて、スペードがない手札なんて、そうざらにおめにかかる手札じゃないんです。こういう風にテーブルの上にさらけ出すのは、ダミーと言って、これはリチャードさんがプレイして、私は黙って、待機しているというわけです。

ああ、もう書き始めたらたいへん。このゲームの手引書、指南書、教則本、問題集、山のように出版されています。とてもここで説明を始めるわけにはいかない。でも、なんとかこれを読む方にこのゲームのことをわかってもらいたい、というときは、どうしたらいいんでしょう????(笑)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-08-04 23:56 | ブリッジのこと | Trackback | Comments(0)
C村のボランティア・シェフとして、かれこれ14年ぐらいを過ごしてきました。C村に住み始めたころは、ルイちゃんもララちゃんも生まれてなかった。でも9月からは二人とも中学生。とりあえずこの夏休み、C村に来ているので、私はキッチンにいる時間が長いです。ま、材料と時間があれば、キッチンで料理するのは、苦にならないです。ただし、作ったものを喜んで食べてもらえるか、もらえないか、この辺は微妙だ。

e0010856_5253620.jpg


先週3,4日、ララちゃんが一人でC村に泊まっていた時、最後の日にこれ(↑)を作りました。スモークサーモンはレモン汁に漬けておいたけど、酸っぱすぎたのであとからちょっと砂糖を加えました。人呼んで「サーモン・ロール」

e0010856_5285663.jpg


ララちゃんが帰る前の日、何かリクエストはあるか?と聞いたら、「アイランド・ライス」だと。これはハヤシライスを挽肉で作り、白いご飯をお皿の真ん中に島(アイランド)のようにおいて、まわりをハヤシライスの海で囲んだ料理。日本のハヤシライスの素がおいしいですが、どうしてもそれがないときは、よおく玉ねぎを炒めて、ひき肉を加えてから、トマトケチャップ、ウスターソース、それからとろみのでる粉(片栗粉とか、コーンスターチとか、炒めた小麦粉か、ほかのルウの素などを入れて、ハヤシライス風にしあげたもの。今回ララちゃんがお替わりをした唯一の料理でした。


ぎょうざ

e0010856_5353166.jpg


これは長崎時代に中国人のお医者様で留学生だったヤン先生から習いました。ニラも白菜もなかったけど、ねぎをたくさん入れて豚ひき肉とごま油その他の調味料を使って、具をつくりました。皮は、グーグルして、薄力粉と強力粉を半々に混ぜたもので作りました。もうちょっと柔らかい皮にすればよかったけど、固めにこねたので、伸ばすのが大変でした。

e0010856_5351389.jpg


味は良くて、私は美味しかったのですが、なぜかララちゃんには不評でした。よって、40個作って、半分ぐらいは冷凍しました。

アップルケーキ(↓)

e0010856_5365677.jpg


これはもう十八番。本当に簡単に作れます。 エキサイトブログ、「ばあさんがじいさんに作る食卓」からレシピーをいただきました。リンゴはこの国では安いので、大量にリンゴを使います。ブログのレシピーより、3倍ぐらい大量のリンゴをいれても、ちゃんと作れます。私の生徒たちは何度もこれを食べさせられています。これを見ると「馬鹿の一つ覚え」という諺が生徒の口から出てくるほど。(笑)

e0010856_537131.jpg


このほかに、サラダや、フルーツミックスや、そうだ、コーヒーゼリーも作ったよ。

e0010856_5541639.jpg


ここ2,3日ララちゃんはクリケットの合宿でいないので、私は料理をしていませんが、また明日(日曜日)から4,5日、ルイちゃん、ララちゃんがC村にやってくるので、ほかに料理人のいないこの家で私は、せっせとボランティア・シェフ業に励みます。

ほかに、パスタ(ピザ、スパゲッティー)や、サンドイッチも作りました。時間がないときは冷凍のフィッシュフィンガーみたいなのを使ったり、缶詰スープを一品として加えたりします。私が心掛けることは、やっぱり野菜をたくさん使うことです。サラダなどをいつも添えるのに、残されるとガックリですが。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-30 07:25 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(4)

紫蘇とアボカド

繁子さんから種を贈っていただき、なんとか(素人園芸で)見よう見まねの紫蘇の葉づくり。

7月18日の紫蘇はこんな(↓)でした。

e0010856_7325561.jpg


なかなか大きくなってくれません。

e0010856_733342.jpg


最近雨が多くて、どうやら水をやり過ぎた気配。鉢に水たまりができてしまい、鉢(プランター)を傾けて、水を外へだしてやったりしました。

10日後の7月28日。たまに晴れ間が出た時に撮りましたけど、ほらね、全然大きくなってくれてない(↓)でしょ。

e0010856_457783.jpg


少しだけ家の中の鉢に移したもの(↓)もあるんです。

e0010856_50427.jpg


どうやら、ほうれん草はダメみたいです。

e0010856_521729.jpg


こんな(↑)感じで、黄色い葉のまま、花が咲いて実がなり始めて、全然ほうれん草のイメージに近づいてくれません。繁子さん、ごめんなさい。まだ種は残ってますが、今年はもう寒くなって育ちきれない感じです。家の中で育てるか、来年まで待つか、とします。

e0010856_55156.jpg


青じそだけは、なんとか8月末に日本へ行く前に、白いご飯の上にゴマダレに浸した青じそ漬けをのっけて、食べてみようとおもっています。どんなに小さい葉っぱでも、食べてみるつもり。(笑)

そのほか、アボカドは、すでに鉢が三つに増えています。一つはかなり葉が黄ばんできていますが。

e0010856_5101047.jpg


三つのうちで、これ(↑)が一番青々してます。ここまで来るのにどのくらいかかったでしょう?ほったらかしで、アボカドの種を水に漬けておいただけ、2,3カ月、水を換えるだけで何にもしないんですが、そのうちに種が割れて芽が出て来たら鉢に移してやります。

このアボカドの笑い話。

先日のラングエッジデーの時。自己紹介の文章の中で、「私は〇〇が好きです」という例文に、私が自分の例として「わたしは アボカドがすきです。わたしはバイオレンス(暴力)がきらいです」と言ってみました。するとそのあと、あるせいとが、「わたしはチョコレートがすきです。わたしはアボカドがきらいです」だって。してやられました。(笑)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-29 05:19 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(0)
7月16日(日曜日)のことでした。

ウインブルドンの最終日。フェデラーが史上最多の優勝記録(8回)を飾って、カップ(賜杯)をゲット。この最終戦では、家族総出で応援するのは、微笑ましいですよね。スイスから学齢期の子供たちの学校を休ませてもここに来て試合場に臨ませるのは、莫大な優勝賞金(3億円)を知れば、納得でしょうか。いえ、賞金の多少ではなく、こういう大会で家族ぐるみというのは、スポーツ精神のあり方をある程度反映しているような気もして、イイネをクリックしたくなります。ところで、このレベルのスポーツ選手は、フェデラー夫妻がケンブリッジ侯爵夫人(つまりケイト・ミドルトンのことですが)の妹さん(ピッパ・ミドルトン)の結婚式の招待客に入っていたことなどからしても、完全にセレブのお仲間としてお付き合いのある(ハイ)ソサイエティーができているのでしょうね。などとこれはミーハーの脱線話でした。

このテニスの試合のためにかどうか、この日のパーティーは夕方7時からとのことでした。いつも、こういう言語学科の懇親会の世話役をしてくれるフランス語教師助手のマダム・ブラウンは、なんとお膳立てだけして、この日は欠席ですって。それがわかったのは、当日のフェイスブックでした。なんとマダム・ブラウンはウインブルドンの入場券が抽選で大当たり、しかも男子シングルス決勝戦の席が当たったのだそうです。こんなラッキーな話、100万円の宝くじ当たり級の幸運ではないでしょうか。

というわけで、ジャッキー先生のお宅での3年目の持ち寄りパーティー。
去年のお別れ会は ここ。その前の年のは ここ

マダム・ブラウンの事前イーメールの指示通りに、椅子と食べ物、飲み物などを持参してでかけました。日曜日のこの日、私が持って行くものとして予告しておいたのは、恒例の、そして好評の(と言わせてもらう)お寿司。それに何を作るか決められないまま「プラスアルファの一品」ということにしてありました。

ほぼ一日中、下ごしらえを加えれば前日から二日がかりで大量に用意したお寿司と揚げ物。揚げ物と言ってもささみのフライと、玉ねぎ+人参のかき揚げなどでした。以下、ここに載せる写真は、残念ながら半分は料理途中のもの、そして持参した肝心のお寿司と揚げ物のお皿は、撮り忘れ、でした。(涙) 飾り付けも工夫して、ほどよくおいしそうにできて、スイカ以外は全部さばけてしまったので、出来上がり作品の写真がありません。(ザンネン!)

e0010856_7134731.jpg


これ(↑)はいつもの細巻きの芯。

e0010856_7154938.jpg


これ(↑)は太巻きの芯として、人参、パースニップのスティックをローストしたもの。卵焼きもたくさん用意しました。今回は、細長く切って芯にしたほか、平べったく焼いた卵焼きを海苔の代わりに、卵巻きとして、加えました。

e0010856_7163776.jpg


鶏ささみのフライ。前の日から下味をたっぷり(レモン、にんにく、しょうがをおろしたもの)漬けておいて、大量に揚げました。

e0010856_7172191.jpg


料理の途中で、思いついた時に、パチパチと撮りまとめた写真ばかりです。

e0010856_7181016.jpg


フライのコロモが残ったので、マッシュルームもまるごとフライにしました。

e0010856_7185246.jpg


これがかき揚げ。

e0010856_7193948.jpg


スイカ(2ポンド300円ぐらい)の大玉を一つ買ってきて、大量に切り分けて一皿にしてみたのですが、これはあまり売れなかった。デザートとして、甘いクリームたっぷりのケーキを食べる人達は、あまりそこでスイカを食べたいと思わなかったみたいです。それに、このスイカ、あんまり甘くなかった。

e0010856_720169.jpg


7時といってもこんな(↑)感じ。学校(仕事)があと一週間で終わるという気分がたっぷりのセンセーたち。ジャッキー先生のお庭で誰が持ってきたのか木製の棒投げゲームで遊んでいました。

e0010856_7205282.jpg


残念ながら、歓談の途中で雨が降り始め、食事は半分外、半分家の中で、でした。

e0010856_7213015.jpg


ジャッキー先生のうちの黒猫。どうか幸運をもたらしておくれ。

e0010856_72233.jpg


デザートのテーブルの一部のみ、撮影成功。

e0010856_7223180.jpg


生クリームたっぷりのケーキ、おいしかったです。

e0010856_7225631.jpg


今年退職される先生はお二人。一人はこの学校に22年、もう一人は16年、とか。

e0010856_7241861.jpg


ほかに、女子校の語学の先生たちと、ドイツの交換プログラムの引率の先生たちも加えて、最後に送別と感謝のごあいさつ。自分たちで持ち寄ったものを全部片付けて、お皿も自分で持ち帰り、無事にお開きとなりました。多分、来年はもうこのお別れ会はないのではという予感がします。年配の語学の先生があまりいないと思うので。こういう会はたぶん、それぞれの科目ごとにきっと開かれているのだろうとおもうのですが、噂話さえ聞いたことない。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-27 07:53 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(0)
7月19日(水)のことでした。水曜日は授業(しごと)がない日だったので、ずうっと前から行こう行こうと思っていたロンドンの駐英日本大使館に行ってきました。おなじみのグリーンパークのあの場所です。「思い立ったが吉日」、と自分に言い聞かせて、重い腰をあげました。それでも昼過ぎからマイカーでの出発。イーリングのセガのところに車を停めて、そこから地下鉄で行きました。いわゆるピカデリーライン。セガはもちろん不在でしたが。

e0010856_614531.jpg


ピカデリーラインの「ノース・イーリング」という駅(↑)です。グリーンパークまでは約25分間の距離ですが、本数がそれほど多いわけじゃあないので、所要時間は40分ぐらい見ておく必要がありそうです。セガの家からノースイーリングの駅までは歩いて10分ぐらい。ゾーン1(都心)までは片道で2.80ポンド(約400円ぐらい)。

e0010856_65982.jpg


乗り換えなしというところが助かります。すぐにグリーンパークに着きました。

e0010856_665116.jpg


ロンドンの景色3点、田舎ものですので、お上りさん根性を出して、カメラをあちこちに向けてしまいました。

e0010856_68482.jpg


ま、それがどうした、というような画像ですが・・・(笑)

e0010856_685668.jpg


人も車もいっぱいで、見慣れた場所ですが、知ってる人が一人としているわけじゃない。孤独といえば、孤独。でも、見慣れた場所だから、寂しいとも思えない感覚。

e0010856_695169.jpg


グリーンパークの駅から歩いてほんの5分。大使館に着きました。

e0010856_6105694.jpg


在留証明書を発行してもらいにきました。これは、本人が出頭しないと出してもらえない書類です。もちろん、9月の日本滞在中に移動する手段として、ジャパン・レイル・パスを買うために。10年以上前にこの大使館にイギリスに住み始めました、という届けが出してあれば、そのコピーを無料で発行してくれるといわれました。ジャパン・レイル・パスのためには、このコピーでいいのだそうです。ただはありがたい(笑)。

e0010856_611578.jpg


この(↑)写真はすべての用事を済ませて大使館の外へ出るところで撮りました。実はここでも北斎展をやっていました。撮影禁止がとっても残念でした。大英博物館の展示ほど充実してはいませんが、いい作品ばかりていねいに展示してあり、どれを見ても味わい深いものがありました。

e0010856_6125990.jpg


これ(↑)も大使館の外の壁(塀)にくっつけてありました。

e0010856_6311369.jpg


そうして歩いてグリーンパークの駅のエスカレーター(↑、↓)。C村の景色とはだいぶ違うでしょ。

e0010856_6315466.jpg


そうして無事にまたノース・イーリングに戻ってきました。誰もいないセガの家に立ち寄って、15分ほど引っ越し荷物の包み紙などを整理してあげて、5時15分にまた車でC村へ戻りました。

e0010856_6322529.jpg


このあと、すぐウイードンのJBさんを車に乗っけて、プリンセス・リズボロー(プリ・ボロ)のブリッジクラブにぎりぎり7時半に着いて、この夜は、月に一度の4人一組でやるティーム戦でした。(結果は6チーム中の2位だった。悪くない。)

とにかく、在留証明書をもらったので、次はジャパン・レイル・パスを買いに、マイバス(ロンドンは、オックスフォードサーカスにあるリバティーの建物の中の旅行会社)にでかけていかねばなりません。8月中にこれをする必要があります。8月末日から3週間の日本行き。だんだん日数がなくなってきています。あとちょうど5週間。メグのお腹もだいぶ膨らんできているようです。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-26 09:20 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)
7月14日(金)のことでした。

紅茶国のセカンダリースクール(中学、高校)は、5月6月の試験シーズンを終えると、ずいぶん気楽な授業が増えるみたいです。学年や学科目を中心にいろいろなトリップや行事のシーズン到来です。

このラングエッジ―デーの催しは、かれこれ2,3か月前からキャ先生(MFLのヘッド、元上司)のメールで、依頼されていたものでした。依頼、といっても 英語では Would you like to join・・・ ?とか  Would you be interested in・・・?という問いかけで、「やっていただけますか?」というよりは「やりたいですか?」という感じの問い合わせでした。 

一日中、同じセッションを6回やる、というのは、前にH女子校で「ジャパン・デー」をしたときとおなじ。今度は8年生(12,13歳)を対象に、15人程度のグループに日本語の手ほどき(紹介?)をする、というものでした。

e0010856_5261740.jpg


キャ先生から前もって指示を受けていたのは、この日にはいろいろな言語のオンパレードで、次のような表現を教えてほしい、といわれました。

「こんにちは、おげんきですか。はじめまして。わたしは 〇〇(名前) です。 〇才です。 〇〇にすんでいます。おとうと、いもうと、あに、あねがいます。 〇〇が好きです。 XXがきらいです。 ▽▽をします。 □□ができます。 どうぞよろしく。」


e0010856_525241.jpg


この日は、日本語のほかに、イタリア語、ポーランド語、ヒンズー語、ギリシア語、そして ドイツ語でハンドボールをしたり、フランス語でハリーポッターのクイズをしたり、といったプログラムでした。なぜそうなったかわからないけど、おりがみのセッションも含めよう、ということで、だれにその指導(監督、コーチ、手ほどき)をしてもらうか、長いこと決まらずに思案していました。

e0010856_527684.jpg


結局、おりがみの部は、二人の生徒(12年生)に面倒を見てもらえることになり、前の日に千羽鶴などを飾り付けて、手持ちの折り紙などを用意しておきました。全部ボランティアだというので、おりがみも持ち出し(寄付)、日本語レッスンもノーペイだって。しっかたないですよね、お世話になった職場ですから。

下の千羽鶴は倉庫にしまっておいたものをひっぱり出してきて、使ったのですが、ホワイトボードになにやら文字を書いたのは、私じゃありません。12年生の一人、ウイリアム君。千羽鶴と間違えて、千鳥と書いたみたい(笑)。

e0010856_5322374.jpg


とにかく、このおりがみ部門を引き受けてくれた一人R君は、小さい頃(というのは3,4年前、彼が7年生、8年生だった頃ですが)、ジャパン・クラブに来て一人でせっせと折り紙を作っていた子でした。その後、ハウスアートと呼ばれる、縦割りクラス別学内美術作品コンクールなどでも、このR君は驚くべきおりがみ作品を作って出していたのでした。 というわkで、このおりがみ指導を頼める人はR君しかいないと思い、ある日はるばる校内の居所をたずね宛てて、R君にお願いしたら、快く引き受けてくれたのでした。

e0010856_5305142.jpg


日本語のほうは、ジャパンクラブと、ほかに日本語を勉強している合計8,9人に、上の文例に自分の名前や言葉を当てはめてレコーディングしてもらい、(Audacity というプログラムを使う)、写真をつけて、本番に備えました。

e0010856_5274916.jpg


文字は扱うなというのがキャ先生の指示だったので、全部ローマ字で提示しました。これが結構呑み込みが早くて、一回40分のセッションで、自分のことを一通り言えるようになる生徒が何人もいました。それにテープを聞かせて、はい次はテオ君の自己紹介を聞きましょう。彼はどこに住んでるか?きょうだいは? すきなものは?なにができるといっていましたか?」というぐあいに、テープを聞いたあとで質問(クイズ)をだしました。これが結構、面白かった。

e0010856_5284150.jpg


ほかのクラスに行くヒマもなく、一日中立ち通しで、6回セッションをするのは、やっぱりきつかったです。ふだん、10時前に起きる必要がない暮らしをしていると、朝7時に起きて、8時半に登校して、9時から3時半まで教室で立ちっぱなしというのは、やはり大仕事でした。

e0010856_5314759.jpg


だから、そのご褒美に、終わったらすぐミルトン・キーンズのブリッジクラブに行って、ブリッジゲームで気分転換をしました。この日のお相手(パートナー)は LL氏。往復のアッシーも務めたので、フウ、疲れもたまりました。

e0010856_5293755.jpg


それから四日後(7月18日、火曜日)のことでした。

e0010856_5524330.jpg


キャ先生からいただいてしまいました。(↑ ↓)

e0010856_553365.jpg


これってきっとキャ先生のポケットマネーからだとおもうのです。なにしろ紅茶国は財政難。緊縮財政のあおりでどこもかしこも先立つものがない。こういう行事を予算なしでまかなうのは、気の毒なような、いじましいような・・・。一番苦労したのは、企画から実行までを担当したキャ先生だったとおもいます。そして一番楽しんだのは、生徒たちだったでしょう。だって、いつもの授業は忘れて、いろいろめずらしい言語の話が聞けたのですから。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-26 08:31 | イベント | Trackback | Comments(2)

パブランチ

7月生まれのお祝い会がありました。、パブランチ。7月9日(土)
オービングという村の「ブラックボーイ」というパブで。

e0010856_7502584.jpg


これ(↓)は何でこんな写真を撮ったのか、削除しようかとおもったのですが、

e0010856_7505353.jpg


よく見ると(↓)

e0010856_772814.jpg


紅茶国ではこういう風景が珍しくない、ということをお伝えするために、写真を撮ったのでした。馬が道路を通っているときは時速を20マイル以下(約30キロ以下)に落さないといけません。

e0010856_7512130.jpg


入り口に咲いていました(↑)。天気が良くて、ヒマだったので(笑)。

e0010856_7514186.jpg


この日に食べたものはこれ(↑)でした。蟹。その前に半パイントのサイダーを飲んでなんだかお腹が膨れてしまい、食べきれなくて持ち帰りしました。サラダ風のものだったので、冷蔵庫で翌日いただきました。

こういう盛り付け方、今風なんでしょうか。最近のイングリッシュ・パブ・フード。シェフ同志のトレーニングや、情報交換も盛んに行われているのではないでしょうか。料理番組も盛んだし。

e0010856_752225.jpg


場所を移して、外でデザート。

e0010856_752554.jpg


ふつう、イギリスの並のパブで、飲み物をつけて、前菜、メイン、デザートを頼むとだいたい30ポンドから40ポンド(だいたい5000円)。自分で材料を買ってくれば同じ金額でもっといろいろたくさん、食べられるのですが、そうは言っても、時と場合に応じてパブ・ランチも楽しみの一つになります。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-24 07:23 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(3)
葛飾北斎の展覧会を大英博物館に見に行ったのは、7月9日(日)のことでした。もう2週間も前のこと。
やはり、作品は見ごたえがあったけど、実際には電車に乗ってロンドンまでお上りさんして、またC村へ帰ってくるまでの写真のほうがたくさんカメラに残りました。だって、館内は撮影禁止なんだもの。

というわけで、行き帰りの写真をここに載せてみようとおもいます。

e0010856_457876.jpg


C村の近くのレイトン・バザードという駅から、ロンドン・ミッドランドという鉄道会社の電車に乗って、約40分ぐらいで、ロンドン・ユーストンの駅(↑)に着きます。

e0010856_458532.jpg


ユーストンの駅は、私にとっての上野駅。思い出の、懐かしの、駅なんです。いつ来ても人がいっぱいですが、これ(↑)は、駅から離れて駅のほうに向かって緑の樹木と赤い2階建てバスをまとめて撮ったもの。さわやかな夏らしい一日でした。

e0010856_4584725.jpg


そうしてユーストンから大英博物館まで歩いて15分ぐらい。その途中にいつものタビストック・スクエアという広場があって、例のガンジーさんにあいさつ。この頃は彼を拝まない。なぜっていろんな女の人といっぱい寝たという話があるから。この禁欲主義の権化が複数の女性と裸で寝床を共にしたという事実を、ウイキペディアによれば、

晩年の女性とのブラフマチャリヤの実験に関しては、どこからどこまでが事実なのかを明確に判断することは難しい。しばしば、これらの実験が、ガンディーの他の莫大な業績に先行して指摘されるのは、エリクソンによると、「結局のところ、偉大な混乱は偉大さのしるしでもありうる」[22]からであろう。


ということらしいので、複雑な思いで、煮え切らないままに眺めて、そこを立ち去る。。

e0010856_4595449.jpg


タビストックスクエアからそのまま西へ歩いていくと、次に目に入ってくるのが、これ(↑)。 左はロイヤル・インターナショナル・ホテル。右はインスティチュート・オブ・エデュケーション(通称IOE,アイ、オー、イー)と呼んでいた、懐かしの建物。ロンドン大学大学院、教育研究所。ここも思い出の場所。96年といえばかれこれ20年前ではないか。ちょうどブレア政権が誕生したころ。ここでだいぶ年を食っていたけれど、大学院生活をはじめたのだった。そして、上の建物の右側のある教室で授業を受けているとき、道路一つ隔てた左側のホテルの窓が丸見えで、あるときは全裸の男女の姿を窓越しにもろに眺めることができたりして、ビックラ仰天したものだった。それが、このラッセルスクエア界隈の雰囲気といえば、そうも言える。ここは大学街であり、同時にロマンの街でもあるのだった。

e0010856_504636.jpg


それからさらにもっと西へ進むと、ラッセル・スクエア。都会に緑があるのはいいことだといつも思う。それにまた季節がいい。暑すぎず、寒すぎず、ほどよい気温でさわやかそのもの。ここでこの時を憩わずして、どんな人生の快楽がありえようかといわんばかりの、昼下がり。

e0010856_514122.jpg


2,3枚、パノラマ写真を撮ってから、さらに西へ進むとめざすブリティッシュ・ミュージアム。

e0010856_523048.jpg


日曜日の午後3時ごろ。人出はいつもこんな感じなんだろうか。それともやっぱりいつもより多いのかな。

e0010856_531832.jpg


はるばる来ました、北斎展(↑)。

e0010856_541347.jpg


中に入るのはタダ。そこからさらにまっすぐ進んで特設展の会場へ。この(↑)の円形の建物はエリザベス女王のミレニアム(2000年紀)を祝って建てられたものらしい。

この建物の中の北斎展を見て、もう足が痛くなり、しばらく空いていたベンチで腰かけて休んだりした。かなり歩きずくめで、しかも柔らかい靴じゃなかったから(涙)。

それからトコトコ痛い足をなだめながらもと来た道を歩いて、ロイヤルインターナショナルホテルの反対側の中華料理店。
e0010856_55465.jpg


「正宗川菜・東北菜」「名厨小菜」「チャイナ・シティー」 というような名前のお店。本当はここいつもさそさんとくるところ。バーミンガムの日本語教師。あいにく北斎展の予約日が合わなくて、一人ごはん。


e0010856_5132279.jpg
e0010856_5123336.jpg


e0010856_5112095.jpg

ワンタンと餃子は程よい量だったけど、青物(中国ブロッコリー、一節にはスペイン産とも・・・?)のガーリック炒めがちょっと塩からくて、多すぎた。でも全部完食した。めずらしく一人でレストランにはいっちゃった。(⇐貧乏人なのに。) 

だから、展覧会の切符が13ポンド、電車代が10ポンド、DVDが7ポンド、夕食代が25ポンド、全部でおよそ55ポンド。といえば、ウーン、約8000円の出費なりき。そりゃそうだわさ。でかければ当然出費ゼロってわけにはいかないよね。ま、たまには自分のために自分のお金を使うのも、ありだよね。まだ借金暮らしじゃ、ないもん。(笑)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-23 09:17 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)
大英博物館の「北斎展」で、めずらしくDVDを買ってきてしまいました。その理由の一つは、感銘深い作品を見せてもらっても、写真に撮っておくことができなかったため。

(今日、7月15日)ようやくDVDを全部見終えることができました。1時間半ぐらいのていねいに作られた北斎紹介と、北斎礼賛のDVDです。

以下、PC画面上の作品のいくつかをこちらにも載せさせていただきます。素人作業なので、部屋の電灯が画面に映っていたり、こちらのカメラが映っていたり、あまり良い出来栄えの写真ではありませんが、気は心ということで、せめてもの映像をお楽しみください。

e0010856_815077.jpg


とにかく、北斎という人は、ピカソのように(とDVDでも言ってました)、こどもの頃(6歳)から筆を手に持ち絵を書き始めて、90歳でなくなるまでとにかく寝ても起きても、絵を描き続けた人でした。

e0010856_8151581.jpg


そして、生涯の90年間で、その作品がどんどん進化していったのでした。40代の時と、60代の時と、70代のときと、80歳を超えてからの絵と、画風といい、画題といい、あらゆるものを描き続けた人でした。

e0010856_8153214.jpg


ある意味で、シェークスピアを思わせるふしがあります。一つの道に熟達していくときの、鬼気迫る迫力。

e0010856_8155475.jpg


何といっても、デザインの斬新さ!構図のみごとさ。

e0010856_8161322.jpg


生涯で、名前を30回変えて、住居を93回変えたそうです。すごい!

e0010856_8163153.jpg


これ(↑)の中心になるマガモ(↓)もすごいですけど、画面を左から右下へカーブして流れるような幾筋もの線が、すごくないでしょうか。水の流れを思わせる線なのでしょうが、とうに写実を突き抜けて、象徴の域にいますよね。この写実から入って、それを超越して象徴の領域に入っていく表現力がすごい!

e0010856_8165334.jpg
色がきれい(↑)。

e0010856_8171093.jpg


単なる龍じゃないですよね。展示品を見ながら、なぜか「鬼気迫る」という言葉が浮かんできて、圧倒されました。

e0010856_8173581.jpg


これ(↑)は90歳になってからの作品。110歳になったら本当に最高の絵が描けるだろうと、本人の言。

e0010856_8175677.jpg


これ(↑)はほとんど晩年のもので、富士のいただきから舞い上がる黒煙のなかに描かれた龍一匹。これがまさに北斎その人でなくて誰でしょう、、、というようなDVDの解説でした。シェークスピアの晩年の作品「テンペスト、嵐」に出てくる主人公プロスペローがまさに作者(シェークスピア)の本音だと思わせる言葉を述べているように、この北斎の晩年の作品の中に、画家自身が投影されていると受け取るのは、間違っていないという気がします。

e0010856_8181633.jpg


芥子(けし),英語名Poppy 

e0010856_935674.jpg

e0010856_81838100.jpg


滝の音が聞こえてくるような・・・ と解説の人が言っていました。今の人は、素晴らしいけしきを前にして、カメラを取り出して写真を撮ってそれでおわり、という人が多すぎる、とも言っていました。それと、富嶽三十六景もそうだけど、自然描写、風景画のなかに人が、人間が、人生が、生活がいつも描かれているところが、北斎の「人間味」。

e0010856_8185555.jpg


天然痘をやっつけてくれるという伝説のショーキ(さま?)

e0010856_8205092.jpg


迫力、リアリティー。想像上でよくもまあこれだけ描けるものかと。

e0010856_821961.jpg


自画像(↑)。   90歳になってからの作品三点(↓)。

e0010856_8213085.jpg


そのほか、ウイキピディアのこのページには、もろもろの北斎エピソードがたっぷりと書かれていて、これらについては、ブリティッシュミュージアムの北斎展ではあまり(ほとんど)触れていなかったです。金銭に無頓着だったとか、掃除や家事をせずにゴミの中で暮らしていたとか、頼まれて描く絵も、気に食わなければ引き受けないとか。面白エピソード満載のウイキ様説明がありました。

More ウイキぺディアの説明
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-16 10:08 | 行ったところ | Trackback | Comments(5)
盛んに話題になっていた大英博物館の北斎展に行ってきました。7月9日(日曜日).

e0010856_965864.jpg


入場料は12+1ポンド(約1900円)。事前にネットで予約しておくと、並ばないで入館できると聞いていたので、日曜の17時50分入館の切符を買いました。それがオンライン予約できる一番早い切符だった。

e0010856_973767.jpg


それでもメールに送られてきたチケットには、混雑するから早めに来るように、と書いてあったので、3時ごろ出かけていった。

e0010856_98086.jpg


結局、ちょっと説明したら、そのまま中に入れてくれた。こういうところはイギリスらしい。四角四面に規則一点張りにならないところ。だいたい入場制限すること自体がかなり大まかな流れをコントロールするためのものだから、一人早めに入ったとか遅れたとかはあまり問題がない。イギリス流の鷹揚さ。

e0010856_985874.jpg


北斎についてていねいにメモを取りながら、じっくりと時間をかけて説明を読んで作品鑑賞をしました。オーディオテープがあったのに、うっかりしてをそれをスキップしてしまった。

e0010856_9145668.png


↑ は、レイトンバザードの駅と、北斎展のパンフレット。当日、FBにアップした情報でした。実はこれ(右側のパンフレット)は、O君のお母さんが,とてもいいからぜひ見に行くようにと、わざわざ送ってくださったものでした。電車代は10ポンドぐらい。ユーストンから大英博物館まで歩いた。足がいたくなって困った。


館内は撮影禁止なのに、写真撮ってる人、いっぱいいた。みつかると係り員がきて、止められていた。でも、撮ってしまった写真を消せとは言ってなかった。情報の流出を防ぐための撮影禁止ではなくて、作品を保護するための撮影禁止の目的だから、だろうか。 

館内の作品を載せられないのが残念だけど、メモはいっぱい撮ったし、DVDを買ってきた(7ポンド)ので、もうすこし作品もここに載せられるかも。うーん、とにかく、北斎の「鬼気迫る」姿を垣間見たおもいでした。すごい画家魂に圧倒されました。

行きながらと帰りの道筋で撮った写真を載せながら、北斎という人のすごいところをもう少し探ってみようとおもいます。(次へ続く。)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-14 09:08 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)

紫蘇!

繁子さんから贈っていただいた「紫蘇」のタネ。6月のはじめ(5日)に種を蒔きました。

e0010856_10305285.jpg


ド素人の自家栽培。土は、ずっと前オックスフォードの大きなセンズベリーへ行ったとき、20リットル入りぐらいの大きな袋を3ポンドぐらいで買ってきました。土って、あたりにいっぱいあるようで、いざ鉢植えをしようと思うと、なかなかどういう土を使えばいいのかわからず、長いこと思案したあげく、結局買ってきてしまいました。

農家の出身で、それが夫婦喧嘩のタネになった(「農家の出(デ)なのに朝ごはんに野菜が出ない」と言われた。)遠い昔を今でもよく思い出すのですが、農家と言っても自分で種を蒔いたり、野菜を育てたことはなかった。こどもの頃は田植えの手伝い、田の草取り、畦の草取りなどはよくやりましたし、少し大きくなったら実家の地域が果樹栽培地帯に代わったので、桃の作業もいろいろと手伝いましたけど、自分で野菜を育てたことはあまりなかったです。

ちょっとだけグーグルしたりして、種の入っていた袋の指示書きどおり、濡れた新聞紙をかぶせて芽が出るまでまちました。寒い国なので、気温が10度以上になるの待って、6月の種まきでした。


e0010856_285693.jpg


それにほうれん草とか、サラダ菜、とか。繁子さんのご厚意と友情をひしひしと感じながら、これを育てそこなったら責任重大だと思いながら、だけど一方でなれないことをしているもどかしさ。毎日鉢を眺めてもなかなか大きくなってくれませんでした。


e0010856_25712.jpg


何しろこちらで売っていない青じそ、白いご飯の上にのせて食べたいと思い始めて十年以上たっているとおもいます。あるとき、補習校で知り合った先生が青じその苗を分けてくださるという話まで進んでいたのですが、それっきりお目にかかることもなく、音信も途絶えてしまっていました。

e0010856_2172290.jpg


なんだかほうれん草は育ちが悪い。葉がほうれん草らしくならないうちに花芽が出てきたりしています。

e0010856_8382952.jpg


それから上の横長の鉢は青じそと赤じその種を半分ずつ蒔いたけど、赤じそのほうはなぜか発芽したのが少なかったです。

e0010856_8391339.jpg


また大きくなったら続報を載せますね。

e0010856_8384991.jpg


白いご飯を瞼に思い浮かべながら、毎日せっせと水やりをしています。いじましいでしょ。(笑)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-13 08:32 | Trackback | Comments(2)
でも、7月1日(土)、ずいぶん前から予定に入っていて、予定通り、すべて無事完了でした。

e0010856_8412267.jpg


初めてNさんに会ったのは1999年秋のことでした。今から18年前。オックスフォードブルックス大学の大学院(博士課程)の入学オリエンテーションの日でした。Nさんは建築学。私は教育学。あれからずっとすれ違いも多かったけど、つながり続けることができた友人でした。いちばんお世話になったのは、メグのホームステイを何度も引き受けていただいたこと。それから NさんとTさんの結婚式には、メグも私も出させていただきました。Nさんは最短時間にさっさとPhDを取得。私はぐずぐず卒業までに10年以上かかってしまいました。その後、N&Tさんはスイスとドイツでお仕事をしておられ、メグはスイスのお宅まで行って、大変楽しませてもらったのでした。

e0010856_8413950.jpg


今年の4月のメグのタイでの結婚式にも、N&Tさんがお二人そろってイギリスからはるばるタイまででかけてくださいました。4月30日のC村での、メグのホストファミリーのパーティーにも来てくれました。Nさんは大阪の出身で、アコちゃんと話が合って、タイ(クラビ)では、出会ったその夜一緒に洋服の仕立てやさんに連れてってもらったりしたのでした。

e0010856_8415750.jpg


今度、セガの紅茶国駐在をきっかけに、一度お住まいへお邪魔させてもらうことになりました。それが7月1日。メニューはスペイン料理、パエリヤというので、サングリアをたくさん作って持って行ったのですが、写真なし。バジルソース(ドレッシング)であえたサラダも食べていただきました。N&Tさんはもうイギリス生活は長くて、20年以上になるらしいのですが、引っ越し魔(失礼!)。両方の指を折っても足りないほど、引越し回数を記録しています。メグのホームステイをしてもらったのも、行くたびに新しい家に住まれて、2か所、3か所どころではないほどの目まぐるしさ。でもそのたびに家をきれいにアップグレードされて、さすが建築のプロ。どの家も本当にインテリアや住み心地がバッチリのお家にお住まいでした。

e0010856_8421350.jpg


レディングのカバシャムという地域はとてもいい地域で最近は家の値段も高騰したとか。それで、きれいに住みやすく手入れされたこの家を売って、遠くのエディンバラに、ずっと広くて窓から海の見えるステキな一戸建てを買われて、まだまだおつりがくる、という離れ業!あのゴルフの名所、セントアンドリューズ(ケイトとウイリアム王子の出会いの場所となった大学のある街)から車で15分の街に、こんどひっこしされるんですって。

e0010856_8423276.jpg


お二人とも、ヨーロッパや、アメリカやインドの人達とチームを組んでインターネットでグローバルにお仕事をしている方。Nさんはヨーロッパの鉄道の駅のデザイン、Tさんはコンピューターのプログラミングのお仕事。本当に最先端を行くお二人に、この日はすっかりお世話になって、美味しいご馳走をたっぷりといただいて、お腹いっぱいになって、感謝感謝の一日でした。次はいつ会えるでしょうか?8月ごろには北の国へお引越しされるはずのN&Tさん、どうぞお元気で。また会う日を楽しみにしています。

e0010856_8425333.jpg


その後イーリングのセガの家に戻り、そこから一人で車を運転しながら、C村へ帰ったのは、夜の10時過ぎでした。最後の夕陽が道路の向こうに美しく見えかくれしていました。

たぶん、このブログは読まれることはないとおもうのですが、N&Tさん、本当にこの日はお世話になりました。ごちそうさまでした。


お土産にいただいた、庭のハーブ、ミントに、バジルに、マージョリーに、タイムに、セージ。全部特殊フィルターに密封して、冷凍庫にしまいました。これから料理を考えなくっちゃです(笑)。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-11 11:20 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)
もう7月に入り、一週間があっという間にすぎてしまいましたね。

6月の予定を書いたこの日のブログからかれこれ35日め。この間12編の記事を書きました。多くも少なくもない数字・・・。すでに7月が始まって、あれこれ予定もはいってきています。そこで、7月の記事に移るまえに、6月のアルバムから何枚か写真を選んでみました。せっかく撮ったのに、ここに載せなかったら一生日の目を見ることなく、PCのゴミみたいになってしまう写真たちです。

e0010856_4535585.jpg


この村には、「ビッグさんのパビリオン」(Bigg's Pavilion) と呼ばれるクリケット・グラウンドがあって、夏中はあちらこちらのクリケット・チームと対抗試合が開かれています。C村もチームを一つ持っています。

e0010856_623696.jpg


お店も一軒もないC村、戸数120戸ぐらい、人口300人あまり(と聞いているのみ、確かめたことはない)紅茶国のど田舎ですが、ぐるりと村の中を30分ほどかけて散歩すると、季節に応じていろいろな景色がカメラの中にはいってきてくれます。6月といえば、昼間が一番長い月、夜の7時、8時に散歩しても、夕陽と一緒にいろんな景色をみることができます。人間のほかに、おなじみの動物も、C村にはいます。

e0010856_4551686.jpg


黒猫は縁起物。ゴリヤクのほどはさだかではないのですが。ブリッジ試合に行く前に出会えたら、その夜の勝率がいいかもしれない、という縁起をかつぐ実験をしています。なかなか会えない黒猫。ブリッジの帰り道に出会っても、全然意味がないと思うことにしています。

e0010856_4544615.jpg


この馬はピッパさんという女性のものだとおもっています。大きなお邸に住んでいる郷士の奥さま、ピッパさんは朝晩よく犬を連れてC村の中を散歩しておられます。

e0010856_4555391.jpg


夕陽の写真もたくさん撮りましたが、これで夕方の8時から9時のあいだ。まだ全然暗くなっていません。暗くなるのは10時過ぎ。 ブリッジ・ゲームを終えて、11時過ぎにカントリーロードを運転して帰ってくる時も周りの空がうっすらと明るいです。本当の真夏日には、暗くなるのは夜の11時半から夜明けの2時半ごろまで。夜明けの3時には明るくなり始めます。なんてったって、この国は北緯54度、樺太よりもはるか上(北)にあるので、日本の四季と比べることはできない、冬が長くて夏が短いのは、ごもっともなこととおもわなければなりません。

e0010856_4594886.jpg


それにしても、蒸し暑い日本の夏を考えると、寒い寒いとぼやきながらも、避暑地にいるような気分になぞらえて、ありがたく思うことにしなければばば(笑)。

e0010856_4561645.jpg

[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-09 07:27 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

これは6月24日(土)でした。

e0010856_948911.jpg


ロンドンのHolborn 駅の近くのコンウエイ・ホールというところで、日本語杯をめざすスピーチコンテストがありました。

e0010856_9511886.jpg


今年は、3人の生徒が苦労してスピーチを書いて、録音して予選に参加したのですが、惜しくもだれも予選を通過できなかったのです。3人とも、私の目からみたらとてもいいスピーチを書いて、よく頑張って、甲乙つけがたい面白いスピーチだとおもったのですが、時間制限とか、語彙レベルとかの枠をはみ出したものは、どんなにいいスピーチでもはねられることになったのだそうで、たぶんその辺で引っかかったのだと思っています。もっと慎重に、参加規則に気をつければよかったのにと、悔やまれました。特にこの3人の生徒らが、それぞれに努力して、いいスピーチを書いてきたので、それだけで私は「すばらしい」と一人で思いこんでしまっていたのでした。

会場でも、「今年から予選通過の規則がきびしくなって・・・」と係の先生から言われたのでした。

e0010856_9582068.jpg


この3人のほかに、今年は年齢が若すぎて出場を見送った、日本語ペラペラのT君と、二人のお母さんと、私と合計6人で、スピコンの後はジャパンセンター参りをしました。

ある意味では気楽に楽しめたイベントでした。今年のキーステージ3(7,8,9年生)の課題は「理想の旅行」ということで、3人とも自分流に考えた日本旅行を夢見る話を書いていました。あそこへ行きたい、ここへ行きたい、あれをしたい、これをしたいと、夢見るだけ楽しくなるようなスピーチでした。

本当は3人ともここにそのスピーチを紹介したいのですが、とりあえず、一つだけ。オリバー君のスピーチをMOREに載せさせていただきます。彼はほんとうによく日本のことを調べ上げて、詳しい日本旅行の夢についてはなしてくれたのですが、おそらく規定の時間を超過してしまっていたので、予選をクリアできなかったのでしょう。3,4分というところを5分を超えるスピーチとなっていたのでした。

More
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-07 10:13 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)
まだ6月の話。表題(↑)のような、出会いがもう一つ、ありました。(6月25日、水曜日)

e0010856_9571497.jpg


ハイウイカム、レイン・エンド、マーロウ と言えば、ほとんどとなり合った街。そこにあるEJEFという学校に行ってきました。

e0010856_1003511.jpg


ちょっとの時間しかとれなくて、マーロウのチョコレート屋さんで、ほんの1.5時間ぐらいのおしゃべりでした。でもとっても楽しかったです。

e0010856_1031864.jpg


なにしろ47年ぶりでした。学生時代、同じクラスになったことはなかったけど、同級生だったので、名前と面影はしっかりと記憶通り。だから彼女も「古希」なのに、5週間の英語研修に挑まれたのでした。

あられチャン(仮名)は、きっとまた来てくれるって、言ってました。

そうそう、ランチ、彼女はレアビット(チーズとビールを煮込んだペースト状のもの)を食べて、私はプラウマンズ ランチ

e0010856_1013952.png


↑は実物じゃなくて、グーグル画像から借用したものですが、パンにサラダにパテにチーズなどいろいろ盛り合わせたもの。朝ごはん抜きで出かけたので、朝昼兼用のブランチとなりました。

お互いの身の上話を、47年ぶりに語り合うのは、言葉の端々に時間の重みが伴うから、とても貴重なおしゃべりの時間でした。

e0010856_10193137.jpg


あられちゃん、またの出会いを楽しみにしていますね。声をかけてくれて、本当にありがとう!!!
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-06 10:21 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

朋あり、遠方より・・・

朋あり、遠方より来る(その一)
写真を載せてもいいって、許可をいただいています。

e0010856_2282480.jpg


6月18日(日)、かねてからの約束通り、のりさんとデート。 のりさんはおよそ10年ぐらい前までイギリスでナース(看護師)をされていた方です。アメリカはミシガン州にお住まいののりさん、ときどきこのブログにコメントくださいます。10年ぶりの出会いでした。上の写真はフェイスブックに載せたものです。それにコメントをいただきました。(↓)

コメントその一:ノリちゃん!懐かし〜い! by 繁子さん
その返事:10年ぶりでした。声が枯れるほどたくさんおしゃべりしましたよ。 by 私
自分でコメント: Do not believe Google Translate in this case. The above saying means "I have a friend, who came from far away (to see me). How can I not enjoy this!' = A famous line from "the Analects of Confucius = 「論語」. Whereas my GTranslate today gave me opposite meaning! "I have a friend, I came from a distance, I can not enjoy it anymore." Oh dear!追加コメント:Another translation from English version of the book goes: "Is it not delightful to have friends coming from distant quarters?"

コメントその二: ワーオ❗️  懐かしいお顔が❗️  お元気そうで何より(*´꒳`*)/" ミチさんの翻訳ツール解説が、面白いですね。さすが、日本語教師ですね〜〜ψ(`∇´)ψ それにしても、GTranslateダメですね…(by Aiさん。)
その返事: 主語を省略した文を訳せないのですね。    のりさんと延々5時間ぐらい、おしゃべりしました。運転しながら帰り道、ちょっと数えたら登場人物はかれこれ25人ぐらいいたかも。もちろん、大崎家も登場していましたよ。(笑)規子さん、全然変わってない、というよりむしろ若返ってました。残念ながらFBはやってないって。でも、ここにアップした写真は見てもらってます。 (by 私)
Aiさんの返事:  25人❗️  私は、のりちゃんと最後に会ってから5年以上経ちますね。若いですね〜〜。
私は、年々白髪が増えて、年相応です(-.-;)y-~~~ (by Ai さん)
私の返事: 入院して退院する時、ある看護師さん(アメリカの病院の)から、「あの20歳に見えるのにウン10歳の人って、あなただったの?」と言われたそうです。(笑) (by 私)

e0010856_1017559.jpg


ホント、のりさん、若々しくって、ステキ。私、前の日に銀行のカードを紛失してしまい、不覚にも支払いができなくて、のりさんにごちそうになってしまいました。のりさん、また来てくださいね。今度はC村でぜひ・・・。




e0010856_10142969.jpg

[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-05 10:26 | 行ったところ | Trackback | Comments(2)

いただきもの。

O・B君。

8年生の時から6年間、ずっと放課後のプライベートレッスンで日本語を勉強してきてくれた生徒です。

今年の秋からはオックスフォード大学へ、進学予定。フランス語とロシア語を専攻するとか。

6月13日(火)、5時半に授業を終えてC村に帰ったら、

e0010856_961281.jpg


こんな(↑)立派な花束が届けられていました。

もちろん、2014年には日本へ行ったUKサムライたちの一人。

e0010856_984991.jpg


8月17日のAレベル試験の成績発表のあとで、C村で(恒例の)パーティーをしようね、その時はトランプのブリッジゲームを教えるからね、と言ってあります。

OBくん、本当に日本語を勉強してくれて、ありがとう。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-04 10:13 | Trackback | Comments(2)
ずいぶん前に女子校で1年間ぐらい日本語を片手間にならってくれていた アユ・マちゃん。医学をやりたいからということで、日本語を1年間でストップ。結局無事にサザンプトン大学の医学部へ。その弟のタン君にも、ちょっとだけクラブで日本語を教えたりした。二人ともすごくまじめで勉強熱心な優秀な生徒。そのアユ・マちゃんが、ある日突然FBメッセージをくれて、「まだ日本語教えてますか?」って。お母さんが教えている学校で日本語の先生を探してるって。お母さん(ドクター・マ)にメールして、それから何通かのメールをやり取りして、結局この日(6月12日、月曜日)トリングという街のTP学校に行ってきました。で、その学校のウエブサイトを見たら、ロスチャイルド家ともゆかりの 邸宅が今は学校として使われているんだそうです。

e0010856_7422935.jpg


この地に住んで、寡聞にして、こんな立派な学校が近くにあるって、全然知りませんでした。すごいお屋敷。

e0010856_743212.jpg


セキュリティーも厳しくて、誰でも簡単にはいれるような門構えじゃありませんでした。入り口でインターホンを押して、門を開けてもらい、中に入って左に曲がり、まっすぐ進んでやがて駐車場へたどり着くという具合。

e0010856_7433153.jpg


あんまり立派なので、ついつい写真を撮らせてもらいました。この時お目にかかったMFL(モダンフォリンラングエッジ、要するにフランス語、ドイツ語、イタリア語などの、英語以外の言葉を教える言語学科)の係の先生。まえにG男子校でレベッカ先生の産休中に教えておられたL先生でした。スモールワールド。

しかも、このT.P.スクールの副校長先生も、前にG男子校で副校長をしておられたS.K.先生だったのでした。9月から一人の女生徒に日本語を教えることになりそうな気配。9歳まで日本にいたというHちゃん。お母さんが日本人で、お父さんはヨーロッパ人。今はご両親は東南アジアのある国におすまいだとか。

9月からHちゃんと二人して、どんなGCSE日本語コースがたどれることでしょうか?
楽しみだけど、いろいろと大変なことも起こりそうです。特に通勤問題。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-07-03 08:58 | 行ったところ | Trackback | Comments(5)
6月もあと二日。7月の予定が次々に入ってくるこの頃となりました。
7月1,8,14,15,17,24・・・と予定がはいってきました。

夏至の日(6月21日、水曜日)の直前の数日間、紅茶国はものすごく暑い日があって、30度越え、車の中が40度越えという写真やニュースが飛び交いました(FBがらみで)。ほんの一週間ぐらいのことでした。そしてこの夏至の日を過ぎたら、突然暑い日がなくなってしまい、夏物衣類を取り出したとおもいきや、冬物をひっぱりだす始末。

e0010856_08223525.jpg


あの夜、夏至の日の次の木曜の夜、突然暑い日が消えてしまったことについて、アビーさんのブリッジ会場で私は冗談交じりに、「夏はもう終わったのでは?」と試しにつぶやいてみました。すると、そのテーブルにいたデイビッド・リンチさんが「まっさか!Be positive! そんな悲観的になるな。」と怒らんばかりに反論しました。でも、私はあの夜つぶやいたことは間違ってなかったと、今にして思い返しています。

本当にこの頃寒いんです。あの日(夏至の次の日)からいかにも太陽の光を受ける地球の角度の傾きが突然頂点から離れはじめたことを裏付けるが如く、なにもしなくても汗が出てくるような天気の日はピタッと止まってしまいました。今も寒くて、毛糸のカーディガンをはおっています。

考えてみればこれは今年初めてのことじゃなくて、毎年この国の夏はこんな感じです。気温が15度以上になれば、紅茶国の人々は喜んで半袖を着て、喜んで外に出て行き、いい季節だと喜び合いたくなるみたいです。それが夏、つまり寒くても夏は夏、ということでしょうか。

ニンゲンって、ぜいたくなもの。4月にタイへ行ったとき、つくづく思いました。あそこは暑くていやだと。イギリスがどんなにましかと。そしていま、寒くてたまらん、とぼやいています。ニンゲンというより、私という「いきもの」はぜいたくだなあ、という話です。

e0010856_10452597.jpg


More
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-06-30 10:45 | Trackback | Comments(2)

ちょっと(ブログ投稿の)間(ま)が空いてしまいました。
タイトルの本、その二です。もう一冊があると三部作全部揃うのですが、残念ながら未入手。
e0010856_8425224.jpg
新島襄と同志社の関係を、あらためて再認識したというより、むしろ、はじめてその詳細を知りました。簡単に今のような大きな私立大学がポンと作れたわけじゃなくて、それこそ命がけで、夜も寝ずに苦心して、血みどろになって奔走して、ようやく出来上がった大学だということを知りました。津田梅子さんの場合もアメリカからの援助が大きかったのは確かですが、同志社もおなじく多額の貴重な寄付金によって、最初の土台が築かれたのですね。しかも、場所が場所だけに、苦労も格別だったと。キリスト教(耶蘇教)に対する京都の仏教界の反発は相当なものだった。八重さんはそのために職を失ってしまうほどだったんですね。

この本の主人公は八重さんなので、あまり批判的なことは書いてないですが、ウイキピディアなどで別の見方をしている八重さん評価もあることを知りました。テレビドラマの八重さんも、またそれなりにこの小説とも違うし、おそらく実在した本人像とも違いがあったことでしょう。

新島襄の有名なエピソード「自責の杖」の出来事についての一節を引用させてもらいます。
「私はいつも、いちばんあつかいにくい生徒に特別の注意をはらっている」襄は次第に声を高め、「そうしなければ教壇に立つ者の成功はのぞめないのです。」と言った
 八重は紫色に腫れあがった襄の掌をみつめながら、良人のふるまいに計算ずくの芝居気などほんの少しもなく、一瞬たりといえわが良人を疑った自分を深く恥じた。
私はこのたびのことで学ぶところが多かった。容易ならぬ出来事が起こっても、逃げなければ、自然と問題は解決にみちびかれることを教えられた
襄はしみじみと言い清々しい笑いを浮かべるのだった。(p.187)

それから、男装して戊辰戦争を戦った女性だった、ということも驚くべきことでした。なぜか、あまり深い意味はないのですが、↓の引用を付け加えておこうと思います。たんなる備忘録ですが。
遠雷のように砲声が小田山のあたりにひびき、砲弾が天守閣めざして頭上をとんでゆく。P.208
コンピューターで、大河ドラマを全編(たぶん)見ることができそうだと、今にして知ったのですが、果たして全編PCで見る時間があるかどうか。これも縁もの、時のウンのようなものでしょうか。

6月最初の記事(↓)を書いてから、早くも20日あまり。

はい、はい、予想外の出来事も含めて、6月が終わる前に書いておきたいことがあと5,6編あるのですが・・・。


[PR]
# by agsmatters05 | 2017-06-24 06:53 | 本を読んで | Trackback | Comments(0)
e0010856_733262.jpg


4年前のNHK大河ドラマだったんですね。海外にいては、とても無縁の話でした。もっとも、海外でも日本のテレビを見たい放題の暮らしをできる方々も大勢いらっしゃるようですが。

ともかく、4年以上たってから、この大河ドラマの素になった八重さんのことを書いた本をどうにか読むことができました。

今、ウイキ様のサイトで大河ドラマ「八重の桜」を初めてみることができました。ユーチューブに行くと、最初からずっとこれが見られることも今、知りました。 ⇐ ああ、遅れてる、遅れてる。

e0010856_80697.png


でも、とにかく、すべてのものに時があって、ついに私もこの本をよむことができたのでした。
一言で言うと、 「戊辰(ぼしんん)戦争」というものの、いい勉強になりました、ということにつきる、かな。

高校の時歴史の時間にこの言葉を聞いたおぼろな記憶はあれど、白虎隊の悲劇と直結することもなく、とにかく幕末の会津藩のおかれた立場のなんという気の毒なこと。それがよくわかりました。

そして、八重さんって、「男勝り」と言っていいのかどうか、あの動乱の江戸から明治に社会が激変する時代に、かなり型破りの生き方をした方だったんですね。

それは生まれと、育ちと、素質がすべて相まって、あの変化の激しい時代だったから、よけい型にはまらない生き方ができた、いえそうせざるを得なかった、ということなのでしょうか。それとも、社会や時代がどうであれ、才覚のある人はどんどん生き延びていくのだということなのでしょうか。

e0010856_7332333.jpg


この本は、戦争や時代を大きく描くのではなく、ただ山川八重という人の、特に戊辰戦争の渦中にあってのこの女性の行動を中心に描いたものでした。ウイキぺディアの大河ドラマのページは、この本よりはるかに大勢の人物の大きい物語を扱っていて、この本イコール大河ドラマではないことが、よくわかりました。

ほかに、ネットで検索したら、この本について、ないものねだりをしている感じのサイトにあたりました。八重さんの性格や人柄があまり見えてこない、と言われれば確かに、この本の八重さん描写には限界があるともいえるでしょうが、私には、それはあまり気になりませんでした。事実を調べ上げて、これだけの小説を書くということのエネルギーとご苦労を尊重すべきだろうと、おもわれました。

駒子の備忘録 観劇記と乱読日記、愛蔵コミック・コラムなどなど
福本武久『小説・新島八重 会津おんな戦記』『小説・新島八重 新島襄とその妻』(新潮文庫)2012年10月13日 | 乱読記/書名さ行

次は、後編、新島襄と同志社設立の話に移ります。

[PR]
# by agsmatters05 | 2017-06-18 17:46 | 本を読んで | Trackback | Comments(1)
The Fishes というパブ
に行ってきました。(6月9日、金曜日)

e0010856_2339568.jpg


これもフェイスブックつながりでした。かれこれ17年以上前に同じ学校の留学生だったメンバーのミニミニ同窓会でした。

e0010856_23403082.jpg


5時半に Draiton Parslow という村でのブリッジを終えて、一人で車を走らせました。前もってグーグルマップで地図を調べておいたものの、初めて行くところなので慎重に運転しました。途中で一か所、細い道に入ったところで、自転車に乗っていた少年に「フィッシュというパブこの辺にあるかどうか知ってる?」ときいたら、「この先すぐ左側だよ」って教えてくれました。こんな(↓)ところでした。

e0010856_6132256.png


そういえば、ここ前にも来たことがありました。友人の車に乗せてもらってきたので、名前とかすっかり忘れてました。  全部で大人8人、こども二人で食事とおしゃべりの楽しいひとときを過ごしました。あの時はどんなだったけ・・・てな思い出話をいっぱい。

e0010856_6164511.jpg


夜の9時、10時でもこんな風に外が明るくて。でもちょっと寒くてみんなコート着てましたけど、それでも外のテーブルで食事できるのは今の時期だけ。遠い昔の間接的な知り合いだったので、かすかなお名前程度のおぼろな記憶だったのですが、そのお一人TOMOMIさんがメグが中学生のころ行き会ったことがあったそうで、「あの時のあのメグちゃんがもう結婚したんだなんて!」ってびっくりしてました。そのTOMOMIさんも今は2児の母。お嬢さん2人が半分英語、半分日本語を上手に使い分けられてびっくり。日本へ里帰りして2,3週間の短期幼稚園ライフも経験されたとか。小さい子供の言語吸収力ってすごいですよね。

それからもっとびっくりしたのは、ひとり遅れてやってこられたHIROKOさん。会ったとたん、私のこと、「前に会いましたよね、着物きてませんでしたか?お茶の先生では?」と。もちろんこれは大間違い。「いいえ、とんでもない」と答えました。「私、日本語教えてますけど。」というと、なぜかすぐピンときたらしく、「あ、もしかしてベン知ってます? ベンジャミン・アシュトン。」「ええ、よく知ってますよ。2年間、日本語を勉強してくれてGCSEでAをとって、今はオックスフォードの大学にいます。演劇もやってるみたいで、時々フェイスブックに演劇の情報をのせてくれたりして。」「まあ、うちの娘の友だちなんですよ。ステージコーチという演劇やダンスを習うグループに入ってるもんですから、ベンも今でもよくきてくれているんですよ。」とHIROKOさん。なんというスモール・ワールド。


ところで、この日のミニミニ同窓会に、日本からはるばるやってこられたM姉妹。実はね、Marriさんのお店の街から来られたんです。それで、私が長いお付き合いのブログ友達が同じ街に住んでいて、カラオケ喫茶をしていて、という話になりました。このM姉妹、「行ってみたいね」って話しておられました。Marriさん、お店の名前が出てこなくて、あとでFBで知らせるね、ってことにしておきました。お姉さんの方は鞆の浦のそばにお住まいで、妹さんは京都にお住まいです。 Marriさん、鍵コメでもいいので、お店の名前教えていただけますでしょうか。お願いしまーす。

その時のM姉妹のおみやげ(↓)

e0010856_6432492.jpg


でもって、ここで話が飛びます。

このお饅頭を食べさせたい人がいて、写真に撮ったのですが、もう間に合わなかった。夜家に帰って写真だけメールで送りました。今年卒業していった二人の生徒、O君とA君。この日(6月9日、金曜日)がAレベル(A2)の日本語試験日だったのでした。一人は6年間、もう一人は5年間、ずっと放課後、週1のペースで(プライベートで)日本語を勉強してきてくれた二人でした。そうこの二人

どうやら、試験はヤマかけもはずれることなく(笑)、読解問題も、英文和訳問題も、二つの長文エッセイ(作文)問題もうまくいったと、二人から返事がすぐとどきました。A君の作文は広島地方について準備してあったので、広島のお好み焼きとか、もみじ饅頭とかを作文の中に含めるつもりでいたのでした。試験は午前中で、この写真を送ったのは夜だったので、二人とも、日本の和菓子が食べられなくて残念だと。(もう授業はないから。) でも、8月のAレベル結果発表日のあとで、C村に来てもらって、ブリッジの手ほどきをすることにしています。もう今から楽しみ、楽しみ。

って、脱線しましたけど、M姉妹にお礼を言いたかったけど、たぶんブログは読まないみたいなので、これからFBでお礼しておきます。

以下、Yahoo 知恵袋様より、引用させていただきます。


朋あり遠方より来る また楽しからずや。


原文は
「有朋自遠方来 不亦楽 」
読みは、
「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや。」
意味(解釈)は諸説ありますが、一般的なのは、
「友人が(珍しくも)遠方から訪ねてきてくれるのは、こんなうれしいことはない。」


[PR]
# by agsmatters05 | 2017-06-12 07:26 | 行ったところ | Trackback | Comments(4)
これ(↓)読みました。

e0010856_481483.jpg



京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われたテープとまったく同じものだった。週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】第1位!


↑はアマゾンのページからの引用です。

e0010856_1024481.jpg


最初から最後まで緊張感を伴う迫力がありました。怖かった。本当にフィクションとは思えない書きっぷりで、おみごと。最後のほうであまりにもつじつまが合い過ぎているような気がしないでもなかったので、ああこれはフィクションなのだと思わざるをえなかったです。

e0010856_1032834.jpg


これで、2017年の本屋大賞ノミネート作品10点のうち、4作品を読むことができました。とても手ごたえがありました。あと、残りの6っつも読みたいけど、kindle、海外で読めるのでしょうか?いろんな人に頼みすぎて、送ってもらうのも気がひけるとはいえ、やっぱりなんとかして読みたいなあ・・・。

とりあえず次は、福本武久「小説 新島八重」に行きます!(笑)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-06-09 10:04 | 本を読んで | Trackback | Comments(2)
今日何作った?何食べた?

全部フェイスブックから影響されたレシピーです。今日だけじゃなくて、ここ最近の「作ったよレポ」(つくれぽ)。

一つはこれ(↓)。

カリフラワーまるごとスロークッカーで

e0010856_824281.jpg


メグがブリストルに住んでいた時、センズベリーの買い物カードに景品がついて、ゲットしたスロークッカー。長いこと箱に入れてしまったままにしておいたのですが、最近フェイスブックでやたらとスロークッカーの料理が目に付いたので、棚の上から引っ張り出してきました。

カリフラワーまるごと一つ。その上に、溶かしたバター、つぶしたガーリック、セージというのがなかったので、ローズマリーの生葉を使いました。あとは、レモンの刻んだのと、レモンジュース。塩、胡椒。そうして上からすり下ろしたパルメザンチーズをたっぷり(四分の三カップ)ふりかけて、低温で5時間調理しました。

出来上がりは、おもったよりとろとろとか、ぐちゃぐちゃとかにならず、芯の部分はまだ歯ごたえがのこっていました。そしてレモンとバターとガーリックとハーブが程よく混ざって、なかなかイケル味でした。中味を取り出した後、きざんだパセリを入れてパセリソースを作って(カリフラワーから水分が出るので)、カリフラワーに注いで食べるのだそうですが、それはまた明日。

↓の写真は、レシピーのページ(上のカリフラワーまるごとスロークッカーでというところをクリックするとでてきます)からお借りしたもの。セージを使うとこんな色になるんですね。

e0010856_8293298.jpg



次にこれ(↓)。

ヘルシーで焼かないブラウニー


二週間に一度、日本語の勉強のお手伝いをしているジェインさんは、2,3年前からヴェーガン(ベジタリアンよりもっと食制限が多い)だそうで、卵や酪農製品も全然食べないのだそうです。でも、よく手作りのお菓子など、卵やミルクを使わないで作ったのを食べさせてくれます。彼女の影響を受けたというわけではないのですが、フェイスブックに出ていたレシピーで私も作ってみました。

e0010856_8391266.jpg


デーツ(という干し果物、すごく甘い)と、クルミと、ココナッツミルク というのは大間違いで、ココナッツオイルのことでした。上の焼かないブラウニーのウエブサイトに英語のレシピーがある通りです。ミルクじゃなくて、ココナッツオイル。と、カカオパウダー(といってもホットチョコレートの粉、砂糖入り)と、蜂蜜少々をミキサーでガガガーとして、型に入れる。実はその上にチョコクリームのようなものを載せるのですが、それをしなくても十分おいしくて、一人で全部食べてしまいました。砂糖なしだともっと健康的に感じますよね。砂糖の入ってないココアパウダーがなかったので、しかたなく。でも、デーツの甘味が半端じゃなくて、こってり、重厚なデザートになりました。日本の羊羹に匹敵するような重量感。


ちょっと前に作ったのはこれ(↓)。

シナモンスワール・・・

e0010856_961752.jpg


食パンが食べきれなかったので、小さく切って、ミルク(クリーム)、卵、クルミ、レーズン、砂糖の代わりに蜂蜜、それにナツメグやたっぷりシナモンを混ぜ合わせ、これもスロークッカーの高温で3から4時間。朝ごはんにもなるし、おやつにもなるので、一人で完食してしまいました。


その前にこんなのも(↓)。

チキンにチーズをはさんでパイ皮でくるんで焼く。

e0010856_9112160.png


鶏の胸肉を半分に開いて、中にクリームチーズとモツアレラチーズと、チャイブ(がなかったので細ねぎの刻んだの)をいれて、周りを生ハムでまいて炒めてからパイ皮でくるんでオーブンで焼く。味はよかったけど、おなかが空いてないときに食べたので、中身だけ食べてパイ皮を残すというような結果でした。上の写真はきれいにとれてますが、実際はこれほどのきれいな色はでませんでした。

おっと、全部今日作ったわけじゃないですよ。今日作ったのはカリフラワーまるごとのみ。何しろスロークッカーですからねえ。時間がかかるので、ほぼ一日一品ずつぐらい。こうして見てみると、材料をそろえて混ぜ合わせるまでがメインの仕事で、後は、オーブンに放り込むとか、冷蔵庫で固めるとか。案外仕上げは簡単。

上のレシピータイトル(黄色いアンダーラインのところ)をクリックしていただくと、全部動画がついています。これを見ているだけで、作りたくなってしまう、ってことありませんか?
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-06-04 09:31 | 食べたもの、作った料理 | Trackback | Comments(4)
とうぜん、世界中が6月。よってC村も、はい、6月です。(笑)
ハーフタームホリデーの最後の金曜日、のんびりと「身のまわりの時間」を、ちょっと遠い目で眺めてみようと思います。

e0010856_2117047.jpg


これ(↑)は、FB友達のロレンツァさんの写真を、FBのページからお借りしました。ロレンツアさんは、ずっと前にG校で日本語を勉強してくれたJ君のお母さま。イタリアのお生まれで、フランス語もイタリア語も英語も、そしてちょっと日本語もOKの方。知日派で日本のお友達も多くて、いつのまにか私はJ君とじゃなくてお母様とフェイスブックで必ず Like(イイネ)をクリックしあう仲となりました。そういえば、昔々このブログに、彼女が上手な細巻きずしを作って持ってきてくださったのを、記事にしてアップしたこともありました。遠い昔のこと・・・。もっとも、スマホやウエブサイトやPCのプログラムに詳しいロレンツアさんは、いろんな方と交流をされていらっしゃいますが、私のアップした記事にはいつもイイネをしてくださり、つられて私もいつもロレンツアさんの記事にはイイネを押しています。 マイ・ベスト・FB・フレンドです。 ↑ は彼女のFBページに載っていた6月1日のA市の気温と天気。C村から8マイル(13キロ)ほど離れた街です。

このブログにお越しくださる方はフェイスブックをお使いですか?

日頃、このブログとフェイスブックの両方で交流ができているという感触をシェアできる方の数は、私にとってはほんの数人という感じです。でも、時には、ブログの反応(コメント)はゼロでも、フェイスブックの反応(Like)はもっとずっとたくさん、ということがあったりします。まだ私はブログとフェイスブックをつなげることができなくて、両方の情報をシェアできないのは残念。そのうちに、両方をつなげる希望があります。

でもって、このブログをはじめたのは2006年。フェイスブックに入ったのは、たしか2010年(かな)。どちらもメグ経由というか、メグのみちびきによるものでした。(最初はいやがってたのよね、私がリンクするの。笑)

そうして今では朝起きてFB,夜寝るときFB.FBメッセージのページも含めて、毎日FBを拝んでいる時間は相当なものです。作ってみたい料理のレシピーがアップされるとメモ帳代わりにシェアをするクセがあるので、私のFBページは料理レシピーがいっぱい。あとは、遠くへ出かけるときに居所を知らせるための 「〇〇 ナウ」のような記事がたまに。そして日本はおろか、世界中のニュースを伝えてくれるのもFB。毎日これにお世話にならない日はないです。

e0010856_5242758.png


ところで、このフェイスブックと言えば、最近 フェイスブックを始めたマーク・ザッカ―バーグが 中途退学した母校のハーバード大学での卒業式に招かれて,祝辞を述べたことが話題になりましたね。とってもいいスピーチでしたから、フェイスブックでも、話題になって、日本語にも訳されて、動画もアップされていました。アップル社の故スティーブ・ジョッブスのスタンフォード大学での名スピーチと並ぶいいスピーチだったとおもいます。その主旨は、目的を持つことの大切さと、自分が目的をもって生きるだけではなくて、みんなの人が目的をもって(感じて)生きられるようにまわりを変えていくことも大事だということでした。

でも、その前に中途退学した母校といえど、そこにいた時に出会った女性、プリシラさんが、今でも人生でもっとも大事な人、最愛の妻であると言って、だから「ハーバードありがとう!」と。

それを雨にうたれながら雨合羽を着て観客席で聞いていたプリシラさん。そっと両目の涙をぬぐっていました。

というわけで、フェイスブックのおかげで毎日の新情報をせっせと受け止めているデコボコですが、6月はどんなFBニュースが入りこんでくるのでしょう?今の友だちは230人。おそらくブログより大勢の方とつながれるルートみたいです。ブログは日本語だけだから、99%日本人と情報をシェアしあっているだけですが、フェイスブックにはイギリスやアメリカの親戚、友だちのつながりも多くて、連絡しやすいので助かります。

こういうSNS (ソシアル・ネットワーキング・サイト)は プライバシーその他で気を付けなければいけないこともあるみたいですが、今のところ私には、楽しみや便利さや、ありがたいことの方が多いです。ありがとうFB!

e0010856_21323633.jpg


バラバラのバラの花(一つ、矢車草をのぞく)。全部近所の庭先の。5月30日に撮って、6月2日に編集しました。

ああ、今月はどんな月になるのでしょう?
1)最後の生徒ではないけど、二人の生徒がA2の日本語試験を受ける予定。(6月半ば)
2)月半ばにアメリカからやってくるのりさんに会える!楽しみ。ヒースローデート。
3)後半の土曜日に日本語カップ(日本語暗誦大会)がある。今年は入選ゼロだったけど、生徒らみんなで聞きに行くことにしてるんだもん。
4)それから大使館へ行って、10年以上この国に住んでいるという証明書をもらってくること。そうしたら、9月の帰国に合わせて、ジャパン・レイル パスが買える。大使館で北斎の展示会をやってるから、それも見てきたい。
5)あとは、いくつか予想外のびっくりニュースや、びっくりイベントがあるかもしれない。ないかもしれない。
6)週末料理だって、続けるつもり。ボランティア・シェフをする日もあるかもしれない。ないかもしれない。
7)ブリッジは相変わらず。運が良ければ、月、火、水、木、金とブリッジができるかもしれない。できないかもしれない。

とにかく、そんな風にして6月はきっと、あっという間に終わってしまうでしょう。(まだ始まったばかりなのに、もう終わりが見えてきちゃった。笑)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-06-03 06:37 | Trackback | Comments(5)

蜜蜂と遠雷 恩田陸 著

Mitsubachi to Enrai   Book by Riku Onda

e0010856_10282258.jpg


を読みました。

参考サイトはこちら(↓)をどうぞ。あらすじなどもわかりやすく書いてあります。

生活のなぞ解決
蜜蜂と遠雷のあらすじと読み方は曲を聞くこと!本屋大賞&直木賞受賞!

12 Apr 2017 - 史上初の「直木賞」と「本屋大賞」を受賞した「蜜蜂と遠雷」。 そんな蜂蜜と遠雷ってどんな話なのでしょうか? そのあらすじや読み方はどうすればいいのか ..


でもって、グーグルで上の「生活のなぞ解決」のウエブサイトを説明した上の文、どうして 「MITSUBACHI」が 「HACHIMITSU」になってしまうんでしょう?

そして遠くの雷のことを 「ENRAI」と読むのに、 誰かさんったら 「TOURAI」なんて読んでました。誰かさんって
誰よと思われるでしょうね。言ってもいいかな、樋口一葉は HIGUCHI KAZUHA と読んで、ダイナマイトをしかけることは 本当に文字通り 葉っぱ (HAPPA)をかけることだと思っていた人が一人。笑いを誘うことは悪いことじゃないから、ほかにも勘違いしてることあったら、どんどん引き出しから引っ張り出して披露してね。一度訂正したら、同じまちがいは二度しないでしょうから。⇒メグへ。(笑)

以上は道草、脱線でした。

e0010856_7271790.jpg


この本、本屋大賞と直木賞をダブル受賞ですって。たしかにそれだけの価値はあるような気がします。最初とっつきにくくて、何度か冒頭の部分を繰り返さなければなりませんでした。でもだんだん慣れてきて、かなり大部(507ページある!)この本の仕組みがわかってきたら、最後の当たりはユーチューブでその曲を聞きたくてたまらなくなりました。

そしたら、ユーチューブにすでに「蜜蜂と遠雷、風間塵」という項目が出来上がっていて、この本にでてくるクラシックの名曲をそろえたサイトがありました。その中の一つ、辻井伸行さんの演奏を聞きながら、このブログを書き始めました。(↑の写真)

音楽コンクールを小説にしたかった、という作者。モデルになった場所や人が、きっといるのでしょうねぇ。

白状すると、第三次予選の結果発表のところでは、「失格」という言葉がでてきて俄然作者の歯車に巻き込まれてしまいました。風間塵が選ばれたのか、そうでないのか、気が気ではなく数行飛ばして先を読んでしまいました。

最後の本選のところでの選曲とその描写(説明、解説)もまたすごかったです。作者のいっていることが本当かどうか、共感できるかどうか、音楽を聞いてみないことには確かめようがないクラシック素人の読者ですから、よくもまあこれだけの言葉で曲の説明ができるものよ、と思わされました。

この本は「星星峡」という幻冬舎の月刊のPR誌(現在は休刊中)の2009年4月号から2013年11月号までと、同じく幻冬舎が自社発行している月刊のPR誌『PONTOON』(ポンツーン)2014年1月号から2016年5月号までの「連載を大幅に加筆・修正したもの」だそうです。ということは、それだけでも、7年間を費(つい)やしていることになりますね。準備と取材と構想をまとめて、執筆するのには、本当に大きなエネルギーが必要だったことでしょう。

この本を読むきっかけをくださったニックネーム Yそうり、(Aそうりじゃなくて)と、この本をハードカバーで送ってくれたよっちゃん、本当にありがとうございました。おかげで今年の本屋大賞、めぼしいところを軒並み読むことができました。

恒例の一か所引用をしてみようとおもいます。ここがピークでも何でもない、もっと代表的な所を引用するほうがこの本にそぐわしいような気もするのですが、とにかくこの本を一冊読み通して、ページにマークをして、書き写したいとおもったところはここ(↓)でした:

毎日の暮らしの中で水をやり続ける。それは、暮らしの一部であり、生活の行為に組みこまれている。雨の音や風の温度を感じつつ、それに合わせて作業も変わる。

ある日、思いもかけない開花があり、収穫がある。どんな花を咲かせ、実をつけるのかは、誰にも分からない。それは人智を超えたギフトでしかない。

音楽は行為だ。習慣だ。耳を澄ませばそこにいつも音楽が満ちているーーー


e0010856_8151612.jpg



残るはあと一冊。ちょっとビビったけど、読み始めました。塩田武士著「罪の声」。
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-06-02 08:28 | 本を読んで | Comments(0)
ふう、5月も終わりかけてますねぇ。今日から一週間は学校がハーフタームのお休みです。バンクホリデーの月曜日。今日の出来事は夜のブリッジのみでした。ところで5月中に用意していたブログ・ネタはほぼアップし終わったような気がするのですが、臨時の振り返り記事を一つ。

e0010856_7131286.jpg


このページの写真はすべて、先月タイに一緒に行ったオランダの友人、ティネカさんから最近送っていただいたものばかりです。私がカメラを失くして277枚の写真を没にしてしまったと聞いて、私のアイパッドにない写真をみつくろって送ってくれました。彼女、写真がとっても上手なんです。

e0010856_7141890.jpg

これら(↑、↓)はクラビの海岸で大きな太刀魚のような魚を捕獲してたジャンボ銅像。
e0010856_7152297.jpg


初めて会った40数年前から、彼女はずっと写真を撮っていて上手に整理して保存しているので、昔の写真もちゃんと探し出してくれます。たとえば、

e0010856_7275767.jpg
とか、

e0010856_730717.jpg
とか。

1980年の年末のことでした。セガ2歳10か月ごろ、当時は私とセガはイギリスに住んでいて、オランダのティネカさんご一家に会いに行ったのでした。男の子はティネカさんのご長男、マルタインくん。ほぼセガと同じくらいの年齢。この二人の息子たちを肩車している両方の父親がそろった写真もありますが、残念ながらマルタイン君のお父さんはずっとずっと前に天国に行ってしまわれました。ティネカさんは毎日必ずご主人のことを考えるって、一日として早逝されたご主人のことを考えない日はないって、言ってました。ロレンスさん、とってもやさしいステキな旦那様でした。長崎でティネカさんと一緒にしばらく英語を教えておられました。これら(↑)は37年前の写真です。不思議なご縁、セガもマルタイン君も今は紅茶国で仕事をしています。マルタイン君は毎週オランダからロンドンへ通ってらっしゃるとか。

e0010856_712214.jpg


「いまだにタイの旅行の印象が強くていつも思い出してる」って、昨日FBメッセージをくれたティネカさん。ぜひまたどこかへ一緒に旅行したいという気持ちが、私の中にムズムズとわいてきてしまいました(笑)。だけど先立つものがねえ。(涙)
[PR]
# by agsmatters05 | 2017-05-30 08:01 | 行ったところ | Trackback | Comments(4)

紅茶国で日本語教師。でも、身の回りのいろんなことを気ままにつづっていきます。日本語教育のほかに、イギリス風景、たまには映画や料理や本やニュースや旅のことなど。


by dekobokoミチ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31